外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

外資系消費財メーカー《マーケティング部門》の業界研究

外資系消費財メーカーの中で人気なマーケティング職

外資系消費財メーカーは、上位校の就職人気ランキングでも戦略コンサルや総合商社と並び、毎年上位にランクインしている業界です。三菱商事やマッキンゼーなどの名だたる企業を抑えてP&Gが1位になるなど、希望者が殺到する企業もあります。

そこで今回は、外資系消費財メーカーのなかでもとりわけ人気の部門である、マーケティング部門について説明していきたいと思います。
外資系消費財メーカー マーケティング

代表的企業や待遇、社風について

そもそも消費財とは?

消費財ビジネスはB to C ビジネスの代表格であり、消費者への影響をリアルに感じることができます。具体的な商材としては、洗剤・化粧品・ヘアケア製品・飲料・お菓子・ペットフードなどがあります。

どんな企業があるのか?

新卒採用を行っている外資系消費財メーカーはあまり数多くありませんが、採用を行っている代表的な企業としては、
P&Gジャパン
日本ロレアルユニリーバネスレ日本LVMHなどが挙げられます。過去には、マースジャパン、日本コカコーラなども新卒採用を行っていました。

採用を行っている企業のうち、P&G・ユニリーバ・ロレアルは部門別採用を行っており、原則として退社するまで採用時の部門で働くことになります。一方、ネスレなどは一部理系のみ募集の職種を除いてオープン採用の形式をとっており、配属先は内定後に決定されます。

マーケティング部門へ入社する人は、年度によりますが、業界全体でみても1学年につき20人程度に過ぎません。この数字からいかに高い倍率かがわかります。その他の部門では、ファイナンス部門、営業部門、研究開発部門、消費者調査部門(P&GのCMK)などがあります。

下記の書籍では、P&Gやユニリーバについて書かれています。消費財ビジネスの歴史がわかり、非常におもしろい内容です。


給与・昇進について

初任給はベースで350万から500万円程度と、外資系コンサルティングファームや外資系投資銀行よりは低く、日系メーカーよりは高い傾向にあります。ただし戦略コンサルや投資銀行と違う点として、ほぼ全ての会社で残業代が支給されたり家賃の補助があったりするので、トータルすると外資系戦略コンサルにも決してひけをとらない水準の企業も多いです。ただし、福利厚生については総合商社や日系金融に比べると劣ってしまうようです。

昇進については、新卒で入社してからマネージャー職になるまで大体4〜8年程度と言われています。しかし4年というのは最速で昇進した例外的な年数なので、5年以上かかるのが一般的と考えて良いでしょう。グローバルで見ると3年未満で昇進する人もいるので、日本オフィスの昇進はやや遅い印象です。

【参考ページ】P&G マーケティング職種のキャリアパス例です。
CAREER PATH | MKT | ABOUT FUNCTIONS | P&G 新卒採用

マネージャーになると、多くの外資系消費財メーカーで年収1,000万円を超えるので、20代で大台に乗るという人も少なくありません。ただし、外資系投資銀行のVP(ヴァイス・プレジデント)や戦略コンサルのマネージャーなどと比べると、給与の差は大きく開いてしまいます。

企業ごとの特徴

P&G:世界最大の消費財メーカー
P&Gはアメリカ合衆国に本社を構え、世界180カ国以上、48億人もの人々に製品を提供する世界最大の日用消費財メーカーです。代表的なブランドは洗剤のアリエール、ボールド、ジョイ、パンテーンなどのシャンプー、SK-IIを始めとする化粧品、Gillette(ジレット)、Braun(ブラウン)など衛生用品まで幅広く扱っています。また、日本支社は販売戦略における重要拠点と位置づけられています。
「一つの職種の中で多様多種な経験や知識を得ながら、その職種のエキスパートとして効果的に専門性を深めていくこと」を目的として職種別採用を行っており、定期的な職種間のジョブローテーションはありません。(2016年現在)

ユニリーバ・ジャパン:世界中の地域に根を下ろす
ユニリーバ・ジャパンは1964年に、世界最大級の消費財メーカー、ユニリーバの日本法人として設立されました。世界190カ国で パーソナルケア、ホームケア、食品の分野にさまざまな展開しています。具体的なブランドはDove(ダヴ)やLUX(ラックス)、ポンズ、アックス、リプトンです。世界中の地域文化とマーケットに深く根をおろしています。国際的な経験と豊富な知識を生かして、長く支持いただける製品を開発し、真に“ローカルルーツ・グローバルスケール”に活動しています。

日本ロレアル:世界1位の化粧品メーカー
ロレアルグループはフランスに本社をおく世界No.1の化粧品メーカーです。1909年の創業から化粧品に特化したビジネスを行い、世界中で支持される32の主要グローバルブランドを擁し、業界トップの地位を確立しています。現在130カ国でビジネスを展開しており、日本ロレアルはアジアの研究開発の戦略的イノベーション拠点として位置づけられています。ヘアケア、スキンケア、メイクアップのすべての分野において日本発の成果を挙げています。代表的なブランドは社名でもあるロレアルパリを始め、ランコムやshu uemuraなどの高級化粧品から身近なMAYBELLINE NEW YORK(メイベリン ニューヨーク)などです。

ネスレ日本:世界最大級の食品メーカー
世界最大級の食品会社であるネスレは、スイスにおいて1866年に創業しました。それ以来、多くの会社との合併によって成長し、今では世界中において食料品の販売を行っています。ネスレ日本は1913年に創られ、その長い歴史による高い認知度による、ブランド力のある製品の販売を行っています。キットカットやネスカフェといったブランドを多く扱っています。

