外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

SMBC信託銀行

SMBC信託銀行

金融/信託銀行

SMBC信託銀行

企業紹介

SMBCグループの信託銀行

SMBC信託銀行は1986年2月に設立し、その後、信託機能等を活用したテーラーメイド型のプライベートバンキング業務を展開してまいりました。2013年10月からはSMBCグループの信託銀行となり、2015年11月にはリテールバンク事業の「PRESTIA(プレスティア)」が加わりました。

日々刻々と変化する世界経済の下、お客さまの多様化した金融ニーズにお応えするため、外資系金融機関を前身に持つ当行のグローバルな金融商品や洗練されたサービスに、SMBCグループの強固な組織力と豊富な情報力が融合し、当行ならではの付加価値のあるサービスを提供することにより、これまで日本になかった新しい銀行を作っていきたいと考えています。


「外貨」「不動産」「信託」

◆プレスティアでは、個人のお客さまの多様化した金融ニーズにお応えするために、いずれの観点からもお役に立てるよう、外貨を中心とした迅速かつ豊富な情報と分析と共に運用相談のサービスを提供しています。国内トップクラスの外貨預金残高を有し、10通貨の外貨預金をはじめ、外貨建て投資信託、債券、保険商品、さらには世界各国のATM/CDで現地通貨を引出せるキャッシュカード、外貨の送金・決済サービス等、豊富な商品・サービスのラインアップを有し、まさに「外貨の老舗」としてのポジションを築いています。

◆不動産業務は、大企業などのお客さまの不動産関連取引ニーズに対し、仲介業務、コンサルティング業務、受託業務、アセットマネジメント業務、鑑定業務などのサービスを提供しています。当行の特徴としては比較的大規模な不動産ビジネスが多く、信託銀行ならではの、不動産、信託、金融等の知識と技術を多角的に活用した不動産金融ソリューションを駆使し、不動産に関するお客さまの課題をワンストップで解決することにより、企業活動を支えています。

◆信託業務は、お客さまのニーズに応じたテーラーメイドのスキームを組成・提供することにより独自性の実現を追求しています。信託財産として受託できる資産の種類も多様であり、美術品や金地金等も取り扱っています。個人のお客さまに対しては「指定運用の信託/特定運用の信託」、資産承継・事業承継ニーズのあるお客さまには「遺言代用信託/受益者連続信託」のほか、有価証券の管理、取得、処分に関して信託機能を提供しています。法人のお客さまに対しても、有価証券の管理、取得、処分などをはじめとする多彩なサービスを提供しています。

◆プライベートバンキングは、創業以来の業務であり、信託機能を活用したテーラーメイド型の資産運用商品をはじめ、ウェルスマネジメントの包括的かつユニークなソリューションを富裕層のお客さまに提供しています。専属のプライベートバンカーがお客さまのニーズを的確に把握し、長期的な視点で、専属の資産運用チームとともに金融サービスをカスタマイズ、信託銀行と商業銀行の機能を利用することで幅広いニーズに応えた最適なソリューションを提供しながら、お客さまの大切な資産の運用、購入・売却、管理、承継などをサポートしています。


”Strengh in Difference”

当行では「多様性こそが私たちの強みになる」と考えており、“Strengh in Difference”をスローガンにダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。この活動を支えているのが、2017年10月に設立された「ダイバーシティ&インクルージョン推進委員会」です。D&I推進を経営戦略のひとつとして考え、委員長である社長をはじめ、各部門から委員会メンバーを選出することで、当行内のダイバーシティに関する課題を会社全体の課題として捉え、スピード感をもって解決に向かう体制をとっています。


“Customer First”

“Customer First”を推進・実践するための当行独自の価値観、行動指針として「コアバリュ―」を定めています。当行のブランド「PRESTIA」の文字にちなんだ 7つのキーワードを、私たちが仕事をしていく上での大切な価値として共有しています。

