外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

リヴァンプ

リヴァンプ

経営実務、CxO支援、戦略コンサルティング、IT/DXコンサルティング

リヴァンプ

企業紹介

あらゆる手段でビジネスを動かし、企業を改善するプロフェッショナル集団

リヴァンプは2005年に創業した経営支援会社です。所謂一般的なコンサルティングファームとは違い、ハンズオンで経営実務やCxO支援・マーケティング&クリエイティブ・コンサルティング・デジタル&ITのサービスを提供します。近年はPE投資も活発に行われており、コンサルティング会社という位置づけでありながら投資にも関われる環境を用意しています。

ゴールドマン・サックス、インテグラル、アクセンチュア出身の経営陣の元、外資・日系コンサルティングファームや、事業会社、SIerなど様々な業界から集まった社員で構成されています。「企業を芯から元気にする」という企業理念に基づき、「クライアントの利益改善、企業価値の向上のために何をすべきか」を判断軸に、200名以上のプロフェッショナル達が活躍しています。売上数千億規模の企業再生案件や、大手企業の基幹システムの開発・刷新、コスト削減や業務改革、ファンド投資先のバリューアップ支援、一流クリエイターとのマーケティング支援やITコンサルティング及びDX支援など、多岐に渡る内容で様々な企業の経営支援を行っています。

20代から裁量を持って仕事を任せられるため、成長スピードを求められる環境です。我々の取り組む案件は、いままさに世の課題となっているものばかりです。それに真摯に向き合い結果を出すことが、世の中で価値のある人材を育てると信じています。


未来の経営人材(CxO)を輩出する

弊社の強みである「伴走型の経営実行支援」により、クライアントの本質的な課題解決のため経営層から現場スタッフまで全てのステークホルダーとコミュニケーションをとり、事業を加速させていきます。業務内容は戦略立案から実行までと幅広く「経営そのもの」を学ぶことができます。自己投資も行っていることから、顧客企業のみならず投資先企業のCxOになる機会もあり、「将来CxOになりたい」という方にとってはベストな環境と言えます。

社員紹介

竹内 太雅 / 2020年新卒入社

経営支援チーム アソシエイト/早稲田大学商学部卒   

2020年リヴァンプ新卒入社。ファンド投資先企業のマーケティング領域支援を担当。早稲田大学商学部卒。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

現在はサービス業のマーケティング改革支援に従事しています。入社当時は「スキルや業務経験がない中でいかに価値を出すか?」という事に難しさを感じました。リヴァンプには過去の実績は勿論、多様なスキル・背景を持ったメンバーが揃っており、学びながら仕事ができる強みがあります。実際、アサイン直後は会議の内容把握だけでも精一杯でしたが、今では「この会社をよくする為には何が必要か」という視座で物事を考え、PJを推進する能力を得始めている実感があります。現場と会話して改革を重ねる経験に加え、年次に関係なくクライアント経営層と対話できる環境はリヴァンプだからこそ味わえる面白みだと考えています。そのような環境に1年目から身を置き、他社では得られない「飛び級」の経験を積む事を常に意識して業務に臨んでいます。

この会社を選んだ理由は何ですか?

父親が所謂プロ経営者だった事もあり、将来的には自分もCxOたる人間に成長する事を目標としています。就職活動では、大企業からスタートアップ企業まで、様々な企業の選考を受けましたが、「CxOとして活躍する為に必要なスキル・マインドセットを得られる会社はどこか?」という視点で見た時に、リヴァンプに勝る会社は無かったと感じたため、入社を決意しました。同じ目線で働くメンバーに囲まれながら、目標に向かって着実に駆け上がっていけるよう努力しています。

今後どうしていきたいですか

将来的には自分もCxOたる人間に成長する事を目標として、日々の業務に取り組んでいます。「経営陣に近い位置で働ける」「現場を動かし、改善出来る」これらリヴァンプならではの環境を上手く活用し、他社では得られない経験をこれからも積んでいきたいです。

仕事でやりがいを感じたエピソードは?

「昨日出来なかった事が出来るようになった時」「あの時上司が言っていた事が理解出来た時」「クライアントから、プロフェッショナルとしての意見を求められる時」「改善によって、クライアントが変わった時」など、やり甲斐は無数に日々感じています。自分の立ち位置をしっかり振り返りつつ、「いまクライアントにとってベストな事は何か?」を追求し続ける事で、上記のようなやり甲斐を日々得られているのだと実感しています。

徳田 浩明 / 2015年入社

業務コンサルティングチーム シニア・マネージャー/アクセンチュア出身

2011年アクセンチュア入社。情報通信業界やリテール業界を中心に経営改革に従事。その後2013年よりベンチャー企業の経営改革に参画。商品開発からCRMシステムの設計まで多岐に渡る領域で支援を行う。2015年に参画。主にサービス業界の全社経営改革などに関わる。早稲田大学卒

