外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

P&Gジャパン (P&G Japan)

P&Gジャパン (P&G Japan)

外資系 一般消費財メーカー 

P&Gジャパン (P&G Japan)

企業紹介

P&Gでのリーダーシップ経験で、自分の未来を切り拓く実力を

P&Gは1837年に米国オハイオ州で設立され、事業拠点は70か国以上に存在し、2018事業年度ではグローバルで668億ドルを売り上げる世界トップクラスの日用品消費財メーカーです。「暮らし感じる、変えていく」を企業理念に、ショッパーベースと呼ばれる徹底した購入者目線の製品づくりを行い、世界の97%のご家庭で選ばれている、アリエールやファブリーズ、パンパースなど毎日の暮らしを支える製品を提供し続けています。

また、優れたリーダーシップを持つ人材を多く輩出し続ける企業としても知られており、フォーチュン誌が選ぶ「社員の能力」で企業ランキング1位に選ばれ続けています。P&Gの社員は社会人としての経験・性別・国籍、また結婚や出産といったライフステージに関わらず、多様性に溢れており、P&Gの推進している「ダイバーシティ&インクルージョン」の取り組みが「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞しています。2021年「Openworks働きがいのある会社ランキング1位」となっています。


Challenging work from Day 1

なぜ、P&Gは優れた人材育成を行う会社として有名になったのでしょうか。それは、P&Gでは入社したその日(=Day 1)から重要で責任のあるプロジェクトを任されるからです。自身の能力を上回るチャレンジングな経験と、周囲からのサポートを通し、急速に社員を成長させます。入社初日から始まるP&Gでのリーダーシップ経験を通じて、自分の未来を切り拓く実力を養いませんか。P&Gは、あなたを「世界で通用するビジネスリーダー」へと最速で導くキャリア経験を豊富に用意しています。


We Hire the Best

P&Gにとっての最良の人材、つまり私たちの望む人材を一言でいうと、「自分の持てる能力を常に最大限に発揮してビジネスや組織を構築できる人」です。

具体的には、
・絶えず革新や改善を提案しながら、高い目標に向かってビジネスを推進していく、また、自分がしたいこと、あるいはするべきだと思ったことを他の人を巻き込んで実現に導く力。
・国内外あるいは社内外のあらゆるネットワークを自分のリソース(資源)として活用し、同時に自分の考え方ややり方を論理的に発信する力。
・ビジネスを成功へと導く事への強い情熱と不屈の精神力。逆境の中でもあきらめず、より難しい課題に取り組み解決へと導く力。

これら全てを持ち合わせ、そして、その「力」をさらに向上させる事に強い意欲を持つ人こそP&Gで活躍できる人材だと言う事ができるでしょう。 そして、これらの大前提として、P&Gの企業方針(Purpose)・価値観(Values)・理念(Principles)に共感し、それを実践できる事も大変重要な採用基準となります。

社員紹介

若山 幹晴 / 2013年

マーケティング/ アシスタントブランドマネージャー

名古屋大学工学研究科修士卒

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

ヘアケアブランドh&sを担当した後、現在ショッパーマーケティングというポジションで、小売・流通と協働し、戦略構築からマーケティング施策の立案・実行をしています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

刺激があり面白いと思える環境を自ら選び、その中で結果を出したいと思っていたため、
1) どのような環境でも結果を出せるビジネスリーダーになれるか
2) 心からわくわくする仕事か
という軸を持っていました。クライアントのニーズを把握し、スピード感をもって提案していくコンサルティングファームも魅力的に感じましたが、P&Gマーケティングのインターンを通して、実際のビジネスにおいて結果を出すことにこだわるカルチャーを体感し、そのような環境で働きたいと思えたので、最終的にP&Gマーケティングを選びました。
1) P&Gマーケティングではリーダーシップ(リーダーとしてチームと最高の結果を導き出す)とビジネスマネジメント(オーナーとしてブランドを経営する)が入社一日目からダイバーシティのある環境の中で求められます。そのため、コンセプチュアルな提案をするだけで終わるのではなく、ビジネスリーダーとして自ら明確な意思決定をし、決定したことを実行、その結果に責任を持つ必要があります。その中で得られる成長は、いずれどの環境下でも活躍するための礎になっていると心から感じています。
2) 消費行動のきっかけを与えるマーケティングは日々多種多様なラーニングを得られます。例えば、h&sを担当していたときには、ブランドホームページのレイアウトや訴求点を消費者目線で改善すると、その週にはオンラインショッピングでの売上が向上するなど、自ら立案・実行したマーケティング施策の結果を肌で感じることができるので、刺激が多い日々で成長を感じています。

