外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

TOEICスコア900点を獲得するリスニング強化法

はじめに

今回は帰国子女でも、海外在住経験もないいわゆる「純粋ジャパニーズ」である私が、1年でTOEICスコアを540点から900点までスコアをアップできた方法の一端(今日は英語リスニング力の底上げ法)について記してみたいと思っています。

(参照:【英語】5日でTOEICスコアを50点上げる方法

TOEICに留学は必要ない!?

英語は外資系企業のみが求められるのではありません。

企業のグローバル化は加速しており、社内に外国人が増えている企業は多数あります。新卒採用を国内大学生ではなく、海外中心で行っている企業も多いですし、楽天のように社内公用語を英語と設定する企業もあります。

「使える英語」は今後ますます必要とされるでしょう。日系企業の幹部候補生はTOEIC750が必須というのが一般的です。

全般的に日本人の英語力は芳しくないと言われており、私も大学入試後は英語をサボってきたこともあってか昨年受けたTOEICは540点!これはなんとかしないとと思って一念発起して勉強し、1年足らずで900超えを達成することができました。

「900を超えるような連中はどうせ帰国子女」と思っている方がおりましたら、それは違います。

また「英会話教室に通う」「英語圏の友人をつくる」あるいは「留学する」といった方法は必須ではありません。独学独習のみで達成することは十分可能です。

もちろんTOEICはインプットスキルの測定値であって、アウトプット力の向上は別のトレーニングが必要です。ご紹介する方法は純粋に英語を解釈する力を付けるためとご理解頂ければと思います。

自分の実力を知る

まずTOEICを受けたことがない方はすぐ申し込んで、受験・スコアの送付をお待ちください。

TOEICは英検や簿記検定のような合格or不合格のオールオアナッシングモノではなく、実力が数値化して現れます。

とはいえTOEICの受験料は安いものでないのも事実ですので、公式問題集等でTOEICがどのような構成であるのかを把握して、模試のみで対策をいたしましょう。

自分の実力を知らずしては、目標を立てることもできず、効率の良い学習ができません。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

リシャドー(音読+シャドーイング)

いわゆるシャドーイングとは、英文を目で読むことなく耳だけで、音源再生の文頭から文章の終了を待たずに復唱していくという英語学習法です。

要するに再生音源を耳のみで後追いしてぶつぶつリピートしていくやり方です。この方法は基本的にリスニング音源とスクリプトがあればできます。

ただ、シャドーイングがある程度できるということは、そもそもリスニング力がある程度完成されているといってよい状態です。当時の私のリスニング力でやろうとしても、文頭から3語ほど追っただけであとはグダグダになってしまう。

そこで私は新しく「シャドーイング+リプロダクション」名づけて「リシャドー」というやり方を考案しました。

ちなみに、私がオススメする利用音源&スクリプトは語研から出ている「TOEIC TEST 完全攻略3000語」。

この単語帳(以下語研3000と呼称)の良いところは2者の会話スタイルという点と、1グループの長さが適切だという点です。前者はまさにTOEICパート3の形式の再現となり、後者は勉強のリズムを維持させるのに有効です。

TOEIC TEST完全攻略3000語―目標スコア600-900 (CD+テキスト)

具体的にどうやるのか

以下では語研3000を用いたリシャドーを説明いたしましょう。
この語研3000の1ユニットはフレーズチェック(グループで使われる単語のフレーズ集)とグループ(男女2人の会話)4つによって成り立っています。

フレーズチェックは類書によく見られる「例文」とは違った「例節」という形をとっており、単語帳として非常に有用です。これから説明するリシャドーイングについていけるような語彙を収集するのに活用してください。

そんな役立つフレーズチェックですが、リシャドーではグループのほうを利用します。リシャドーのプロセスは以下のように分類されます。

1.日本語訳を読む
2.英文・日本語訳を比較対照して読む
3.音読する
4.英文を流し聴きする
5.素人シャドーイング
6.アフターケア音読

さきほど「音読・シャドーイングとリプロダクションを合わせたやり方」と申し上げましたが、その意味をご理解頂けたかと思います。この一連の6ステップをひっくるめて「リシャドー」と呼ぶことにします。

これを行うことで、中級者以下でもいきなり本格的なシャドーイングに類似の効果が得られると私は考えています。

では以下詳しく述べていきます。

1.日本語訳を読む

まずは語研3000のグループページ見開き右下の訳文を読みます。まずは会話の概要を把握します(ちなみに質問文は音源として収録されていませんので注意)。

私のような純粋ジャパニーズにとっては、いきなり英文を読んでもなかなかアタマに入ってきませんから、とにかく日本語で最初に意味を捉えることが大切です。この「アタマに入る」「意味をとらえる」という感覚が大事です。

2.英文・日本語訳を比較対照して読む

次にページ見開き左上の英文を読みます。さきほど読んで理解した右下の訳文と対照させて「これはここの日本語の部分を表しているんだな」とゆっくりでもいいので意味のかたまり一つひとつを納得できるまで読みます。

