外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

レバレジーズ

レバレジーズ

IT、Webサービス

レバレジーズ

企業紹介

国・業界をまたいで事業を展開、若手に最大限の裁量を

「関係者全員の幸福の追求」という理念のもと、若手に最大限の成長機会を与え、創業以来13年連続増益を遂げてきたレバレジーズグループ。創業わずか14期目ながら売上高260億、IT、医療、第二新卒、アパレル、テクノロジーなど、様々な成長産業でビジネスを展開しています。グループには、事業創造のプロフェッショナルが集結しており、創業以来培われてきた開発力、Googleも注目したマーケティングノウハウを融合させ、全てのステークホルダーとWin-Winの関係を築く事業を次々と展開しています。今後も盤石の財務状況と事業開発力を活かし、先制・再生医療などの新領域にも参入を予定。2025年には新規投資可能金額を100億円にまで拡大させ、世界を牽引する事業会社になるべく躍進を続けています。


チャンスは一年目から、5年以内に「国内40カ所、世界25カ国」への拠点展開計画

多方面にわたり事業開発を積極的に行うレバレジーズグループでは、まるで創業期のように新しいポジションが次々と生まれています。成熟・衰退期に入った大企業では、上位ポストが空かないために若手の成長機会が生まれにくいという問題が指摘されますが、レバレジーズグループでは、日本全国への支店拡大、新規事業の創造、25拠点への海外展開など、そのポジションや事業インパクトを短期間で一層拡大していく最中にあり、そこを担うチャンスは年次や経験に関係なく開かれています。若い人材に最大限の裁量をわたすことで、ロボットやAIの登場、移民の流入といった変化の波の中でも勝ち抜ける人材を長期的な視点で育成していきます。


フラットな社風で若いメンバーが切磋琢磨する環境

社員が幸せに働く会社を実現すべく、代表の岩槻が夢を持って立ち上げた会社。本社オフィスは、渋谷駅直結の渋谷ヒカリエ17F・18F。仕事にストレスフリーに取り組めるよう、机や椅子にも拘り、働きやすくモチベーション高く取り組む環境づくりを行なっています。部長も社長も「役職」ではなく「さん」づけで呼び合うフラットなコニュニケーション。立場や職種に関係なく、意見を言い合える風通しのよい環境です。社内で働くメンバーの男女比は5対5。新卒1年目で責任者に抜擢された事例も男女ともに多数あり、性別や年齢に関係なく、活躍の場を広げることが可能です。仕事好きな人ばかりなので、子育て中でもトップ営業として活躍する女性社員、男性社員も育児休暇を利用するなど、家庭と仕事を両立させながら活躍している社員で溢れています。


顧客の幸福の追求を目指し、付加価値の高いサービスの創造へ

第二創業期を迎えた現在、新たな自社サービスの立ち上げに加え、先制・再生医療など従来とは全く異なる分野への多角的な新規参入を図っています。市場を国内に限定せず、グローバル展開を進めており、シンガポール・メキシコにも拠点を開設。ユーザーと顧客企業に対してWIN-WINの関係を築いていきながら、付加価値の高いサービスを展開しています。今後の戦略のキーワードとして、「これまでのノウハウを活かした新規メディアの創造」、「環境、医療ビジネスなど日本や世界のトレンドに対する解決策の提示」、「日本での成功モデルのグローバル展開」の3点を掲げ、未来のレバレジーズを創る段階に足を踏み入れています。

社員紹介

藤本 直也 / 入社6年目

執行役員

大阪大学工学部出身。2014年新卒入社。1年目にエンジニア向け問題解決プラットフォーム「teratail(テラテイル)」を立ち上げる。2年目には最年少で事業部長になり、新規事業の黒字化に成功。4年目から執行役員に就任。事業創造のほか、既存事業の経営戦略立案、採用責任者、コーポレートブランドマネジメントなど、組織成長を全方位から牽引。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