今後どうしていきたいですか

戦略構築とその戦略に基づくマーケティングプランにより、ブランドマーケティングに加え、営業組織をリードしながらカスタマー(小売)とのビジネスを形成していき、ビジネスマネジメントの領域での更なる成長をしていきたいです。

筋 健亮 / 2013年

マーケティング/ ブランドマネージャー

早稲田大学政治経済学部卒

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

布用消臭剤ファブリーズの日本国内のマーケティングを担当しています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

「社会にポジティブな変化をもたらすリーダーになる」という目標の下、若いうちから圧倒的な成長ができる仕事を求めて就職活動をし、総合商社と迷った末にP&Gマーケティングを選びました。その大きな決め手は以下の2つです。
1) 「若い年次から裁量の大きな仕事ができる」
2) 「真にグローバルな環境で切磋琢磨できる」
実際に入社してみて、自分の決断は間違っていなかったと確信しています。
1) 入社1~2年目に電気シェーバー「ブラウン」のウォーターフレックス/シリーズ9という2つの大型新製品を世界で初めて発売するマーケティングプランの策定、実行をリードしました。具体的には消費者を理解するリサーチ、そこで発見したインサイトに基づくコンセプトの提案、そしてそのコンセプトを伝えるメディア戦略や店頭のデザイン制作など、まさに包括的にマーケティングを学べました。何より、自分が策定・実行したマーケティング戦略によって売上が伸びた時は本当に感動しました。また、マーケティングに加えて、ブランドの経営者として1年目からビジネスの課題分析、戦略立案、そしてその実行を経験しました。大手企業に勤める同世代と比べても、大きな裁量があると感じています。
2) 日本人だけのチームになりがちな日系企業に比べ、私が働いているチームは世界各国のトップエリートから成り、もちろん全て英語でやりとりしています。このチームをリードすることは非常にチャレンジングですが、私の目指す「グローバルリーダー像」に近づくことができる環境だと感じています。
日々大きなチャレンジをすることができ、常に「昨日の自分とは違う」と感じられるほど、早いスピードで成長していることを実感します。

今後どうしていきたいですか

マーケティングの力でファブリーズブランドを成長させたいです。
ファブリーズというブランドで布用消臭スプレーという新たな市場を創造したP&Gですが、実はまだまだ世帯使用率は低いです。逆に言えば成長の余地はいくらでもありますし、そのためにマーケティングコミュニケーションを通じて、どれだけ多くの消費者に「ファブリーズが欲しい!」と思ってもらえるかがチャレンジとなります。
「新しい習慣を作る」というマーケターとしてはこれ以上ないチャレンジの機会ですし、マーケティングを通じて、より良い生活を実現していくことにやりがいを感じます。

濱田 祥子 / 2012年

マーケティング/ ブランドマネージャー

上智大学国際教養学部卒

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

P&G Japan全てのブランドを使ってeコマースカスタマーにおいてのビジネスの最大化を目的に、戦略立案からその戦略に基づいたマーケティングプランの実行まで行っています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

「グローバルで活躍できるリーダーになりたい」というビジョンのもと、就職活動をしていく中での軸は以下の2点でした。
① 男女関わらず尊敬できるロールモデルがいる環境で1年目から圧倒的な成長ができるか
② 仕事を通じて人々の生活を支え、社会に対してポジティブなインパクトが与えられる
面接やインターンを通じで、現場の社員の方から細かくフィードバックを受けるのですが、自分が今まで気づかなかった強みや・今後の成長にむけた課題に気づく機会となり、その人材の厚さを含め、P&Gのマーケティングでは自分の可能性を最大限に広げられると確信したため入社を決めました。

実際入社後すぐに、6カ月後にスタートする過去10年でも最大規模の新製品のプロジェクトリーダーを任されました。世界では、日本が3番目、アジアでは日本が最初の導入国となる重要なプロジェクトで、経験豊富な大先輩が多い他部署のメンバーや代理店の方、国籍の多様なチームメンバーをリードしていくことは非常に厳しいチャレンジでした。ですが、製品も今までにない革新的な製品で、既存の価値にとらわれることなく、世の中の常識を変えられる可能性のあるマーケティングのおもしろさにやりがいを感じましたし、プロジェクトを通じて、どのような状況においても明確な軸のもとでの意思決定、決定事項をアクションにおとし、チームを巻き込んで実行していくリーダーとしての力を入社直後から鍛えていくことができました。
また、実際の仕事を通じてお会いした先輩方が様々な強みをもっており、自分自身が今後どのようなリーダーシップを身に着けたいのかを考えるきっかけとなっています。例えば、1年目にお世話になったオーストラリア出身の上司からは、ビジネスリーダーとして、マーケターとしてはもちろん、産休から復帰直後の彼女の仕事と家庭のめりはりのつけ方など多くを学びました。このように様々なライフステージにおいて、男女関係なく個人として最大限自分の力を発揮しやすい柔軟な環境にも魅力を感じております。

