外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

採用担当者様はこちら

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

みずほリサーチ&テクノロジーズ

みずほリサーチ&テクノロジーズ

シンクタンク・コンサルティング・情報処理

みずほリサーチ&テクノロジーズ

【26卒】みずほリサーチ&テクノロジーズ《外資就活Live Spring 2024_Academicセッション》

  • プレゼン

外資就活ドットコムが開催したイベント、「外資就活Live Spring 2024」でのみずほリサーチ&テクノロジーズ様のAcademicセッションの動画です。 トップ企業の理系職に入社した先輩社員に 「就活時代、なぜその企業を選んだのか」 「今の業務内容に学生時代の研究がどう活きているのか」 をお聞きし、これからの就職活動を進めるのに大きなヒントとなる情報をお届けいたします。

【25卒】デロイト トーマツ コンサルティング/みずほリサーチ&テクノロジーズ《JOB Discovery Online Autumn 2023》

  • プレゼン

外資就活ドットコムが開催したイベント、「JOB Discovery Online Autumn 2023」でのデロイト トーマツ コンサルティング様とみずほリサーチ&テクノロジーズ様のセッションの動画です 『未来へ向けた逆転のチャンス 秋から始める本気の就活』 トップ企業の採用担当、現場社員にご登壇いただき、企業の魅力と求める人材像について語り尽くしていただきます。 企業研究・オータム/ウィンターインターン選考や本選考に関わる情報を網羅しましょう!

企業紹介

社会を支える、未来を創る

みずほリサーチ&テクノロジーズは、リサーチ・コンサルティングと先端ITを武器に、お客さまと社会の課題を解決するシンクタンク企業です。

そのお客さまは多岐に渡り、一例として以下のような事業フィールドがあります。

【戦略・経営コンサルティング】
大企業から中小企業まで幅広い業種・業界のお客さまに対し、経営戦略全般にかかるコンサルティングや組織・人事戦略の立案・実行支援も行っています。
#中期経営計画  #長期ビジョン #成長戦略 #M&A #マーケティング戦略 
#新規事業戦略 #業務改革 #内部管理 #BPR #組織再編  #経営戦略 

【サステナビリティ(環境・エネルギー・SDGs)】
環境・エネルギー政策やESG経営に関する調査研究・コンサルティングを展開しています。
#脱炭素政策 #次世代・再生可能エネルギー 
#気候変動影響・適応 #ESG・TCFD・TNFD #サステナファイナンス
#サーキュラーエコノミー #化学物質管理 #農業・食料 

【デジタルコンサルティング】
政府・官公庁、民間企業へ戦略とテクノロジーに関わる調査研究・事業化支援・コンサルティングを提供しています。
#DX #モビリティ #生成AI #スマートシティ #デジタル人材
#システム改革 #オープンイノベーション #先端技術戦略

【官民連携(PPP/PFI)】
官公庁や地方自治体のお客様を中心に、社会を支えるインフラ・施設・公有地活用などに至るアドバイザリー業務を行い、「官民の橋渡し役」を担っています。
#地域活性化 #公共サービス #公共インフラ #公有地活用 #スマートシティ
#アリーナ #スタジアム #MaaS #民営化 #官民連携 #地方創生

【人事戦略】
人事制度構築、人材採用・定着化、育成力強化、意識改革・組織活性化等の計画策定支援から実行支援に至るコンサルティングを民間企業向けに提供しています。
#人事制度 #等級制度 #役員報酬 #研修制度 #人材育成
#組織活性化 #意識改革 #組織活性化 #心理的安全性
#エンゲージメント #サクセションプラン #ジョブ型雇用

【社会保障】
各政策分野において、調査研究やフィールドワーク・大規模データ解析に基づく課題発見、解決策の追求と提言、コンサルティングを行っています。
#保健・医療・福祉政策 #ヘルスケア産業 #共生社会・次世代育成
#産業人材・雇用政策 #人的資本経営・ビジネスと人権 #教育
#震災復興 #サプライチェーン強靭化 #産業振興 #成長投資

上記以外にも先端技術・科学技術・AI・シミュレーション分野、クォンツ・フィンテック・データサイエンス分野等のフィールドを手掛け、高度な専門性をもつコンサルタントが、社会やビジネスの課題解決を行っています。

