外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

クレディ・スイス

クレディ・スイス

外資金融業

クレディ・スイス

企業紹介

クレディ・スイス証券株式会社のご紹介 

クレディ・スイス証券株式会社は、世界有数の金融機関クレディ・スイスの日本における拠点として、総合的に証券・投資銀行業務を展開しています。日本での長い経験とグローバルな実績をもとに、株式、債券、コーポレート・アドバイザリー、プライベート・バンキング、アセット・マネジメントなど、多岐にわたるサービスを日本のお客様のニーズに合わせた形で提供しています。

社員紹介

下西 沙也加 / 2018年

株式調査部 (Equity Research)

大学卒業後、国内証券会社にてリテール営業に従事。約2年間営業に携わった後、電子部品セクターのジュニアアナリストとしてクレディ・スイス証券に入社。高校・大学時代はニュージーランドで約7年間の留学経験あり。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

株式調査部は、担当しているセクターや上場企業の調査、分析が主な仕事になります。具体的には、レポートの発行、企業の個別取材、機関投資家向けのミーティングやセミナー等を行います。
ジュニアアナリストの仕事は、同じセクターのシニアアナリストの下で、データ入力、レポート発行のサポートを行い、取材や説明会にも同行します。知識や経験が身に付いたと認められると、企業を一人で担当することができます。
ジュニアアナリストの仕事の良い点は、第一線で活躍しているシニアアナリストの隣で学ぶことが出来ることだと思います。また、企業の説明会や取材では、普段接することができないような経営幹部の方々から、直接話を聞くことができ、大変勉強になります。貴重な経験ばかりさせてもらっており、とても恵まれていると感じる日々です。

この会社を選んだ理由は何ですか?

クレディ・スイス証券は、グローバルなネットワークがあり、規模も大きく、長年の実績やノウハウがある点です。また外資系の会社なので、オープン且つ少数精鋭で、アナリストとして頑張れる環境があると思いました。最終的に選んだ理由は、現在の上司や先輩と面接をした時に、「こんな上司や先輩と一緒に働きたい、こんなアナリストになりたい」と強く思ったからです。この気持ちは入社しても変わっていません。

今後どうしていきたいですか

現在は、上司であるシニアアナリストのサポートがメインの仕事ですが、いずれは一人で企業を担当できるようになりたいです。そして、お客様に喜ばれるようなレポートを作成し、様々な情報やアイデアを提供できるようなアナリストを目指しています。

オフィスの雰囲気

調査部は、真面目で仕事に熱心な人が多いと思います。シニアアナリストの方々は、知識、経験が豊富な人達ばかりで、毎日刺激的で勉強になります。

学生へのアドバイス

私が就職活動をしていた時は、とにかく業界を問わず、多くの会社の説明会に参加しました。視野を広く持つことで、本当に自分がやりたいことが見つかった気がします。偏見を持たず、いろいろな話を聞いてみると良いと思います。アナリストを目指している方は、好奇心と向上心、粘り強さが人一倍ある人や、会社のため、チームのため、お客様のために一生懸命になれる人が向いていると思います。そのような方々と一緒にお仕事ができることを楽しみにしています。

榎本 高之 / 2015年

株式デリバティブトレーディング部 (Structured Equity Trading)

学部卒業後新卒入社。株式デリバティブ本部にて株系金融派生商品の組成・営業に携わった後、組織再編に伴い債券本部と統合したソリューション本部に所属し、株式のほか金利・為替・クレジット・コモディティを参照するデリバティブ商品の組成や営業に従事。アソシエイト昇進後に株式デリバティブトレーディング部に異動し、香港オフィスにて現物株式や株価指数先物、オプションなどのトレーディングを行っている。学生時代は国際交流団体における国内外での営業活動に軸足を置き、ほかにベンチャー企業での就業や起業を経験。学部三年次にフランスのビジネススクールへ交換留学。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

株式デリバティブと呼ばれる、現物株式や株価指数の動きに基づき価格変動する金融商品を取り扱い、付随するトレーディングに従事しています。現在は日本・韓国株式や世界の主要な株式市場の株価指数を担当し、現物株式、株価指数先物やそれらに関わるオプション、スワップなどの取引を日々行っています。新卒入社時には当該ビジネスにセールスとして携わり、3年後にトレーディング部門に異動となりました。現在は香港オフィスで就業しています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

