外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

アーサー・ディ・リトル・ジャパン(ADL)

アーサー・ディ・リトル・ジャパン(ADL)

経営戦略コンサルティング

アーサー・ディ・リトル・ジャパン(ADL)

企業紹介

世界最古の経営戦略コンサルティングファーム

1886年、マサチューセッツ工科大学の科学者で、酢酸塩の発見者でもあるアーサー・デホン・リトル博士により設立された世界初の経営戦略コンサルティングファーム、アーサー・D・リトル(以下ADL)。日本法人であるADLジャパンは、一貫して企業における「経営と技術の融合」を目指し、多くのメーカーやIT企業、官公庁などの経営課題解決に携わってきた。

▲研究者が創立し、米GMの中央研究所設立などを支援。国内でも日系テクノロジー企業にフォーカスしている


日本のものづくり改革への貢献

ADLのコンサルティングコンセプトは“Side-by-Side”で、クライアントと膝を突き合わせてディスカッションしながら、腹に落ちる成果を追求している。国内メーカーの海外展開戦略をはじめとしたクロスボーダー案件も手がけており、社員は1年目から海外案件に携わることができる。また、メーカーの技術を用いた新規事業開発やR&D組織改革など、日本のものづくりの先端に触れられるプロジェクトが多いのも特長だ。


インターンシッププログラム

ADLが募集しているインターンシッププログラムでは、企業戦略立案のケース課題に取り組むことで、コンサルタントが日々行う多様な思考・行動プロセスを体験できる。また、参加者個人にメンターがつき、最終日には丁寧なフィードバックを受けることができ、今後の成長・就職活動にも役立てられる。日本のモノづくりを経営面から変革することに興味のある方は、ぜひ参加してほしい。

▲一人一人に合わせた丁寧なフィードバックが好評で、コンサルティング業界志望者以外の参加も多い

社員紹介

陸 宇 / 2018年入社

コンサルタント

東京大学工学部社会基盤学科卒業後、同大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻修士課程を修了。修士課程と並行して国際機関で勤務し、途上国政府向けに都市・交通分野のリサーチに従事。2018年8月に新卒でADLに入社。入社後は自動車/機械メーカー、IT企業、製薬企業向けの事業戦略立案、新規事業戦略立案、技術戦略立案のほか、官公庁向け政策立案、ファンド向けビジネスデューデリジェンス等に従事。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

ADLでは幅広い業界のクライアントに対して、戦略策定や政策立案、ビジネスデューデリジェンスをご支援しています。入社前の期待通り、業界にとらわれずに経験を積むことはチャレンジングであると同時に、やりがいや学びも大きく、日々、新鮮な気持ちでプロジェクトに臨むことができています。

様々なプロジェクトの中でも、未来の産業・社会の絵姿を描くプロジェクト、最先端の技術を扱うプロジェクトはADLの特徴と言えるのではないでしょうか。例えば、私が経験した製薬企業向けプロジェクトでは、高額医薬品の事業戦略策定の一環として、国の医療保険制度のあり方にまで議論が及びました。数千万円、さらには億円単位の医薬品が次々と登場する中で、一括払いを前提とする従来の医療保険制度は維持可能なのか。支払者の負担を軽減するために分割払いや成功報酬の導入はあり得るか。導入を目指す場合、制度やオペレーション観点での課題は何か。どれも非常に難しい問いですが、クライアントと粘り強く議論を重ねた結果、最終報告会では「高額医薬品が必要な患者に届けられるよう、我々で産業・社会を変えていこう」というモーメンタムが生まれていました。産業・社会の変革を陰ながらリードするという、コンサルティングの醍醐味を感じられた瞬間でした。

当然、典型的な戦略案件も経験しています。直近のプロジェクトでは、機械メーカー向けに事業室全体の戦略策定をご支援しました。営業利益を5年で2倍、10年で3倍に伸ばすという高い目標に向けて、主力製品の拡販と既存取引の収益改善を検討しました。前者ではターゲティングとポジショニングを明確にした上で、営業機能や経営企画機能の強化にまで踏み込み、後者では詳細な収益構造の可視化から始め、赤字顧客との交渉プラン策定や社内の収益管理体制構築を実施しました。このようなプロジェクトを終えると、達成感に浸ると同時に、産業・社会を動かすコンサルタントになるためには基礎的なスキルをもっと磨かなければと、身が引き締まるものです。

この会社を選んだ理由は何ですか?