みずほリサーチ&テクノロジーズは、社会・経済の動向やお客さまの課題に関する幅広い調査・分析力、課題解決に向けた提言力とコンサルティング力、デジタルテクノロジーに関する先端的な技術知見、システム設計力・実装力の伝統と実績ある強みを融合して、お客さまが真に必要とするあらゆるサービスやソリューションを提供することにより、<みずほ>の非金融ビジネスを牽引する中核会社として、お客さまや社会に新たな付加価値を提供していきます。

社員紹介

みずほリサーチ&テクノロジーズの社員紹介

西村 和真 / 2013年入社

コンサルティング本部 デジタルコンサルティング部 上席主任コンサルタント

自動運転やMaaS(Mobility as a Service:サービスとしてのモビリティ)のほか、無人航空機(ドローン)、AR・VR・MR等のデジタル・モビリティ領域に関する調査研究・コンサルティング、実証実験に携わり、そのようなデジタル技術の社会実装に向けた政策立案支援やデジタル技術を活用したビジネスの創出・事業化支援を担当。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

所属するチームは、AIや5Gなどのデジタル技術やその利活用、開発・利活用を担う人材、材料やバイオ等を含む科学技術といった幅広い領域をターゲットに、官公庁や民間企業等のお客様に対して、リサーチやコンサルティング業務を行っています。
その中で私は、モビリティ領域をはじめとした様々な業界のお客様に対し、人工知能やAR・VR・MRなどのデジタル技術を活用した新サービス(例えば、自動運転やMaaS、無人航空機(ドローン)等)の社会実装に貢献するため、政策立案に向けた各種支援や業界動向調査などを行ったり、ビジネスの創出・事業化支援などを担当しています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

大学院時代の専攻は物理工学で、センサーに関わる研究を行っていました。メーカーの研究職に進むことも考えましたが、そうなると、1つの企業で関係できる範囲でのみ携わることになります。コンサルタントであれば、興味・関心のあるテクノロジーを1つの企業で関係できる範囲だけでなく、政策立案から実装まで幅広くできることに加え、時々刻々と新たな技術が生まれるデジタル領域において、業界を代表する企業や有識者の皆様と関わりながら、常に幅広く新しいテクノロジーをキャッチアップすることができるのではないかと考え、当社を選びました。

今後どうしていきたいですか

モビリティ領域で実装が進む「MaaS」(Mobility as a Service・サービスとしてのモビリティ)は、移動手段の確保・充実だけでなく、それらの移動手段をデジタル技術を活用してよりシームレスに利用できるようにすることでなく、移動の目的となる地域の小売・飲食業や、医療・福祉・教育などの行政サービスとの連携により、移動自体の高付加価値化を図る取組みです。この取組みを実装するためには、必ずしも国内の成功事例や諸外国等の取り組みがそのまま参考にできるものとは限らず、MaaSを導入する地域特性や住民のニーズを十分に踏まえることが求められます。私は、このような地域特性等を踏まえながら、より地域に愛される日本版「MaaS」を追い求めていきたいです。

みずほリサーチ&テクノロジーズの社員紹介

齊堂 美由季 / 2015年入社

コンサルティング本部 社会政策コンサルティング部 主任コンサルタント

医療・福祉・介護および健康づくり分野を中心に、社会保障関連の政策に関する調査研究に携わる。 特に、栄養・食事を通じた健康づくりに関する調査、認知症共生社会に関する調査・実証事業等のテーマに応じたオーダーメイド調査の設計、実査、分析業務を担当。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

私は、厚生労働省や農林水産省、経済産業省、こども家庭庁などの中央官庁や自治体・各種団体を顧客とした受託調査を主に担当しています。調査の分野は様々ですが、特に「食・栄養」、「認知症共生社会」、「こどもの居場所」などのテーマを担当してきました。調査では、顧客の持つ問題意識を踏まえて、文献調査やアンケート調査、ヒアリング調査を通じて実態や課題を把握・分析し、有識者や関係者の意見を集約・調整しながら、報告書としてまとめます。例えば、「食・栄養」がテーマのあるプロジェクトでは、日本の栄養・健康政策のノウハウを開発途上国の健康づくりに活かすため、海外文献調査や、国内外の専門家・行政へのインタビュー調査を行い、日本が特に貢献できるフィールドを検討しました。

この会社を選んだ理由は何ですか?

