外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

株式会社クニエ

株式会社クニエ

コンサルティング

株式会社クニエ

企業紹介

利益主義に走らず、日本全体や日本企業の発展、さらには新興国の発展に貢献する

日本政府を最大株主として持つNTTのグループ会社であるNTTデータの子会社のため、QUNIEにも間接的に日本政府の資本が入っていることになります。そのため、クニエはNTTの「日本の発展に貢献する」という気概を受け継いでおり、短期的な利益を求めるコンサルティングは行いません。利益を追うよりも、クライアントの企業価値の最大化にどれだけ貢献できるかを重視しており、そのためにより先進的で高品質なソリューションを追求するという本質的なコンサルティングに専念しています。

また、実質的な公共機関とも言えるNTTのグループだからこそ、
QUNIEにも社会貢献のマインドが当たり前に根付いています。ビジネスとしてのコンサルティングというフェーズを超えて、国や社会を良くしていくためのコンサルティングを提供する。これがQUNIEの価値観にも深く刻まれているのです。


純粋にコンサルティングができるフィールド

世界的にIT技術の革新が進んでいる中、案件の中にはITシステムがからむケースもありますが、その場合、開発~保守はNTTデータやグループ会社が担当し、QUNIEは戦略立案や構想策定、改革の実行と定着化支援といった純粋なコンサルティングに専念する体制になっています。

このように、クライアントの最上流のビジネスコンサルに特化して携わっている点は、QUNIEのアドバンテージであり、他の大手コンサルティング会社とは異なるところと言えます。


真のグローバル企業

外資系ファームの日本法人のテリトリーは日本のため、海外で活躍できるフィールドは少ないと言われています。
それに比べて、QUNIEでは全体の65%以上が海外にかかわる案件なので、海外出張がとても多いのが特徴。コンサルタントが日本から海外に自ら赴き、必要に応じて現地に駐在し、外資系コンサルファームのようにグループ内の海外現地法人に移管することなく折衝から調査、戦略浸透まで担います。
つまり、外資系ファームの場合は、グローバル案件はその国の現地法人が権限を持ち主導していくことが多いですが、QUNIEの場合は日本がヘッドクォーターであり、日本が主体となって、海外プロジェクトを進めていきます。

社員紹介

株式会社クニエの社員紹介

細川 千馬 / 2018年入社

コンサルティング事業本部 PLM-2チーム(設計・開発)

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

一貫して製造業のコンサルティングに関わり、部品表や図面と向き合ったエンジニアリングチェーン業務改革、戦略や中期計画立案、新技術を使った現場生産性向上、海外工場スマート化、重要部品内製化M&Aなど、様々なテーマに取り組んできました。現場感と全体観の両方を備えた提案ができるよう、日々学び、試行錯誤しています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

「社会人になったら一本筋の通ったキャリアを作っていきたい」という思いがあった中、特に下記に惹かれて入社しました。
・専門性を後押しする体制、教育環境:製造業や会計など専門性を身に付けることを会社が推奨し、それに適したチーム体制をとっている。そのための研修もとても充実している。
・地に足付いたスタイル:コンサルティングスキルを前提に、構想の実現までを考え抜く、手触り感のある仕事をできる風土がある。
・バランス感覚のよい人柄:全員が「いい人」で、かといって慣れ合いを生まない仕事へのストイックさを兼ね備えている。

今後どうしていきたいですか

入社後早々にお客様の前面に立ち、膝詰めでプロジェクトを進めることを求められ、最初は知識不足からとても苦労しましたが、周囲のサポートも得ながら何とか乗り越え、少しずつですが良い仕事をできるようになってきていると感じています。
今後は製造業という軸足を引き続き置きつつ、よい技術シーズを育てて企業に実装するフェーズへの関わりを強めたいと思っています。技術への過熱気味の期待や、歯の浮くようなセールストークに惑わされず、あくまで現実に根差した技術の目利きをし、企業が技術を使いこなす力を付けるためのサポートをすることで、実践知を通じた技術発展に貢献するような仕事をしていきたいです。

