外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

内定した後にやるべき7つのこと|投資銀行・コンサル内定者に向けて

はじめに

コンサルティングファーム や投資銀行、外資メーカー の選考が一段落し、内定を得た就活生は、一部の日系企業にエントリーしない限りは、一旦就職活動は「あがり」となります。

その後の時間をどのように過ごすのが最も有意義なのか―そこで今回は、最終年度の過ごし方について語ってみようかと思います。

前提として

投資銀行フロントでは証券外務員試験の通過が必須ではありますが、2週間程度の勉強で十分通過できますので、卒論・修論の提出後でも間に合います。以下の本1冊読み解けば、なんてことはありません。

しかし、一部投資銀行やコンサルティングファームでは大量の課題が与えられます。

WEBや社内での金融講座から(全て英語資料であることも多々)、ベルリッツやフェニックスアソシエイツといった英会話学校での研修課題、ITコンサルティングファームではプログラミング習得のため、Java自主学習資料が与えられます。

初心者にはけっこう苦労している方も見受けられます。

こういった課題は必ずこなすようにして下さい。

特に理系修士ですと修論のため実験に追われる日が続き、なかなかできない!といった声も聞かれます。

ただ、コンサル・投資銀行の業務量は修論・研修課題を同時並行にこなすのに比べれば遙かに凌駕いたしますので、こんなことで音を上げていてはいけません。

効果的に時間を使っていけるようにしていきましょう。

また内定先でのインターンをお願いされるケースも多々あると思います。しかしこれは思い切ってNoと言ってみるのはいかがでしょうか?

できることならば職業人生をスタートする前に、さまざまな経験を積んでおくのが吉かと思います。自分の能力の幅を広げるための活動をしていきましょう。

以下、理系修士の方に課される「研究」など学生として当然の活動は省いています。

1.短期留学

先ほども申し上げましたように、外資系企業は手厚い英語研修の機会を与えてはくれますが、英語力の向上のためには留学に勝るものはないかと思います。

夏休みなど長期休暇を利用して、海外大学に訪問してみるのはいかがでしょうか。

さまざまな機関がリーダーシッププログラムと称して、海外経験のオポチュニティを提供してくれています。

2.簿記

商売の基本は簿記にあります。コンサル・投資銀行いずれに行くにせよ、PL・BSの概念は今のうちに頭に叩き込んでおくとよいでしょう。

投資銀行部門でキャリアを積む覚悟があるなら、簿記検定2級くらいは取得しておくべきです。2ー4週間の勉強で十分受かります。

下記書籍で十分独学可能ですが、独習が難しい環境にいる場合はスクールに通うのも一つの手かもしれません。


3.インターン

投資銀行・コンサルティングファームともに、ジュニア時代からプロフェッショナルとして、経営陣との関わりを多く持つことになります。

人としての幅を広げておく為に、今からさまざまなインターンにチャレンジしてみることをお勧めいたします。

例えば「外資就活ドットコム」では、内定者に向けて、通常募集していないインターンのご案内も時にいたします。特にスタートアップを始めとしたベンチャー企業でインターンをするのは面白いかと思います。

プログラミングを本気でマスターする気があれば、ゼロから半年でWEBサービスをローンチすることもできますし、営業インターンでは社会人として必要な対人交渉力をマスターすることができます。

スタートアップを勧めるのは社長との距離が近く、経営・商売を目の当たりにすることが可能だからです。

もうある程度成長したベンチャー(目安売上1億超)は、技能の習得といった意味では面白いかもしれませんが、事業を作り上げられる余地がありません。

学生のうちから必死に経営する社長の仕事っぷりを観察して、ビジネスの現場で共に闘っていくことはとても勉強になりますし、得られることも多いのではないかと考えます。

外資就活ドットコムを運営しているハウテレビジョンでも時にインターンを募集することがございますので、腕に覚えのある方はチャレンジしてみて下さい。

【関連募集一覧】
インターン最新募集一覧

4.学習

isologueさんのメルマガをぜひ購読しましょう。日米問わず話題企業の財務分析と意味合いについて、内容濃く紹介してくれます。

BS、PLにおける行間の読み解き方を懇切丁寧に説明してくれています。読み始めは難しいでしょうが、理解が深まるにつれだんだん面白くなってくることでしょう。

また、バーバラミントの考える技術・書く技術マッキンゼーのコーポレイトファイナンスはコンサル・投資銀行の推薦図書として挙げられることも多いですが、さらっと目を通しておく程度でよいでしょう。実務をやりながらのほうが理解は深まります。

5.技能

エクセルやパワーポイントスキルは入社努力で十分身につくとはいえ、両者に触れる環境にあるのであれば、なるべくショートカットキーを覚えるようにましょう。

投資銀行部門でプロジェクション(売上・利益の将来予測から企業価値を算出するためのエクセルシート)を早く回していくためには、マウスを触っている暇はありません。

これはマーケットでも同様で、デリバティブ価値算出のシートにはさまざまなマクロが走っており、簡単なVBAの理解は必須になります。

コンサルティングファームではデータ分析のため、ピポットテーブルをガシガシ回すことになります。基本的なところが分かっていない方はぜひ以下を読んでおくといいでしょう。

6.起業(及びそのサポート)

社会に出る前に「自分でビジネスを起こすこと、商売をすること」を一度体験しておくことは重要です。

お金を払ってもらえるほどの価値を作ったという成功体験や学習は最も経験値がつきますし、さまざまなビジネスを体で理解することができます。

もちろん時間があって商売を起こす余力のある方限定ではありますが、WEBサービス立ち上げであれば殆どコストはかかりません。また友人が起業する際の事業サポートもさまざまな経験を積むことができるのでオススメです。

7.株式投資

エクイティやフィクストインカムのセールス・ストラクチャラー、トレーダー、及び投資調査部(エクイティアナリスト)といったマーケットを相手にするプロフェッショナルに就くのであれば、市場との対話に慣れておくのもよいかと思います。

株式投資及びFX投資といったボラティリティの比較的大きい市場を相手にして、10万円程度張って投資戦略を練るのはとても勉強になります。自らの余剰資金を賭けているので、必死さが違います。

株式ですと楽天証券のマーケットスピードが情報収集・トレーディングの容易さといった意味でも個人的には優れているなぁといった印象です。最近ではFXの自動取引などさまざまなツールがありますので、試してみるのもよいでしょう。

番外編 旅行?

たまに「学生のうちは旅行でもして遊んでおけ」という発言を耳にしますが、社会人でも十分旅行はできます。特に外資系プロフェッショナルファームに属しているのであれば普段の仕事が厳しいので、プロジェクトの合間に2週間くらい休みをとれます。

マーケットの方は外国人上司が多いでしょうから、ガッツり休みをとるのには問題ありません。さほどお金を使う暇もありませんから、南の島でゆっくり過ごされる方が多い印象です。

なので、学生のうちに無理に旅行にいく必要もありません。ただ、インドに2ヶ月くらいふらっといってくるのは面白いかもしれませんが・・・

おわりに

「内定後は遊んでおけばOK」はバブル入社組や団塊世代のオトナが発する無責任な放言だと思っています。あまり当てにしないようにしましょう。

プロフェッショナルファームの入社後の厳しさは他社と比較になりません。そのための下準備として直接的ではありませんが、自分の幅を広げる努力は入社前からしておくべきかとは思っています。

この1年悔いのない暮らしを心がけてください。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)