ADLを選んだ理由は2つあります。まず、トップダウンとボトムアップのバランスが良く、導出される解の納得度が高い点、そして、検討において個別企業だけでなく、産業や社会全体にまで目が向けられている点です。

私はある会社説明会でADLのことを知り、そこでの一言をきっかけにADLに興味を持つようになりました。「トップダウンとボトムアップに善し悪しは存在せず、使い分けが重要である。」トップダウンの重要性が強調されがちなコンサル業界において、ボトムアップも重要であると堂々と説くことに少し驚くと同時に、納得したことを覚えています。その後インターンに参加し、トップダウンで議論の全体像や論点を整理し、重要箇所についてはボトムアップで情報収集を行い、徹底的にファクトで補強するというアプローチを実際に体験しました。検討の効率と解の質を最大化するためにはトップダウンとボトムアップのバランスが重要であることに気付き、ADLはそのバランスが良いと感じたことが、入社を後押ししました。また、入社後だから言えますが、クライアントから「納得感がある」と高評価を頂くことが多いのもこの点に起因しているのでしょう。

2点目についても、インターンや選考プロセスの中で感じた点です。インターンのお題は個別企業の課題解決でありながら、予想される社会の変化を踏まえるだけでなく、「クライアントは社会に対してどのような価値を提供できるのか。それによって社会はどう変わるのか。」という点を深く考えることが求められました。面接の際も、個別事例から話が始まったとしても、気づけば産業や社会全体にまで議論が広がることが多かったように思います。コンサルタントとは、事業会社における利潤追求や政府の公共性とはまた別の視座から、産業・社会の全体最適を促すことができる存在であると気づきました。ADLはその役割を特に強く意識しているため、ADLに魅力を感じたのだと思います。

今後どうしていきたいですか

社会課題を解決するためには、良い仕組みを作るだけでは不十分で、収益化して初めて維持可能になる。これが私がコンサルティング業界に興味を持ったきっかけです。当初、コンサルティング業界に入るのはあくまで経験を積み、ビジネススキルを磨くためと考えていました。しかし、コンサルタントという立場から産業・社会を動かすことも可能だと気づき、今ではコンサルティングという枠の中でどこまで社会課題解決に貢献できるか、自分の力を試してみたいと考えています。

そのために、様々な業界・イシューを経験することで引き続きコンサルタントとしての幅を広げつつ、役職が上がるに連れて、クライアントと共に産業・社会の変革を仕掛けられるようになりたいと考えています。

細川 渉 / 2017年入社

コンサルタント

東京大学工学部卒、東京大学工学系研究科修了後、日系の総合系コンサルティングファームに入社。大手小売や通信企業向けに新規事業立ち上げ支援等のプロジェクトに従事の後、2017年2月にADL入社。
ADLではメーカーを中心に、各種業界向けに新規事業戦略立案、全社戦略、R&D戦略立案、組織立ち上げ支援や、ファンド向けのビジネスデューデリジェンスなどに従事。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

入社してしばらくは、多様な業界・クライアントを経験してきました。
交通事業者のイノベーション組織立ち上げの支援に始まり、電機メーカーのビジネスデューデリジェンス、エレクトロニクス企業の新規事業機会探索、総合商社の新事業戦略策定、医薬品メーカーの全社戦略策定など、共通点を見つけるのが難しいくらいです。
最近は年次が上がり、プロジェクトワークでも求められる役割が変わってきたこともあり、軸となる業界を定めるべく、食品・飲料などのいわゆる日用消費財業界を中心に、新規事業戦略策定や組織立ち上げ支援等のプロジェクトに参画しています。各プロジェクトでは基本的にプロジェクトリーダーに近い役回りで、チームメンバーと共にプロジェクトを中心となって進めています。
また、社内では新卒採用や社内トレーニング等の役割も担っており、ファームビルディングにも貢献しています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

ADLへは、新卒で日系の総合系コンサルティングファームに入社、3年ほど勤務した後、中途として入社しました。
前職では新規事業の立ち上げ支援等、いわゆるオペレーション系の案件を中心的に携わっていました。クライアントの社内により深く入り込み日常的に密なコミュニケーションをしながら進められるという意味では非常に良い経験になった一方で、各プロジェクトの期間が9か月~1年程度と長く、また例えば新規事業の立ち上げ支援のプロジェクトであれば新規事業の戦略自体は所与として動かなければならないことにもどかしさや物足りなさを感じることもありました。もちろん、戦略を描いた後に実際にそれを立ち上げ・軌道に乗せる為の支援自体にも価値があり面白さもあると思う一方、私個人としては出来るだけ早いうちに多くの業界やクライアント、テーマに携わる経験をしたいと感じる様になり、戦略コンサルティングファームへの転職を決意しました。
転職に当たり複数のファームを検討しましたが、戦略コンサルティングファームの中でも「少数精鋭」というイメージでコンサルタントとして良い経験を積める環境だと考えたこと、会社の雰囲気が自分と合いそうだと感じことの2つが、弊社を選択した主な理由です。
前者については、今でも100名程度の会社で決して大きくはありませんが、私が入社した当時は60名程度でしたし若手が裁量を持って仕事ができる環境だと理解していました。そして、いざ入社してみると良い意味でその期待は裏切ら、若手が持てる裁量大きさは想像以上でした。また、何よりそれに十分応えられるだけの若手の能力・ポテンシャルに圧倒されたことを今でも鮮明に覚えています。
また、若手を中心に良い雰囲気の中で仕事ができることは何よりも弊社を選んで良かったと感じるポイントです。プロジェクトは大変なことも多いですが、ふとした休憩の時間に雑談をしたり、時には飲みに行ったり、またプロジェクトに関する相談をしたりというのが自然にできるのは、私がこの会社を楽しめている大きな要素だと感じています。