 25歳でレバレジーズ最年少で執行役員に就任し、現在は経営全般を行っています。採用責任者と新規事業も兼務し、事業創造のほか、既存事業の経営戦略立案、採用責任者、コーポレートブランドマネジメントなども行なっています。
 2018年度からは、中央大学で新規事業についての非常勤講師を務めています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

 「藤本が生きた地球と生きてなかった地球に死ぬときに差を作りたい」との思いを元に、事業家を目指して就職活動をしていました。その中で、若手から事業創造の機会を得られること、および社会の負を解決する事業を次々と立ち上げている成長著しい企業ということで、レバレジーズの門を叩きました。学生時代から「世の中に新しい価値を生み出したい」という思いがあって、そのためには、ただアイデアや意見を提示して満足するのではなく、きちんと事業やサービスとして世の中に送り出すところまでの実行力を身に付けたかったのです。そして、レバレジーズならそれができると考えました。ですから、内定者インターンとして働き始めて以降、機会がある度に「事業の立ち上げをやってみたい」と積極的に手を挙げていました。

 就活では、外資系コンサルティング・ファームや日系大手企業から内定をいただきましたが、一番自分のやりたいことができるフィールドがあるのはレバレジーズでした。入社を決めるのに迷いはありませんでした。

今後どうしていきたいですか

 日本の社会問題を解決していくために、レバレジーズを日本の企業を牽引する存在にしていきたいです。そのためにもまずは、今自社でやっている既存領域の事業を強化していきたいです。日本の成長産業である医療・IT・介護といった領域で業界トップクラスのサービスやってる以上、その中でサービスを強化したり、新しいサービスをやっていくことが優先順位は高いと思っています。

 また新規の投資およびグローバルマーケットへも興味があります。会社の規模が大きくなったことで、より大きな市場への挑戦が求められるようになっています。数百億円、数千億円規模のサービスを創造しなければならないとなると、日本でやれることには限界があります。国内に留まることなく新しい発想でどんどんチャレンジしていきたいです。


藤本に関する記事:https://melev.leverages.jp/entry/2018/05/25/172130

福田 / 入社5年目

人事部 新卒採用チーム

青山学院大学総合文化政策学部出身。2014年新卒入社。
レバテック事業部にて、エンジニア業界の人材営業にて、2015年度営業部門年間MVP。
2016年度レバレジーズ全社年間MVPを受賞。
2017年5月より、現テクノロジーメディアラボに異動。営業、広報、イベント企画と幅広く担当。
2018年10月より、人事部新卒採用チームに異動。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

 現在は人事部で新卒採用を担当しています。20卒採用の採用戦略策定から面接やイベントなどのフロント業務まで幅広く担当しています。人事部に異動する前は、テクノロジーメディアラボという部署で、広告領域の企画営業をしていました。企業の開拓から、課題抽出およびソリューション提案、制作ディレクションまで多岐にわたる業務を一手に担う傍で、事業部の広報活動にも自ら手を挙げ、幅広く活動していました。

この会社を選んだ理由は何ですか?

 「結婚してからもキャリアウーマンとして第一線で活躍し続けたい」そのために必要なのは職能を広げ続けること。幅広い能力を保持していれば、出産から復帰するときの選択肢が広がる、そう思って様々な職能をつけられる会社を探して出会った会社が、レバレジーズでした。

今後どうしていきたいですか

 人材営業、広告領域の企画営業、広報など、幅広い業務に挑戦してきましたが、2018年10月より人事部にて新卒採用を担当することになりました。人事というポジションは企業経営の根幹に携われる場所であり、とても重要なポジションだと認識しています。今までの経験を活かし、私らしく、レバレジーズを拡大していく一手を担っていきたいと思います。
またレバレジーズには若い社員が多く、私自身中堅層になってきました。今後も自分自身の職能を広げ、後輩社員のロールモデルとして1つの目標になれるように挑戦し続けていきたいです。