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

業種業態問わず経営改革全般を支援するチームで、大手小売業の経営再建に取り組んでいます。 再建と言っても単なるコストカットではなく、曖昧な中期計画の検討でもなく、商品・サービスの開発から接客品質の向上、DXの推進、マネジメント体制の再構築なども含めて経営のコア業務全てにおいて実行支援を行い、会社を変革させることを目的としています。私は新卒からずっとコンサルティング業界で従事してきましたが、ここまで支援先の経営の中枢に入り込む働き方は経験したことがありませんでした。我々にそれができるのはリヴァンプが「企業を芯から元気にする」を理念としており、近視眼的・表層的な提案を断じて許さない風土が根付いていて、常に支援先の立場に立って仕事ができているからだと思います。

この会社を選んだ理由は何ですか?

縁あって創業者の澤田とお会いしたのがきっかけです。名前と実績は知っていたもののどんな方かは知らなかったのですが、いざ会って話してみたらとても魅力的で、部屋を出た時にはもうリヴァンプに入社したいと決意していました。 そのあとに会った現社長の湯浅、そしてマネージャー陣も皆一緒に働きたいと思う方々ばかりで、「こういう人材が集まる会社なら何も悩むことはない」と感じたのを覚えています。 入社して数年以上が経ちましたが、あの時の直感は間違っていなかったと断言できます。

今後どうしていきたいですか

個人としても会社としてもIT領域の提供価値を上げたいです。この数年間でITの活用によって大きくビジネスが躍進する瞬間を目の当たりにしてきました。従来の主に業務効率化を目的としたITの領域が引き続き重要なのはもちろんですが、今後はサービス開発の領域のITのケイパビリティが重要になってきます。今まさにAIを活用したサービス開発を支援していますが、この領域の専門性を高め続け、顧客に価値提供し続けられる人材になりたいです。

仕事でやりがいを感じたエピソードは?

クライアントに「仲間」と認めていただけた時でしょうか。 多くの場合、コンサルタントは部外者扱いされます。ですが、リヴァンプのスタンスである「現場主義」を体現していくと、いつのまにかクライアントとの距離感がぐっと縮まり「仲間」として認めてもらえる瞬間が訪れます。 そのためにはクライアントよりも企業のことを深く理解し、我々の提案で確実な成果を出す必要があります。道程は決して平坦ではありませんが、成し遂げた後に肩を組んで笑いあうことができた夜は最高の気分です。

江上 由美 / 2020年入社

業務コンサルティングチーム シニア・アソシエイト/PwC Strategy&出身

2012年ブーズ・アンド・カンパニー(現PwCストラテジー&)入社。
保険・小売業界等の経営戦略策定、デューデリジェンス等に従事。その後、教育業界で数年勤務し、フリーランスのコンサルタントとしてベンチャー企業等の立ち上げ支援・業務改善等に従事。2020年にリヴァンプ参画。東京大学卒、フィンランド University of Oulu修士課程卒。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

情報通信系サービス企業で、主に業務改善を行っています。支援先は優秀で洗練された社員の方が非常に多い企業ですが、その分、社内システムが非常に複雑に設計されています。サービスごとにフローや担当部署・社員、規則等が大きく異なる上、マニュアルも煩雑で、初見での理解はまず不可能。そのため、新しいメンバーが入っては、「その状況下で生き残っている超優秀社員」の期待に応えられず、離職してしまう状況でした。
私はそのような組織の中で、まずは特定の主力サービスフローについて、実際に生じている問題点を現場で確認しながら「誰にでもわかりやすい仕組みづくり」「仕組みが実行できるようになるまでの現場サポート」にセットで取り組んでいます。今後はこの取り組みを別サービスへも横展開していけるよう支援先メンバーと協働中です。

この会社を選んだ理由は何ですか?

社長の湯浅から声をかけてもらったことがきっかけです。選考時、他のメンバーとも複数回面談をさせてもらいましたが、皆いわゆる「コンサルっぽさ」が(良い意味で)薄く、仕事に対する誠実な姿勢、信頼できる人柄のメンバーが多いと直感的に感じました。さらに、多忙なイメージのコンサル業ではあるものの、「家庭は最優先で自由にやって良い。時間の制約があっても、関係なく希望があればチャンスは与える」と言ってもらえたことも入社の大きな決め手となりました。

今後どうしていきたいですか

漠然としていますが、主に事業の創造・組織改革などといった大きな課題に対して、自分のプレースタイルを確立していきたいです。これまでのキャリアでは、単純業務(リサーチ・ToB/ToC営業・何でも屋等々)からはじまり、スタートアップの支援や新規事業の立ち上げ、コンサル業として、大きな組織の業務改善など、ほぼ毎回未経験の様々な課題に取り組ませてもらい、幅広く経験値を積ませてもらってきました。今後のフェーズでは、これまでの経験を糧に、より大きく正解のない課題に対して成果が残せる、また、一緒に働くチームメンバーを活かし、チームの成果を最大化させられるようなスタイルを模索していきたいと思っています。

仕事でやりがいを感じたエピソードは?