労働環境・社風について

労働時間は職種によって異なりますが、マーケティング職は非常に激務と言われています。採用人数が少ないうえ業界的に慢性的な人材不足なので、1人にかかる裁量が非常に大きくやりがいがある一方、海外オフィスとの電話会議などで深夜までの勤務が多いのも実情です。しかし、1年目から大きなプロジェクトに日本オフィスを代表して1人でアサインされることも珍しくないなど、間違いなく成長度合いの大きい仕事でもあります。

また、外資系消費財メーカーの特徴のひとつに、女性社員が多いという点があります。企業によってはマーケターの半数以上が女性という企業もあります。外資系企業では男女フラットに評価されること、女性向けの商品が多いためユーザー目線に立ってマーケティングを行ううえで女性特有の感性を活かしやすいことが関係しているように思われます。

社風については、私服OKなど全体的に自由な雰囲気や、立場に関係なく誰の発言も尊重される空気があるなどの部分は多くの企業で共通しているものの、それ以外は企業ごとに独特であるため、ひとくくりには言えません。ぜひ志望する企業に直接足を運んで、各社の雰囲気を感じ取ってください。

海外勤務と求められる英語力

多くの就活生が英語力に関しての質問を行っていますが、誤解を恐れずに言うと、マーケティング部門では英語についての心配は不要です。筆記試験やエントリーシートでは英語力を求められますが、そこで合格できるだけの力があれば問題ありません。

英語面接も多くの方の心配の種となっているようですが、これに関しては、自分の言いたいことを恐れず言えることの方が大事です。面接前に伝えたい内容について準備して、何度も練習を繰り返しておくと良いでしょう。

海外生活の方が長い英語ネイティブもいますが、一方で海外には旅行程度でしか行ったことがないという人も一定数います。英語の発音やスピーキング能力が低い内定者に共通しているのは、恐れずに伝えようとする意思を持っていることです。グローバルな視点で見ると、英語の発音が不得手でも、きちんと伝えることができる人は昇進している印象です。

また、マーケティング部門はアジアのヘッドクオーター機能が置かれるシンガポールを除くと、海外赴任の機会は現状少ないようです。働く場所によって業務内容を制限されることがなく、日本にいてもグローバルな働き方ができるため、海外を勤務地としたい方は、日系メーカーで海外赴任を狙ったほうが可能性は大きいかもしれません。

海外オフィスとの比較にさらされる出世競争

戦略コンサルや外資系投資銀行はクライアントビジネスであり、顧客も日本企業が多いため、海外オフィスとの比較にさらされる機会は少ないです。

一方消費財ビジネスは世界の消費者に対して行うビジネスなので、ブランドのコンセプトを固める業務は、どの国の人でも行えます。「日本人のことは日本人しかわからない」と思われがちですが、消費者理解を世界中で深めているエリートマーケターは国ごとの消費者を理解し、適切なインサイトを出すことができます。

そのため、外国オフィスの外国人が出世競争のライバルとなることもあります。「日本とインドにある同じポジションを1つに統合する際、日本オフィスのイスが無くなる」といったようなことも日常茶飯事です。同じブランド内でも海外オフィスとよく比較されるため、成長する新興国の様子を肌で感じ取ることができます。

選考における特徴

外資系消費財メーカーの選考の特徴は、出身大学や専攻をほとんど問われないことでしょう。東大・京大・早慶などの出身者が多いのは確かですが、MARCHや関関同立などの方も比較的多くいますし、それ以外の大学出身者も多く活躍しています。エントリーシートでは学歴以外に、「自分はどういう人間なのか」ということをきちんと伝えることが大切です。

選考では、面接とインターン(ジョブ)が大きなウエイトを占めます。どちらの選考プロセスでも、特にリーダーシップを見られます。具体的な質問例としては、

・過去にリーダーシップのある経験をしているか?
・グループワーク中にリーダーシップを発揮できるか?

などが挙げられます。
個人的に「リーダーシップ」に関して重視される点は

・諦めずに問題の解決に最後まで取り組んでいるか?
・どっちつかずの場面で確実に意思決定をできるか?
・自分自身が主体者となって問題解決に取り組んでいるか?
・まわりのメンバーを最後まで鼓舞し続けることができるか?

…といった部分だと考えます。

その他、選考プロセスや突破方法についてはきちんと学びたい外資系メーカーへの就活対策でも解説していますので、ぜひご覧ください。

キャリアパスについて

マーケティング部門では、ほとんどの人が転職しています。業界全体の人員不足からすぐ他社に転職できることや、欧米の価値観を持つ人が多いため転職に抵抗がないことが、その理由に挙げられます。MBAに行く人は、戦略コンサルに比べると圧倒的に少ないです。

また、社によっては数年に1度グローバル規模での人員整理があり、多くの人が会社を去らなければいけなくなっているという事実もあります。よって、近年では戦略コンサルより勤続年数が低いという会社もあります。

転職先には同業他社を選ぶ方が多く、なかでも外資系から外資系に進むパターンが圧倒的に多いです。この理由としては、給与水準に見合う会社がない、マーケティングの中途を採用している日系企業が少ない、日系のカルチャーにフィットしない(と思っている)などが多いようです。

外資系では若いうちから多くの仕事を任されるため、早い段階からスキルがつきやすく、転職市場での価値が高く評価されるため、転職に苦労する人は少ないと言えるでしょう。

おわりに

外資系消費財メーカーの業界研究、いかがでしたか? 採用はさまざまな企業で行われていますが、いずれも狭き門であることは間違いないです。しかし、全員に可能性は開かれていますので、まずは無理だと思わず挑戦してみることが大事なのではないでしょうか。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)