今後どうしていきたいですか

アジアのHQであるシンガポールで、日本市場だけでなく、アジア規模でのマーケティング/ビジネスマネジメントをリードする力をつけていきたいと考えています。

山代 真啓 / 2007年

マーケティング/ ブランドマネージャー

慶應義塾大学経済学部卒

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

2011年ブランドマネージャーに昇進後、約3年間、シンガポールにて、パンパースブランドのアジア市場における商品開発、及びマーケティング、成長戦略を担当する。
2014年に日本帰国後は、P&G全ブランドを対象にした、店頭、オムニチャネルを基軸にしたショッパーマーケティング、特に小売、流通との恊働マーケティングを日本市場において統括しております。また、2017年度卒の新卒採用のリーダーも兼務しておりました。

この会社を選んだ理由は何ですか?

「グローバルな環境で活躍できるビジネスリーダーになる」というビジョンの元、下記3つの軸で就職活動を実施していました。
1) 入社1年目から裁量権があり、圧倒的に成長できる環境があるかどうか。
2) 自分のキャリアの軸となるビジネス上の専門性を身につけられるかどうか。
3) グローバルの環境に身をおいて、英語力、ビジネスマネジメント力を鍛えることができるかどうか(就職当時、英語力がほとんどなかったため)

上記の軸で就職活動をしていて、外資系コンサル、メーカー、金融、商社等を受けていましたが、グローバルリーダーの育成を重視、マーケティングという専門性、英語を公用語としたグローバルな環境で働けることを、インターンシップで判断できたので、P&Gマーケティングを選びました。

特にシンガポールに赴任していた際は、研究開発部と協働して、5年間の商品開発、マーケティング戦略を立案するブランドマネージャーとして、インド市場の中価格帯領域への大型新商品の導入、ASEAN市場の高価格帯領域のマーケティング戦略、成熟した日本市場の成長戦略等、成長著しいアジア市場でのチャレンジを、多国籍チームをリードしながら仕事ができたのは、入社当初に考えていたことが具現化できているなと思います。

今後どうしていきたいですか

今後大きな成長が見込めるアジア市場において、マーケティング本部や営業統轄本部、様々な関連部署とも連携していきながら、複数のブランドを各国で成長させていくビジネスマネジメントができるリーダーを目指しています。

実施要項

募集種別 本選考
募集職種 P&G SUMMER INTERNSHIP 2021実施決定!
マーケティング(MKT)、営業統括(Sales)、経営企画(F&A)、生産統括(PS)、IT、研究開発(R&D)、人事統括(HR)

※Summer Internship選考は、採用選考のステップと繋がっております。
当社の選考を希望される方は、必ずエントリーをお願いいたします。
仕事内容 ■■■P&G マーケティング(MKT)=世界中で愛されるブランドづくり・ブランド経営のプロ■■■
P&Gマーケティングは”ブランドCEO”として、製品に付加価値を与えることで消費者に満足と驚きを提供するブランドづくりと、持続的に売上と収益を伸ばすブランド経営をリードしています。
またP&Gマーケティングへの入社は、一流のグローバルリーダーへの第一歩です。入社1年目から、裁量と責任を持ち、多国籍のチームやパートナーをリードすることで、世界に通用する経営者としての経験を早くから積むことができます。出身者の多くが業界を超えて、名だたる企業のCEO・CMOとして活躍しています。
職種説明動画>https://youtu.be/Oqo_B-nf_Jc
職種説明Page>https://japan.pgcareers.com/marketing

■■■ P&G営業統括(Sales)=P&Gのビジネス成長のためのエンジン ■■■
私たちの使命は、得意先である小売業や卸売業と協働価値創造を行い、そこで信頼されるNo.1メーカーになることです。単にモノを売るのではなく、市場のトレンドやカスタマー状況などを理解した上で戦略的パートナーシップを結び、協働を深めています。得意先のビジネスを開発する営業のプロとして、購買者と得意先、P&GのWIN-WIN-WINを目指しています。
職種説明動画>https://www.youtube.com/watch?v=K538MsNFn2w&list=PLE4XC8T9vAKUJrES89t7wZQgoh7440qfk&index=4
職種説明Page>https://japan.pgcareers.com/Sales

