外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

インキュベイトファンド株式会社

インキュベイトファンド株式会社

ベンチャーキャピタル

インキュベイトファンド株式会社

企業紹介

“FIRST ROUND, LEAD POSITION, BUILD INDUSTRY”

インキュベイトファンドは、創業期のスタートアップに競争力を有した独立系ベンチャーキャピタルです。起業家にとって「最初かつ最大の応援団」たるべく、ジェネラル・パートナー個人の独立性と長期的視座を保ち、積極的な経営参画と多面的な支援を信条として投資支援に努めています。

「志ある起業家の挑戦を、愚直に支え抜く」というモットーのもと、スタートアップ創業者と共に、コンセプト段階のゼロから大きく資金提供を行い、事業戦略、プロダクト、チーム組成を行う独自理念を貫いています。

起業家と同じ目線で経営・事業について考え抜くと同時に、事業を成長させていく中で訪れる大変な局面でも徹底的にサポート。既存産業を大きく変革するような志の高いスタートアップを黒子として強力に支えていきます。

代表パートナー:赤浦 徹・本間 真彦・和田 圭祐・村田 祐介・Paul McInerney


VC業界の発展に向けた取り組み

スタートアップを支援する取り組みとして、独自のアクセラレーションプログラムやコミュニティビルディングを進めていることも特徴です。

代表的な取り組みとしては、2010年に開始したアクセラレーションプログラム「Incubate Camp」があります。事業成長を目指し資金調達を希望する起業家と、国内の代表的なVCの合同経営合宿を毎年開催。過去13回開催し、200名以上の起業家が参加、100社以上のスタートアップが立ち上がっています。他にも事業相談・資金調達相談会「Circuit Meeting」、これから起業を志す方を対象とした「Blue Field Program」など様々な取り組みを展開しています。

社員紹介

富永 晃世/Koyo Tominaga / 2021年新卒入社

事業開発アナリスト/Business Development Analyst

東京大学獣医学専修にて、外科研究室の一員として機械学習を用いた周術期疼痛評価の研究に携わる。獣医師やエンジニアからなるチームを立ち上げ、各種受賞。学生時代は競技ダンスで全国大会優勝を経験
2021年 インキュベイトファンド新卒入社
事業開発アナリストとして新規投資先の発掘に従事
DVM(獣医師)

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

私は新卒でインキュベイトファンドに入社し、事業開発アナリストとして主に新規の事業計画の作成や新規投資先の開拓などを担当しています。具体的な業務内容としては、起業家潜在層との面談を行い、必要であればピッチブックの作成やリサーチの支援など起業家の手の回らない部分を幅広くご支援しております。

この会社を選んだ理由は何ですか?

学生時代にスタートアップ業界でインターンを行なっておりその中で起業家が持つ熱量の大きさに惹かれ、漠然と「スタートアップ業界でキャリアを歩みたい」という風に考えておりました。そんな時にインキュベイトファンドの募集要項を見て、VCとしての独立を前提としたキャリアを描ける可能性を初めて認識しインキュベイトファンドの選考を受験しました。初めは何とはなしに選考を受験していたのですが社員もGP(社長)も「やりたいこと」に燃えており、同時に大きな理想を描いていることを感じ、そんな組織の一員になりたいと思いインキュベイトファンドを選びました。

今後どうしていきたいですか

一刻も早く事業を立ち上げていきたいです。まだまだ力不足ですが、一人でも多くの人に会い一つでも多くの事業の立ち上げに関わっていきたいです。

インキュベイトファンドはどんな職場ですか

入社前に思い描いた通りの「誰もがやりたいことに燃えている」組織でした。
そしてチャレンジすることに非常に前向きで、常に新しいことに取り組んでいる組織だと思います。

就活生に一言

ほとんど前例もないキャリアで予想もつかないと思いますが、「何か熱いことにチャレンジしたい」という方には最適なキャリアだと思います。皆さんのご応募をお待ちしております!

