外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

三井住友銀行

銀行・信託銀行

企業紹介

2001年に住友グループの住友銀行と三井グループのさくら銀行が合併、翌年日本総合研究所・三井住友カードと住友銀行の株式を移転して三井住友フィナンシャルグループが設立され、その子会社となった。更に翌年2003年、わかしお銀行と逆さ合併し、現在に至る。3大メガバンクの一角を占める日本を代表する都市銀行。銀行業・リース業の他、海外に18の支店を据え、現地では子会社・関連会社が投融資やスワップ関連業務を行っている。

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


三井住友銀行の研究

三井住友銀行の関連企業リスト

SMBC日興証券 【証券業】

会社概要当社は2018年に創業100周年を迎えました。およそ1世紀にわたって、経営理念である「お客様を中心に」考え、社員一人ひとりが仕事に誇りを持って挑戦を積み重ねてきました。≪私たちの想い≫想う、動く、創る、金融の未来。技術の進歩や社会構造の変化等、人々を取り巻く環境は刻々と動いています。それらの変化を、人生や社会に豊かさをもたらすものとするために、金融にできることはまだまだある。私たちはそんな想いを胸に、証券と銀行が連携しながら、未来を支える基盤となるべく、新しい金融モデルづくりに挑んでいます。「未来の金融の在り方」をつくる。そして「最も信頼される会社」になる。「スピード&スケール」をキーワードに我々はお客様からの最高の信頼を獲得し、国内外において質の高いサービスを提供する本邦No.1の総合証券会社を目指していきます。 NIB │ NIKKO INVESTMENT BANKING投資銀行部門ではNIB │ NIKKO INVESTMENT BANKING コースを設けています。これからのSMBC日興証券を、そして金融市場を担う人材を、個々人のキャリアを尊重しつつ、ファーストクラスのバンカーを育成するために。投資銀行業界では、入社前後における業務理解度のギャップやインテンシブな生活の継続から、ジュニア・バンカーの早期離職が常態化するという構造的問題に直面しており、特定の業務にコミットし、専門的なキャリア形成を目指していく社員に対して、投資銀行業界のスタンダードと個人のパフォーマンスを反映した報酬体系を適用するために設置したコースです。 SMBC日興証券入社後は、豊富な案件フローの中で経験値を高めつつ、充実した国内外の研修プログラムを通じて幅広いスキルセットの習得を目指します。その上で、原則入社3年目以降(パフォーマンスにより最速2年目とする規定あり)、NIBコースに転換して投資銀行部門における競争環境の中でトップクラスのバンカーを目指すか、総合コースのままキャリアプランや働き方に幅をもたせるかを自由に選択できます。 私たちは、ひとりひとりのキャリアプランを尊重しつつ、みなさんが金融界のアスリートとして高い目標を掲げ、最短ルートで山頂を目指すことができる環境の提供を目指しています。

SMBC日興証券の選考体験記

SMBC信託銀行 【金融/信託銀行】

SMBCグループの信託銀行SMBC信託銀行は1986年2月に設立し、その後、信託機能等を活用したテーラーメイド型のプライベートバンキング業務を展開してまいりました。2013年10月からはSMBCグループの信託銀行となり、2015年11月にはリテールバンク事業の「PRESTIA(プレスティア)」が加わりました。日々刻々と変化する世界経済の下、お客さまの多様化した金融ニーズにお応えするため、外資系金融機関を前身に持つ当行のグローバルな金融商品や洗練されたサービスに、SMBCグループの強固な組織力と豊富な情報力が融合し、当行ならではの付加価値のあるサービスを提供することにより、これまで日本になかった新しい銀行を作っていきたいと考えています。「外貨」「不動産」「信託」◆プレスティアでは、個人のお客さまの多様化した金融ニーズにお応えするために、いずれの観点からもお役に立てるよう、外貨を中心とした迅速かつ豊富な情報と分析と共に運用相談のサービスを提供しています。国内トップクラスの外貨預金残高を有し、10通貨の外貨預金をはじめ、外貨建て投資信託、債券、保険商品、さらには世界各国のATM/CDで現地通貨を引出せるキャッシュカード、外貨の送金・決済サービス等、豊富な商品・サービスのラインアップを有し、まさに「外貨の老舗」としてのポジションを築いています。◆不動産業務は、大企業などのお客さまの不動産関連取引ニーズに対し、仲介業務、コンサルティング業務、受託業務、アセットマネジメント業務、鑑定業務などのサービスを提供しています。当行の特徴としては比較的大規模な不動産ビジネスが多く、信託銀行ならではの、不動産、信託、金融等の知識と技術を多角的に活用した不動産金融ソリューションを駆使し、不動産に関するお客さまの課題をワンストップで解決することにより、企業活動を支えています。◆信託業務は、お客さまのニーズに応じたテーラーメイドのスキームを組成・提供することにより独自性の実現を追求しています。信託財産として受託できる資産の種類も多様であり、美術品や金地金等も取り扱っています。個人のお客さまに対しては「指定運用の信託/特定運用の信託」、資産承継・事業承継ニーズのあるお客さまには「遺言代用信託/受益者連続信託」のほか、有価証券の管理、取得、処分に関して信託機能を提供しています。法人のお客さまに対しても、有価証券の管理、取得、処分などをはじめとする多彩なサービスを提供しています。◆プライベートバンキングは、創業以来の業務であり、信託機能を活用したテーラーメイド型の資産運用商品をはじめ、ウェルスマネジメントの包括的かつユニークなソリューションを富裕層のお客さまに提供しています。専属のプライベートバンカーがお客さまのニーズを的確に把握し、長期的な視点で、専属の資産運用チームとともに金融サービスをカスタマイズ、信託銀行と商業銀行の機能を利用することで幅広いニーズに応えた最適なソリューションを提供しながら、お客さまの大切な資産の運用、購入・売却、管理、承継などをサポートしています。”Strengh in Difference”当行では「多様性こそが私たちの強みになる」と考えており、“Strengh in Difference”をスローガンにダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。この活動を支えているのが、2017年10月に設立された「ダイバーシティ&インクルージョン推進委員会」です。D&I推進を経営戦略のひとつとして考え、委員長である社長をはじめ、各部門から委員会メンバーを選出することで、当行内のダイバーシティに関する課題を会社全体の課題として捉え、スピード感をもって解決に向かう体制をとっています。“Customer First” “Customer First”を推進・実践するための当行独自の価値観、行動指針として「コアバリュ―」を定めています。当行のブランド「PRESTIA」の文字にちなんだ 7つのキーワードを、私たちが仕事をしていく上での大切な価値として共有しています。・Passion・Respect・Excellence・Synergy・Trust・Iconic・Accountability

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)