外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

文系スキル無しなのにSE職内定 -21卒北大生にインタビュー

はじめに

「文系なのにSE職」「理系院生なのに文系就職」など専攻に縛られないようなキャリアを志望する学生も見られる現在。

このような学生の就活の内情は、実際のところどのようなものなのでしょうか。

今回は文系かつスキル無しという状況ながら、SE職に内定した21卒北大生にインタビューしました。SE職に内定するまでに実際に行ったことや心境の変化、キャリアの選択肢に関する意見などを見ていきましょう。

インタビュイー紹介
所属:北海道大学文系学部3年生
内定先:SIer業界2社(SE職)
プログラミングスキル:無し

SE職内定に至るまでの内情

ーー就職活動の開始時期ときっかけを教えてください。

大学3年の5月からです。大学受験の際、浪人したんですよ。それで20卒の高校の同期が遅くから就活を開始し苦戦していたのを見て、自分は早く始めようと思いましたね。

ーー就活の軸はどういったものだったんですか?

本心では、頭が良くなりたいと思っていました。そのため、優秀な人が多い環境を求めていましたね。

面接では次の3点を回答していました。まず、多様な業界と関われること。次に、挑戦的な組織風土であること。最後に、世の中に大きな変化をもたらす仕事ができることでした。

ーーSE職を目指すようになった経緯を教えてください。

頭が良くなりたいという理由から、最初コンサルを見ていたんですよ。でも、参加したインターン先の社員さんに「コンサルはどの企業も近年ITに力を入れている」と聞いたんですよね。

だったら、最初に開発を学んでからITコンサルに行った方が肌感など工程を考えながらできると思って。それから、SIer業界のSE職を目指すようになりましたね。

ーー時期ごとに具体的に何をしていましたか?

5,6月は自己分析、夏インターンの選考を行っていました。業界としては主にコンサルやベンチャーを見ていましたね。

7.8月は夏インターンに参加していました。インターンでは、チームの輪を乱さないように建設的な議論を意識していました。否定をしない方がいいとよく言われていますけど、それだけでは実りのある議論にならないと思ったんですよね。だから、人間関係も意識しながらできるだけ自分の意見を主張していたと思います。

12月以降は興味のあるコンサルの本選考、冬インターン選考に応募していましたね。この時期にSIer業界のとある企業のインターンに参加したんです。そこで、SEを経験してからコンサルへ転職した社員の方に話を聞かせてもらったんです。それがきっかけでSIer業界を見るようになりましたね。

ーーSE職(SIer業界)に向けた選考対策はどういったことをしていましたか?

企業研究についてなんですけど、企業のHPを参考にするのは勿論のこと、他就活サービスの他人のESを参考にしていました。自分では思いつかないような志望動機や他企業との差別化ポイントなどを主に見ていましたね。自分で一から調べるより効率的でおすすめですよ。

ITの知識に関してなんですけど、当時はほとんどありませんでした。しかしだからといって、自分で一から調べるということはしませんでした。

面接で聞かれた部分を後日しっかり調べ回答を練り、次回以降に備えるといったことをしていました。ITに関して詳しくないので、一から全て調べるのは効率が悪いと思ったんですよね。

ーー文系SE職志望ならではの不安などはなかったんですか?

文系・スキル無しで本当に内定を貰えるのかといった不安はありませんでした。実はメンターが文系でSIer業界の有名企業に内定を貰っている方だったんです。その方をロールモデルにしていましたね。就活の相談もよく乗ってもらっていました。

入社後ついていけるのかといった不安も特にないですね。入社先の内定者の属性が文系3-4割で、理系も約5割がプログラミング未経験なんです。

また、プログラミング業務がメインというよりも、それを手段としてクライアントと接する業務なので特に不安は感じていないですね。

ーー文系SE職志望であるからこそ面接で聞かれる質問はありましたか?

以下の2つの質問が多かったと思います。

・プログラミング経験はある?
プログラミング経験はないが、データ解析の経験ならあると回答していましたね。ITに対して抵抗がないというのを伝えることができれば大丈夫だと思います。

・専攻とITに関係がないのに、なぜIT業界志望なのか?
IT業界を志望する理由やIT業界と関わりたいという強い想い、そう思うようになったエピソードの2つを回答に盛り込んでいましたね。一般的な回答の仕方で特に問題ないと思います。

ーー文系SE職ならではの強みってありますか?

特にないと思います(笑)。強いて言うなら、文系は理系に比べて実験や研究がないことが多いので、学業以外に費やす時間が多くとれると思うんです。つまり人と関わる機会が多いというか。だから理系に比べてコミュニケーションが上手に取れることや、疑問をすぐ先輩に質問できる人が多いことくらいですかね。

キャリアの選択肢について

ーー文系がSE職を目指したり、理系院生が文系就職を視野に入れる学生が近年増えている印象ですが、このことについてどう思いますか?

全然ありだと思います。正直現時点での専攻は関係ないんじゃないですかね。

専攻を就活に活かせば有利になる可能性もありますし、入社後も得意分野で仕事ができるとは思います。ただ、人によって幸せというのは異なるし、現在の専攻にとらわれる必要はないのかなと思います。

ーー現在の文系・理系はほとんどが高校生のときに決めた専攻ですもんね。

そうなんですよね。高校生のときに決めた専攻に縛られると視野が狭くなると思います。現時点でフラットに見て、自己分析の結果と照らし合わせて考えるといいのではないでしょうか。

ーー22卒へのキャリア選択などのアドバイスをお願いします。

自身のキャリアに対して少しでも迷いがある場合は、一度就活を経験した先輩や社会人に相談すると良いですね。自分だけで考えると、どうしても今までの価値観に縛られてしまうことが多くなります。就活経験・社会人経験のある人の話を聞くと良いと思います。

それと、同期でも先輩でも優秀な人に会って話を聞いたほうがいいです。彼らの考え方や価値観はとても参考になると思います。

ただ、優秀な人って自ら表に出てこないことが多い気がするんですよね。自己研鑽に粛々と励んでいるのかもしれないですね。だから、自ら探して会いに行かなければいけないと思います。

そういう学生たちが増えれば、北海道の就活も盛り上がって首都圏の学生との差も縮まるのではないでしょうか。

おわりに

いかがだったでしょうか。

今回は、プログラミングスキル無しでSE職に内定した21卒北大文系学部生にインタビューしました。効果的な選考対策をできれば、文系スキル無しの学生でも実際のところ敷居はあまり高くないようです。

このところ文系学部生のSE職の採用数が増えてきた印象ですが、内情に関しての記事があまり見られなかったため本記事を書かせていただきました。学生にとって、キャリアの選択肢を広げる一助となれば幸いです。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

無料会員登録