岩崎 遼登/Ryoto Iwasaki / 2021年新卒入社

事業開発アナリスト/Business Development Analyst

東京大学工学部システム創成学科にて、システム開発ソフトLabVIEWを用いた放射線装置の制御に携わる。
卒業後は、所属していた同大学ラクロス部において、Relations Teamの一員としてチームの価値向上・外部との接点構築に携わる。
2021年インキュベイトファンド新卒入社。
事業開発アナリストとして新規投資先の発掘に従事。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

事業開発アナリストとして、起業準備中・検討中の方と日々ディスカッションをし、「どのように彼らのビジョンを成し遂げるか」「社会に対してインパクトを与えることができる企業をどのように作るか」を考えています。
優秀で素敵で面白い人と会って上記のような議論をすることも仕事ですが、その下準備として市場リサーチや日々のニュースチェックなどのインプットも欠かせない仕事です。

この会社を選んだ理由は何ですか?

自分は大学でラクロス部だったのですが、「ラクロスのように打ち込める仕事を選びたい!」というのが最初の就活軸でした。
就職活動を試行錯誤しながらも進めていく中で、20代で起業することを前提として色々な会社を見ていたところ、「ベンチャーキャピタリストとしての独立(=起業)」というマイルストーンに向けて走ることができるインキュベイトファンドを知り、惹かれました。

その後も紆余曲折あったのですが、赤浦・本間・和田・村田(当時Paulはまだいませんでした)の4人のGPが、夢物語や妄言ではなく行動と実績を伴った上で「新しい産業を作る」「社会に対してゼロからインパクトを与える」と語っているのを見て、自分もこうなりたいと素直に思い、入社を決めました。

今後どうしていきたいですか

優秀で素敵で面白い人が「人生を懸けてこういうことをしたい!」と一念発起をする時、「岩崎とこういう社会を作りたいから一緒にやろう!」という言葉をかけてもらえるような人になりたいです。それと「こういう社会にしたいな」という自分の中のビジョンを今以上にもっともっと明確にして、その自分の想いと共鳴する起業家の方々と一緒に日々アツく生きていきたいです。
そのためにはVCとしてのスキル・知識・実績は勿論ですが、人に好かれる人になりたいです!
まだまだプロフェッショナルとしても人間的にも至らない部分ばかりなので、日々精進です!

インキュベイトファンドはどんな職場ですか

VCは根本的に人好きな人が就く職だと思うので、人好き・世話好きな人が多いです!
新規投資や投資先の支援業務などでメンバーみんなが忙しくしているため、なかなか社内の人と関わる機会が少ないですが、たまにランチやその他の機会で一緒になると、皆さん親しく接し、アドバイスもしてくださるのは凄く嬉しいです。
GPは独立経験を有しており、アソシエイトは皆独立予定で、自分にとってロールモデルとなる方々が集まっている場という意味でも日々勉強になりますし、楽しいです!

就活生に一言

私自身、理系出身でもあり日常の中でVCのという職種も、企業の存在も全く知りませんでした。
友人に話をしても、私と同じような状態で「VC??」という反応をされることも多かったです。
それでも今は、日々凄く楽しく充実した毎日を過ごしています!
「なんとなく面白そうだな~」と思った人は気軽な気持ちからで結構ですので、是非ご応募ください!

田仲 梓月/Shizuki Tanaka / 2020年中途入社

アソシエイト

2018年PwCアドバイザリー合同会社入社。戦略とPMIを行うDeals Strategy & Operations チームにて、経営戦略策定業務及びM&Aアドバイザリー業務に従事。2020年インキュベイトファンドに参画。アソシエイトとして新規投資先の発掘、投資先企業のバリューアップ業務等を担当。
東京大学 教育学部卒

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

現在している仕事を具体的に教えてください
現在はインキュベイトファンドの代表パートナー赤浦のアソシエイトとして、主に投資先支援やイベント企画・運営、ソーシング業務、ファンド管理業務を行っています。日々投資先とのミーティングに出席して投資先のビジネスやファイナンスの状況を詳細に把握し、主にファイナンス面での支援(投資業務、追加投資先の紹介、調達のための事業計画作成支援業務、等)を行っています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

