外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

ABB Japan

ABB Japan

産業用電気機器

ABB Japan

企業紹介

ABBとは

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするエンジニアリング企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、110,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。

スウェーデンを代表する企業であったAsea(設立1883年)とスイスを代表する企業であったBBC Brown Boveri(設立1891年)が、1988年に合併して誕生しました。

私たちは、
1.優れた価値を創造することで成功を収めること
2.テクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに押し上げること
3.より生産的で持続可能な未来を実現するために、社会と産業の変革に活力を与えること
以上の3点を使命に一層の発展を目指し業務に邁進しています。

ABB JapanはABBの日本法人であり、日本の産業界の発展に日々貢献しています。


事業優位性

ABBは世界屈指の技術力を誇り、参入市場においてはトップシェア、あるいはそれに近い地位を維持しています。革新的な技術を新たに開発し、既存の技術力を改良し続けることによって、お客さまの競争力を高める製品とサービスの提供を目指します。例えば、ABB は世界初の電気制御ロボット、世界初の産業用塗装ロボットを40年以上前に開発しました。今日、40万台以上のABB ロボットが世界中で稼働し、自動車工場から缶詰工場まで、幅広い産業で単純作業や危険な作業を人間に代わって担っています。ABB ロボットは世界最大級の設置基盤を有しています。

YuMi® 2015年、市場デビューを果たした双腕ロボット。「You and Me」を由来とするブランドネームが示す通り、人との協働、コラボレーションを前提に開発された、真に革新的な製品です。


企業理念

ABBはすべてのステークホルダー(利害関係者)に対して責任を持って行動することに全力で取り組んでいます。ステークホルダーには、株主やお客様をはじめ、ABBの社員やABBが進出している世界各地の地域社会も含まれます。環境負荷を低減する技術力の開発はもとより、自社におけるCO2排出や有害物質使用の削減、安全衛生に関する教育訓練と社内規則の強化、国際機関への支援、国際機関と協力して行う地域支援プロジェクトなどを通じて企業としての責任を果たし、世界に貢献しています。

社員紹介

依田 裕道|Hiromichi Yoda / 2010年入社

インダストリアル・オートメーション事業本部(IA)、プロセスインダストリー事業部(PI)、グループマネージャ

2010年3月 東京工業大学 総合理工学研究科 卒業
2010年4月 ABB入社 プロセスオートメーション事業部
     (現IA)金属産業部 配属
2017年7月 現職

ABB入社後、10年間現在の部署に所属。
製鉄業向けの特殊製品の営業を行う。
入社4年目までは営業以外も、PM、工場出荷立会、
現場試運転調整などOJTを実施しながら、
製品について学び、5年目以降は営業職に特化している

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

製鉄業向けの特殊製品の技術営業を行っています。具体的には電磁攪拌(製鋼)、鉱石オンライン分析計、ヤード管理システム(製銑)、操業最適化システムです。営業といっても、単なるカタログ販売ではなく、すべてカスタマイズ品であり、お客様毎の要望に合わせた仕様変更が必要になるため、工場・お客様の技術者と近しいレベルの知識量が必要となります。
お客様から頂いた引合に対する精査はもちろんのことながら、工場に対する仕様変更の提案、お客様への仕様・解析結果の説明などを実施するスキルが求められます。

この会社を選んだ理由は何ですか?

フラットで互いを尊重する社風、世界的に革新的な技術を提供しているところに惹かれました。
実際に働いてみると印象通りで、上下関係を強く感じない、個人の考えが尊重される風土です。もちろん、それは相手を尊重することでもあり、かつ、年次に関係なく、自分の考え・主張を試される場でもあると言えると思います。日々挑戦を試されるのは自分の成長にプラスに働いていると思っています。

今後どうしていきたいですか

マネージャとして組織を拡大し、ABBの革新技術を広めたいと思っています。
ABBは業種によっては国内での知名度はさほど強くなかったり、ヨーロッパでは広く使用されている技術が、国内では使用されていないことも多々あります。私はABBの持つ技術・製品がお客さんのプロセスを改善し、利益に貢献できるところが多いと日々思っています。しかし、組織力が足りないあまり、販売力が無かったり、サポート体制が不十分であることがネックになります。そのネックを解消し、良い製品を広め、お客様にABBを選んでよかったと言って頂きたいです。

