外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【コンサル・投資銀行志望者必見】FASって何をしているの?

こんにちは! 外資就活 コンサルチームです。

夏のインターンを経て、
「本当に自分がしたいことは何だっけ…?」
「今の自分の実力で行けるところってどこなんだろう…」
〈就活迷子〉になっている方もいるかもしれません。
しかし、道を迷っているうちに、採用が終わってしまうケースもあります。

特に、コンサルティングファームを志望している方は、半数程が投資銀行も視野に入れているようです。コンサルと投資銀行、どっちを第一志望にしよう? そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、コンサルティングと投資銀行の業務どちらも行える、FASを紹介したいと思います。

FASとは

Financial Advisory Serviceの頭文字を取ってFASです。
FASは財務に関連する専門的な助言を行っている部隊の事です。

大手のFASだと、4大会計事務所(BIG4)のグループファーム、もしくはその傘下の部門となります。PwCの場合、PwCコンサルティング/PwCアドバイザリーのなかにディールズという部門があり、そこが財務に関するアドバイザリー業務を行っています。

FASの業務内容とは

FASを知っている就活生は、FAS=M&Aのイメージが強いのではないでしょうか。
たしかに、投資銀行やコンサルを併願していると、よく見かける業務内容だと思います。しかし、FASにはM&A以外にもまだ多くのサービスがあります。具体的には以下の通りです。

・M&Aアドバイザリー
・企業・事業再生
・フォレンジック
・経営戦略・高度化  など
*各ファームでサービス内容が異なるので、一度自身で調べてみることをおすすめします

どうでしょうか。M&A以外にも多くのサービスがあることを初めて知った方もいらっしゃると思います。それでは1つずつ説明していきます。

M&Aアドバイザリー

皆さんご存じのM&Aのアドバイザリーをする部門です。

M&A全体の流れは以下のように、
Pre Deal → On Deal → Post Deal の3段階となっています。

★Pre Deal
成長戦略→M&A戦略→オリジネーション(M&Aの案件を発掘すること)
★On Deal
基本合意→デューデリジェンス、バリュエーション→契約の締結(資金調達)
★Post Deal
PMI

つまり、投資銀行ではPost Deal以外を、FASでは資金調達以外のM&A全体を支援しています。
投資銀行と異なる点としては、
・株式や債券の引き受けによる資金調達はできない
PMIを行う
ことが挙げられます。

FASでM&Aに関わる部署として、
・M&Aアドバイザリー(バイサイド、セルサイド)
・デューデリジェンス(財務、ビジネス、ITなど)
・バリュエーション
・PMI

があります。
1つずつ詳細に見ていきましょう。

M&Aアドバイザリー(バイサイド、セルサイド)

M&A戦略の立案からディールのアドバイスやマネジメント、最後のPost Dealまでのすべてのフェーズにおいて、クライアントに寄り添い、中長期的な課題解決の支援をします。クライアントと会う頻度はPMIに次いで多いです。

デューデリジェンス(財務、ビジネス、ITなど)

M&Aディールの価値を最大化するために、財務やビジネスなどの項目を評価します。
FASで特に多い財務デューデリジェンスでは、企業価値評価に必要な情報収集や分析を行い、M&Aにおける判断材料を集めます。
デューデリジェンスはクライアントと直接関わる機会が少ない部署です。

バリュエーション

M&Aディールの交渉段階で、企業価値評価を実施したり、交渉における価格のアドバイスをします。M&Aはいつも成功しているわけではなく、失敗することも多くあります。その原因として、適正な価格よりも高い価格を払ってしまうことが挙げられます。バリュエーションは、そのようなことが起こらないように、慎重に、迅速に適正価格を判断しています。バリュエーションの業務がM&Aの成功に大きく貢献するといっても過言ではないでしょう。

PMI

PMIはPost Merger Integrationの略で、統合業務を意味します。PMIでは買収後のシナジーを最大化するために、M&Aの戦略立案の時からクロージングまで案件に関わります。経営戦略から、組織・人事、財務、税務、IT(オペレーション)など、社内を潤滑に運営する上で必要な機能の統合を支援します。M&A後の統合がうまくいかず、見込んでいたシナジーが出ないといった事態を避けるため、M&Aの初期段階から目標にたどり着くように戦略を描き、その遂行が求められます。

余談ですが、M&Aは失敗することの方が多く、どの企業も成功のために外部機関に頼ります。ここで、外部機関である投資銀行とFASの魅力を挙げるとするのであれば、

【投資銀行】
案件のサイズが大きく、証券会社が得るフィーも高いので、そこで働く社員も高収入を得ることができます。さらに、案件獲得から執行まで携われるので、やりがいがあります。

【FAS】
案件の初期からM&Aの成功の鍵を握る最後のPMIまで一気通貫して関わることができます。M&Aを行う場合、M&A自体に満足していまい、”やりっぱなし”に陥ることがあります。M&Aを成功に導くためにはPMIは欠かせない重要な業務であり、そのPMIまで関わることができる点にやりがいがあるでしょう。

企業・事業再生

経営状況が厳しい企業の支援をする業務です。クライアントの業務代行ではなく、ハンズオン型で、クライアント主体の支援を行います。
国内事業だけでなく、日本企業の海外事業や子会社の再生も行っています。

M&Aアドバイザリーでは、高度な財務的知識を中心に業務を行いますが、企業再生では、財務的知識を中心としながらも、より総合的な力が求められ、ビジネスの根幹に近い部分に関わることができます。