インキュベイトファンドに入社を希望したきっかけは赤浦さんのお人柄、理念への共感、ファンドの実績からでしたが、日々インキュベイトファンドで働いていて入社前に想像していたより遥かに楽しい仕事だなと感じています。VC全般に言えることかもしれませんが、何よりも起業家の方と一緒に未来を見ている感覚が強く、こんな世界になったらいいなと気持ちが弾む瞬間がたくさんあります。また、起業家の方たちが純粋に社会を良くすることに自分の持てるすべてを捧げているのを近くで見ていると、自分も最大限持てる力を使ってこの事業を大きくしよう、起業家の方たちが描く未来を実現させようと強く意識する瞬間もたくさんあります。

今後どうしていきたいですか

短期的には、インキュベイトファンドでの業務に必死に取り組み、LPや起業家に向けて自分ができる最大限の貢献をしていきたいと思っています。その過程でGPからなるべく多くのことを学び取り、ベンチャーキャピタリストとして成長したいと思っています。中長期的には、自分のファンドを持って独立したいと考えています。具体的にはファンドの理念を掲げて投資先や投資する企業家を選定し、投資先支援業務(定期的なミーティングでのメンタリング、ファイナンス支援等)を行う予定です。

ベンチャーキャピタリストとしての目指す姿は、大きく二つあります。
一つ目は、適切なタイミングでの適切なアドバイスはもちろんのこと、投資先が苦しいときでも一番の味方でいてずっと寄り添い、優しく背中を押してあげられるようなベンチャーキャピタリストです。自分の人生のミッションである”人の心を解放し、前進させる”事の実現にも繋がるかと思っています。
二つ目は、事業に集中してもらうために代わりに大きくリスクを取ってあげられるようなベンチャーキャピタリストです。起業家と二人三脚、持ちつ持たれつで起業家の目指す社会を一緒に作っていきたいと思っています。

インキュベイトファンドはどんな職場ですか

インキュベイトファンドならではの魅力としては、豊富な経験を持ったGPの方たちの経営判断を誰より近くで学べるのも非常に大きい成長機会ですし、かねてより私は裁量の大きさによって成長のスピードは決まるという考えを持っているため、独立する前提での入社も最高の環境だと思っています。
また、その分求められる仕事の質も高く、自分に厳しく努力を積み重ねている方が多いので日々身が引き締まる思いで働くことができています。ただし一方で、社員一人一人が仕事に対する思いを大切にしているように感じられ、そのおかげか他人もありのまま受け入れられる、温かくいい人が多いと感じます。

就活生に一言!

私が新卒で就活していた時にはVCという選択肢はなかったので、正直に言うと今の就活生が羨ましいなと思います。何事も飛び込んで体で覚えるのが一番早いと思いますので、自分のやりたいことがVCであるかもしれないという方がいらっしゃれば、新卒VCも検討してみることを強くお勧めします。ぜひ一緒に働きましょう!

仁木 隆大/Takahiro Niki / 2020年中途入社

アソシエイト

2018年シティグループ証券株式会社入社。投資銀行部門にて、不動産セクター及び消費財セクターのM&Aアドバイザリー業務及び資金調達業務に従事。2020年インキュベイトファンドに参画。アソシエイトとして新規投資先の発掘、投資先企業のバリューアップ業務等を担当。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

インキュベイトファンド代表パートナーの本間真彦のアソシエイトとして、主に投資先支援、新規投資先の発掘・検討、ファンドの資金調達を含んだファンド管理業務などを行っております。パートナーの経験やスキルから日々学びながらも積極的なディスカッションも行い、お互いの考えをすり合わせたりもします。投資先や投資検討先は広いジャンルになるので幅広い分野の勉強や情報収集も行っています

この会社を選んだ理由は何ですか?

前職ではシティグループ証券という米系証券会社の投資銀行部門に在籍し、大企業のM&Aや資金調達のアドバイザリー業務を行っておりました。新聞の1面に載るような巨額の買収などに関わることへの喜びはあった一方で、巨大組織の複雑な意思決定プロセスの中で自分の存在がどれだけ必要なのだろうかという違和感を感じていました。そんな中VCという仕事に出会い、興味を持ち、VCファンドで働きたいと思うようになりました。VCという仕事に惹かれた理由は投資やファイナンスという自分のバックグランドも生かしつつ世界を変えるようなイノベーションに関わることができること、色々な事象から未来に対して大きなビジョンを持つことが求められる仕事であることなどがあります。その中でもインキュベイトファンドは創業期シード期特化のVCで起業家を創業から支えること、しっかりとハンズオンを行っていくスタイルのVCであること、独立という目的を持つことなどに魅力を感じました。パートナーとの距離も近く、意思決定に密接に関わっていけることは自分の中でのやりがいにもつながっています。会社選びの軸や考え方は人それぞれだとは思いますが、自分はなりたい将来像を想像してそのために何が必要なのか、どのような過程でなりたい自分を実現するのかを考えることが非常に重要であるように感じています。そのような観点で自分のキャリアを考えたときに現在のVCアソシエイトという仕事、中でもインキュベイトファンドでのキャリアは非常に重要なものであると感じています