文化の違いを感じた2年目の夏

私が担当する製品の一つは北欧のスウェーデンで製造されており、2年目の夏に数か月間現地で滞在しました。その時はちょうど夏の始まりで、日を追うごとに日照時間が長くなり、夜中も日本の夕方のような明るさでした。スウェーデンは夏休みが法律で定められ、弊社工場も夏は多くの人がお休みを取ります(長い人はなんと6週間!)
1年目のときは、「仕事が一気に進まなくなって困る!」とか「なんて無責任なんだ!」とか思っていましたが、実際現地で生活して話を聞いてみると印象は変わりました。彼らは夏とは真逆の暗く、寒い冬を数か月耐え抜き、待ちに待った夏が到来したことを、町全体で夏の訪れを祝っていました。長期の休みを取り、家族や恋人と旅行したり、セカンドハウス(小さな別荘)で非日常を過ごしたりと、心も体もリフレッシュする大切な期間なのだと感じました。
日本に居ては理解しがたいことも、実際現地に赴き、彼らの生活を見聞きすることで、文化の違いを体感し、自分の考えが如何に自分の常識から成り立っているかを実感した出来事でした。
それ以降は、夏休みがあることは当然であり、遅滞なくプロジェクトを進めていくには、どのような対策が必要かという考え方で仕事を進めていけるようになりました。

藤江 未帆|Miho Fujie / 2020年入社

RA 塗装機器生産プラットフォーム事業部 ロジスティクス・スペシャリスト

2019年9月 早稲田大学 社会科学部社会科学科 修了
2020年4月 RA 塗装機器生産プラットフォーム事業部
      ロジスティクス・スペシャリスト

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

「物流・在庫管理を最適化する仕事」
塗装機のスペアパーツについて出荷・在庫管理を行うポジションです。日本が生産の中心となる塗装機パーツを、ドイツ・USなどの海外保管倉庫に出荷しています。中でも、各拠点の在庫残量や需要に合わせた在庫最適化、発送の際に生じるロジスティクスのコスト管理が業務の中心となります。その他、各国ごとの受注実績データの分析を行い、中国における売上を伸ばすプロジェクトなど販促に関わる機会も得ています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

「入社1年目の成長速度」
就活の際は「立ち止まらずに成長を続けられる」環境を求めて会社を選んでいました。ABBにおいては忌憚なく発言できる“Speak Out”が尊重される文化であり、1年目において大きなプロジェクトをぽんと任せられることもあります。ここであれば自らの意見を伝える機会に恵まれ、1年目は研修が大半を占める他の企業に比べ、早く実務に携われると感じたためです。

今後どうしていきたいですか

「販売戦略に繋がるデータ分析」
将来的に、製品の販売戦略や新規市場開拓などの事業企画に携わりたいと思い描いています。そのために、データの観点から傾向やトレンドを導き出すスキルを伸ばしていきたいです。現在のポジションにあてはめると、売上や受注実績データについて国・カテゴリ別など観点を変えて分析し、伸びているカテゴリを特定するなどの業務が該当します。この例のように、販売促進に繋がるデータを積極的に提案していきたいです。もちろんせっかくの東京都外への配属を活かして、静岡の自然やアクティビティもたくさん満喫します。

配属先の広さについて

「世界観を広げてくれる予期せぬ変化」
現在所属の事業部については、工場・倉庫を備えたオフィスが静岡にあります。最寄りのコンビニまで車で30分かかり、昼休みに森林浴ができるような自然あふれる山奥です。電車で通勤し都会らしい大崎のオフィスで働く毎日を想像していた私にとって、このような環境への配属は最も予想外だった出来事です。
しかし今では、生産・出荷の拠点で働くというメーカーの醍醐味を経験できる貴重な配属であり、自分の世界観をぐっと広げてくれる場であると感じています。車がなく困っていると、ご近所のよしみで同乗させていただける温かな人間関係も経験できます。このようにグローバルも含め、世界観を大きく広げる経験を得るチャンスがあることは、ABBの魅力のひとつだと思います。

高橋 由直|Yoshinao Takahashi / 2009年入社

システム技術部 設計技術課(System Engineering Department / Design Technology Section)