大学院では栄養疫学を専攻。食と社会環境とのつながりを学ぶ中で、食と健康の背景にある多様な社会問題について考え、問題解決に資する仕事に就きたいと思うようになりました。そこで、特に関連の強い社会保障分野で実績のあるシンクタンクへの就職を希望。数あるシンクタンクの中でも、当社のチャレンジを後押しする風土に惹かれ、入社を決意しました。
入社後も、自身が関心のあるテーマへの挑戦を後押ししてもらい、早くからプロジェクトリーダーを担うなど様々な経験を積むことができ、「食・栄養」をはじめとした新規領域・新規顧客の開拓につながりました。

今後どうしていきたいですか

私が関わる保健、医療、介護・福祉分野においては、病気や障がいの当事者、専門職と一緒に仕事をすることが多数あります。シンクタンクの仕事には、「当事者の個々の語り」に向き合いながら、一方で、俯瞰的な視点から「集団の傾向」を見据え、両者を政策立案に反映できる情報として整える役割があると思っています。当事者視点や当事者に寄り添う意識を忘れてはならないと自戒しています。
今後は、みずほ銀行などと共に、健康増進・予防分野の民間サービス創出、さらに、企業のサステナブル経営の一領域として、健康貢献に関わる、非財務価値の可視化支援のコンサルティングサービスを展開し、官民連携による社会基盤づくりに参画していきたいと考えています。

みずほリサーチ&テクノロジーズの社員紹介

境澤 亮祐 / 2017年入社

コンサルティング本部 サステナビリティコンサルティング第1部 上席主任コンサルタント

再生可能エネルギーと電力システム改革にかかる国内外の動向調査や、電力シミュレーションモデルの開発と将来のシナリオ分析を活用したコンサルティングに従事。このほか水素・アンモニア・CCUS等の関連技術の社会実装に向けた調査・定量分析業務に従事。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

「エネルギーの脱炭素化」をテーマに活動をしています。具体的には、水素・アンモニアに代表される新エネルギーや太陽光・風力電力などの再生可能エネルギーの導入を推し進めるにあたって顕在化している課題に対して、技術面、あるいは制度面での動向調査や、導入にあたっての事業リスクモデルの開発等を通じた民間企業の支援を行っています。特に、再生可能エネルギーの開発に取り組む発電事業者を対象として、事業リスクのシミュレーションモデルの開発と、それを活用したコンサルティングを行っています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

大学・大学院ではCCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯留)における環境リスクのシミュレーション分析を行っていました。博士課程進学も考えましたが、研究者と企業、そして国を橋渡しする仕事の方が向いているのではと、コンサルタントの道を考えました。候補として、環境系に強いシンクタンクであるみずほリサーチ&テクノロジーズ(旧みずほ情報総研)が浮かんだのがきっかけです。組織的にフラットだという印象は入社前からありましたし、実際にやる気があれば2年目から先輩がバックアップに付く形でプロジェクトリーダーを任されるなど、若手のうちから裁量が大きくて自由度の高い会社です。

今後どうしていきたいですか

少し前までは、「再エネ」「蓄電池」「水素」「CCS」など、個別領域での技術的な動向調査やコンサルティングが実施されていましたが、今後はカーボンニュートラルの達成や、それにともなう日本のエネルギー構成のあり方という観点で、すべてを組み合わせた議論が欠かせません。また、国内の電源供給というテーマでも、政策支援や制度策定の議論が目まぐるしく展開されています。パラメータの広範囲化や複雑化は、より進んでいくことでしょう。ここにしっかり追随して、シミュレーションモデルをブラッシュアップしていくことが目標です。

みずほリサーチ&テクノロジーズの社員紹介

長 樹生 / 2019年入社

コンサルティング本部 戦略コンサルティング部

主に大企業向けの経営戦略コンサルティング業務に携わる。特に、組織再編に関わるコンセプト設計・組織詳細設計や事業戦略策定に伴う市場環境・競合動向調査等の案件において調査設計、分析業務を担当。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

私が所属するチームでは、経営戦略・組織設計を扱うコンサルティング事業の中で、民間大企業のクライアントに対して、経営戦略の立案・策定の支援を行っています。運輸・物流、資源エネルギー、化学、建設、産業機械など、携わる業界は多岐に渡ります。クライアントの抱える課題に対し、将来ビジョンの策定や海外進出に関する調査、M&Aアドバイザリー、組織設計などを通じて、解決策を導き出しています。情報を整理してチーム内でディスカッションを重ねたのち、クライアントとのミーティングを実施。何度も意見交換する中で徐々に方向性が決まり、解決策が導かれていきます。最終的には、クライアントと合意した課題解決策を、報告書というカタチに収斂します。

この会社を選んだ理由は何ですか?