出張の頻度や内容について教えてください

私の所属する製造業系チームでは、お客様先で仕事をすることが多いです。拠点が地方であることも多く、出張がとても多くなります。私自身も、北海道から東南アジアまで、色々なところに出張、滞在して仕事をしてきました。
図面や部品表などの機密情報や、製造現場を見るプロジェクトでは、お客様先にいないと仕事ができません。また、お客様先に長くいると、入り組んだ事情を理解したり、多くの一次情報を得られるので、仕事のスピードと質を上げられることが多いと感じます。あとは半ば趣味じみた話ではありますが、色々な製品を作っている現場は楽しいです。仕事の中で、何メートルもある大きな装置を分解もしたことがあります。
出張も好きですが自宅も好きなので、休みたいときは戻るようにしています。仕事を自分でコントロールして成果を出せるようになると、自分のタイミングで帰社や休暇を取れるようになってきます。

シニアコンサルタントという役職についてチーム内での立ち位置や役割など教えてください

プロジェクトでは、提案、計画、体制づくりと実行、お客様との議論、プロジェクトメンバの管理、報告、次に繋げる提案からお金の交渉など、最初から最後までやるようにしています。
チームでは、新入社メンバのトレーニングを実施するなど、運営側にも回りつつあります。知識を教えてもらうだけでなく、こちらから提供する場面も増えてきました。
この会社では、ありがたいことに早くから裁量をもらえることも多く、私もやっていることは昇進前後であまり変わっていません。もちろん、マネージ対象がお客様先メンバから同じ会社のメンバになる等の違いはあり、仕事の品質を上げるための勉強や試行錯誤も常に続けています。
上の役職の仕事でも、自分でコントロールできるものはコントロールするようにしています。長い経験がものをいう業務知見が求められる場面や、然るべき役職を通した交渉など、どうしても自分では及ばない部分だけは、パートナークラスの方が必要十分な動きをとれるようにアレンジしています。
シニアメンバーには、彼らがすべき新規開拓の種まきなどに集中してもらい、チーム全体として理想的な陣容で仕事をできるよう、自分なりに努めています。

株式会社クニエの社員紹介

大庭 滉平 / 2020年入社

コンサルティング事業本部 CIOチーム(CIOサポート、ITマネジメント)

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

私は入社2年目以降、CIOサポートチームに所属しています。当チームは、IT部門のマネジメント層を主な顧客とし、幅広いコンサルティングサービスを提供しています。
IT部門への支援と聞くと、システム導入を連想されがちですが、そのような個々の取り組みを円滑に推進するための指針や土台となるIT戦略策定、組織変革、制度作り、業務のDX化推進等のテーマにアプローチするプロジェクトが多くを占めます。企業でのデジタル・IT活用の重要性が高まっている世の中で、ニーズ・意義が増しつつある領域だと思います。
私が携わった制度作りの具体例として、IT案件管理の成熟度向上プロジェクトが挙げられます。社内ITの全体最適化や、個々のIT案件の成功率向上を目的として、各部門で起案されるIT案件に対する審査・評価プロセスを立上げ、運用や改善まで一貫して支援しています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

以下2点を理由とし、クニエへの入社を決意しました。
①会社の理念に共感を得た点:自社の利益至上主義に陥らず、顧客の利益や持続的な成長への寄与を第一とする姿勢が、各社員に浸透していると就職活動中にお会いした社員から感じ取れました。
②新卒採用者の育成方針に惹かれた点:新卒採用者を専門性の高いコンサルタントに育て上げるべく、採用者数が他ファームと比べて少数で、1年間に渡る初年度研修期間に加え、配属後の研修制度も大変充実しています。この環境であれば、自身の成長を大きく後押ししてくれると考えました。