「成果が出せている」ことと、「クライアントが自分に心を開いてくれていることが実感できている」ことが揃った時にやりがいを感じます。リヴァンプでは、「完璧なスライド・素晴らしいプレゼンで経営陣の心をつかむ」といった雲上人スタイルではなく、多少荒くとも、現場と話し合いながら社内改革・改善や事業を一緒に進めていくというスタンスが一般的です。自分が社員だったらどうするか、という立場で真摯に提案、議論をし、当事者意識をもって物事を動かそうとしているかどうかは、相手にはすぐ見抜かれます。(もちろん提案の質も大事ですが…)信頼度はミーティングの雰囲気、雑談の温かみなど随所に表れますが、ある一定の成果を出せており、かつ「温かい雰囲気」の中でプロジェクトを進められている時とてもやりがいを感じ、もっとこの人たちのために頑張りたい、という気持ちになります。

今井 雄太 / 2015年入社

経営支援チーム マネージャー/三菱商事出身

2009年三菱商事入社後、産業機械関連事業の予決算・経理・税務・投資先管理を経て上海の投資先にCFOとして赴任。2015年リヴァンプ入社。St.Thomas University(NB, Canada) 卒

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

主にPEファンドの投資先に常駐し、現場社員・経営・株主の皆様と議論しながら事業課題の特定、短期・中長期の打ち手の定義、一連の合意形成、事業改善施策の実行を手伝っています。また、リヴァンプ全体のノウハウ集約や横通し研修の企画など、チーム・会社全体の価値(=顧客への提供価値)を高める仕組み作りを行っています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

「現場×経営による事業改善」を突き詰めたいと思ったからです。前職時代に上海赴任した時、当時28歳だった私は若い立場も生かして現場(提案の現場や納入先の工場等)に積極的に足を運び、スタッフとの日々の会話で見えてきた課題を経営にフィードバックし1つずつ解決していきました。すると、次第に社内の雰囲気がどんどん良くなっていき、業績も改善。私のチームスタッフは一人も辞めることもなく「チームのモチベーションが高いまま成長できた」と言える状態で任期を終えることができました。現場やスタッフに寄り添い会社を捉えることで見えてくる課題は非常に多くあるということを強く感じられた経験でした。この時感じた「現場×経営」による事業改善を自分なりに突き詰めたい、もう一度違う場でも実現したいと強く思い「経営 現場」で検索してリヴァンプを知り、HPから応募して入社しました。結果、この時期待していた「場」を何度も経験させて貰っています。

今後どうしていきたいですか

リヴァンプに入社して以来「現場×経営による事業改革」の経験を、様々な業界、業種、規模で積ませて貰っています。株主、マネジメント、現場を縦横無尽に行き来、調整して改革を推進していく仕事は、経営そのものだと思いますし、二つと同じものはなく飽きることもありません。
本来伸びしろが有りながら様々な制約で成長出来ていない会社は沢山ありますし、今後もそうした会社を「芯から元気にする」仕事を推進していきたいと思っています。

仕事でやりがいを感じたエピソードは?

沢山ありますが、2つに絞りたいと思います。
ひとつは自身の企画提案を元にプロジェクトを組み施策を実行し、事業数値を動かせた時です。打ち手の企画~実行~効果測定を行うためには、社内外の様々な年次・業種・業務に関わる方の知見を集め合意形成をしながら進める必要があり、これはとても大変な作業です。途中で思った通りの結果が出ず軌道修正をすることも常にあります。試行錯誤の末に事業数値(KPI)を動かして改善が出来た時、大きな達成感とやりがいを感じます。
もうひとつは、プロジェクトを振り返ってお客さんと「大変だったけど頑張って良かったね」と笑い合えた時です。上記と矛盾するように聞こえますが、打ち手を実行している最中は結果をなかなか実感しにくいものです(する暇もありません)。プロジェクトを走り抜けてお客さんと笑い合えた時は、事業も実際に良くなり信頼関係も築けた時ですし、その時は心からやりがいを感じます。

中山 陽太 / 2020年入社

経営支援チーム シニア・アソシエイト/デロイト出身

2014年楽天株入社後、ECコンサルタントとして楽天市場出店事業者向けに商品開発、マーケティング施策立案、および広告営業に従事。2017年にデロイトトーマツコンサルティング合同会社へ転籍し、システム開発のPMOや地方創生、クロスボーダーM&Aなど多岐に渡る領域での支援を経験。2020年にリヴァンプへ参画。国際基督教大学卒