2009年3月 筑波大学 大学院 システム情報工学研究科 修了
2009年4月 ABB日本ベーレー株式会社 入社
2009年7月 開発部 ソフトウェアテスト課 配属
2011年7月 開発部 ソフトウェア開発課へ異動
2013年1月 - 2014年5月 ABB S.p.A(ジェノバ, イタリア)へ出向
2017年10月 システム技術部 設計1課へ異動
2019年5月 プロダクトマネージメントへ異動
2020年4月 システム技術部 設計技術課 課長に就任(現役職、プロダクトマネージャ兼任)

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

私は現在2つの役職を兼任しています。
1つはシステム技術部 設計技術課の課長、もう一つはプロダクトマネージャです。

システム技術部 設計技術課においては、様々な業務に従事しています。
通常自分の仕事を表現する場合において「様々な業務」という表現は使わないと思いますが、ここではあえてそう表現します。

当社の主力ビジネスである電力向けボイラ制御システムや、LNG基地の制御システムをお客様向けに設計する業務が主となっているシステム技術部において、設計技術課はこれとは異なる業務を行っています。
具体的には以下のようなもので、サポート的な意味合いが強くなっています。
-システム技術部が採用する新製品の検証
-業務フローの定義や改善、新しい働き方の導入
-制御システム構築のノウハウの構築や共有
-海外拠点との知識の交換
-海外拠点でのトレーニングの受講と国内への知識の展開
-システム技術部全体のABB製品のサポートや上位サポート組織との交渉

当社はこの業界で50年の歴史があり、それゆえに様々な慣習があることから、改善しろが非常に大きいと考えています。
1つの改善で1作業あたり1分短縮できるものを提案できれば、システム技術部全体で1年を通して数十時間もの改善が期待できます。
こうした改善に対する取り組みは、「仮説を検証→実行→効果を検証」というような、大学での研究に通じるものがあります。
決して成功ばかりではないですが、試行錯誤が好きな自分にとってやりがいのある業務です。

プロダクトマネージャとしては、以下のような業務を日常的に行っています。
-国内外の要求の取りまとめと海外拠点との交渉
-ABBの新技術や新製品の情報収集
-競合他社のリサーチ
-業界のトレンドや、将来を見据えた製品ロードマップの作製

ABBでは製品の開発拠点は色々な国に存在しているため、国内で挙がった機能追加要求を実現してもらうために、色々な国と交渉する必要があります。
私がプロダクトマネージャに就任する前には、アメリカ、スウェーデン、イタリアと交渉を行い、日本市場に必要な機能の交渉を行ってきました。
企業秘密になるので今後の予定は明かせませんが、今後も色々な国との交渉が必要になってくると考えています。

また、当社が身を置く業界は、技術革新がおおよそ10~15年のスパンで起きています。
これを見据えて、次の一手を考えるのも業務の一つです。
設計技術課の課長としての業務が短いスパンでの正解を見つける仕事と考えると、プロダクトマネージャの仕事は正解を創り出すこととも言えるでしょうか。
今取った行動が5年後、10年後にやっと正解だったかがわかるという仕事はかなりチャレンジングで、暗中模索という言葉がぴったりな業務です。
そのぶんやりがいも非常に大きいのですが。

とはいえきれいごとやキラキラしたものがあふれているわけではなく、現場からは「現場が今ほしいのはそれじゃない」「こんな製品導入しやがって」というような声もあがってくるので、日々ジレンマとの戦いであるというのが本音です。
そんな本音もありつつも、楽しさを見出せる理由があります。
以前イタリアのオフィスで働いていたとき、イタリアの同僚が「平坦な道じゃ楽しくないだろう。時々辛いこともあって、それを乗り越えたときが最高にハッピーなんだよ。」と言っていました。
そんなありきたりな…と思っていましたが、試しにそう考えてみると意外にしっくりきてしまい、辛い状況も楽しめるようになってしまったわけです。

この会社を選んだ理由は何ですか?

