外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【コンサル内定者が語る】逆質問で自分を売り込む方法

こんにちは、外資就活 編集部です。

面接は企業側から学生に向けて質問をし、企業側が学生を見極める機会として設けられています。そんな面接の最中に「何か質問はありませんか?」と聞かれる逆質問を受けた方も多いことでしょう。悩みがちな逆質問ですが、実はこれを利用して自分自身を表現することも出来ます。

今回の記事では、「どんなことを言えば面接官の受けがいいんだろう・・・」「正直ネタ切れだよ・・・」といった困った声が多い逆質問の悩みの解決方法をお伝えします。

逆質問は自由に自分を売り込む方法

困った声が多い逆質問ですが、逆質問を利用して自分の人柄ややる気を自由に伝えることができるものです。

まず以下の2つの例を見てください。

(例1)〇〇さんが御社で働いていく中で一番やりがいを感じたことは何ですか。
(例2)御社の中では〇〇のような仕事でお客様に喜んでいただく機会があるかと思いますが、その中でも〇〇さんが一番やりがいがあると感じたエピソードや案件をお答えしていただける範囲でいいので教えて頂けますか。

例1はよくある質問ですが、この質問はいわゆる「自分自身で考えなくても出来る質問」です。それに比べて例2は、自分が考えた成果を相手に伝えられるというメリットがあります。この2つを比較してみても、どちらが自分を売り込むことができるか一目瞭然です。

逆質問は「仮説」を検証する機会

逆質問では自分なりにその企業に対して仮説を持ち、その仮説が正しいかを面接官に聞いてみることが大切です。これは、面接でのアピールで大切な以下の2つの要素に起因しているためです。

(1)志望度の高さ
(2)業種への適性

前者の「志望度の高さ」は会社や職種に対する理解や知識によって示すことができ、後者の「業種への適性」は、自身の性格やそれを表すエピソードを用いてアピールすることが出来ます。また、この2者をつなげて説明する際に「仮説」を用いて話す能力が必要になります。

例えば、

「自分は〇〇だった時~~のように行動したため(エピソード)、会社に入って〇〇のようなことをする機会があっても(知識、会社理解)自分は〇〇するだろう(仮説)。だから御社で力を発揮してゆける自信があり、御社に入社したいと思っている。(志望度の高さ)」

といった流れが話の中にあると説得力があり、好印象を残しやすいです。

このように逆質問では、自身がこれまで学んだ業界知識を用いて作った仮説が、正しいかを質問し、検証する意欲を見せることで、自身の志望度の高さや業種への適正を表現することができます。

「仮説」作りの軸は、「自分」「会社」「相手」

志望度の高さと業種への適性をアピールするための逆質問の内容を考える上で不可欠な3つの要素があります。それは「自分が誰なのか」「どんな会社なのか」「相手が誰なのか」です。

自分は誰なのか

自己分析のことです。逆質問では企業が求めている人材と自分の中の要素が合致しているということをアピールしなければなりません。そのために、自分の経験・価値観・目標などを全て整理し、自らの中に企業が求める人材像が持つ要素があるか探す必要があります。その結果に基づいて、会社の中でどのように活躍できるかを具体的に考える中で仮説を作りましょう。

どんな会社なのか

いわゆる企業分析のことです。正しい前提知識を持つことで仮説の精度は高まります。IR情報、会社説明会、OB訪問、外資就活ドットコムの企業紹介ページなど、まずは相手の会社を詳しく理解したうえでそこから自分なりの仮説を作り、疑問を考えておきましょう。

相手が誰なのか

逆質問をする際には、「相手がどのポジションにいて、どんな業務を担っているのか」を理解する必要があります。

例えばコンサルティングファームのパートナーは「相手は経営者同然で、責任や権限を持つこと」や「相手は今おそらく案件を受注する立ち位置にいる」といった仕事上の特徴から「エクセルワークなどハードスキルが求められたジュニア時代から営業などソフトスキルが求められるシニアになるにつれてギャップや苦しみはなかっただろうか」などといった仮説を導き出し、それに合った質問をしましょう。

面接官も仕事とはいえ、一人の人間です。選考体験記などを事前に見ておき、次の選考の相手は誰なのかを事前に知っておき、相手の立場に立った質問をするようにしましょう。

まとめると、「会社」の中で、「自分」はどう活躍することができるかを「相手」に伝え、その認識が正しいかどうかを確認する(=マッチングをはかる)という行為が逆質問なのです。

内定者に聞いてみた!業界別参考にするべき質問例

以上の3つの軸を参考に考えた逆質問を各業界の内定者の方々に聞いてみました。

【コンサルティングファーム 役員面接編】

御社は主に中途採用で経験のある方々が活躍されていると思いますが、最近新卒採用を開始されましたね。私のような新卒の学生は、やる気はあれど社会人経験がなく、入社してすぐにバリューを出すことは難しいと思います。最初は沢山迷惑もおかけしてしまうかと思いますが、御社が新卒に期待していることや、新卒だからこそ出来ることはありますでしょうか。

(解説)
ある19卒コンサル内定者が最終面接で実際に質問した例です。この会社は新卒採用を最近始めたため新卒社員比率も低い会社であることを研究していた内定者は、新卒として自分が採用された場合に果たせる役割を確認することで高い志望度をアピールしています。

【コンサルティングファーム編】

学生時代〇〇した経験から、コンサルティングを通して~~したいという目標を持ちました。その目標を達成するために〇〇業界のクライアントを持って〇〇したいと考えていますが、それは可能なのでしょうか。