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

PEファンドの投資先企業に対して、マーケティング領域の戦略/予算策定~施策立案/実行まで包括的な支援に携わっています。本業務の推進過程では、現場社員・経営層・株主の皆様と合意形成を図り、その内容を実務に落とし込んでいく必要があります。コンサルというと”絵に描いた餅”と揶揄されがちですが、むしろリヴァンプでは如何に”絵にかいた餅”で終わらせないか考え抜くことが求められ、それが当社が手掛ける支援の醍醐味でもあると感じます。また、クライアント業務と並行し、次期リーダー候補育成プログラムへ参画し、過去の当社における成功事例を学ぶことで、自チームおよびクライアントへの価値貢献に取り組んでいます。

この会社を選んだ理由は何ですか?

企画~実行まで携わり、手触り感のあるコンサルティングを追求したいと考えたからです。前職でのソリューション営業およびコンサルティング業務を通じて、リーダーには現場を慮る”情”と正論を語る上での”理”、両者が必要であると感じました。最終面接でそうした想いを伝えた際、弊社取締役の千田から言われた「リヴァンプのような支援に興味を持ってくれる人に来て欲しい」という言葉が強く印象に残っています。正直、当時は真意を汲み取り切れていなかったのですが、今では「決して楽な道ではないけれども、クライアントにとって意味があることに正々堂々と取り組むのがリヴァンプの経営支援」ということと理解しており、自身の意思決定は間違っていなかったのだと確信しています。

今後どうしていきたいですか

自身が関与した案件から、一つでも多くトラックレコードを創り上げたいと考えています。それには、”理”だけでなく、”情”の部分に磨きをかける必要があると認識しています。"理"の部分を当社では"規定演技”と呼ぶのですが、フレームワークを使って現状分析し、課題を特定して打ち手に繋げることで、一定程度の改善は見込めます。一方で、企業を”芯から元気にする”には、消費者感覚を研ぎ澄ませ、クライアントの顧客への提供価値を再定義し直すことが求められます。リヴァンプには”情理”が一体となって実現した成功事例が数多あり、そうしたアセットも活用しながら、自身もリヴァンプを体現する人材になりたいと考えています。

仕事でやりがいを感じたエピソードは?

経営層からのお題に対して、自身が企画~実行をリードし、実際に事業数値を動かすことが出来たときです。これには二つの意味合いがあります。一点目は、打ち手先行でなく現場であるビジネス要件部分から企画提案できるリヴァンプ的な支援の面白さを存分に味わえること。二点目は、クライアントに仲間と認めてもらえる絶好の機会であるということです。ゼロベースで課題を特定し、打ち手として纏め上げる作業は決して平易なことでなく、現場社員の方々と真の意味で協業することが求められます。実行過程で期待通りの成果が出ず軌道修正が求められることも多々ありますが、そうした日々を過ごしていくうちに、自ずとクライアントからの見え方が”リヴァンプさん→中山さん”へと変わっていきます。この瞬間は一番の原動力になりますし、リヴァンプを体現する(=企業を芯から元気にする)人材足る上でも常に忘れてはいけない感覚だと認識しています。

リヴァンプの特集記事

実施要項

募集種別 本選考
募集職種 経営コンサルタント(戦略、投資)
ITコンサルタント
仕事内容 戦略コンサルティング、ITコンサルティング、CxO領域支援、DX支援
給与 -給与:年俸制
-定期賞与:年2回
-決算賞与:年1回
諸手当 -手当
通勤手当、通話手当、住宅手当、国内/海外出張手当、結婚祝金/出産祝金

-社会保険
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
勤務地 本社オフィスまたはクライアント先へ常駐(※リモート勤務あり)
応募資格 2023年3月までに大学院または大学を卒業見込みの方
新卒社員出身大学 東京大学、京都大学、一橋大学、九州大学、名古屋大学、早稲田大学、慶応大学、上智大学、国際基督教大学、オックスフォード大学 ほか
お問い合わせ hr_newgrad2023@revamp.co.jp

会社データ

設立日 2005年9月
事業内容 1.経営実務/CxO支援/経営企画業務
2.マーケティング戦略・クリエイティブ実行支援
3.経営/戦略/業務/コンサルティング
4.デジタル&ITソリューション
5.事業会社運営、エクイティ投資
URL https://www.revamp.co.jp/
住所 <外苑前本社>
東京都港区北青山2-12-16 北青山吉川ビル3階

<池袋オフィス>
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャインシティ56F
資本金 1億円
代表者 湯浅 智之
従業員数 241名(2021年7月時点)

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)