今後どうしていきたいですか

コンサルタントとして更なる成長を果たし、ITマネジメント領域を中心とする顧客の課題解決を通じた企業成長に貢献していきたいです。
そのために、コンサルティングスキルやデジタル・ITスキルの研鑽を重ね、自らの専門領域を作り上げていくことも意識しながら、今後のプロジェクトでの価値創出に貢献していく所存です。

入社後1年間の研修があるとのことですが、研修時代の思い出を教えてください

私は2020年4月入社のため、新型コロナ感染症の蔓延に伴う様々な制約や変更の中で試行錯誤した集合研修の日々を思い出します。
例えば緊急事態宣言の発令後、リモートでの講義環境が整うまでの期間、急遽社外のオンライン学習サービスを利用しました。また、対面講義が再開された際は検温や消毒に加えフェイスシールドを着用する等、安全面を徹底的に考慮しつつも、クニエが蓄積してきたノウハウを凝縮した各講義を完遂することができました。我々の研修に尽力してくださった教育担当・各講師の方々には改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

クニエで働く社員にはどのような方が多いですか

高い専門性と人間性を兼ね備えた方が多く在籍しています。
クニエは他ファームからの転籍者だけでなく事業会社出身の社員も多く、現場での経験に裏打ちされた専門性はプロジェクトで大いに重宝されている印象です。また、企業や社会の発展に寄与するという会社の理念に共感し、顧客の課題解決に尽力するのは勿論、我々のような社内の若手や未経験者に対する育成、フォローにも積極的に関与してくださる面倒見の良い方が多くいます。役職、経験に係らず、個々の能力を最大限に発揮する姿勢が、クニエ自体の成長に結びついていると感じます。

株式会社クニエの社員紹介

内海 太誠 / 2020年入社

コンサルティング事業本部 FMT-FMTチーム(会計・経営管理)

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

私は、管理会計のコンサルタントとして、グループ経営管理や事業管理における単年度予算や中長期計画の策定等をテーマにご支援しています。
昨今、グローバル大企業では、デジタルトランスフォーメーション(DX)による業務改善・効率化が至上命題となりつつあります。経営管理プロセスの効率化・定着化によって経営判断に必要な情報の可視化や意思決定の迅速化を図ることで、ひいてはクライアントの業績向上に寄与できるようサポートしています。
日々のタスクとしては、要件定義資料や検討資料の作成、定例会のファシリテーション、スケジュールや課題の管理等を実施しています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

私がこの会社を選んだ理由は、ビジョンと組織風土に魅力を感じたからです。一般的なファームではクライアントファーストを重視する中、弊社は社会貢献を最優先としたコンサルテーションを行っています。
また、会社方針として、賢く人柄の良い人材の採用を目指しており、関係者と協力し合いながら成長し、チームとしての力を最大限に発揮できる環境が整っていると感じました。

今後どうしていきたいですか

コンサルタントとしての約二年間の経験を通じて、1プロジェクトをリードしてやり切るスキルを身に付けました。今後は、コンサルタントとしてのデリバリースキルに加え、チームマネジメント力を高めて他者を巻き込みながら付加価値を提供したいと考えています。
また、管理会計や経営管理だけでなく、周辺領域も含めてプロフェッショナル・専門家としての知識と経験を積み重ね、顧客・社会の課題を幅広くかつ本質的に解決していけるコンサルタントになれるよう努力します。さらに、テクノロジーの進化や市場の変化に対応しながら、顧客に最適なソリューションを提供し続けることを目指していきます。