外資系証券会社のなかでもとりわけグローバルな雰囲気を感じたこと、少数精鋭であるため自身の活躍範囲を広げられると感じたこと、そして何より尊敬する部門ヘッドを始め、社員の方々の人間性・立ち振る舞いに強く心を惹かれたためです。面接時に感じたこのような印象は入社後その通りであったばかりか、自身の熱意があれば非常に積極的に学びや成長の機会をくださる上司・先輩や組織の考え方に、感謝の思いを持ち続けて仕事にあたっています。

今後どうしていきたいですか

セールス部門ではデリバティブ商品全般の組成・営業に従事し、日本全国の投資家の皆様がどのようなアイデアや考えを持って資金運用をされているかを肌で感じることができました。トレーディング部門では、金融派生商品の取引を通じてどのようなリスクが弊社に迎えられ、管理され、会社としての収益につながっていくか、マーケットに直に接し売買を繰り返しながら学びを深めています。今後は両部門で培った知識や経験をつなげ合わせ、「お金」と「マーケット」を結びつける仕事への付加価値を追求し、より優れた商品づくりや、お客様やマーケットとの対話を深めていきたいと考えています。日本の金融資産は法人・個人を問わず株式を含むキャピタルリスクに比較的警戒心が強く、また円資産割合も巨大であることから、低金利下で結果的に理想的な投資利回りを確保できない状況が散見されます。世界を見渡すと自国内外の現物株式や投資信託、あるいは外国為替を含むリスク資産へ旺盛な投資意欲がみられますが、リスク資産へのより流動性ある資金供給の取り組みを投資銀行ならではの視点で支援していきたい思いもあります。

オフィスの雰囲気

「周りを見渡すとプロばかり」です。皆さん本当に何かの分野に秀でた方ばかりなんです。それなのに質問をしに伺うと皆さん気さくに教えてくれたり、冗談を飛ばしあったりと本当に楽しい環境で学ばせていただいています。どの方もそれぞれのプライベートを大切にし、それでいて仲も良い、理想的な環境・雰囲気だと思います。

学生へのアドバイス

クレディ・スイスにおけるソリューション本部は、他の外資系証券会社に多く見られる「債券本部と株式本部」という枠を超え、債券本部業務と株式デリバティブ業務が統合することで巨大なビジネスプラットフォームを創り出しています。極めて広範囲なビジネス領域ながら、少数精鋭であることにより、プロフェッショナルとしての専門性だけでなくグローバル・マーケッツ全体を見渡す見識がつくことが大きな魅力になっていると思います。是非広い視野を持って、入社してから自身の興味や関心を更に広げる心持ちで、インタビューに臨んでいただければ幸いです。

平本 美織 / 2011年

ソリューション本部

政治経済学部卒業、2011年クレディ・スイス証券に新卒入社。入社以来、金融市場営業部で円フロー金利営業を担当。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

ソリューション本部金融市場営業部で、国内外の機関投資家のお客様に円金利の営業をしています。現在は、国内の中央金融法人と海外のヘッジファンドのお客様を中心に、主に店頭デリバティブ商品を扱っています。金利のマーケットは動きが早く、取引件数・金額も大きいため、営業には迅速かつ正確な取引執行能力が求められます。円金利デリバティブマーケットは規模が大きく成熟しており、マーケット参加者も東京はもちろんシンガポール、香港、ロンドン、ニューヨークなど世界中におり、とてもグローバルな環境です。その中で国内のお客様と海外のお客様の考え方や見通しをそれぞれ汲み取り、また各国の経済・政治・金融政策状況を敏感に感知して、自分なりに分析しストーリーを構築しお客様に提供することが実際のお取引に繋がっていくという実感とやりがいがあります。新卒で入社してからずっと円フロー金利営業一筋ですが、いまでも毎日新しい発見があり、つくづく金利の世界は奥が深いと感じています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

日々変化していくマーケットという環境が刺激的で興味深いと思っていました。また、若いうちから活躍できるチャンスをもらえる外資系金融機関で働きたいと思うようになりました。外資系金融機関では将来自分が一緒に働くであろうチームの方と面接で実際に話すことができたので、自分の働いている姿が想像しやすかったです。いくつかある外資系金融機関の中からクレディ・スイス証券を選んだのも、尊敬できて、ついていきたいと思う先輩社員に出会えたことが決め手でした。ちなみに今もその先輩の隣に座って働いています。縁があったと思っています。

