外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【21卒】マーケティング=市場調査ではない?外資系マーケターは何をするのか。仕事内容と求められるスキルを解説。

はじめに

「”外資マーケ”という言葉をよく目にするが、実際に何をしているの?」
「部署別採用である外資系メーカーのセールスやファイナンスとの違いは結局何?」
「外銀のマーケッツ部門も外資マーケじゃないの?」

このように思っている人は21卒の学生限らず多いのではないでしょうか。実際”外資マーケター”または”外資系企業マーケティング職”と言われる職種は何をしているのでしょうか。

ご挨拶遅れました、21卒の皆様はじめまして、外資就活 外資マーケターチームです。

この度、外資マーケター志望者向けのコラムを定期的に配信することが決まりました!マーケティング職を志望している、もしくはマーケティング職に興味がある21卒の方々、今後配信するコラムを参考にして選考を有利に進めていってください。

第1回目の記事は、BtoC(Business to Consumer)外資企業マーケターの仕事内容についてざっくりとご説明したいと思います。BtoCとは商品やサービスを一般消費者向けに販売しているビジネス形態のことをさします。本コラムではこれ以降、マーケティングといえばそれは「BtoC(消費者)マーケティング」のことです。

そもそもマーケターって何?

商品が売れるようにするために顧客に選ばれる必然(理由)を作ること

辞書の言葉を引用すると、マーケティングとは、「顧客ニーズを的確につかんで製品計画を立て、最も有利な販売経路を選ぶとともに、販売促進努力により需要の増加と新たな市場開発を図る企業の諸活動のこと」です。

と言っても、これだけで理解するのは難しいですよね。この表現にもう少し解説を加えたいと思います。

日本を代表するマーケター森岡毅さんは、ご自身が書いた本「USJを劇的に変えたたった1つの考え方」で、

マーケティングの仕事とは「商品が売れるようにするために顧客に選ばれる必然(理由)を作ること」

と説明していています。

つまりマーケターは「売れる仕組み」を作ることを仕事上のミッションとしているのです。
ちなみにマーケターの作った「売れる仕組み」を使って、実際に「商品を売る」ことを担当するのが営業(セールス)のミッションです。

売れる仕組みとは 例)X会社が新商品を開発・販売する場合

売れる仕組みとはどのようなものなのでしょうか。ここで1つの例を挙げてご説明したいと思います。ある会社(X会社)が新商品を開発、販売を行うことを決めたとします。
このときマーケターは売れる仕組みを作るために何をすべきなのでしょうか。

マーケターが主に行うことを上の図にまとめてみました。上の図を参照しながら、以下の文を読んでいただけるとより理解していただけると思います。

①市場分析

まずマーケターは商品内容を考えるのではなく、消費者が望んでいるものや自社、競合他社を含む市場の分析を行います。これはX会社の現状や課題、予算を知るとともに、参入する市場構造の理解を深めるためです。

②目的と顧客ターゲット設定

次に市場調査の結果をもとに、プロジェクトの目的と顧客ターゲットを設定します。ここでいう目的は「~億円の売り上げを達成せよ」というような達成すべき使命のことです。市場調査を経て実現可能な目的をマーケターは設定します。その後、その目的を達成できる顧客ターゲット(誰に売るのか)を決めます。

③新商品の企画・開発

ここで新商品の内容について考えます。
設定した目的を達成するためにマーケターは、ターゲットに定めた顧客のニーズを分析します。このニーズの理解を深め、ターゲットに与えるべき価値を理解した後に開発すべき新商品の内容を詰め新商品を決定します。
新商品決定後この新商品をどのように開発するのかという段階で、売ると決めた商品の概要・情報をエンジニアに伝え、エンジニアが専門技術を使い作っていきます。

④価格設定・流通経路の設計

売る商品が決まった後、マーケターは新商品の価格設定流通経路の設計を行います。
競合他社や消費者需要などを考慮し、適切な価格設定を行います。
また同時に、効率的かつ効果的な顧客へのアクセス方法を考え設計します。これらも売れる仕組みの1つとして非常に重要です。

⑤認知率の向上と販売促進

商品開発が終わり販売の段階に入ると、マーケターはTVCMやSNS上の広告などを使い宣伝活動を行います。
これは消費者に対し新商品の存在を認知させることと新商品を買いたいと思わせることの両方が、消費者を実際に購入に繋げるために必要だからです。
その後大事なのが実際に新商品を購入してくれた顧客が商品に満足してくれるかです。
満足していただけた顧客は商品の再購入や友人への勧めにつながるからです。
商品に満足していただけるかどうかは、商品企画における内容の詰めが消費者視点で考えられているかが鍵となります。

といったようにこれはあくまで1つの例ですが、このように開発から販売まで「売れる仕組み」を作ることがマーケターの仕事なのです。

多少マーケターという職種についての理解は深まったでしょうか?