小林 / 入社2年目

レバテック株式会社 マーケティング責任者

東北大学大学院工学研究科出身。2017年新卒入社。
スイス留学中にWebサービスの立ち上げを経験。
2016年秋にレバレジーズに新卒入社後、レバテック事業部に配属。サイト改善・CRM・営業改善等で成果をあげ、Marketing innovator賞を受賞。
2018年1月 マーケティング責任者に就任。売上160億円規模のマーケティング責任者として予算策定、集客戦略などに取り組んでいる。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

 具体的にはエンジニア向けの案件紹介事業の事業戦略の立案、予実管理、流入予算の最適化をメインに行なっています。加えて約20名のマネジメントをして、直近だと新卒採用やサマーインターンのメンターも担当しています。

 仕事をしていて楽しいと思う時は、ゴールに向かって、上下関係なく意見を言ってくれる時です。正解のないものを、一緒に同じ熱量で考えてくれる仲間がいるのがすごく楽しいと思えます。事業部長を巻き込んで大きいことやっていくことも多いのですが、役職に関係なく仲間になってくれることがとても良いなと思っています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

 IT企業・外資系コンサルで4社内定をもらったうちレバレジーズに入社を決めたのは、面接官が客観的に僕の身になって話してくれたからです。レバレジーズの最後の面接で、他の内定先を勧められたんです(笑)。それでレバレジーズに入社しようと決めました。

 他の会社は「うちの会社においで」と言ってくれた時「なんで来たほうがいいのか」を聞いても「絶対、君はうちに合う」の一点張り。そういう会社は、個人の考えより、会社の考えが尊重される印象を持ってしまい、個人の考えが正当だったとしても、会社理由で意見が通らなそうな印象がありました。若いうちから責任範囲を超えて課題解決をしたいけど、会社によって責任範囲が制限されるのではないかと懸念を持ちました。

 レバレジーズに入ったら、自分が悩んだ時もちゃんと考えて助言してもらえそうだし、一方で正しいことを言った際にはちゃんとやらせてもらえるんじゃないかと思ったんです。あとは成長するプロセスを楽しみながら、熱い仲間とサービスを創れそうだと思えたから。成長するかどうかは自分次第だと思っていたので、別の会社に行っても変わらない。どうせなら楽しく働ける企業に入ろうと思って入社を決めました。

今後どうしていきたいですか

 自分の「こうやりたい・こうなりたい」姿に対して、体現できる人になりたいです。新卒入社の時にあった僕の承認欲求は既に満たされていて、自己実現の欲求を探している最中です。この仲間達と今後どういうものを作っていきたいか、手探りで探している状態。精神的にはとても成長できていて、今それが見えそうなところまできています。

 僕には根拠のない自信が人一倍あって、かつそこからの成功体験しかなくて、その中で得られたものが人生の中でとても大きかったんです。その先に良いことしかなかったので、これからもやりたいことはとりあえずやる。自分のの経験からくる発見がこれからも楽しみです。

小林に関する記事:https://melev.leverages.jp/entry/2018/09/20/093000

オフィスには緑が溢れ、ミーティングルームは全てガラス張り。清潔感のある風通しの良いオフィスです。写真はエントランスの様子。

ハロウィンや七夕、社員旅行など様々イベントが開催されるので、イベントを通じて横との繋がりを深めることができます。写真は今年の七夕の様子。

事業部を隔てる仕切りもなく、事業部・職種に関係なくフラットにコミュニケーションを取りやすい環境。社長や役員も社員と机を並べて仕事をします。写真は執務室の様子。

実施要項

募集種別 本選考
募集職種 マーケティング職・データアナリスト職(統計解析・機械学習)・営業職 ・キャリアコンサルタント職・エンジニア職・Webデザイナー職
仕事内容 レバレジーズグループの総合職では、将来の幹部候補を目指す方、また、営業やマーケティング、データサイエンティスト職のスペシャリストとして活躍していただける方を募集しています。また専門職では、エンジニア職とWebデザイナー職を募集しています。