今後どうしていきたいですか

コンサルティングワークという意味では、一つ日用消費財業界に軸足を定めた所ですので、暫くはその軸を強く太くしていくことを第一に考えて仕事をしてきたいです。領域での知見を積み重ねていきながら、コンサルタントとしてより深い示唆をクライアントに提供できる様、邁進していきたいと考えています。
また、有難いことに入社して間もない頃からプロジェクトワーク以外にも新卒採用や社内トレーニング等に関わらせてもらっています。組織が拡大すると、それに伴い様々な変化も生まれてきますが、そういった変化を捉えながら会社の仕組みを整備する、新しく入社される方々が活躍しやすい土壌を整えることに貢献できる様、自分なりに努力していくことも今後の楽しみの一つです。

大野 泰典 / 2014年入社

マネジャー

東京大学工学部機械工学科卒業後、同大学大学院工学系研究科機械工学専攻修士課程を修了。その後新卒でADLに入社。入社後は、自動車、機械、エレクトロニクス、化学を中心としたメーカーの事業戦略立案、研究開発戦略立案、ファンド向けビジネスデューデリジェンス等に従事。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

輸送機器メーカーを主なクライアントとして、戦略策定や組織改革のプロジェクトを行うことが多いです。直近の事例としては、ADLとは長い関係性の輸送機器メーカーと共に、その企業にとっての長期的な将来を見通し、それを基に全社戦略を策定するプロジェクトが印象的でした。戦略コンサルティングの醍醐味とも言える、企業の将来に大きな影響を及ぼす全社戦略策定プロジェクトに従事できたことは非常に光栄でした。
このプロジェクトでは、技術や社会の変革に要する時間が短くなり、将来の不確実性が過去に比べて高まる中で、クライアントとしてもどう継続的に成長し続けるかが、大きな課題でした。そのためプロジェクト冒頭では、そもそもクライアントはどのような強み/弱みを持つ企業なのか、またクライアントにとっての”成長”の意味合いを定義することから始めました。単純に”成長”と言っても、売上面なのか利益面なのか、はたまた株価の成長を指すのか、意味は多岐に渡るため、成長することの目的とその目的に沿う目標を定めました。
そして、定量的また定性的にどのような企業になっていたいかの討議も行いました。定量面としては、既存事業の将来性の評価やクライアントにとっての新規事業の可能性を探り、その結果として、売上や利益の事業別構成比としてどうような企業でありたいのかを討議し、定性面としては、どんな価値提供をどんな方法で行う企業体であるかを討議しました。例えば、Panasonicは"A Better Life, A Better World "を会社の指針として掲げていますが、その言葉の背景には、Panasonicがこれまでやってきたこと、これからやることなどの様々な実績・想いが詰まっています。そのような標語もこのプロジェクトでは創りました。

この会社を選んだ理由は何ですか?

日本の製造業は技術を生み出すことや良質な製品を造ることは非常に得意であると感じる反面、その技術・製品でお金を生み出すことや業界全体の中で自社に有利なビジネス環境を造ることが比較的苦手であると感じています。そして、そのようなマネタイズの仕組み構築やビジネス環境の整備に貢献したいと学生時代から考えておりました。
機械系の学科に所属しておりましたのでエンジニアとしてメーカーに勤め内部から改革していくことも選択肢でしたが、社会人生活の初期から携わることができることや様々な業種・企業の戦略策定に携わることができることがコンサルティング業の魅力だと感じ、ファーストキャリアとして外部のアドバイザーとして製造業に携わる道を選びました。
またコンサルティング業界の中でも最も私の興味の関心の強い、自動車・エレクトロニクス業界の戦略策定に秀でたファームであるADLへの入社を決めました。

