外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

採用担当者様はこちら

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

日本政策投資銀行(DBJ)

日本政策投資銀行(DBJ)

金融業

日本政策投資銀行(DBJ)

【25卒】日本政策投資銀行《JOB Discovery Online Autumn 2023》

  • 独占映像
  • プレゼン

外資就活ドットコムが開催したイベント、「JOB Discovery Online Autumn 2023」での日本政策投資銀行様のセッションの動画です 『未来へ向けた逆転のチャンス 秋から始める本気の就活』 トップ企業の採用担当、現場社員にご登壇いただき、企業の魅力と求める人材像について語り尽くしていただきます。 企業研究・オータム/ウィンターインターン選考や本選考に関わる情報を網羅しましょう!

【25卒】日本政策投資銀行(DBJ)《JOB Discovery Online Spring 2023》

  • プレゼン

外資就活ドットコムが開催したイベント、「JOB Discovery Online Spring 2023」での日本政策投資銀行(DBJ)様のセッションの動画です。 「まだやらなくていい」なんて誰が決めた? トップ企業の採用担当、現場社員にご登壇いただき、サマー期以降の重要さ、選考で抑えるべきポイントをお話しいただきます。

企業紹介

金融力で未来をデザインします

DBJは、戦後復興、⾼度経済成⻑、都市再開発、環境対策、事業再⽣、⾦融資本市場強化等、それぞれの時代の社会的課題に対して、⾦融⾯から⽇本経済をサポートしてきました。プロジェクトファイナンス、PFI、事業再⽣ファイナンス等、当⾏は本邦初のファイナンススキームを先駆的に開発しており、⽇本の産業・⾦融界に対し、⼤きな役割を果たしてきました。また、従来より培ってきた顧客関係と⾼度な⾦融技術・リスクコントロールのノウハウを⽣かし、「投融資⼀体型の⾦融サービス」を提供することで、今後も中⻑期的な観点から⽇本社会の豊かな未来づくりに貢献していきます。

当⾏の職員は、総勢1,200⼈弱と⼤きな組織ではありませんが、⾵通しの良い雰囲気で各職員の協調性と積極性が活かされる銀⾏です。⽇本社会の豊かな未来づくりに貢献したいという⾼い志を持った⽅のご応募をお待ちしております。


事業内容

中立的かつ長期的視点で時代を見据え、投融資一体型のシームレスな金融ソリューションを提供することで、企業、そして社会・経済の課題解決を行っています。

◆融資
 お客様の多様化する資金調達ニーズに対応したファイナンス
 ・中長期の融資
 ・独自の高付加価値の金融サービス(環境格付融資をはじめとする評価認証型融資など)
 ・ストラクチャードファイナンスなどの仕組み金融の開発・提供

◆投資
 お客様の抱える様々な課題に対して、長期的視点に基づいたリスクマネーの提供
 ・成長戦略、事業再編、国際競争力強化、インフラ事業等へのメザニンファイナンスやエクイティなど

◆コンサルティング/アドバイザリー
 お客様の競争力強化や地域経済の活性化に寄与する案件に対してアドバイザーとしてサポート
 ・仕組み金融などのファイナンスのアレンジメント
 ・M&Aアドバイザリーサービス
 ・産業調査機能や環境・技術評価等のノウハウ提供
 ・産業調査力と新金融技術開発力を活用した提案

社員紹介

日本政策投資銀行(DBJ)の社員紹介

清水 麻由 / 2010年入行

業務企画部イノベーション推進室、総合職、調査役

スタートアップ企業への出資、産官学連携を通じたイノベーション促進支援
※詳細なインタビューを採用HPに掲載しておりますので、是非ご覧ください。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

未来を変える技術の社会実装を目指して、スタートアップ企業への投資を行っています。先日、国内外の水問題を抜本的に解決する可能性を秘めたスタートアップ企業への投資を実行しました。新たな市場の創造に向けて、企業のポテンシャルや事業の実現可能性を見極め、社会実装に向けたロードマップを描く過程は非常に困難でしたが、社長の姿勢や想いにも共鳴し、「自分がこの案件を必ず実現させるのだ」という気概を持って取り組みました。「DBJとして何ができるのか」を前向きに考えることは面白く、大変やりがいのあるものでした。

この会社を選んだ理由は何ですか?

学生時代は、自身の身近な体験から医療問題の解決に貢献したいと考えていました。大学で公共政策や財政などマクロの視点を学んでいたことと、一方で現場に寄り添った手触り感のある仕事がしたいとの想いから、マクロとミクロ両視点からアプローチできる職業を考え、金融やコンサルに興味を持つようになりました。その中でもDBJに決めた理由は、ヘルスケアファンドの設立など多様な金融手法と、長期的で一貫した視点、そして何より職員、「人」の魅力です。就活を通じて会った職員はみな、志高く、年を重ねても熱い想いを持ち続け諦めない、青臭い姿が印象的でした。

