外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

YCP Solidiance

YCP Solidiance

経営コンサルタント

YCP Solidiance

企業紹介

2つのビジネス領域における経営人材育成

B2CからB2Bまで多様な業種で幅広いサービスを提供する「マネジメントサービス」と、中小・新興企業に対してリスクマネーを提供する「プリンシパル投資」、2つの事業を展開しています。また、投資先子会社のハンズオン経営や国内外の大企業へのコンサルティングサービスを通して得られる実績・経験を活かした若手社員の経営スキルの育成に注力しています。


世界19拠点のグローバルネットワーク

海外展開を迅速に実現させるため、アジアを中心にグローバル各地に19つの拠点を設置しております。現地の法律及び商慣習を熟知した弊社社員に加え、弊社の拠点がない地域においては提携先のネットワークを駆使し、市場調査から現法設置、体制構築までスピーディーなエグゼキューションが可能です。また、アジアを代表するグローバル経営者を育成するために、20代前半~半ばの若手社員を積極的に海外拠点に配属しています。

社員紹介

彦坂 春暉 / 2017年(新卒入社3年目)

日本オフィス アソシエイト

京都大学経済学部卒業後、新卒でYCP Solidianceへ入社。現在は、日本オフィスのアソシエイトとして、コンサルティング事業のみならず、自社のシニア事業の運営や新規事業の立ち上げに携わっている。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

コンサルティング事業から自社事業まで、幅広い案件を担当しています。
具体的には、コンサルティング事業では、大手グローバル製造業者の国内販売網の再編戦略の立案と実行、とある国内企業の海外企業買収案件に対するFA(ファイナンシャル・アドバイザリー)業務、PEファンドによる対象会社買収時のビジネスDD(デュー・ディリジェンス)業務等を担当しています。
同時に、自社事業では、シニアビジネス領域において年間数億円規模のマーケティング予算を預かりプロモーション戦略の立案及び実行に従事しています。
入社3年目ながらいくつかの案件ではモジュール全体を任されており、自分のアウトプットがクライアントや事業の成長に大きなインパクトを与える事に日々強いやりがいと責任感を感じながら業務に邁進しています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

就活時は、限りある選択肢の中で、「新卒として入社した際に得られる機会の総量/質の双方が最も大きい/高い企業に入社したい」、と考えていました。
当時のYCPはまだ新卒として採用する学生の数が年に数名の時代でしたので、他社と比較して相対的に新人に与えられる機会が多いだろうと考えた事、経験できる内容もコンサル(さらに戦略、ファイナンス、マーケティングと分かれます。)、自社事業、海外勤務と複数の軸で多様な経験を短時間で積むことが出来るのではと考えた事が主な入社を決めた理由です。
実際の業務内容は上述の通りですが、YCP以外の会社では決して実現出来なかったであろう種類/数の経験を短時間で積むことが出来ています。

今後どうしていきたいですか

短期的には、まずは海外オフィスで働きたいと考えています。
若くしてグローバルな環境で働く機会を得られるというのはYCPの最大の魅力の一つだと思いますし、大した英語力も無い私の海外挑戦意向でさえも快く聞き入れ実現に向け後押しをしてくれるような組織風土がYCPには整っていると思います。
一方で、中長期的には、何か明確なキャリアビジョンが現時点であるわけではないですが、やはり社の理念にもある通りグローバル経営者に一日でも早くなることを目標にしています。
幸いにも社内にはお手本・教科書となるような先輩方が多数いらっしゃいますので、そういった方々と日々とても近い距離で働けることを幸せに感じつつ、これからもYCPの新卒にしか歩めないキャリアを築いていければと思っています。
同じような志を持った学生の皆様のチャレンジを心待ちにしています。

西村 達一朗 / 2015年(中途入社4年目)

日本オフィス シニア・ディレクター

東京大学経済学部卒業後、経済産業省に入省。石油・天然ガスの権益確保のための資源外交・交渉、制度設計などに従事。経産省在職時にシカゴ大学へMBA留学。2015年にYCP Holdingsに参画し、同年にディレクターへ昇進。現在は、日本オフィスのシニア・ディレクターとして、コンサルティング事業のみならず、自社の教育事業の運営や新規事業の立ち上げに携わっている。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

自社事業では、幼児英語教育を提供しているSOMOS English Academyの国内事業の運営と海外展開や、高校生を対象とした新規教育事業の立ち上げに従事しています。どの地域・国で事業を展開するか、それぞれでどういうコンテンツを提供するか(新たに自社で作るか、第三者と提携するか)を各オフィスのメンバーと日々議論しながら進めています。