今後どうしていきたいですか

上記のプロジェクトが典型例であるように、クライアントにとってより重要度の高いプロジェクトに従事することは、コンサルティング業の醍醐味でもあり、自分の存在意義であるとも感じています。様々なクライアントが重要度の高いプロジェクトを継続的にADLに任せて頂き、そのプロジェクトを自分がリードし続けるようになることがまず第一の目標ですが、そのような体験を次の世代の社員が味わうことができる環境を整えておくことも目標です。そのためには、目先のプロジェクトでしっかりと価値を出し続け、クライアントからさらなる信頼を得られるコンサルタントになりたいと考えています。
また19年秋までの1年間ローマオフィスに駐在していました。国内のみならずグローバルのクライアントに対し、戦略策定や組織改革を通してより大きな貢献ができるよう成長していきたいと思っています。

菅 真央 / 2017年入社

コンサルタント

大阪大学大学院理学研究科数学専攻修士課程を修了。その後新卒でADLに入社。官公庁に対する政策立案支援、メーカーに対する新規事業領域探索支援等に従事。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

バックグラウンドが数学という事もあり、業界、プロジェクト内容ともに限定せずに様々なケースに携わってきました。
何れのプロジェクトにおいても主な担当内容は仮説検証や調査内容の資料化およびそのプレゼンですが、クライアントの悩みに沿った検証が可能になるようなフレームワークの設計から自分自身で行い、自分のアウトプットは自分自身が責任をもってプレゼンを行うため、想像以上に緊張感の高い中で仕事をさせてもらっています。
また、若手の内から海外での調査に関われる機会も多いため、海外での現地ヒアリング、海外のADLオフィスでの勤務経験も積むことができました。
上記のように若手に大きな裁量が与えられる一方で、その中でも若手社員がしっかりと価値が出せるように、定期的な社内研修やナレッジシェアも業務の一環として設けられています。
また、自分が指名した上司との月1回の面談等が設けられており、興味のあるプロジェクト、日々の仕事に関する相談もできます。上司との意見交換の場を活かし、1年目の頃はクライアント先での調査結果の報告を行う経験を積むことができたこと、2年目はクライアントとの議論の場面が多く設けられたプロジェクトに挑戦したいことを伝え、現在クライアントとの議論が中心となるプロジェクトに従事しています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

数学で世の中に貢献したいという思いで高校時代から数学の教師を目指していましたが、大学時代に集団指導の塾講師を行う中で、「数学を学ぶことで本質的に身に着く力が、個人の能力としてどの程度社会で活用されているのか?数学教育の在り方をどう変えることで、身につく力を最大化できるのか?」といった所に興味を持つようになりました。そういった興味から、幅広く様々な業界に携われ、社会/企業の変化点に携わることができるという点で、戦略コンサルへの就職を選択肢として考えるようになりました。
そのような考え方を持っていたので、同じ戦略コンサルの中でも、1つ1つのプロジェクトにおいてクライアントの現場社員の方と密に関わることが出来、クライアントの立場に立った戦略提案ができているファームに入りたいと思っていました。
参加したADLのインターンシップでは、「クライアントはその提案でワクワクするのか?クライアントは腹落ちしているのか?」という点を各社員が強調しており、クライアントが実現したいと思える姿を論理と情理の両面から追求し続ける”Side-by-Side”の考え方が各社員に根付いている点に惹かれ、ADLへの入社を決めました。

今後どうしていきたいですか

今はまだ、クライアントへ提供できる価値の幅を広げ、それを高めていく時期だと思います。
そのためにも、チーム内で自身の担う役割を広げていき、コンサルタントとしての自分自身の""強み""となるものを構築したいと思っています。
若手の内はプロジェクト毎にチームメンバーが変わり都度役割も変わるので、どんな立ち位置からでもクライアントの信頼が獲得できるよう、ケースリーダーをはじめ、チームメンバーの皆さんから学んでいきたいと考えています。

アーサー・ディ・リトル・ジャパン(ADL)の特集記事

会社データ

設立日 1886年 米国
1978年 東京
事業内容 アーサー・ディ・リトル(ADL)は、マサチューセッツ工科大学のアーサー・D・リトル博士により、世界最初の経営コンサルティングファームとして設立されました。

ADLジャパンは、その日本法人として、1978年の設立来、四半世紀一貫して“企業における経営と技術のありかた”を考え続けてきました。

経済が右肩上がりの計画性を失い、他に倣う経営判断がもはや安全策ですらない今、市場はあらためて各企業に“自社ならではの経営のありかた”を問うているように思えます。自社“らしさ”に基づく、全体の変革を見据えた視点。戦略・プロセス・組織風土、或は、事業・技術・知財を跨ぐ本質的革新の追求。

ADLは、“イノベーションの実現”を軸に蓄積した知見を基に、高度化・複雑化が進む経営課題に正面から対峙していきます。
URL http://www.adlittle.jp/ja
住所 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階
資本金 非公開
代表者 原田 裕介
従業員数 グローバル:約1,000名

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


アーサー・ディ・リトル・ジャパン(ADL)の研究

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)