■■■P&G 経営企画(F&A) = 企業価値を高める、経営戦略のプロ■■■
P&Gファイナンスは株主・経営者の観点に立ち、収益性の高いビジネスモデル・健全な財務戦略を立案して、事業活動の収益性を長期的に最大化することを使命とする 経営戦略のプロです。一連のビジネスに関わる包括的視点と深い洞察力を武器に、取り得る戦略の選択肢を経営陣に提供し、意思決定をリードする役割を担っています。
職種説明動画>https://youtu.be/sogYZN3eDN0
職種説明Page>https://japan.pgcareers.com/financeandaccounting

■■■ P&G 情報戦略本部(IT)=グローバルソリューションでビジネスを革新する情報戦略のエキスパート ■■■
Information Technologyは、「日々変わりゆく市場でP&Gが価値を創出し続けるために、情報テクノロジーを駆使してP&Gのビジネスモデルを変革する情報戦略のエキスパート集団」です。ITでは、このような変革を実現するために、2つの変化に注目します。
一つ目の変化は、ビジネスニーズの変化です。市場では、消費者ニーズの細分化やライフスタイルの多様化など、様々な変化が起こっています。例えば、自分の好みに合った商品を求める消費者が増えたり、情報収集を周到に行う消費者が出てきたり、という変化です。これらの変化は、既存のビジネスモデルで対応できない消費者ニーズを作り出し、それに伴って新たなビジネスモデルの必要性が生まれてきます。
二つ目の変化は、情報テクノロジーの変化です。モバイル機器の急速な普及や双方向メディアの登場に代表されるように、テクノロジーの進化は新たなビジネスモデルを創り出す可能性を与えてくれます。例えば、消費者ひとりひとりのニーズに従って、異なる種類の広告を出したり、特定のグループに特別な販促活動を行ったり、という変化です。

ITはこれらの新たなビジネスニーズと情報テクノロジーの可能性を融合し、P&Gのビジネスモデルに革新をもたらす役割を担っており、ITが果たすべき役割は益々大きく、重要になってきています。
職種説明動画>https://youtu.be/YDjm_rKMJeY
職種説明Page>https://japan.pgcareers.com/informationtechnology

■■■ P&G 生産統括(Product Supply) *Engineering/Manufacturing/Supply chain=メーカーの心臓部、トータルサプライチェーン戦略のエキスパート)■■■
P&Gの“ものづくり”に関わる全ての業務を担っています。原材料から消費者の手に届くまでの流れをトータルサプライチェーンと定義し、その戦略的構築・全体最適化を通じて会社の利益成長・売上伸張を促進させるのがPSに課せられた使命です。日本の3工場はグローバルサプライチェーンを持つP&Gのスケールと知識を生かし、革新的な製品を市場に届けています。
P&GはGartner 2018 Supply Chain Masterを獲得しており、業界で高い評価を得ています。1年目からGlobal teamの一員としてサプライチェーンの更なる最適化とイノベーションをリードしていきます。実際の業務領域はトータルサプライチェーンの上流から下流まで全ての工程を含み、例えばPlant生産設備の更なる効率化、Logisticsの最適化、Marketing 領域の取引先選定など幅広い業務があります。
職種説明動画>https://www.youtube.com/watch?v=WFPZ8pCWpAw
職種説明Page>https://japan.pgcareers.com/productsupply

■■■P&G HR=世界最高水準の人材力・組織を作るプロフェッショナル■■■
私たちP&G HRのミッションは、ビジネス・リーダーと共に世界最高水準の人材・組織・システム・カルチャーを構築し、ビジネスの更なる伸長や競争上の優位性を創造・維持することです。
P&Gでは長期的なビジネスの優位性を保つ‘組織作り・人材育成’を重要視しており、その中核にいるのはHRです。Day 1 からビジネスリーダーと共に問題提起、戦略立案、そして実行までを担っています。
アサイメント例:
組織担当業務 – 各事業部・各部署・工場などの担当HR
コーポレート業務 – 採用、人材育成、労務・福利厚生など
職種紹介Page>https://japan.pgcareers.com/HR

