外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

「あなたを採用する理由なんてある?」圧迫面接の実態とその対処法

こんにちは、外資就活 編集部です。

今回は圧迫面接についてご紹介します。

就活をしていると圧迫面接という言葉を聞くことは多いと思いますが、本当にあるのか、どんなことをされるのか、圧迫された時にどんな対応をすればいいのか、など様々な疑問があると思います。

この記事ではそれらの疑問にお答えしたいと思います。

圧迫面接とは

そもそも圧迫面接とは何でしょうか。

圧迫面接とは学生が答えにくいような意地悪な質問をしたり、高圧的な態度で攻め続けたりと、意図的に圧力をかけてなんらかの評価を行う面接です。

圧迫面接に多い4つのタイプ

圧迫面接には様々なタイプがあります。

1人対1人の面接で面接官が圧迫してくることもありますが、複数人面接官がいる場合、質問をする人とは別に高圧的な態度をする面接官がいる場合もあります。

1. 態度

面接官の態度によって圧迫されるケースです。

例えば、頬杖をつきながら話を聞いている、選考中に携帯をいじる、貧乏ゆすりをされるなどがあるようです。高圧的な態度や興味のないそぶりをされると、驚いてしまい本来準備してきたものを十分に発揮することが出来ない可能性があります。また面接室に入っても面接官が挨拶をしてくれない場合もあります。

2. 人格否定

面接の質問で人格否定をすることです。

例えば「君がうちに入ることのメリットはある?」や「他にも代わりはいる」など言う事です。遠まわしに採用するメリットがないと伝え、本人を否定します。

3. 興味をしめさない

面接で何を言っても面接官が興味を示さないことです。質問に受け答えしても、「へえ」とだけ言って会話を終わらせてしまうパターンです。

4. 追い詰め

面接で質問し続けたり、答えに対して意地悪な質問をさらに重ねて就活生を苦しめるケースです。

例えば答えに対して「なんで?」や「それで?」を高圧的な態度で繰り返し聞いてきます。また「すぐ辞めちゃうんじゃない?」など否定的な決めつけをしてくるといったパターンもあります。

圧迫面接で何を見ているのか

圧迫面接では「恒常的にストレスに耐えられるか」や「瞬発的に適当な対応が出来るか」を見ています。

恒常的にストレスに耐えられるか

働いてからどれだけストレスに耐えられるかの参考です。

激務な業種ではストレスですぐ辞めてもらわないように、どれだけ耐性があるかを見ています。また営業職などはクレームなどストレスがたまることもあります。そのような理不尽な状況でも気にせずに振舞えるか、ネガティブな意見に対して切り替えしが出来るかを企業側は見ています。

瞬発的に適切な対応が出来るか

企業側は追い詰められたときにどのような態度を学生がとるかを見ています。

ここでは威圧的な態度に対して負の感情を出さないことが重要です。怒ったり、泣いたりしてしまったらクライアントからのクレームに対しても同じような態度を取るのかと思われてしまいます。感情的にならず、冷静な対応をしましょう。

また追い詰められたときほど学生の本性が出やすいため、本性を引き出すために圧迫をする可能性もあります。

圧迫面接の対処法

実際に圧迫面接をされた際の対処法をご説明します。

面接官も仕方なくやっていると捉える

まず圧迫面接をされたときに自分だけがされていると思わないことが重要です。面接官が不機嫌な理由は自分のせいではないということです。圧迫面接は選考の過程の一つなんだと思い、この面接では他の就活生も圧迫されていると考えるようにしましょう。さらに面接官も好きで圧迫をしているわけではなく、「この人も仕事でやっているんだろうな」くらいの気楽な心持ちで受けましょう。

実際に圧迫面接をされるとそんな冷静な対応は出来ないかもしれませんが、「反応が見たいくらいだ」と割り切ることが大事です。最初の段階で焦ってしまうとその後の受け答えも感情的になってしまうので気をつけましょう。