1日のタイムスケジュールを教えてください

働き方としては、基本的に在宅勤務を行っており、9:00から18:00を定時としています。
始業後は、前夜に計画した日次スケジュールを確認し、業務を開始します。資料作成、内部レビュー、クライアント説明の順でデリバリーすることが多く、会議がない時間はPowerPoint・Excel等で資料を作成していることがほとんどです。プロジェクトの状況にもよりますが、基本的には週に2~3回ほどクライアントとの検討会議があり、内部レビュー含め1日に1つは会議が入っています。納期が近い、また、議題が多くある場合には、会議の事前準備に追われて残業することもありますが、1プロジェクトをリードする立場としてある程度柔軟に働いています。
また、時間効率が重要なコンサルティングワークでは、To-Do管理表や日次スケジュール等を作成し、自己管理とタスクの優先順位付けを意識しています。

どのようなときに仕事のやりがいを感じますか

まず、クライアントや上司から感謝の言葉や成果のフィードバックを受けたときです。その時には自分の努力が実を結んだことを実感し、喜びを感じます。また、複雑な問題に取り組んで解決策を見つけたときには、自分の専門知識と経験が活かされ、自信と充実感を得られます。
さらに、チームメンバーと協力して困難なプロジェクトをやり遂げたときや、新たなスキルや知識を習得して成長できたときにも大きなやりがいを感じます。

株式会社クニエの社員紹介

石井 美園 / 2021年入社

コンサルティング事業本部 SCMチーム(サプライチェーンマネジメント)

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

私はSCM(サプライチェーンマネジメント)を専門とするチームに所属しており、日本の大手製造業におけるサプライチェーン改革のご支援に携わっています。サプライチェーンとは製品の販売から原材料の調達までの一連の流れのことで、製造業の根幹とも言えます。幅広く専門的な知識が必要とされる難しい領域ですが、日々勉強しながらご支援に取り組んでいます。
仕事内容としては、入社3年目ながら領域を丸ごと任せてもらい、お客様と目指す姿を擦り合わせた上で、その実現に向けた課題を解決すべく検討を進めています。販売会社や工場などたくさんの関係組織がグローバル各国にある中で、各組織の意見を聞きながらあるべきサプライチェーンの姿をお客様と一緒に作り上げていくというところにやりがいを感じています。
また、プロジェクト以外でも、クニエSCMチームが2022年に書籍を出版したときにはその執筆に関わらせていただくなど社内活動の面でも様々なチャレンジをさせていただいています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

一つ目は、コンサルタントの能力として専門性を重視していることです。私はできるだけ早く自身の市場価値を高めたいと思っており、業務経験の少ない新卒として、専門性ごとのチーム所属制や充実した研修制度を整備しているクニエは魅力的でした。現在私が入社3年目にも関わらず顧客の部長・課長レベルの方と議論できているのは、コンサルの基礎的なスキルに加え、自分の専門領域の知識・スキルを身に付けられる環境が整っていたおかげだと思います。
もう一つは、顧客・他者への貢献心が強い人が多いと感じたことです。実際、クニエの社員の皆さんは、目の前の自分の利益よりも他者の助けになることにやりがいを感じる人が多いと感じます。顧客のために何ができるかを徹底的に考え抜いていたり、同僚に対しても自分の時間を惜しんで知識などを教えてくれたりする方が非常に多いです。そのような貢献心を持った人が多いからこそ、とても居心地の良い職場だと感じます。

今後どうしていきたいですか

私は引き続きSCM領域を中心に取り組んでいくことになると思いますが、その中でも専門性や顧客とのコミュニケーションスタイルなど自分ならではの強みを確立しお客様に価値を届けることで、チームメンバにもお客様にも信頼されるコンサルタントとなりたいと考えています。そしてその活動の中で、少しでもお客様の業務やサプライチェーンを良くしていければと思います。
また、現在クニエ海外チームとの交流促進等も任せていただいているので今後更にグローバルでも活躍できるよう邁進していきたいと思います。