もっと知りたいという学生のために、次は外資マーケターの仕事内容を、外資マーケターに求められるスキルや能力の観点から、深掘りしていきたいと思います。

外資マーケターとして働くのに必要なスキル・能力

結論から言うと、下記の3つのスキル・能力が特に求められます

・リーダーシップ(コミュニケーション力、関係構築能力、周りを巻き込む力)
・分析能力
・戦略的思考

1)リーダーシップ(コミュニケーション力、関係構築能力、周りを巻き込む力)

外資系企業のマーケティング職は、売れるものを作るようにするために全てのステークホルダーを巻き込み、プロジェクトを進めなければいけません。
そのため、消費者視点でブランドの方向性を明確にした後に、自分起点でそのプロジェクトに関わる全ての方々を説得し人を動かす「リーダーシップ」が必要となります。

2)分析能力

優れたマーケターは、ブランドのビジネスの現状分析を徹底的に行い多角的にビジネスの現状を把握することができます。
その分析方法は「定量分析」「定性分析」の2種類に分けられます。

定量分析とは、数値データをもとに行う分析のことです。
この分析は、ウェブサイトのPV(ページビュー)数や消費者が最後の購入まで至った割合を表すCV(コンバージョン)率などの数値を扱い、流入経路や購入までのボトルネックを探し出すことを目的に行います。
「マーケティング=クリエイティブ」という印象を持たれがちですが、徹底的に数値をもとに分析することによって課題解決となる施策を生み出しています。

また、定量的な分析とともに定性的な分析も重要です。定性分析では「質的調査」のデータをもとに行う分析を行います。
この質的調査とは、アンケートやインタビュー、行動観察など消費者心理を深く探るために行われる調査のことです。
この調査結果をもとにした分析が新たなビジネスチャンスを創出することに繋がるのです。

このような分析能力は施策を生み出すマーケターにとって重要な能力です。

3)戦略的思考

企業の持っている経営資源(ヒト・モノ・カネ・時間など)は限られています。
そのためプロジェクトの目的を考えた上で、目的達成のために企業の持っている経営資源をどれに集中させるかを選択しなければなりません。
この目的を達成するための資源配分の選択のことを戦略といいます。
ブランドのマネジメントとしてブランド戦略を考えるのも役割であるマーケターにとって戦略的思考は必須の能力です。

マーケターとしてのキャリア、英語力、給与など

ここからは、マーケティング職の概要についてお伝えしたいと思います。

マーケターの一般的な労働環境・組織体制

マーケティング職は比較的に忙しい職種と言われています。
その一方で、若手から裁量権が大きく、企業によっては1年目からプロジェクトのリーダーを任せられることもあり、ビジネスパーソンとしての成長度合いが大きいのが特徴です。
また、購入の意思決定者に女性が多いことから、男女フラットな組織体系が良く見られます。
また、年功序列の気質は少なく、むしろ1年目、入社1日目から発言を求められることも、新入社員にとっては成長に繋がる要因となっています。

英語力はどれぐらい必要?海外勤務の可能性は?

マーケティング職では、ビジネスレベル以上の英語力が求められます。
ほとんどの外資消費財メーカーは、アジアの本拠点をシンガポールに置いているため、ミーティングを海外のチームと行うことも多く、適宜に英語を使う機会もあるようです。
また、直属のボスが外国人であることも度々あり、業務によってはビジネスレベルの英語が日常的に必須になるようです。
そのため、内定者の中には留学経験者やTOIECやTOEFLなどで高得点を取得している方も多く見られるのも特徴になっています。

外資系の特徴として、自分次第でキャリア形成ができることから、海外勤務も自身の力量と能力次第とも言えます。
外資系であるからこそ、海外の本社や支社にチャレンジすることも可能ですしそれだけのチャンスは多いようです。
また、「エリートマーケターはどこの土地でもマーケティングを行える」とP&Gのマーケターも語るように、優秀な社員は入社2年目からシンガポール本社に異動することも多々あるようです。

気になる給与・昇給は?

初任給はベースで350万から500万円程度と、外資系コンサルティングファームや外資系投資銀行よりは低く、日系メーカーよりは高い傾向にあります。
ただし戦略コンサルや投資銀行と違う点として、ほぼ全ての会社で残業代が支給されたり家賃の補助があったりするので、トータルすると外資系戦略コンサルにも決してひけをとらない水準の企業も多いです。
福利厚生については総合商社や日系金融に比べると劣ってしまうようです。

マーケティング職を新卒採用している外資系メーカー企業は多種多様

代表的な募集企業としては、P&GユニリーバUSJロレアルネスレジョンソン・エンド・ジョンソンなどが挙げられます。

P&G、ユニリーバ、USJ、ロレアルなどは職種別採用を行っており、エントリー時に希望職種に応募し職種別の選考を通過すると、晴れてマーケターとなります。
その一方、ネスレやジョンソン・エンド・ジョンソンなどは、全職種共通のエントリーとなっており、自身の適性に応じて内定時に配属が決定します。
外資系メーカー企業は、通年採用、サマーインターン、秋選考、春選考を行う傾向があります。
しかしマーケティング職の採用数は、各企業で5人~10人の狭き門であることから、秋選考までに全て埋まってしまう事もあります。
そのため、早め早めの準備が鍵になってくるでしょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。マーケターという職種の理解は多少深まったでしょうか。
マーケターは消費者理解のスペシャリストとも言われることもあり、消費者の声を反映することが必要です。
そのため満足や感動を商品・サービスを通じて提供することができる職種です。
もしマーケティングに少しでも興味があるならば、是非セミナーやインターンシップに参加してみてください!

次回のコラムでは、マーケター職を採用している企業(4社)について書きたいと思っています。では、また。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)