今後どうしていきたいですか

短期的には3-5年後の独立というマイルストンに向けて集中して取り組んでいきたいと思っています。具体的には現在のパートナーと非常に密接に連携して新規投資先検討、投資先支援をしている中で彼らの考え方、取り組み方を吸収できるだけ吸収して自分のものにしたいと思っています。何事も自分のやり方を生み出すためにはまずは型を真似て身につけることからだと思っているので型の習得ということに意識をおいて色々と吸収するようにしています。中期的には独立した後にどのようにキャピタリストとして歩んでいくのかということを考えて出来ることから始めていきたいと思っています。ベンチャーキャピタリストと一概に言っても様々な特色、強みを持った方がいらっしゃるので 様々なスタイルを見る上で自分はその中でどのようなポジショニングを取っていきたいのか、そのポジションを獲得するためには何をしなくてはいけないのかということを日々考えながら自分の行動に反映していきたいと思っています

インキュベイトファンドはどんな職場ですか?

インキュベイトファンドは良くも悪くも非常に個人が立つ組織であると感じています。アソシエイトは短い期間ののちに皆独立という目標を持っているので、個人でイニシアチブを持って活動をすることへの意識が高いと思います。パートナーもキャピタリストとして実績を挙げてきた方々なので非常に高い個人としての能力や意識を持っているように感じます。このことは良い意味で言えば、自分の考えたことを実践、行動できる環境であり、成長の機会を獲得しやすいと言えると思います。一方で個人が立つ分、組織として全体を押し上げる力が弱くなるので、自分の意識を持てず漫然と過ごしてしまうと何も得ることが出来ずに時間だけが経過してしまうという厳しい一面もある環境であるとも感じています。万人にとって良い環境ではないと思いますが、目標を持ち積極的なキャリアを目指し成長しようとしている方にとってはとても良い職場環境だと思います

就活生に一言

新卒での就職は人生で最初で最後の経験ですし、今後の人生に大きな影響を与えるものでもあります。ですので、先入観に捉われず多くの企業・人に話を聞いて多様な選択肢を検討することが非常に大切だと思います。その中でも新卒VCというキャリアは魅力的であると思いますし、もし多くの選択肢を検討した上で新卒VCとしてのキャリアを選んでいただけたらこの上なく嬉しいです。皆様のご応募をお待ちしております!

南出 昌弥/Masaya Minamide / 2020年中途入社

アソシエイト

2017年、野村證券株式会社に入社
投資銀行部門にて、不動産/REITセクターのコーポレートファイナンス業務に従事した後、資本市場部での国内外における資金調達業務や公開引受部にて新規株式公開(IPO)の支援を担当。
2020年、インキュベイトファンドに参画
新規投資先発掘および投資先のバリューアップ業務等に従事。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

代表パートナー村田のアソシエイトとして、既存投資先支援や新規投資テーマの立案、ソーシング活動、ファンド管理業務などを行っています。普段は既存投資先との経営会議を通じて、事業モニタリングを中心に進捗管理を行い、必要に応じて資金調達支援に伴うピッチデックの作成や事業計画の策定、チームビルディングなど広範囲に渡り関与していくことで起業家の方と伴走します。

並行して、ソーシング活動の一環として起業家候補の方と事業案の壁打ちを行い、共同創業に近い形でゼロイチから事業を創出していく動きに加えて、スポットでファンドレイズや決算報告といったバックオフィス業務にも従事しています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