今までで一番思い出に残っている仕事は何ですか

大手医療機器メーカーさまにおいてSCMと予算の一元化という先進的なコンセプトを掲げ、業務設計やシステム構築支援を行ったPJです。このPJでは多くの関係部門と何度も方向性を議論しTo-Be像を作り上げていく一方で、システム観点での実現方法の検討も行うなど、様々な角度から取り組む必要がありました。
最終的には、予定通り1年間でPJをやり切り、無事に稼働を迎えることができました。お客さまと一緒にこの先進的な取り組みを実現できたことに達成感を感じましたし、最後に参加メンバが感想を言う場面で、「実現できたのはクニエさんのおかげです」と皆さまから言っていただいたことは一生忘れないと思います。

グローバルな仕事に携われているとのことですが、その内容について詳しく教えてください

プロジェクトとしては、お客様の海外販売子会社や工場とのコミュニケーションを行うことが多いです。各国の業務ヒアリング・要件定義や、新業務の内容説明・トレーニングなどで現地の方と会議をしています。
また、社内の取り組みとしては、タイチームやマレーシアチームと共同でSCMの事例紹介や勉強会の実施、ソリューション開発などを行っています。それらの取り組みは私含め若手に任せていただいており、具体的に何をテーマにするか、いつどのように会議を設定し進めていくかなどを考え、海外チームメンバとも相談しながら取り組んでいます。

株式会社クニエの特集記事

実施要項

募集種別 イベント
募集職種 コンサルタント職
仕事内容 お客様の「変革のパートナー」として、先進的で高品質なコンサルティングを介して、経営変革への想いとご熱意に応え、解決へとリードする──私たちはそのような存在を目指しています。
革新へ挑戦されるお客様と同じベクトルで、戦略構想から改革の実現まで責任をもって、最高品質のコンサルティングサービスを提供します。

【独自のコンサルティングスタイル】
欧米型コンサルティング手法の卓越したノウハウと、日本型経営の知恵と経験を融合することで、独自のコンサルティングスタイルを構築しています。 いわば和魂洋才とも言えるこのスタイルにより、お客様課題を企業価値向上の視点から統合的に捉え、現場への定着化に至るまで、お客様と一体となって企業変革を実現していきます。

【世界の企業に貢献】
活躍の場は日本だけではありません。QUNIEは、米国、欧州、東南アジア、中国、アフリカなどで、数多くのプロジェクトを推進していますので、将来的にはグローバルなフィールドでご自身のキャリアを開発していくことが可能です。

コンサルタントの仕事は、顧客企業の付加価値を最大化するためのソリューションを提供することです。そのためには、考え抜く力、結果がでるまでやりきる力、そして何よりもお客様やチームの仲間と信頼関係を築く人間力が不可欠です。厳しくも成長を実感できる環境で自らを鍛え、社会性豊かなコンサルタントを目指す方のご応募をお待ちしています。
給与 ※年俸制となり、年俸の12分割した金額を毎月お支払いたします。

学士:4,400,000円 月額366,666円(時間外40時間分の87,301円を含む)
修士:4,500,000円 月額375,000円(時間外40時間分の89,285円を含む)
博士:4,600,000円 月額383,333円(時間外40時間分の91,269円を含む)

◆月間の時間外勤務が40時間を超える場合は、別途時間外勤務手当を支給します。
諸手当 通勤手当、残業手当 等

<その他福利厚生>
健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険、 NTT 企業年金基金、 NTT グループ確定拠出年金 、 総合福祉団体定期保険、長期障害所得補償保険、 財形貯蓄制度、社員持ち株会制度、退職積立金 等
勤務地 東京都千代田区大手町2-3-2 大手町プレイスイーストタワー11F
教育制度 ●コンサルタントとしてのロードマップを作っていく1年間
採用1年目は「アナリスト」としてトレーニングを重ね、コンサルタントとして必要な基礎理論や経験を積んでいただきます。トレーニングの前半は、様々なフレームワークやクライアント業務への理解を深めるための座学・グループワークを重ね、トレーニングの後半は、実際にプロジェクトに参加し実務経験を積んでいただきます。