お客様は日本全国にいるのに拠点は1か所しかなく、独自の開発組織を持ち、40年の歴史がある会社。
そういうところに、いわゆる大企業ではないフットワークの軽さで色々なことを経験できる土壌を感じたからでしょうか。
それに、看板からは外資の雰囲気を感じましたが、面接などでお話しさせていただいた皆様からは内資のような雰囲気も感じたことも理由の一つです。

それに加えて、実は勤務地が三島というのも密かな楽しみでした。
田んぼの中に突然現れる真っ白な建物。その向こうに見える富士山は、最初に見た時からずっと好きな風景です。

私は東京勤務ということに憧れがあるわけではないので、暮らしやすくてやりたい仕事がある、それに加えてチャレンジングな環境もありそう、十分な要素でしたね。

今後どうしていきたいですか

私は当社に入社して11年目になります。
これまでの経験上、「n年後にこうなっていたい」という目標がその通りになったことはありませんでした。良い意味でも悪い意味でもです。
たった10年そこらで悟った気になるのは早いといわれるかもしれませんが、目標に据えていたものが突然なくなったり、まったく想像していなかったチャンスが突然舞い込んできたりと、思い描いたことがそのままの形で実現することはなかったですね。

そういった経験から、「今後なにをしたいか」よりも「どうありたいか」を常に考えるようにしています。
興味があることは自分で調べたり、わからないことは実際に試してみたり、苦手なことを克服したり、強いて言えばそういう基本的なことをできるだけ積み上げて、いつ何をやることになっても(苦しみつつも)なんとか対応していけるようになることが今後の目標です。
新しいことには貪欲に取り組み、コンフォートゾーンにとどまらないことを意識して自身の可能性を広げていきたいですね。

林原 久憲|Hisanori Hayashibara / 2015年

エレクトリフィケーション事業本部 セグメントリーダー

2015年3月 東京工業大学大学院 電子物理工学専攻修了
2015年4月 PG フロントエンドセールス部配属
2016年 ABB日本ベーレー (半年間研修)
ABBフィンランド (半年間研修)
2017年 EL プロダクトマーケティング部配属
2019年 EL 上記兼セグメントリーダー(輸送・インフラセグメント)

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

高圧機器のプロダクトマーケティングと輸送インフラセグメントのセグメントリーダー職の2つを掛け持ちしています。プロダクトマーケティングでは日本での製品担当者として担当製品の工場との窓口です。ABBでは様々な国に工場あるためグローバル企業を実感できる職種です。さらにはお客様との技術的な仕様の打合せなど技術面も担当します。
セグメントリーダーは特定分野(鉄道、船舶、ビル、データセンターなど)の事業開発に近い役割を担っています。この職務では多くの人を巻き込みながら仕事をしていくことが必要です。グローバルの各セグメントリーダーとは定期的な打合せの中で、情報を共有し、彼らのサポートも得つつ、ローカルの営業、プロダクトマーケティングのチームとも協力しながらお客様へABBのソリューションを提案しています。多くの人が絡み難しい部分もありますが、その分やりがいのある職種です。

この会社を選んだ理由は何ですか?

就活時には社員の方と話す時間を大切にしていました。その理由は仕事内容をよりよく理解すること以外に、数年後の自分のなりうる姿でもあると考えていたためです。ABBの先輩社員は仕事内容、目標など明確に話してくださり、それは普段から仕事に責任をもって前向きに取り組んでいるからこそできることだと感じました。入社後の自分自身もそうありたいと思うとともに、そういう方々が多くいる会社で働きたいと思いABBを選びました。

今後どうしていきたいですか

現在、事業開発に取り組んでいることもあり日本の市場にABBの機器をもっと導入していきたいです。ABBにとって日本は長年大きな市場ですが、十分な納入実績がなく、今後もターゲットになる市場です。そこで必要になるのがローカル、グローバル、技術、営業それぞれのチームにこれから目指すべき場所を示し、案内する「パイロット」だと考えています。その役割を自分自身が果たし日本においても重電メーカーのトップ企業との認識を持っていただけるよう日々業務に励みたいと思っています。