今後どうしていきたいですか

DBJとしてはもちろん、私自身もイノベーションエコシステムの一員として、人と人をつなぎ、新しい価値を生み出せたらと思っています。DBJの強みは、多くのステークホルダーを巻き込んでその結節点となれること。たとえば地域金融機関や自治体・官公庁などといった有形無形のネットワークを活用していきたいと考えています。イノベーションによって社会課題を解決できれば世界を変えられる――。誰もが幸せに暮らせる社会の実現に寄与していきたいと考えています。

DBJの魅力とは

DBJの役割は、重厚長大産業の育成、都市・インフラ開発、地域創生、事業再生・危機対応、新事業創出と、時代に合わせて変遷するとともに、あり方も大きく変わってきました。それでもDBJが日本社会に貢献し続けてこられたのは、社会課題に対する洞察力と、変革に挑戦する個々のリーダーシップがあったからだと強く感じており、個々のポテンシャルこそがDBJの魅力だと思います。

ジョブローテーションはキャリアにどう活かせますか

私は現在入行13年目ですが、これまでに支店含め6つの部署を経験してきました。支店では、若手ながら風力発電プロジェクトに対するファイナンスの主担当を務め、その後の経営企画部などのコーポレート部門では、案件や組織を多角的に見る視点を養いました。これらの経験から、案件をスムーズに進めるためにはどの部署をどのタイミングで巻き込んでいけばよいかが分かるようになり、お客様にとって最善のチームアップができるようになりました。一見ゼネラルなキャリアが、いまの自分の最大の武器になっています。

日本政策投資銀行(DBJ)の社員紹介

久能木 真由子 / 2018年入行

アセットファイナンス部、業務職

不動産業界のアセットファイナンス案件に関する、業界調査や顧客との対話、契約調整などのフロント業務
※詳細なインタビューを採用HPに掲載しておりますので、是非ご覧ください。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

アセットファイナンス案件のフロント業務を担っています。アセットファイナンスとは、オフィスビルや商業施設、物流施設などの不動産に対し、物件の収益力に着目して投融資判断を行うものです。その中で私は、お客様との対話を最前線で行うフロント業務を担当しています。物件の価値評価に際しては、実際に現場に足を運ぶことも。アセットファイナンス案件は関わるプレーヤーの数が多いので、利害の異なる当事者間で合意を得るのはそう簡単なことではありませんが、関係者との調整のお膳立てをするのも業務職の重要な仕事だと考えており、丁寧な対話を心掛けています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

日本経済の発展に貢献し人々の生活を支えられるような仕事がしたいと考えたからです。学生時代、東日本大震災の被災者の方のお話を伺う機会があり、人々が希望と生きがいをもって当たり前の生活を送ることができる社会の重要性を再認識しました。その中で、いち早く東日本大震災復興ファンドを設立し、被災企業に対してリスクマネーの供給を行い、その後も被災地経済の発展に積極的に取り組んでいるDBJに魅力を感じました。加えて、説明会や面接を通して出会った職員の方々の仕事に対する姿勢や熱意に憧れ、一緒に働きたいと強く感じ、入行を決めました。

今後どうしていきたいですか

投融資実行に必要となる出納などの様々なプロセスを担うミドルバック業務にも挑戦し、案件の全体像をより深く理解したいと思っています。これまでの経験からフロント業務の流れや視点を心得ているので、それを活かした先回りの対応や、能動的な働きかけをしていきたいです。将来的には、行内外を問わず信頼関係を構築して、チームメンバーやお客様に対して自分ならではの付加価値を提供できる存在になりたいです。現部署でも、業務効率化のためにデータベースの機能拡充を推進しています。業務職の後輩たちにも、DBJにおいて業務職がクリエイティブに働くことの楽しさとその意義を、私なりに伝えられたらと思っています。

業務職とはどのような職種ですか

総合職のサポート役にとどまらず、主体的に業務を推進し、総合職とまさに「車の両輪」となって顧客の課題解決に尽力するのが、DBJの業務職です。単なる事務職とは異なり、案件に対し様々な角度から「どうしたらお客様の役に立てるのか」を主体的に考えて働くことができます。フロント業務からミドルバック業務まで、幅広い経験を積める環境と、担う役割の大きさにやりがいを感じています。

仕事をするうえで心がけていることは何ですか

業務の天井を決めずに仕事をする、ということです。たとえ自分の業務の範疇外かなと思うようなことでも、気づいた点があれば上司や同僚に積極的に働きかけるよう意識しています。肝要なのは、すべての作業の目的を理解したうえで仕事を進めること。手だけを動かす、作業のための作業になってしまうと思わぬミスをしかねませんからね。

日本政策投資銀行(DBJ)の社員紹介

三宅 正哲 / 2019年入行

企業金融第5部エネルギー・プロジェクト班(取材当時)、総合職

陸上風力発電や太陽光発電に関するプロジェクトファイナンスの組成や実行後の案件管理
※詳細なインタビューを弊社採用HPに掲載しておりますので、是非ご覧ください。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