ハンズオン型で支援することから、クライアントの中に入って一緒にビジネスを作り上げていきます。コンサル志望者の中でも、「実行支援に携わりたい」「ただ単にITを導入するのではなく、クライアントとビジネスを作り上げたい」と思っている方におすすめの業務です。

フォレンジック

皆さんもニュースで見かけるであろう企業の不祥事は突然発覚します。その不祥事の予防、対処の支援しているのが、フォレンジックの部隊です。
FASは財務のプロフェッショナルであるため、取り扱う不祥事は会計にまつわるものになります。

近年、コンプライアンスへの意識が高まっており、客観的な調査ができるよう、FASのような外部の専門家にチェックを依頼することが多くなっています。そのため、ニーズが急増しているようです。

フォレンジックという言葉を初めて聞いた方はこちらを見てみると良いでしょう

経営戦略・高度化

高齢化、グローバル化、テクノロジーの発展等で、企業はビジネスを高度化することが求められています。
そこでFASは、自らが持つ財務の専門性を生かして、経営戦略に対する提言を行なっています。具体的には、自社で企業の再編やグループ会社のマネジメント等を、また他社とのシナジーで成長を図るM&Aの戦略立案なども行っています。

新卒採用・年収

新卒採用状況、年収を以下の表の通りです。


新卒年収は20卒の額です。

(※1)PwCはPwCコンサルティング/PwCアドバイザリーで一括採用となっています
(※2)PwC以外は新卒採用歴が浅いため、中途の実績です

紹介した各社の年収は、投資銀行には及ばなくともコンサルと同水準で、他業界より高い分類と言えるでしょう。

DTFAは現在3期目となる新卒採用をしています。
同様に新卒採用をしているPwCより、新卒での年収は劣ります。しかし、内定者の情報によると、1年目は裁量労働制ではないこと、2年目からはベースが600万+賞与になるようです。

DTFAとEYパルテノンは採用されると、FA業務に関わることが確約されての入社です。一方、PwCの場合、ビジネスコンサルタント職とアドバイザリー職が同じ枠での採用のため、新卒入社中PwCアドバイザリーに配属されるのは新卒入社50〜100人中30人〜40人のみです。しかし、毎年かなりの人気だそうです。アドバイザリーへの配属を希望する方は入社までに簿記2級を取ったり、内定者インターンや研修中に、優秀であることを示す必要がありそうです。

22卒からKPMG FASも日本選考で新卒採用を行うようです。
表を見てわかるように、大手FASの中で年次問わず平均的に年収が高いです。新卒の年収がどうなるかは非常に気になるところです。

EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社(EYTAS)の新卒採用窓口は、現在EYパルテノンのみのようです。コンサルを中心に見ている方はEYパルテノンといえば、戦略コンサルというイメージを持たれていると思いますがこちらに書かれているように、業務内容はFASとほぼ同様と言えます。
現在、新卒採用をしているDTFA、PwCとくらべるとかなり少ない採用人数ですが、戦略コンサル志望者が入社することもあり、かなり優秀な方が集まっているようです。

セカンドキャリア

大きく分けて、以下の5つのパターンがあります。
・同業他社
・コンサル
・投資銀行
・ファンド
・事業会社のM&A推進部門
など

同業他社

これは総合コンサルと同様で、上のポストが空いていなかったり、同じ役職でも年収を上げるなどのために横移動するパターンです。

コンサル

M&Aアドバイザリーの中のデューデリジェンス(DD)やPMI、または企業再生を経験し、コンサルに転職するパターンです。

投資銀行

この中ではレアな転職先です。
M&Aの成功に大きく寄与するPMIの知見や、業務の共通項であるバリュエーションを経験した方が転職するパターンです。投資銀行ではPMIの業務は行っていませんが、M&Aの戦略を考える上で、うまくシナジーを出せるかを検討する際に、PMIの経験があると良いそうです。
しかし、新卒で入っている方よりもスキルが高い方でないと転職・生き残りは厳しいでしょう。

ファンド

こちらも狭き門ですが、PEファンドへ転職するパターンです。
事業再生をしたくてFASに入社したが、ハンズオン型で実行支援はできるものの、PEファンドのように株式を取得して経営に入り込む形で再生に携わりたいと思う方からPEファンドを目指しているようです。また、M&Aアドバイザリー業務をしていて、もっと経営に携わりたいと思った方も目指すようです。

事業会社のM&A推進部門

昨今、M&Aによって企業の成長スピードを加速させようとする会社は多いです。
M&Aを行う上で重要なのは、”シナジーを生むことができるか”です。M&Aを成功させる企業は、証券会社の営業を待つのではなく、自社の投資部門の中で戦略を立て、ロングリストやショートリスト(M&Aによってシナジーが想定される企業をリストアップしたもの)を作成しているようです。その戦略を立てるためには知識を持った方が必要で、M&A業務経験者の中途採用を行っているようです。

転職先として、これだけ数多くの例が挙がるのは大きなメリットではないでしょうか?
就活中と入社後では、やりたいことが変わることはよくあります
今後目指せる道が多くあるのは、新卒として就活される皆さんにとって1つの安心材料になると思います。

最後に

いかがでしたか?

FASについての理解は進みましたか?
FASは、M&Aの中でも幅広い業務、そして企業再生から、不正調査、経営戦略まで幅広い業務がある業界です。

戦略コンサルや総合コンサルとは違い、受け持つ案件はすべて財務についての専門知識が必要なものであり、将来は財務のプロフェッショナルになることができるのが魅力です。

少しでも興味が出てきた方は、ぜひエントリーしてみてください!

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)