・Passion
・Respect
・Excellence
・Synergy
・Trust
・Iconic
・Accountability

社員紹介

S. S / 2008年入行

マーケット部門 資産運用部

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

現在は、単独運用指定信託(DPM)の運用担当者として、上司から指導を受けつつファンドマネジメント業務に携わっています。具体的には、経済・金融市場に関する動向把握と今後の見通しの構築、プライベートバンカーが顧客訪問する際の帯同や日々の証券売買に係る各種指示などを行っています。お客さまは富裕層が中心ですし、また経験豊富なプライベートバンカーと協業することから、幅広く深い知識とさまざまなニーズへの対応力が求められます。また、証券売買指示関連の業務ではシステムを使用した正確な手続きが求められますが、周囲の方々のサポートのおかげでこういった責任感のある業務にも前向きに取り組むことができています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

学生時代から証券市場に強い関心を抱いていました。「証券市場の実証分析」をテーマとするゼミに所属し、やりがいを感じたのが金融業界を志したきっかけです。また直接のお客さまとの関わりを通じて、命の次に重要ともいわれるお金の運用や管理に貢献できることは、自分自身の喜びにつながるとも思いました。そんな金融業界のなかでも外資系のカルチャーを持った当行には、多様性を重んじつつも成果を求める風土があります。この環境でなら、自分が成長するための機会を若いうちからたくさん得られるのではないか、またそれに見合ったきちんとした評価がされるのではないかと考え、当行を志望しました。

今後どうしていきたいですか

ファンドマネジメントでは、世界経済・政治情勢が日々変化するなか、物事に関する世の中(市場参加者)の解釈を理解した上で、自身の見通しを構築し、資産運用を行っていくことが求められます。また、お客さまの大切な資産を預かり変動する金融市場と対峙していくことから、ひとつひとつのオペレーションに緊張感を持って取り組む必要があるため、とてもやりがいを感じます。業務に関して経験豊富な方が周囲に多く、自身の知識やスキルが磨ける環境であることは非常にありがたいです。
今後、時代の変化とともに経済環境も変わっていくでしょうが、どんな状況でも「お客さまの資産を守り、将来につなぐ」お手伝いがしたいと考えています。そのための向学心と習得した技術を通じてお客様に貢献すること、ひいては当行のプレゼンス向上に寄与することが、私にとってこの上ない喜びです。

A.O / 2012年入行

プロダクト部門 商品企画部

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

現在、商品企画部で投資信託に関する新商品の企画・導入準備や既存商品のプロモーション・管理業務、また支店のサポートなどを行っています。新商品の企画においては、当行の戦略やマーケット環境、営業ニーズなどを踏まえ、日本未導入の海外ファンドも含めた多くの選択肢から商品の選定を進めていきます。特に当行は外貨を保有しているお客さまを多数抱えているため、外貨のまま売買できる投資信託(外国籍投信)の企画、導入に注力しています。また、当行が強みとする外国籍投信の新規設定の際には、多くの準備が必要となります。弁護士事務所や管理会社と法定書面の作成、運用会社とお客さまや営業員向け資料の作成、関連部署と連携した広告物の作成など、社内外の多くの方と議論を重ねながら、4~5カ月ほどかけて新商品の導入を目指します。一筋縄ではいかないことも多いですが、実際に商品が導入されて多くのお客さまに喜んでもらうことができた時には、大きな達成感を得ることができます。

この会社を選んだ理由は何ですか?

銀行員は様々な業種や年齢のお客さまと接する職業であり、求められる知識と経験も多岐にわたります。自らのキャリアのなかで関わることができる人や得られるものの「幅広さ」に魅力を感じ、銀行を志望しました。数ある銀行のなかでも、若手のうちから活躍する先輩が多い当行に惹かれ、入行を決めました。入行した後も、自らの意志と努力でキャリアを形成できる制度や文化があることを実感しています。

今後どうしていきたいですか

銀行というとマニュアル通りに仕事をこなすイメージを持たれがちですが、当行は新しい業務や商品に積極的に挑戦しており、若手でも意欲があればチャンスを与えてくれます。私自身、当行の主軸である投信ビジネスの戦略立案や新商品の企画に携われることに、大きなやりがいを感じています。当面の目標は、現在の部署で運用商品に関するさまざまな知識や経験を身に着けること。様々なキャリアの選択肢があるので、将来的には視野を広げていろいろな業務にチャレンジしたいと考えています。