エネルギー業界を担当し、陸上風力発電や太陽光発電のプロジェクトファイナンスを担っています。再生可能エネルギーが注目されているいま、多くの企業が太陽光や風力発電プロジェクトの開発、取得を加速させています。再エネの普及にあたっては、巨額の資金に加え、政府の支援も必要不可欠です。そうした中でDBJが果たすべきは、政府系金融機関という中立的でユニークな立場を活かし、事業者と連携してベストな金融手法を組み立てながら、政府に対しては必要な支援策を提言していくこと。こうして事業者と政府の架け橋となってリーダーシップを発揮していくことが私たちの使命だと考えています。入行3年目の私でも、複雑な案件の顧客交渉を担う機会も多く、若手裁量の大きさや成長機会の豊富さを実感しています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

高い目標に向かって自分が成長できるフィールドであると感じたためです。DBJはこれまでも、日本社会や産業の成長に資する案件を数多く手掛けており、幅広い業界に対して投融資一体型のサービスを提供していることから、ジョブローテーションを通して様々な経験ができる点に魅力を感じました。また、OB訪問などを通じ、他社と比して若手にも大きな裁量があることを知り、自分が成長できる環境であると考え、入行を決めました。

今後どうしていきたいですか

これまで培ってきたプロジェクトに対する複雑な金融手法の知見を活かし、例えばベンチャー投資の分野などに挑戦し、日本の経済成長に貢献したいと考えています。そして、ゆくゆくは人生をかけて取り組みたいと思える分野を見つけ、その分野のスペシャリストを目指していきたいです。

印象に残っている案件について教えてください

ガス会社、不動産会社、そしてDBJの3社で出資した、異業種連携による陸上風力発電プロジェクトです。技術面に長けるガス会社、土地の権原に詳しい不動産会社、そしてファイナンスに通じた私たちの、まさに3社の特徴を活かし、強みを掛け合わせた案件というのがポイントです。ガス会社と不動産会社の間に接点は少なかったのですが、両者ともリスク分散を図りながら事業開発を行いたいというニーズを持っており、DBJが橋渡し役になることで、異業種同士でのWin-Winな共同案件を組成することができました。

日本政策投資銀行(DBJ)のオフィス風景

日本政策投資銀行(DBJ)の特集記事

実施要項

募集種別 本選考
募集職種 ■総合職
産業・インフラ分野の課題解決に向けた投融資業務(コーポレート・プロジェクト・アセット・スタートアップ等)、M&Aアドバイザリー業務、コンサルティング業務、産業・地域調査業務など、多様な業務に通暁しその経験を踏まえた高度な専門知識をもって広く社会に貢献することを期待します。

■業務職
業務プロセスの企画・マネジメントを中心に、投融資業務、アドバイザリー業務、産業・地域調査業務、国際業務など、幅広いフィールドで当行業務基盤を担っていただくことを期待します。※エリア別採用、転居を伴う転勤なし
仕事内容 ■総合職
産業・インフラ分野の課題解決に向けた投融資業務(コーポレート・プロジェクト・アセット・スタートアップ等)、M&Aアドバイザリー業務、コンサルティング業務、産業・地域調査業務など

■業務職
投融資業務、アドバイザリー業務、産業・地域調査業務、国際業務など、幅広いフィールドでの当行業務基盤の整備・運用
給与 大卒/月給300,000円
大学院了/月給320,000円
※2024年度募集要項
諸手当 通勤手当、住居手当、扶養手当、昼食費補助など
勤務地 総合職:本店(東京)勤務後、国内支店・事務所、海外現地法人への転勤あり
業務職:本店(東京)、北海道支店(札幌)、東北支店(仙台)、北陸支店(金沢)、東海支店(名古屋)、関西支店(大阪)、四国支店(高松)、九州支店(福岡)、南九州支店(鹿児島)勤務。 ※原則として転勤なし
教育制度 DBJでは、全員が十分に成果を発揮できるよう、人材育成に力を入れています。
●研修:新入行員研修、階層別キャリア形成支援プログラム、OJT強化支援プログラム、ファイナンス関連実務研修等
●外部機関出向・派遣(国内外グループ会社・投資先企業・海外機関・スタートアップ・中央官庁等)
●海外大学院留学
●若手総合職向けグローバル人材育成プログラム
●業務職向け人材育成プログラム
●自己啓発制度
応募資格 原則、2026年4月に入行可能な方(2026年3月31日までに4年制大学又は大学院を卒業・修了見込み)
ただし、就業経験のない方に限ります。
※留学等の諸事情で卒業が2026年4月1日以降になる場合は、2026年10月までに入行可能な方も応募対象とします(応募期間は通常選考と同期間)。
お問い合わせ 個別のお問い合わせは、マイページのお問い合わせフォームよりご連絡ください。
▼マイページURL
https://mypage.3010.i-webs.jp/dbj-2026/

会社データ

設立日 2008年(平成20年)10月1日
事業内容 DBJは投融資一体型の高度な金融手法を用い、資金供給の円滑化及び金融機能の高度化に寄与しています。
URL http://www.dbj.jp
住所 〒100-8178
東京都千代田区大手町1丁目9番6号
大手町フィナンシャルシティ サウスタワー
資本金 1兆4億2,400万円(全額政府出資)
代表者 代表取締役社長 地下 誠二
従業員数 1,270名(2023年3月末)

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


日本政策投資銀行(DBJ)の研究

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員限定コンテンツ多数!

無料会員登録はこちら