■■■P&G R&D=消費者に直結したイノベーションのエキスパート■■■
P&Gが目指すイノベーションとは、消費者のニーズに合った技術を開発し、その技術を各ブランドの製品として、適切な価格で世の中に送り出し、消費者の方々に製品を使うのを楽しんでいただくことです。私たちはまず消費者ニーズを理解・探索することから、研究開発に取り掛かります。私たちは常に、時代とともに変化する潜在的な消費者のニーズやこれまでの製品では充分に満たせなかったニーズを理解しようと努力を重ねています。この努力により、数多くの新製品、または時代を先取りした製品のアイデア(コンセプト)を生み出すことが出来ます。
一方、既存技術や基礎研究による新しいテクノロジーもまた、新製品のアイデア創出の引き金となります。これらのアイデア、あるいは、技術を実現化した試作品を作成し、消費者リサーチや性能・効能評価のステージへとすすめます。
このように、何が求められているか、そして何ができるかの2つを組み合わせ、R&Dはイノベーションを起こしていきます。
職種説明Page:https://japan.pgcareers.com/researchanddevelopment

■■■ P&G CMK(※今回のSummer Internship 2021には参加しません) = 消費者・市場の深い理解に基づき、ブランドが勝つためのビジネス戦略を作るプロ■■■
CMKは消費者と市場についての深い知識に基づき、P&Gのビジネス発展のための戦略を提案します。そして戦略実現のために、マーケティングプランやビジネスプランを、市場調査や販売量予測等を通じて消費者視点で評価し最適化する提案や、市場に出た施策の効果測定から更に強いビジネス伸張戦略を作り提言します。
職種説明動画>https://youtu.be/NEGbWbivdsw
職種説明Page>https://japan.pgcareers.com/CMK
給与 新入社員給与額は、マーケット状況などを考慮した上で、入社する年の2月に決定します。
諸手当 マイペイ・マイウェイ制度(ご自身の旅行、健康、教育などにかかる費用を毎月5000円まで補助)
慶弔休暇制度、住宅支援制度(入社時に転居が必要な際のサポート及び費用負担 *条件あり)、永年勤続表彰制度など
勤務地 部署により異なりますが、神戸オフィス・東京オフィス・明石工場・高崎工場・滋賀工場・全国各地の営業所があります。
教育制度 OJT(ON-THE-JOB-TRAINING)、ファンクショナルトレーニング(部門別の研修)、コーポレートトレーニング(全社的な研修)等、200種類以上の研修
応募資格 2022年4月から2023年3月の間に大学、大学院(修士・博士課程)を卒業予定の方(既に2022年3月までに卒業される方、および2023年4月以降に卒業見込みの方はエントリーできません)
P&Gの昨年度(2022年新卒採用)の選考に参加されていない方(オンラインテストの受検をもって「選考への参加」とみなします)
応募締切 6月26日(土)23:00(日本時間)
※6/27(日)23:00(日本時間) オンラインテスト締切
※締切間近にエントリーした場合、締切前に応募が増えるためテストの連絡がタイムリーに行われず、上記のテスト受験締切に間に合わず、次のステップにお進みいただけない場合があります。必ずお早めにご応募ください。
選考日程 ◇応募方法:
以下リンクからエントリー下さい。
https://japan.pgcareers.com/japan-ama-internships?source=RS_POSTERSLEAFLETS

◇応募期間:2021年6月26日(土)23:00まで
※応募時の注意事項:https://japan.pgcareers.com/applicationguide?source=RS_PAGEBUILDERPAGES

◇スケジュール:
・オンラインテストの受験 6月27日(日)23:00まで
※受検時の注意事項(必ず事前にお読みください):https://japan.pgcareers.com/assessmentguide?source=RS_PAGEBUILDERPAGES
・職種別説明会の実施 7月10日(土)、7月11日(日)
※参加必須です。
※職種別説明会に参加いただける人数は限られているため、応募人数が多い場合は、オンラインテストの点数が高い方から優先して招待させていただきます。詳細 https://japan.pgcareers.com/Functionsession

・サプリメンタルデータシート & 最終志望職種順位提出 締切 7/18(日)
・面接:7月中旬~8月(予定)
・サマーインターンシップ:9月(予定)
お問い合わせ メールアドレス jprecruit.im@pg.com (平日:10:00-17:00 )

会社データ

設立日 1837年
事業内容 P&Gは世界180カ国で製品を提供している、世界最大の日用消費財メーカーで、日本における展開では洗濯洗浄関連製品・紙製品・医薬部外品・化粧品・小型家電製品などの製造、販売、輸出入業務を行うメーカーです。
URL https://japan.pgcareers.com/
住所 神戸市中央区小野柄通7-1-18
資本金 非公開
代表者 代表取締役社長 スタニスラブ・ベセラ
従業員数 総従業員数  約95,200名
拠点 本社     神戸市中央区小野柄通7-1-18
東京オフィス 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン
主な営業所  仙台、東京、名古屋、大阪/神戸、福岡
工場     高崎、滋賀、明石

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)