外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

バンクオブアメリカ・メリルリンチ

バンクオブアメリカ・メリルリンチ

外資系投資銀行

バンクオブアメリカ・メリルリンチ

企業紹介

私たちの230年の歴史は、世界の経済発展の歴史そのものです

メリルリンチ日本証券株式会社は、世界最大の金融機関の一つであるバンク・オブ・アメリカ・グループの日本における法人顧客事業の拠点です。

バンク・オブ・アメリカ・グループの歴史は、まさにその社名通り、アメリカの文化と経済発展の歴史そのものです。
母体となったマサチューセッツ・バンクは1784年7月5日に業務を開始しました。この時、アメリカ合衆国憲法はまだ制定されておらず、ジョージ・ワシントンが初代大統領に就任したのは実にこの5年後のことでした。それ以来230年以上にわたり、米国のみならず世界の経済発展に欠かせない経営資源や資本が提供してきました。

またバンク・オブ・アメリカ・グループは日本の経済の発展を70年前から現在に至るまで、長きに渡り支えてまいりました。バンクオブアメリカは1947年に東京支店を開設しました。メリルリンチは1964年に東京駐在員事務所を開設、1972年にはメリルリンチ日本証券会社東京支店が外国証券会社として初めて証券業の免許を取得しました。日本経済の可能性を誰よりも早く、信じていたからです。以来、長きにあたり私たちは日本の経済発展を支えてまいりました。バンク・オブ・アメリカ・グループの歴史は、日本の経済発展の歴史でもあるのです。

現在メリルリンチ日本証券は、バンクオブアメリカ・メリルリンチというグローバル・ブランドの下、事業会社、金融機関、政府機関、機関投資家などのお客さまに対し、株式や債券のセールス/トレーディング、資本市場業務、投資銀行業務、その他のアドバイザリー・サービスを提供しています。
バンクオブアメリカ・メリルリンチの世界的なネットワーク、情報収集力、革新的な商品開発力、資本市場における規模や実績を活かしながら、お客さまに高付加価値で包括的なソリューションを提供しているのです。

このバンク・オブ・アメリカ・グループが数百年にわたり育んできた実績と高付加価値なサービスを活かし、皆様には世界と日本の経済を更に発展していただきたい、そう思っております。


誰よりも人の可能性とチームワークを信じ、成果を正当に評価する。

メリルリンチ日本証券ではとても多くの女性が活躍しています。
多様性溢れるメンバーが、その可能性を最大限に発揮することで、最高の仕事ができる。私たちはこのような信念を持っているからです。

この信念から、社会貢献活動としても、女性の活躍を促進する様々な取り組みをグローバル規模で展開しています。例えば「グローバル・アンバサダー・プログラム」もその一つです。「グローバル・アンバサダー・プログラム」は、企業、ソーシャルビジネス、NGOに従事する日本の女性リーダーと、世界の主要民間セクターおよび市民社会団体の女性シニア・エグゼクティブが参加し、1対1のメンタリング・セッション、組織管理やリーダーシップ等のスキルの構築を目的としたワークショップからなるプログラムです。
私たちは「女性リーダー育成への投資」を通じ、地域社会の持続的な発展や経済成長への貢献を目指しています。

また個の力だけでなく最高のチームワークを発揮することで、初めてベストな仕事が実現される。このようなカルチャーが広く浸透しているのもメリルリンチの特徴です。その結果、社員の仲はとても良く、活気に溢れています。

そしてメリルリンチ日本証券は、成果を発揮した社員には年次に捉われず正当な評価を実施しております。得た利益は正当に還元する。それがメリルリンチの信念です。

社員紹介

古川渚紗(ふるかわ・なぎさ) / 2017年入社

金融市場部門 アナリスト

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

債券本部 金融商品開発部に所属しております。

中央・地方金融法人や事業法人を含む幅広いお客様向けに、金利、為替、クレジットおよびコモディティに関連した、アセット(運用)とライアビリティ(資金調達・ヘッジ)の両面に渡る総合的な金融ソリューションを提供しています。

具体的には、国内外の垣根を越えて、トレーダーと連携してお客様のニーズに適したオーダーメイドの商品を組成し、セールスと共にマーケティングを行い、最終的にはリーガルと協力して完成させた契約書の下でを取引の約定までを行います。

この会社を選んだ理由は何ですか?

就職活動時に、当社の質問や面接官が最も個性的で多様性に富んでいるように感じ、異なる強みをもつ先輩方と一緒に働くことで、皆の長所を吸収しながら自身も独自の魅力を身に付けられるのではと考えたからです。
当社はトップレベルのグローバルな金融機関でありながら、会社のブランドにただ頼るのではなく、個人としてもバリューを発揮し、寧ろ会社の価値をより高められる存在でなければならないという考えが社員の中に根強く浸透しているように感じます。
金融商品を網羅する巨大なプラットフォームが存在する一方で、市場環境に柔軟に対応する個々の実力も要求される点で、バンクオブアメリカ・メリルリンチは組織と個人のバランスがとても良い会社だと思います。

今後どうしていきたいですか

どの業界にも共通して言えることですが、AI等の活用により金融業界は今後ますます変貌を遂げると思われます。
そこで重要なのは、これまでの固定観念や慣習に縛られずに、常にアンテナを張り、環境に柔軟に対応していくことではないかと私は考えています。
そもそも、金融市場が日々変動する中で、あらゆるリソースを活用し、絶えずお客様にとってベストな提案を行うのがこの仕事のやり甲斐のある部分・醍醐味でもあるので、
グローバルな変化の波に盲目的に流されるのではなく、優秀な先輩方や同僚と共に、率先して上手く乗りこなしていくという意識を持って働きたいです