・社会人へのトランジションに必要なマインドセットの習得
・Consulting Basicsの習得(OFF-JT):約4ヶ月
 OJTのために最低限必要なスキルの習得

・プロジェクトの経験や知見の獲得(OJT):約8ヶ月
 約1年間のOJTで経験を積み、プロジェクトのメンバーとして活躍できる応用力・実践力を身につける
 実際に稼働中の複数のPJに参加し、先輩につきながらコンサルタントとしての様々な実務を経験する

【研修例】
・思考力強化研修
・海外研修
・業務基礎研修
・業務理論研修
・OJT報告会

●キャリアアップ制度
QUNIEは上昇志向を持ち知的好奇心の探究を目指す方々を積極的に支援しており、キャリアアップ制度が充実している点も魅力のひとつ。コンサルタントとしての実務知識やノウハウを獲得する場が用意されているだけでなく、キャリアアップに伴い必要とされるマインドを獲得するための情報共有・トレーニング制度も設けられています。

【研修例】
・New Managerトレーニング
 将来QUNIEの主軸となり、メンバーや組織をけん引するリーダーシップを発揮していただくため、Manager昇格時に「現場目線のコンサルタント」から「部下を育てる立場」へのトランジションを行います。

・コンサルティング未経験者向けトレーニング
 「コンサルタント」として必要なConsulting Basicsなどの基礎スキルを早期かつ集中して習得することができます。

・タイトル別トレーニング
 QUNIEは常に社員の「継続的な成長」を支援しています。
 タイトル別トレーニングでは、QUNIEでキャリアを重ねていく中で各ステージごとに必要とされるコンピテンシーを段階的に習得し、常に更なるステップアップを目指します。

・メンター制度
 トレーニング中の1年間、選任カウンセラーが1対1で全面的にサポート。
 新卒社員1名につき、育成選任のコンサルタント経験のあるカウンセラー1名を任命。
 キャリア相談はもちろん、時には日常生活でのアドバイスを行うなど、常に密にコミュニケーションをとります。
 OJT期間中は随時カウンセラーとキャリアを相談しながら、共に数年後のコンサルタント像を描きます。
 実際の業務に携わり自らの方針を見定めて配属チームが決定されるため、納得して自分のキャリアプランと配属先を決めることができます。
 また、配属後も随時他領域に接することができ、キャリアを見直す機会も用意されています。
応募資格 四年制大学・大学院に在学中で、2026年3月に卒業見込みの方
(学部・学科は問いません。)
お問い合わせ 株式会社 クニエ
人事部 新卒採用担当
qunie-shinsotsu@m-career.com

会社データ

設立日 2009年7月1日
事業内容 複雑かつ高度な経営課題に対して、高度な専門性を備えたプロフェッショナルが、お客様の幅広い業務領域に対するさまざまなソリューションを提供し、企画・構想から・組織の実現化、そして業務の定着化と効果の創出まで確実に実行します。また、海外の拠点との密な連携により、お客様のグローバル展開を支援いたします。

【業種】
・ハイテク
・組立製造業
・自動車・自動車部品
・プロセス
・消費財
・小売・流通
・通信・メディア
・サービス公益
・ヘルスケア
・金融
・公共

【改革領域】
・経営戦略・事業戦略
・組織・人材戦略・管理制度
・DX
・ファイナンシャルマネジメント
・CRM・マーケティング戦略
・サービスデザイン・イノベーション
・ビジネストランスフォーメーション
・SCM
・ロジスティクス
・調達購買
・生産
・PLM
・エンタープライズソリューション
・ITマネジメント、セキュリティ

【改革フェーズ】
・企画・構想
・要件定義
・導入・実装
・アウトソーシング
・定着化
URL http://www.qunie.com/
住所 東京都千代田区大手町2-3-2 大手町プレイス イーストタワー11F
資本金 95百万円
代表者 山口 重樹
従業員数 1,000名

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員限定コンテンツ多数!

無料会員登録はこちら