大学で学んだ経営戦略論や経営組織論を通じて、企業の意思決定に関わる仕事に興味を抱きました。学んだ知識をさらに深め、幅広い産業、業界に携わりたいという思いからコンサルティング業界を志望しました。クライアントに寄り添って経営課題の解決に携わることができる点に魅力を感じ、みずほリサーチ&テクノロジーズ(旧みずほ総合研究所)に入社を決意しました。

今後どうしていきたいですか

どんなプロジェクトであっても常に追求しているのは、自身の貢献度を高め、より多くの価値を発揮し続けていくことです。当然、そのためには深い専門知識が必要となります。まずは他の誰にも負けないような自分の専門分野を持ち、「この件であれば長に相談したい」と頼られる存在になりたいと思っています。そのためにも、より主体的に動くことでバリューを発揮し続け、着実に成長していきたいと思っています。

みずほリサーチ&テクノロジーズの社員紹介

竹内 誠也 / 2018年入社

コンサルティング本部 経営コンサルティング部

2018年に入社後、多種多様な業界・企業規模の組織診断や人事戦略策定、人事制度構築・運用支援、管理職・中堅社員向けの研修の企画・実施等を多数経験。
大学教授との共同研究や新サービス開発にも携わる。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

現在は組織人事コンサルタントとして、製造業、IT、旅館業、テレビ局、社団法人など様々な業種の顧客企業に対して、人事戦略策定や、人事制度構築、人材育成など人事に関する多岐にわたるテーマでコンサルティングを行っています。
例えば、人事制度構築に関するコンサルティングでは、顧客企業の経営層や従業員へのヒアリング等を通じて、企業の目指すべき姿と現状を捉え、現状を目指す姿に近づけるための人事制度を構築します。また、新制度導入後も制度定着に向けた研修や、効果測定などを行います。
また最近では、官公庁向けの人材に関する調査案件にも取り組んでいます。

この会社を選んだ理由は何ですか?

就職活動では、社会に影響力を持つ仕事を通じて、より良い社会の実現に貢献したいと考えていました。インフラ関連事業や金融機関、コンサルティング業界にアプローチする中、みずほリサーチ&テクノロジーズで働くコンサルタントの人柄に惹かれました。採用イベントで学生から本音を引き出すコンサルタントの姿から、顧客に対しても本音を引き出し顧客に合った提案ができる環境だと感じて入社を決めました。

今後どうしていきたいですか

常に新しいことに挑戦し、探求し続けていきたいと考えています。それが、入社時からの想いである、世の中で働く人たちの働きがい、生きがいの最適解を追求していくことにつながっていくと思っています。
クライアントが成長することをただ目指すのではなく、その企業が社会に対して担うべき役割や存在意義をクライアントとともに考える。そして「企業が担うべき役割・意義の実現手段と社員のやりがい・生きがいをいかに結びつけるか」を自分なりに全力で考え行動する。これらを通じて多くの人のやりがい・生きがいが、より良い社会の実現寄与するような仕掛け作りに貢献していきたいと思っています。

みずほリサーチ&テクノロジーズのオフィス風景

みずほリサーチ&テクノロジーズのオフィス風景

みずほリサーチ&テクノロジーズのオフィス風景

みずほリサーチ&テクノロジーズの特集記事

実施要項

募集種別 インターン
募集職種 システムエンジニア、コンサルタント
仕事内容 ◯Experience R&Dスペシャリスト(対面/1day)
先端技術・科学技術・AI分野の実業務を体感していただきます。ワークショップを通じて、当社R&Dスペシャリストによる技術的なアドバイスを行います。
◯Experience コンサルタント(WEB/1day)
実業務に基づく複数のテーマからコンサルタントの業務の進め方、考え方、働き方を体験いただきます。
◯サステナビリティコンサルタント Internship(対面/2week)
当社社員の指導のもとで、実際のプロジェクトや題材を数日間にわたって体験していただきます。
◯Experience システムエンジニア -銀行システム開発-(WEB/2days)
銀行の実業務を題材にシステム開発の上流工程である要件定義や基本設計を実際に体験いただきます。
◯Experience システムエンジニア -法人システム開発-(WEB/1day)
法人向けシステム開発を題材に、要件定義・提案を体験いただきます。
◯Experience システムエンジニア -グローバル編-(WEB/2days)
海外企業へのシステム提案をテーマに、システム化企画や要件定義といった上流工程を体験いただきます。海外顧客へのヒアリング、英語でのプレゼンを行います。
給与 ◯Experience コンサルタント
◯Experience システムエンジニア -法人システム開発-
◯Experience システムエンジニア -銀行システム開発-
◯Experience システムエンジニア -グローバル編-
・昼食費を支給します(ただし半日開催のプログラムについては支給なし)。