実施要項

募集種別 本選考
募集職種 【ABB株式会社】
■セールス
■エンジニアリング
■テクニカル
■ファイナンス
■セールスアドミニストレーション

【ABB日本ベーレー株式会社】
■セールス
■エンジニアリング

【ターボシステムズユナイテッド株式会社】
■エンジニア
仕事内容 【ABB株式会社】
■セールス
-顧客に対しABBグループの製品を提案する

■エンジニアリング
-製品に関する技術仕様を計画・提案する

■テクニカル
-技術的専門性を活かし、現場で製品の試運転調整、管理、保守を手がける
-顧客が安心安全にABBの製品を活用できるよう、技術的知見を用いて支援する

■ファイナンス
-財務や会計、分析能力を活かし日々の問題を解決する
-事業の戦略策定および実行に貢献する

■セールスアドミニストレーション
-事業部のビジネスフローを管理する
-効率と確実性を高めるオペレーション業務をおこなう


※全てのポジションにおいて、海外のABBとプロジェクトを組みながら仕事を進めていきます
※入社後、ご自身の希望や意志に応じて、職種や所属異動の機会もあります。
給与 2022年度初任給(予定)
【ABB株式会社】
■セールス・エンジニアリング
 大学院卒30万円、大学卒28万円、高専卒26万円
■ファイナンス
 大学院卒30万円、大学卒28万円
■テクニカル
 大学院卒30万円、大学卒28万円、高専卒26万円
■セールスアドミニストレーション
 大学院卒26万円、大学卒24万円

【ABB日本ベーレー株式会社】
 大学院卒月給25万円、大学卒月給23万円、高専卒月給20万円

【ターボシステムズユナイテッド株式会社】
 大学院卒月給30万円、大学卒月給28万円、高専卒月給26万円
諸手当 時間外手当、通勤交通費、業績賞与、確定拠出年金、確定給付年金、
団体長期障害所得補償保険(GLTD)、団体定期生命保険(GLI)、財形貯蓄 ほか
勤務地 東京品川区、静岡県島田市、静岡県三島市、兵庫県神戸市 ほか
教育制度 ABBでは、個々人の成長のスピードに合わせて研修を企画しています。
社会人として視野を拡げ、より広範な業務知識の獲得や、新たな人脈の構築を図っていただきます。

■海外研修について
主な海外研修の機会としては、海外の工場が主催する製品、サービスの研修があります。これにはほとんどの社員が数週間から数カ月間参加します。

■主な新入社員研修
入社前研修
- 英語のe-learningなど
新入社員研修
- ビジネスの基本スキル研修
- ビジネス文書研修
- プレゼンテーション研修
- 異文化コミュニケーション研修
- 事業部研修など

■ABBグループ共通の研修
- リーダーシップチャレンジプログラム(全社員必須)
- MDP(マネージャー研修)
- TDA(人財開発アセスメント)
- 英語のe-learning
- プロジェクトマネジメント研修
- 安全衛生研修など多数

■ABBジャパンの研修
- 通信教育60コース
- ビジネス知識14コース
応募資格 2021年9月もしくは2022年3月に大学院、大学、高等専門学校の卒業見込者
先輩社員Aさん(東京工業大学院卒)からみたABB ABBの製品は、長く世界から認められている偉大な製品だと思います。
世界のエンドユーザーと議論できることは、ABBならではの醍醐味だと思います。
数々の成功経験は、新たなビジネス構築の意欲を掻き立ててくれました。今、私は、自らビジネスを組みたてられるような、新たな挑戦をしていきたいと考えています。
お問い合わせ ABBジャパン 採用事務局
住所:141-6022 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower
Tel :03-4570-4483
Mail:jp_recruiting@hr-saiyo.com

会社データ

設立日 ABB株式会社: 1960年6月
ABB日本ベーレー株式会社:1971年3月15日
ターボ システムズ ユナイテッド株式会社:1998年10月1日
事業内容 ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするエンジニアリング企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、110,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。
ABB Japanは ABB株式会社、ABB日本ベーレー株式会社とターボ システムズ ユナイテッド株式会社からなる企業グループです。
URL http://www.abb.co.jp
住所 ABB株式会社:東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 22F
ABB日本ベーレー株式会社:静岡県伊豆の国市原木511
ターボ システムズ ユナイテッド株式会社:東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 22F
資本金 ABB株式会社: 10億円
ABB日本ベーレー株式会社: 1億9,266万円
ターボ システムズ ユナイテッド株式会社: 4億円
代表者 ABB株式会社: 代表取締役社長 中島秀一郎
ABB日本ベーレー株式会社: 代表取締役社長 野口達也
ターボ システムズ ユナイテッド株式会社:代表取締役社長 ロルフ ボスマ
従業員数 約800名(ABBジャパングループ全体)

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)