外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【21卒保存版】外資系投資銀行のサマーインターン参加前に読んでおきたいコラム10選

はじめに

こんにちは。外資就活ドットコム 外銀チームです。
外銀のサマー選考も結果が出始め、サマーインターンがいよいよ目前に近づいてきましたね。
今回は外銀IBD(投資銀行部門)のサマーインターンに参加するのにあたり、是非目を通しておいていただきたいコラムを10記事厳選して紹介します。「ESや面接、学校に追われて金融業界の理解ができないまま夏休みを迎えてしまった」「バリュエーションは重要ではないことがわかったものの、ざっくり概要だけは掴んでおきたい」「ジョブでの振る舞い方がいまいちよくわからない」というお悩みのある方は、本記事を通じて短時間で効率よくサマーインターン対策をしましょう。

外銀対策①ー業界理解編

志望動機を書く際、投資銀行業務への理解がいまいち深まっていないことを自覚しつつも気づいたらなぜか(?)選考に通過してしまい、結局まだ具体的に何をしているのかがわからない、という方も多いのではないでしょうか。今さら業界理解?と感じる方もいるとは思いますが、まだまだわかっていないことは多いはずです。懇親会やランチなどで社員とお話する機会もあると思いますので、念のため見直しておくことをおすすめします。

業界研究に関しては以下のコラムを参考にしてみてください。

外銀対策②ー会計・金融知識(基礎)編

巷の外銀対策では「外銀の選考では会計や金融知識は求められていない」「夏までは金融知識は不要」など様々な意見が溢れていますが、筆者の経験に基づくと最低限の会計・金融の知識は必要です。理由としては大きく2つあります。まず第一に、グループワークについていけなくなってしまうためです。外銀のサマーインターンではほとんどの場合仮想のM&Aの提案になり、買収先の選定をするために企業の出している中長期計画書(通称:中長)やアニュアルレポートなどを読みこんでいくことになります。両方とも決算内容に触れているため、最低限の財務諸表の読み方がわからないとまずチームでの会話に参加できません。第二に、上記のようにチームでの会話に参加できないと、サマーインターンでの評価ポイントとなる最終プレゼンでの発表や質疑応答の回答者となれない可能性が高いからです。多くの場合、社員からの質問に対応するのは、質問のあった部分のスライドの作成担当者かチームに一番貢献したメンバーとなることが多いです。そのため、グループワークに積極的に参加できないと社員に評価されるチャンスを失うことになりかねません。ここ一番の場面で評価されるためにも、知識が不十分方は今からでも理解に努めましょう。以下のコラムを読んでおいてください。

外銀対策③ー会計・金融知識(応用)編

基礎的な金融知識をざっくり理解したらバリュエーションも理解しておきたいものです。
例年ジョブ参加者のほとんどは「金融のゼミの所属の学生や選抜コミュニティでジョブ(注:インターンのこと)慣れしている学生がいたためバリュエーションは彼/彼女に任せていた」と語っており、バリュエーションを実際にできなくても、あまり問題がありません。(もし班にわかる人がいない場合もほとんどの会社ではバリュエーションに関する講義があるため、心配は不要です。)ただし、いざインターンに参加して焦ることがないよう、また秋以降の選考対策や入社後のことも考えて余裕のない方も概念くらいは理解してみたいものです。以下の記事では具体的な企業を例にとってバリュエーションのやり方を解説しているので、必読です。

外銀対策④ーインターン中の振る舞い方編

最後に、インターン中の振る舞い方についての記事も紹介したいと思います。インターンでは「社員にいいとこをアピールしたい」という気持ちが選考してしまいグループの輪を乱してしまう学生が多いです。しかし、面接を突破している優秀な学生のみがインターンに参加しているため、チームでの振る舞い方をインターンでは見られているということは常に念頭に置いておいてください。以下の2つの記事を読み

①外銀に限らず、全業界のインターンで気をつけなければいけないこと
②外銀のインターンがどのような目的で行われているのか、他の業界と比較してに特に注意すべきこと

の2点を把握してインターンに臨めるようにしましょう。

おわりに

今回の記事では、サマーインターンに必要な対策を効率的に行うためのお勧めの必読記事を紹介しました。外資就活ドットコムには今回紹介した記事に限らず、多くの外銀の選考対策記事が掲載されているので、余裕があれば自分に必要な情報を考え、記事を読み万全な態勢でジョブに臨みましょう。

外資IBD志望者必見コラム

【21卒保存版】大学2年1月から始める外資系投資銀行内定までのロードマップ

【21卒】外銀マーケッツ部門志望者がすべきこと~セールス編~
【面接で合理的に説明できる?】21卒向け、投資銀行の仕事内容解説
【21卒保存版】選抜コミュニティの実態・選考対策まとめ <前編:主要選抜コミュニティの特徴・活動実態を解説>
【21卒保存版】選抜コミュニティの実態・選考対策まとめ <後編:主要選抜コミュニティの選考フロー・対策方法を解説>
【21卒保存版】大学2年春休み後半で周りと差をつける外銀就活
【21卒保存版】外銀志望必見。20卒内定者が選定した目的別おすすめ書籍13選
【外銀トレーダーを0から学ぶ】トレーディング部門の働き方と求められる素質
[業界研究] 投資銀行編
【21卒保存版】投資銀行部門の業務内容・求める人材・選考方法について徹底解説
【21卒保存版】外資系IBDのWebテスト・テストセンター・筆記試験対策 総まとめ
【21卒保存版】外資系投資銀行10社の特徴・選考フロー・主な最近のM&A案件まとめ
面接まで見越した「熱意」が肝。外資系投資銀行に響く「ESの志望動機」の書き方
【21卒保存版】IBD面接の攻略法〜過去に出題された質問完全公開〜
投資銀行志望者必読!リーグテーブルから分かる投資銀行各社の強みと弱み、面接への繋げ方とは?【21卒保存版】投資銀行のジョブで行うバリュエーション(企業価値算定)作成方法まとめ①入門編【21卒保存版】投資銀行のジョブで行うバリュエーション(企業価値算定)作成方法まとめ②~マルチプル法~

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)