◯Experience R&Dスペシャリスト
・昼食は当社にてご用意します。
・遠方の方には新幹線・飛行機代を支給します。

◯サステナビリティコンサルタント Internship(2week)
・報酬として時間給1,500円を支給します。
・遠方の方には新幹線・飛行機代、および宿泊費(上限あり)を支給します。
諸手当 上記参照
勤務地 オンライン/対面
応募資格 大学もしくは大学院(修士課程・博士課程)に在籍(または卒業)している方
※学部・学科・専攻などは問いません。
お問い合わせ みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社
人事部 インターンシップ担当
internship@mizuho-rt.co.jp

会社データ

設立日 2021年4月1日
事業内容 【リサーチ】
世の中が求める情報を経済学的、時には政治的見地から調査・分析しています。そしてその結果がお客さま企業の経営、官公庁への政策立案の基礎情報となり、お客さま、そして社会をより良い方向に導いていきます。また、テレビやラジオ、雑誌、書籍等、各種メディアを通じた対外発信により、社会全体に向け、タイムリーな情報提供を行っています。

【コンサルティング】
企業の経営戦略、ICT戦略策定、国家の情報通信政策立案はもちろんのこと、社会保障、環境・エネルギー、グローバルビジネスなど、幅広い分野のプロフェッショナルがその高い専門性を武器に、お客さまの課題を的確に分析し、コンサルティングを行っています。また、長きにわたり、時代を先取って先端技術にも取り組んでおり、その技術は深く幅広いものとなっています。これらの専門性・技術力により、お客さまと社会に対し、新たなサービス・ビジネス創出、社会課題の解決に取り組んでいます。

【システムインテグレーション】
お客さまが認識している課題だけでなく、潜在的な課題も的確にとらえ、お客さま業務にフィットしたシステムを導入することで、企業活動を強力にサポートしています。システム導入後も、効率的に運用するためのサポートや、法律や制度改正に伴うシステム改修などに対応し、お客さまの業務を継続的に支えます。お客さまはグループ各社、並びに民間企業から官公庁まで多岐に渡ります。

☆★☆みずほリサーチ&テクノロジーズLINE公式アカウント☆★☆
当社の事業内容や取り組みを知っていただけるコンテンツを、LINE公式アカウントでも配信しています!
LINEから「みずほリサーチ&テクノロジーズ新卒採用」で検索いただき、ぜひお友だち登録してください。
URL https://www.mizuho-rt.co.jp/index.html
住所 東京都千代田区神田錦町2-3 竹橋スクエア
資本金 16億2,750万円
代表者 代表取締役社長 吉原 昌利
従業員数 4,137人(2023年3月31日)

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


みずほリサーチ&テクノロジーズの関連企業リスト

みずほ証券【みずほフィナンシャルグループ】 【証券業】

つなごう、拡げよう、超えよう。自分らしく。 みずほ証券は、「総合金融コンサルティンググループ」としてお客さまのベストパートナーを目指すみずほフィナンシャルグループの中核を担う総合証券会社です。 みずほ証券は、株式や債券等の証券関連分野において、個人から国内外の機関投資家や事業法人・金融法人・公共法人まで、多様なお客さまの幅広いニーズに応えるため、部門・グローバル・グループ企業間の連携をさらに深化させた「一体運営」によってコンサルティング機能の高度化とソリューション・プロダクツ提供力の強化に邁進しています。  みずほ証券には、「広く活躍できるフィールド」と「高度な専門性・スキルを習得しながら、一人ひとりの資質を活かせる環境」があります。 みずほフィナンシャルグループが有する国内外における圧倒的な顧客基盤をベースに、幅広い業務基盤を駆使してあらゆるお客さまに対して質の高い証券サービスを提供しているため、非常に幅広いビジネスフィールドを有しています。 加えて、投資銀行業務やマーケット業務など、それぞれのプロフェッショナルとしてグローバルに通用する高水準の専門知識・スキルを身に付けるための各種研修プログラム・国内外留学制度・自己啓発支援など、充実した育成環境を整備し、社員一人ひとりの資質を活かし、各人の得意領域の形成を推奨しています。 挑戦意欲あふれる皆さんにとって、大きく飛躍できる環境をご用意しています。

みずほ証券【みずほフィナンシャルグループ】のES・体験記
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員限定コンテンツ多数!

無料会員登録はこちら