冷静に対応する

圧迫された時ほど感情を表に出さないことが重要です。ここで泣いてしまったりしたら、お客様やクライアントの前でも同じ態度をとるのではないかと思われてしまいます。冷静に落ち着いて対応できるだけでも、面接官の印象は良いでしょう。

前向きな内容に捉え直す

答えにくい質問がきても、前向きに質問内容を変換すると答えやすくなるかもしれません。

例えば「あなたが入社するメリットは何ですか」と聞かれたら、「会社に入ってからどんな活躍をしてくれるか」という風にポジティブに解釈しましょう。これなら準備をしてきた返答ができるかもしれませんし、威圧的な聞き方の質問を普段通りの質問に置き換えて気持ちを落ち着けることも出来ます。

事前に準備しておく

圧迫面接がどうしても不安、過去に圧迫面接をしていた会社を受けるという人は対策をしておくのも良いかもしれません。圧迫面接の質問例はある程度決まっているので、どう返すかパターンを作っておくと本番でも緊張を和らげることができるでしょう。

当たり前のことですが、しっかりとした自己分析、企業分析をしておくことで軸のぶれない回答をすることができます。想定外の質問にもしっかりとした分析を行っていれば、ある程度答えることができます。

圧迫面接をする会社に入社していいのか考える

こちらは対処法ではありませんが、もし圧迫面接をされた時に圧迫面接をする会社に自分は入社してもいいのかということを考ましょう。ストレス耐性を見る方法は圧迫面接以外にも様々あります。それなのに圧迫という形態をとっているのはなぜなのか。自分も入社し、面接官になった時に圧迫面接をしなくてはいけない可能性もあることを頭においておきましょう。

圧迫面接に使われやすい質問例

実際に圧迫面接で聞かれやすい質問の例と、その答え方や評価要素を紹介します。あくまでも例にすぎませんので、何が聞かれるかは選考体験記一覧などで対策しておきましょう。

「あなたが当社に入ることのメリットはあるのでしょうか」

ここでは自己PRもかねて答えることが大事です。自分のどんな部分が会社に貢献できるのかアピールし、貢献意欲を見せましょう。もし足りない能力があると言われた場合には、これから努力して会社に合う人材になりますとやる気を見せることも良いでしょう。

この質問を通して企業が見ているポイントは自分のことを理解しているか、事前に企業のことを理解しているか、企業と就活生がマッチングするかなどです。

「学生時代の経験はうちでは役立たないよ」

自己PRを否定したり、就活生に対して他の学生との違いがわからないなど人格否定をする質問です。ここでは相手の意見も認めた上でもう一度自分のアピールをしましょう。学生時代にどんな風に頑張れたかを伝えることで、社会人になってからもどんな働き方をしてくれるか企業側も想像がしやすいです。

ここで企業側が見ているのは自分をアピールできているか、他の就活生と比べてどんな点が優れているかなどといった点です。

「うち仕事きついよ? やめない?」

これは激務といわれる職種や業種で質問されます。この時には自分のどんな部分が激務に耐えられるか答えましょう。例えば学生時代の部活やサークルで忙しい時、精神的に追い詰められたときにどんな対応をしたか話しましょう。ただ「頑張ります!」と言われても、説得力がありません。実際にこれまで辛い時にどんな対応をして乗り越えてきたのか示し、企業側に今までの苦労経験をどう乗り切ったかアピールしましょう。

ここで企業が見ているポイントは企業や仕事をきちんと理解しているか、困難なことでもやり遂げられるか、仕事への意欲はどのくらいあるかなどです。

圧迫面接は自分のせいではない

いかがだったでしょうか。

就職活動をしていたら一度くらい圧迫面接にあうこともあるかもしれません。しかしその時は自分のせいで圧迫されているのではなく、選考の過程の1つだと思ったり、高圧的な態度ではあるものの聞いていることは普段の面接と変わらないと思うようにしましょう。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)