(解説)
質問しつつ、自分の目標や成し遂げたいことをさりげなくアピールしています。そのために何をすべきかを自身で考えており、考え抜くことが重視されているコンサルティングファームの面接では面接官からのウケを狙えます。

【外資系金融 投資銀行部門編】

御社が遂行された〇〇の案件は、〇〇の部分がポイントであり、私はこの部分について〇〇だと思っております。△△様はこの案件においてどのような意見をお持ちでしょうか。

(解説)
外資系証券会社の選考の逆質問は、一問一答のようなものではなく、逆質問の流れで雑談しながらコミュニケーション能力や業界に対する興味を見られるようなものだそうです。また、相手の得意分野についての質問が特に効果的です。必ず「相手が誰なのか」という軸を意識し、そのうえで自分の意見を述べるようにしましょう。

【外資系金融 投資銀行部門 マネージング・ディレクター編】

ジュニアからシニアになるにつれて、仕事内容が分析から案件獲得のための、顧客との信頼関係とチームマネジメントと大きく変わる中で、シニアにおいても活躍する為にジュニアのうちに意識しておくことは何でしょうか。

(解説)
投資銀行の業務や各ポジションの仕事内容をよく理解できていないと質問できないような内容ですね。会社についてや相手についてを意識しているといえます。この質問の中で、自分はどのように働きたいか、それはなぜかも一緒に伝えられると更に良い質問になるでしょう。

【外資系金融 投資銀行部門編】

MiFID2(第2次金融商品市場指令)はリサーチに対する手数料明確化法案ですが、やはり投資銀行も調査することが多いのでより効率的な業務というのが求められていくのではないかと想定してました。その認識は正しいのでしょうか。また、よろしければ○○さまの意見もお聞きしたいと思います。

(解説)
国際的な金融規制に対して興味を持ち、それに対して自分自身で意見を持っているという良い質問例の一つです。このようなテーマの逆質問は流れでディスカッションになる可能性もあるので、新聞記事を読んでおく等の準備をしておくとよいでしょう。この内定者は概ね仮説が合っていたようで、シニアバンカーがその考え方に対して評価をしてくれたようです。

【ベンチャー企業編】

新しく〇〇というサービスを考えてきました。ビジネスモデルは~~で、△△することによってマネタイズする事ができます。いつか実現したいのですが、御社ではできますか。

(解説)
ベンチャー企業は、新しいサービスをつねに考え続け、それを実現する熱意を持っている人が求められます。相手の求めている人材像を考え、それに合った意見を言うことができている良い質問です。

【総合商社編】

新聞で御社のプロジェクトについて拝見しました。興味があり調べていくうちに、おそらく〇〇を折衝する事が難所であると考えましたが、実際は〇〇のプロジェクトはどのように運びましたか。

(解説)
相手先の会社のプロジェクトに対して興味をもち、プロジェクトの難所について仮説を持って相手に聞いてみるという良い質問です。ただ、相手が人事部門であった場合は相手の得意分野ではない可能性が高いため、相手が営業部門だった場合に聞いてみると良いでしょう。

逆質問はメモ帳を片手に行え

企業や面接時の雰囲気にもよりますが、筆者は逆質問時にメモを取ることを推奨しています。メリットは3つあります。

1.用意した質問のド忘れを防ぐことができる

せっかく準備をして考えた自分なりの仮説や逆質問も緊張で飛んでしまう可能性がありますよね。そんなとき、質問内容をメモに書いておくと焦らずに逆質問に臨むことができます。

2.次の選考のときに振り返ることができる

あるコンサル内定者はこれが一番助かったようです。ある会社の2次面接で、「あなたのいいところは〇〇ですが、面接の中で〇〇という点が気になったからもし3次面接に進む機会があったら意識してみるといいよ」とフィードバックをもらいました。そして3次面接で「前回のフィードバックを踏まえて今回はどのようなことを意識しましたか?」と聞かれたそうです。そのコンサル内定者は2次面接のときに真剣にメモを取り、フィードバックの内容を覚えていたため答えることが出来たのですが、もしメモを取っていなかったらどうなってたことか・・・と言っていました。

面接の内容をしっかり覚えておき、次の面接につなげるためにもメモを取ってみるのはオススメです。選考を通してPDCAサイクルを回していきましょう。

3.相手の話を真剣に聞いているように見える

こちらもある内定者の話ですが、「〇〇さんは真剣にメモを取ってくれていたよね」と言ってくださったので、ある程度好印象を与えることが出来たそうです。面接官の立場に立ってみても、メモを取るという行為は、自分が話した内容を覚えておきたいと言う意思があると思うはずです。悪い印象は与えないだろう、と言っていました。

面接中にメモを取っていいか不安な場合は、「失礼します、メモをとっても宜しいでしょうか」と一言加えるといいかも知れません。

おわりに

いかがだったでしょうか。

質問したい内容を考えるだけではなく、それに対する仮説を自分の中で持って質問するだけで相手の持つ印象は変わります。また、「自分、会社、相手」の3つの軸も意識してみましょう。以下、その助けになるリンクを張っておきます。

会社について知る
会社分析は外資就活ドットコムの『企業を探す』で行いましょう。IR情報、内定者の属性、選考情報などがまとまっています。
企業を探す
相手について知る
次の面接の相手を知るにはこちらの選考体験記を見てみましょう!会社・業界別に検索することができます。先輩が書いた選考体験記を読むことで面接の準備が捗るはずです。
選考体験記

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)