今後どうしていきたいですか

入社してから最初の数年は、充実した研修制度と温かく見守ってくれる周囲に助けられ、自由に成長させてもらいました。外資系金融機関は少数精鋭のため、お客様の担当や商品も増えたり入れ替えがあったりする場合も多く、かえってそれが私の営業としての幅を広げてくれたように感じます。新卒でこの会社に入ってもうすぐ丸8年たちますが、今後は私自身がそうしてもらったように、上昇志向を持つ若者の道標になれるような先輩として優秀な後輩を育てていきたいと考えています。残念ながら、私の世代は当時の景気もあって外資系金融業界全体でもかなり人材が少ない年次です。ですのでクレディ・スイスだけにとどまらず、東京の外資系金融業界全体を盛り上げていきたいという使命も感じています。そのためにはこれからもっともっと若い方の参加が必要だと考えていますし、そのお手伝いをしたいと思っています。

オフの日の過ごし方

最近は、平日の仕事後にもよく出かけるようになりました。また、色々な趣味を持って楽しそうに過ごすお客様や同僚の姿に刺激を受け、私も歌のレッスンや社交ダンスなど新しい習い事に夢中で取り組んでいます。プライベートでもどんどん新しいことに挑戦して、より魅力的な人間に、延いては営業としてももっと成長していけたらいいと思っています。

学生へのアドバイス

就職活動は、本当にたくさんの大先輩と直接話すことができる絶好の機会です。私も様々な業界の方にお会いし、その中で自分の志望する道を選べたのはもちろん、世の中には多様な仕事があって社会が成り立っていることを実感できた貴重な体験でした。就活を存分に楽しみ、今後の人生に役立ててください。また、弊社も含め、外資系金融機関の面接では是非、ご自分の意見をご自分の言葉で精一杯ぶつけてみてください。面接官を務める社員も全力で一緒に働く人、育てたい人を探しています。ご自身がどういう人間で、なぜその仕事に興味があるのか、もしくは向いていると思うのかを十分に自己分析された上で面接に臨まれることが一番の自信につながると思います。頑張ってください。

クレディ・スイスの特集記事

会社データ

設立日 1856年 クレディ・スイスがチューリッヒで設立
1972年 ザ・ファースト・ボストン・コーポレーション東京駐在員事務所開設
1996年 クレディ・スイス ファースト ボストン証券会社東京支店に名称変更
2006年 日本法人への移行にともないクレディ・スイス証券株式会社として営業開始
事業内容 クレディ・スイス証券株式会社は、世界有数の金融機関クレディ・スイスの日本における拠点として、総合的に証券・投資銀行業務を展開しています。日本での長い経験とグローバルな実績をもとに、株式、債券、コーポレート・アドバイザリー、プライベート・バンキング、ファイナンシング、オルタナティブなど、多岐にわたるサービスを日本のお客様のニーズに合わせた形で提供しています。

クレディ・スイス 株式本部は、日本株の調査を提供、ロングオンリーおよびヘッジファンドを含む国内外の機関投資家のパフォーマンスに貢献することを目的としています。加えて弊社の強みであるアルゴリズムトレードを通じ、顧客のトレーディングコストを削減していきます。また世界中の拠点と協力、そこで得られた情報と分析を通じ付加価値を提供します。

クレディ・スイス 投資銀行本部は、投資銀行業務におけるあらゆる分野でリーディング・カンパニーとしての地位を築いています。M&Aやその他戦略的アドバイザリー、株式資金調達から、債券・レバレッジド・ファイナンスなどの資本調達まで、その豊富な実績とノウハウを駆使して、お客様の経営戦略遂行に向けあらゆる面からサポートしています。

クレディ・スイス ソリューション本部は、金融商品の取引や販売に参加するプレイヤーを幅広くカバーし、株式、金利、為替、クレジットなど多様な資産にまたがる債券やスワップ、様々なキャッシュフローに紐付く証券化商品、投資信託向けのデリバティブや保険商品向けの再保険・デリバティブといった多岐に渡る金融商品の考案、組成、販売、媒介、仲立業務と、付随するトレーディング業務を行っています。当本部がカバーする金融商品は日本国債に代表される円債、外国債券からデリバティブ、投資信託、再保険まで非常に多岐に渡り、業界のリーディング・カンパニーとして、海外の拠点と連携し、日本全国の投資家の皆様の取引需要に柔軟かつ広範囲に応えています。当本部を構成する各部はそれぞれ独立した強固なビジネスモデルを持ちながらも、互いにシナジーをもって業務運営を行っています。
URL https://www.credit-suisse.com/jp
住所 〒106-6024 東京都港区六本木1丁目6番1号 泉ガーデンタワー
資本金 781億円
代表者 代表取締役社長兼CEO 桑原 良
従業員数 47,180名(グループ)
473名 (日本法人)

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


クレディ・スイスの研究

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)