大学を卒業後、海外に留学していた経験から日本のグローバルプレゼンスを向上したいという軸で、日本を代表する大企業の企業価値向上に幅広くアプローチ出来る証券会社の投資銀行部門に入社しました。初めに不動産/REITセクターのカバレッジバンカーとして、大手デベロッパー企業や不動産投資ファンドに対してM&Aや資金調達の提案を行うオリジネーション業務に従事していました。その後、資本市場部にて国内外の大手上場企業に対して資金調達支援のエグゼキューション業務に係るデューデリジェンスやドキュメンテーションに関与し、公開引受部ではスタートアップ企業に対してIPO支援に関するアドバイザリー業務を担当していました。

VCに興味を持ったきっかけとしては大きく3つあります。
はじめに、在籍していた3年間で数多くのディールに携わらせていただいた一方で、数か月のプロジェクト単位で完結する関わり方ではなく、当事者として同じ船に乗って長い時間軸で苦楽を共にする仕事に従事したいという思いがありました。次に、担当していた幾つかのIPO案件にて、株式上場に向けて自社のプロダクト/サービスこそが日本を成長および変革させていくという強い意志を持った経営陣やその想いに伴走してきたキャピタリストの方と出会ったことで、私も同じ土俵で愚直に応援していきたいと感じました。最後に、日本のプレゼンス向上=企業価値に寄与できる軸で就職活動をしていましたが、グローバル企業の時価総額順位という観点では、GAFAを筆頭に元々スタートアップだった企業がバブル期から ランキング上位を独占していた銀行や製造業を追い抜いて世の中を牽引しており、日本の将来を担う企業も多くの可能性を秘めたスタートアップだと感じたため、その領域にリスクマネーを投資し、当事者ながらも幅広く関与していくベンチャーキャピタルに興味を持ちました。

その中でもインキュベイトファンドは独立系VCとして投資領域に制約が無く、ファンド規模が大きいためゼロイチの創業段階からIPOまで長いスパンでリードインベスターとしてハンズオン支援しながら伴走することができ、投資家としても独立することを前提とした制度があることが魅力に感じたため、入社することを決めました。

今後どうしていきたいですか

短期的にはインキュベイトファンド村田の下で、既存投資先への貢献や投資テーマの立案/検討などに取り組みながら、スタートアップのハードシングスと徹底的に向き合うことに挑戦していきたいと思います。中長期的には、自身もリスクを取ってベンチャーキャピタルファンドを設立し、投資家として日本を代表するようなユニコーン企業や新産業の創出に寄与すべく、日々邁進していきたいと思っています。

インキュベイトファンドはどんな職場ですか?

日本を代表するベンチャーキャピタリストの下で、 高いプロフェッショナル意識を持ちながら、自分の成長にチャレンジすることを後押ししてくれる環境だと思います。他方で、常に仕事は与えられる訳ではなく、GPないしは投資先に価値提供し続ける必要があるので、経験などを問わずに自走することをマインドセットとして持つことを求められていると感じています。

就活生に一言

ベンチャーキャピタルで働くことは、米国では 未だしも日本ではメジャーな選択肢ではなく、周囲と異なる道を歩む意味でも、ある程度の覚悟が必要だと思っています。しかし、非常にやり甲斐がある仕事ということもあり、自ら生涯を掛けて取り組んでいる人が多い業界です。当事者意識を強く持ちながら、投資先企業の黒子として多面的に支援することが好きな人には向いている仕事だと思います。特にインキュベイトファンドでは、ゼロから産業/事業を創造することに興味関心が高い人を歓迎しているので、我こそはと思われる方のご応募お待ちしております。

執務室は固定席のないフリーアドレス方式。フリ-ドリンク・軽食なども常時用意されており、メンバー間のコミュニケーションも活発に起こるフラットで自由な環境です。

起業家向けイベントの一コマ。起業家もキャピタリストも真剣勝負。 参加起業家からは「多種多様なフィードバックが一度にもらえるのが効率的」との評価。

インキュベイトファンド投資先の経営者を一堂に集めた「Portfolio Gathering」。 時代を創る革命家の挑戦を、創業初期から支え抜くことが使命です。

会社データ

設立日 2010年
事業内容 ・ベンチャー投資、育成事業

URL http://incubatefund.com/
住所 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F
資本金 7240万円
代表者 赤浦 徹、本間 真彦、和田 圭祐、村田 祐介、Paul McInerney
従業員数 24名

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)