対照対応がどうしてもわからないのなら当該見開きページのWordPowerの利用か辞書の出番。といっても前置詞等をすみずみまで細かく把握する必要はありません。

とにかく「このかたまりでこういう意味」なんだろうという単位的理解で十分です。

リシャドーを続けていくにあたって、最終的にはこの英文をさっとひと読みしただけ(返し読みなどせず)で意味を把握できるようにすることが理想です。

3.音読する

次に音読です。ページ見開き左上の英文を声出して読みましょう。このときの音読は、ただ漫然と発声するのではいけません。それではただ空気を振動させているだけです。

さきほど日本語で理解した、会話シチュエーションのイメージを思い浮かべて読むことが必要なのです。

そのためには一節一節噛みしめて音読することが必須です。ここでも先に述べた対照読みのような「発音の咀嚼」が重要になってきます。

そしてさらにこの音読プロセスでも「さっとひと読み(ここでは音読)しただけで意味を把握」することが理想型です。

4.英文を流し聴きする

次に英文を見つつリスニングをします。ここで音と文字の対応を図ります。もちろん当初は字面を追うのにも精一杯で、音と意味の対応まで把握するのは困難でしょう。その意味で、流し聞きで大丈夫です。

5.素人シャドーイング

次は素人シャドーイングとも呼ぶべき、シャドーイングの真似事です。「文頭から3語ほど追っただけであとはただあたふた」と申し上げましたが、まさしくそんなノリでおどおどと復唱していきます。

正直言ってリシャドーを始めた当初は3語4語発声できればいいくらいのレベルだと思います。実際当初の私は3語まで発声できればいいほうで、会話の主体が入れ替わるまで無言で流し聞き状態。

会話の主体が入れ替わっても結局またもごもごと2語程度発声できるくらいでした。これではシャドーイングと呼ぶのはおこがましいので、素人シャドーイングとでも言うべき状態になります。

ここでは英文を理解することを無理に行わなくてよいです。とにかく音についていこうと頑張ってみる。

この「頑張ってみる」ことが大切で、シャドーイング自体は全然できなくても問題ありません。精神論で言っているわけではなく、口が発音をしてやろうという準備状態になっていることが重要だということです。

このようにやっていると、自然ともごもごといった発声になってしまいますが、お気になさらず。ちなみに発音はそんな厳格に考えなくて大丈夫。

6.アフターケア音読

そしてラストにアフターケアとしての音読に入ります。これがかなり重要です。さきの素人シャドーイングで「頑張ってみた」感覚を維持しつつ、今度は音源を流して英文を見ながら音読していきます。

つまり見ているスクリプトの音源に合わせて、同時に音読するということです。

最初はこの状態でも音源再生についていけず、やはりもごもごとした発声になってしまうことでしょう。

しかし少なくとも5の素人シャドーイング時よりはハッキリと声を出すことができるのではないかと思います。

4の対象流し聞きで確認した音と文字の対応を頭で理解しながら、5における音と意味の対応を手助けするフェイズです。

ご覧頂ければ分かるかと思いますが、リシャドーの核心は「音と文字の対応訓練」を通じた「音と意味を対応させる能力開発」の過程です。

音と意味の対応とはstudy→勉強するという回路ではなくて、study→(机に向かって鉛筆を一生懸命動かしている人)というような回路の構築です。

リスニングよりリーディングに強い人にありがちなのが、リスニングしたフレーズを逐一脳内で翻訳するといった回路過程です。まさしく私がこんな回路の持ち主でした。

リシャドーを行うことによってこの過程の翻訳プロセス(英語→日本語訳)をスキップする回路が構築され、英語を英語として受容できるようになるわけです。

習慣付けるためには

リシャドーの一連のプロセスを、時間を決めて習慣的に行いましょう。私は朝ちょっと早めに起き、早起きは三文の得とばかりにリシャドーの時間にあてていました。

目安としては30分程度が望ましいでしょうか。慣れた後は時間というよりも1日にやるべきユニット数を自分に課してやったほうがペースを維持しやすいかと思います。

ちなみに、例えば1日4ユニットやると決めたならば、2ユニットは前日の復習に、2ユニットは新しいユニットにと振り分けると脳内への定着がよいかと思います。

また、通学時間等に流し聞きリスニングを行うことをオススメします。その際は倍速再生で、今までのリシャドーの復習がてら流し聞くというスタンスが良いでしょう。

注意点として

これらプロセス一個一個を最初から細かく行う必要はありません。ただ、慣れるまでは何となくであっても続けてみてください。

徐々にプロセスを省略していき、私が考える必須フェイズの356(3音読→5素人シャドーイング→6アフターケア音読)のみのサイクルで順調に回せるようになればしめたもの。

その356サイクルをTOEIC受験日までにできる限り、何度も繰り返したいところです。目安としては『語研3,000』を3回転ほどでしょうか。

予定受験日から逆算して自分に課す1日のユニット数を決めてください。語研3000は全部で50ユニットありますので、1日4ユニット(復習2ユニット新規2ユニットとして)なら1回転に25日といったところです。

おわりに

以上述べてきましたが、手間のかかるプロセスかと思います。ただ356サイクルを根気よく続けていけば、英語を英語として理解できるようになってくるはずです。

そうするとリスニングはもちろんのこと、リーディングも点数が伸びてきます。ぜひリシャドーを続けてみてください。

長い記事にも関わらず、ここまで目を通してくださってありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ⇒ 外資系企業の英語選考突破法

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)