■マーケティング職
マトリクス型の組織で、事業軸と機能軸の組織に分かれています。事業軸はプロデューサーとプランナーで構成されるチームです。事業成長を第一目標とし、セールスプロセスの改善から広告費の費用対効果向上やブランドロイヤルティ調査、BPRなど、幅広い業務を行います。事業軸のリーダーは、各事業のマーケティング責任者として、事業部長とともに事業予算の編成を行います。機能軸は広告、CRM、デザイン、SEOなどの専門チームです。各メンバーが自分の担当事業をサポートします。 機能軸のリーダーは、各メンバーの専門スキル向上を第一ミッションとし、技術面の支援やメンバー育成を行います。 メンバーによっては複数の事業を担当していたり、担当外の事業に数ヶ月だけスポット参戦するなど、事業フェーズとニーズに合わせたフレキシブルな動きが求められます。

■データアナリスト職(統計解析・機械学習)
自社サービスのアクセスログ解析からのKPI発見・施策提案、メールマーケティング等のパーソナライズのための分析やレコメンドロジック構築、顧客データを用いたCLV等の分析、時系列モデルを用いた売上予測、マーケティング施策の効果検証、アンケートデータ等のテキストマイニング、検索エンジン関連のテキストマイニングなど、統計学から機械学習まで幅広く扱います。

■営業・キャリアコンサルタント職
個々人に寄り添ったキャリアの問題から企業課題まで、顧客の理想を叶えるために必要な施策の考案、実行するお仕事です。ほとんどの事業部にて固定商材を扱っていないため、自分の提案が顧客の幸せに直結し、成長がとても早い職種です。1年目から営業企画や事業企画に携わるチャンスもあり、目の前の仕事プラスアルファを求められます。組織成長が極めて早いため、早くからマネジメントポジションに就き、組織を動かす力も身につけることができます。今後は国内・海外ともに新規事業、支店展開を加速するため、成長機会が多い職種の1つです。

■エンジニア職
自社サービスの開発・運用・保守を担当していただきます。平均4-5名で開発を進めることからフロント・サーバサイド・インフラ・データ解析・機械学習・R&Dというように担当領域が広く、フルスタックエンジニアを目指すことも可能です。すべてを自社内で開発しているため、他職種との密なやり取りの上で各種施策に取り組むことができるため、開発以外の知識を身につけたり、提案したりできるチャンスが多くあります。事業やサービスを俯瞰した上での問題発見・技術提案・解決に取り組む姿勢を大切にしている職種です。

■Webデザイナー職
UI・UXを意識した自社メディアのデザインを行っていただきます。 レバレジーズでは自社メディアを全て社内で開発しているため、社内に蓄積されているユーザーデータを分析しユーザビリティを追求したデザインを設計、改善を繰り返すという、自社メディア制作ならではの経験を積むことができます。 また、デザイン以外にも企画やディレクション・Webマーケティングなどのスキルを身につけることができます。
給与 初任給28万円
家賃手当と交通費は用別途支給。インセンティブ有り。
諸手当 交通費
家賃手当:会社から2 駅で通勤が出来る本社勤務者には交通費の代わりに20,000 円支給
勤務地 渋谷ヒカリエ レバレジーズオフィス、各支店勤務有り(海外含む)
応募資格 2019年4月〜2020年3月までに卒業予定の方
選考フロー エントリー(ES)→個人面接→最終面接
※選考フローは変更になる可能性がございます。
お問い合わせ レバレジーズ株式会社 人事部 新卒採用グループ
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 17F
HP: http://leverages.jp/recruit/graduates/index.html
TEL: 0120-978-435(新卒採用グループ直通)

会社データ

設立日 2005年4月
事業内容 自社メディア事業
IT・医療業界などを対象とした人材サービス
URL http://leverages.jp/
住所 〒150-8510  東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
資本金 5000万円
代表者 岩槻知秀
従業員数 750名

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)