野上梨絵(のがみ・りえ) / 2012年入社

証券業務部 アシスタント・ヴァイスプレジデント

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

株式トレーディングデスクのサポートをしています。
世界中のお客様から頂く膨大な数・額のお取引を遅滞なく決済につなげられるよう、素早くかつ正確にお取引をプロセスし、お客様と照合を行い決済チームに渡すところまでが私達の仕事です。
また新たな規制の施行や改正、新しいビジネスのニーズ等に応えるために社内のITをはじめとした関連部署とタッグを組みながら新たなプロセスを構築したり、そのために必要なテクノロジー開発にもユーザー側として携わります。

この会社を選んだ理由は何ですか?

就職活動で初めて社員の方たちにお会いした時にここで働きたいと強く思ったのを今でも覚えています。それはインタビューでの会話の中から社員の方たちがご自身の仕事に対してパッションを持って働いていると感じたところ、また就活生ひとりひとりと真剣に向き合う姿勢を見て、この会社は人のことを大切にする会社なのだと感じることが出来たからです。

今後どうしていきたいですか

今後は日々変わり続けるマーケットやその規制、テクノロジーに遅れることなく知識やスキルを向上し、ビジネスにも付加価値をつけられるような強いサポートができるよう一個人としても成長し続けたいと思いますし、またそういった組織作りにも貢献したいと思います。

当社でどのような成長の機会を得ていますか?

年次に関係無く挑戦させてくれる会社だと思います。特にそう感じたのは入社2年目でニューヨークに転勤になったことです。当社では様々な国のマーケットでお取引されるお客様のトレードを24時間体制でサポートをするためにニューヨークに日本のチームを置いています。私が当時担当していた外国債券・株式のお取引の執行や決済はそれぞれのマーケットの現地時間に行われるため、お客様の要望に沿った形でトレードの執行から決済が行われるようモニターし,問題があればローカルのフロントオフィスやオペレーションズに掛け合うといった責任のあるポジションでした。問題が起きた時も新しいことを始める時も私が時間内に解決できなかったり、交渉がうまくいかなければお客様に迷惑をかけてしまうというプレッシャーがありましたが、うまくいった時は大きな達成感を感じましたし、そこから学んだことは今でも大きな財産になっています。

倉岡亨(くらおか・とおる) / 2006年入社

資本市場部門 ディレクター

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

私の所属する債券資本市場部では、主に債券の発行や資産の証券化などを通じ、顧客が最適な資金調達をできるようサポートしています。債券資本市場部において、仕事は基本的にチーム単位ですが、相互に連携を図って行われます。事業会社や金融機関だけでなく、政府系機関や地方公共団体に至るまで、多種多様な顧客に対し、それぞれのニーズに応じたきめ細かなサービスを提供することが重要なミッションとなっています。変化し続ける市場環境の中で幅広い視野を持ち、世界中に常にアンテナを張り巡らせてグローバルなマーケットのトレンドをいち早く理解し、顧客への提案に結び付けることが必要不可欠だと感じており、そうした視点を持って日々業務を行っています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

経済のグローバル化が進行する中、その血液とも言われる金融が担う役割の重要性の高まりを感じていました。中でも投資銀行は、経済主体とマーケットを結ぶ架け橋であり、また人材が大きな資産であるため多くのことを学ぶことができ、個人としても多くの成長の機会を得られるのではないかと期待したことから、投資銀行でキャリアをスタートさせることを決めました。そして、世界有数の投資銀行である当社のグローバルファームとしてのネットワーク、更には日本における確固たる地位を踏まえて入社を決断しました。また、入社前の説明会やジョブで様々な社員の方々の話を聞くことができ、若手が積極的にチャレンジしやすい風通しの良いカルチャーがあることを確認できたことも、当社で働きたいと思った大きな理由の一つとなりました。

今後どうしていきたいですか

変化の激しい金融・経済・事業環境の中で、常に最前線の情報およびお客様のニーズを把握し、ベストな提案を行うことは、簡単なことではありません。しかしながら、そうした努力が報われ、お客様の信頼を勝ち取り、案件に結び付けたときの達成感は何事にもかえがたいものがありますし、これまで関与した多くの案件を通じて、自分自身の成長を実感することができました。一方で、まだまだ勉強するべきことは多く、また、環境の変化にあわせて、新しい商品やサービスを開発する必要もあり、常に新鮮な気持ちで、かつ、刺激的な環境下で働けているのかなと思っております。こうした環境に引き続き身を置くことで、金融のプロフェッショナルとして益々専門性を高めながら、様々な場面でお客様に頼られる”1st Call”と言われるようなバンカーに成長していければと考えております。

受付エリア

社員専用フィットネスジム

バンクオブアメリカ・メリルリンチの特集記事

会社データ

設立日 1947年 バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ東京支店 設立
1964年 メリルリンチ日本証券 設立
事業内容 バンク・オブ・アメリカ・グループの日本における法人顧客事業の拠点
URL http://www.japan.ml.com/
住所 東京都中央区日本橋一丁目4番1号 日本橋一丁目三井ビルディング
資本金 831億4,000万円
代表者 メリルリンチ日本証券株式会社
代表取締役社長 笹田 珠生

バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ 東京支店
東京支店長 大森美和
従業員数 約700人(2019年4月現在)

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


バンクオブアメリカ・メリルリンチの研究

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)