E.N / 2012年入行

個人金融部門

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

現在はリレーションシップ・マネージャーとして、富裕層のお客さまに資産運用や資産承継などに関する提案を行っています。ライフプランや資産に対する考え方は一人ひとり異なるので、しっかりとお客さまのご意向に合った提案を行うよう心掛けています。また資産運用だけでなく、お客さま自身も気づいていない潜在的なニーズ(不動産の売買や事業承継など多岐にわたります)まで見据えてお客さまの課題を認識し、プライベートバンカーや様々な部署とも協働しながらトータルソリューション提案を行っています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

就職活動では、幅広い業界の方々と関わり、サポートができる金融機関を志望していました。そのなかでも当行を選んだ理由は、若い時から責任のある仕事を任されること、またOB・OG訪問や面接を通じて出会った社員の方々に魅力を感じたからです。実際、入社後違う職種をローテーションで経験した後、2年目以降は上司や先輩のサポートのもと、1人でお客さまの資産運用コンサルティング業務を担当しました。若手のうちから「自分」の力で勝負でき、成長できる環境が整っていることを実感しています。

今後どうしていきたいですか

この仕事の魅力は、何といってもさまざまなキャリアを歩んできたお客さまと会ってお話できること。幅広い業界の話やビジネスでの成功譚、苦労話など、十人十色の「人生」について直接話を聞くことができます。また、そのようなお客さまと資産の提案を通じて信頼関係を築き、「あなたに相談してよかった、ありがとう」という感謝の言葉をいただいた時、お取引いただけた時は本当にうれしく、やりがいを感じます。資産の提案を通じて、より多くのお客さまのお役に立てるよう、また今までお世話になった先輩のように自分も後輩たちのサポートができるよう、日々知識と経験を積んでいきたいと考えています。

会社データ

設立日 1986年2月25日
事業内容 銀行業務/信託業務/併営業務/登録金融機関業務/銀行代理業務/信託契約代理業務
URL http://www.smbctb.co.jp/
住所 105-0003 東京都港区西新橋一丁目3番1号 西新橋スクエア
資本金 875億5千万円(2019年3月31日)
代表者 代表取締役社長兼最高執行役員 荻野浩三
従業員数 2,091名(2019年3月31日)

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


SMBC信託銀行の関連企業リスト

SMBC日興証券 【証券業】

会社概要当社は2018年に創業100周年を迎えました。およそ1世紀にわたって、経営理念である「お客様を中心に」考え、社員一人ひとりが仕事に誇りを持って挑戦を積み重ねてきました。≪私たちの想い≫想う、動く、創る、金融の未来。技術の進歩や社会構造の変化等、人々を取り巻く環境は刻々と動いています。それらの変化を、人生や社会に豊かさをもたらすものとするために、金融にできることはまだまだある。私たちはそんな想いを胸に、証券と銀行が連携しながら、未来を支える基盤となるべく、新しい金融モデルづくりに挑んでいます。「未来の金融の在り方」をつくる。そして「最も信頼される会社」になる。「スピード&スケール」をキーワードに我々はお客様からの最高の信頼を獲得し、国内外において質の高いサービスを提供する本邦No.1の総合証券会社を目指していきます。 NIB │ NIKKO INVESTMENT BANKING投資銀行部門ではNIB │ NIKKO INVESTMENT BANKING コースを設けています。これからのSMBC日興証券を、そして金融市場を担う人材を、個々人のキャリアを尊重しつつ、ファーストクラスのバンカーを育成するために。投資銀行業界では、入社前後における業務理解度のギャップやインテンシブな生活の継続から、ジュニア・バンカーにおける早期離職の常態化が課題となってきました。NIBは、こうした業界を取り巻く構造的問題に対するプロアクティブな打ち手として、業界に先駆けてSMBC日興証券が設置したコースです。NIB最大の特徴は、SMBC日興証券ならではの豊富な案件フローに加えて、充実した国内外のプログラムを組み合わせることにより短期間での経験値を最大化すると共に、3年目以降、ファーストクラスのバンカーとしてスペシャリストを目指すか、幅広いキャリアプランを見据えたゼネラリストを目指すか、自由に選択できる点にあります。私たちは、1人ひとりのキャリアプランを尊重しつつ、みなさんが金融界のアスリートとして高い目標を掲げ、最短ルートで山頂を目指すことができる環境の提供を目指しています。

SMBC日興証券の選考体験記
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)