コンサルティング事業では、現在は、グローバルに事業を展開している大手製造業者の国内販売網の再編戦略の立案と実行、販売店の営業改善・業績アップに向けた業務改善、ベンチャーITサービス会社の海外展開を支援させていただいています。クライアントがベンチャー企業からグローバル大企業までいて、案件内容としても戦略立案、ファイナンス、マーケティング、営業・オペレーション改善、現場の実行支援などと多岐にわたるところが、、YCPのコンサルティング事業の特徴の一つであり、楽しいところだと感じています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

コンサルティング事業と自社事業の両方を同時に経験できる職場は、「ありそうでない」という中、それを実現している数少ない会社の一つがYCPだと感じたのが入社を決めた一番大きい理由です。

とは言え、これは多くの社員が言うことなので、違う理由を一つあげるとすれば、もともと私は、海外経験が長いことがあり、それを自分の強みだと感じています。

経済産業省時代も月に2-3回、上司と一緒に海外に出張し、外国政府や石油メジャーと交渉をしていて、それがとても楽しかったです。

YCPの特徴の一つは、コンサルティング事業でも自社事業でも、本当にグローバルチームが連携しているところです。ただ海外にオフィスがあってそれぞれが地域内で事業を行っているのではなく、リージョンを跨いで日々一緒に仕事をしています。ここに惹かれて入社しました。実際、日本オフィスで仕事をしていると、毎週、他の地域のメンバーが出張で来て仕事をしていますし、プロジェクトで一緒に仕事をしているメンバーが別の案件で海外メンバーと突然隣で電話会議を始めたり、海外出張に行ってきますと言うのは日常茶飯事です。そういう環境に個人的には非常にわくわくしています。

今後どうしていきたいですか

もともと経産省に入省したのは、日本をよくしたいと思ったからです。当然、経産省もそれができる環境ですが、自分は官からではなく民からそれを実現していきたいと感じて、YCPに転職しました。

今は、コンサルティングによってお客様の事業を通して、もしくは自社事業を通して、それを実現しようと必死に取り組んでいます。思い切った転職で、最初はかなり苦労しましたが、素晴らしい仲間やクライアントに支えられながら、少しずつではあるものの、世の中へ貢献できていることを感じています。自分が成長しながら、世の中に貢献できる、これが想像以上に楽しいです。引き続き、これに全力で取り組みながら、いずれは、どういう形かわかりませんが、一つの事業にどっぷりつかって、これまでの経験を活かして、世の中にインパクトを与えたいと思っています。

石崎 貴紘 / 2015年(中途入社4年目)

シンガポールオフィス ディレクター

早稲田大学法学部卒業後、外資系コンサルティング会社に入社。事業再生サービス部門でバイオメーカー、音響機器メーカーなどを対象に、ハンズオンによる再生プロジェクトや事業再生計画策定などに従事。2015年にYCP Holdingsに参画し、同年にディレクターへ昇進し日本における様々なプロジェクトを歴任。2017年からはシンガポールオフィスに異動し、コンサルティングのみならず自社事業の海外展開にも携わっている。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

シンガポールにおける私のミッションは自社事業、クライアント事業を含めて幅広いですが、例えば自社事業ではベビー向けスキンケアブランド『ALOBABY(アロベビー)』の海外展開、クライアント事業で言えば日本の調味料メーカーのシンガポール進出をハンズオンで支援をさせていただくといったような仕事を行っています。
弊社のスタンスとしては、海外進出を日本から後押しするだけでなく、それこそ、お客様の会社の海外事務所のリージョナルマネージャーのような立場でお付き合いをさせていただいています。
例えば、調味料メーカーの支援であれば、まずシンガポールの食卓にはどのような料理が並び、どのようなメーカーのどのような調味料が使われているのかといった市場調査から入って戦略を構築したうえで、販売する商品を決めて、商標登録して、小売店に掛け合って販路を開拓し、実際に現地で販売ができる状態にまで整えます。これらをYCPの知見を元に高い精度、かつスピード感を持って進めていくような仕事をしています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

YCPが、主体性を持って事業に関わりつつ、経営コンサルティング業務を通じて経験の幅も広げられる唯一の環境だと思ったからです。
私は、キャリアのスタートから、コンサルティングファームの事業再生案件や新規事業創出案件に携わる機会がありました。事業にコンサルタントとして関わる中で、「20代の自分が第三者という立場でアドバイスをするだけでいいのか?」と考え始めました。主体性を持って事業に関わりつつ、まだまだ幅も広げたい。こんなわがままはコンサルティングファームでも投資ファンドでも事業会社でもなかなか叶えられないな、と思っていた矢先にYCPと出会いました。アドバイザリーサービスと自社事業を持っており、全てを経験できるチャンスがある(ただし掴むのは自分次第)ということを聞いて、これだ!と思い決めました。

今後どうしていきたいですか

シンガポールに来るまで、目を閉じて見ないようにしていた海外経験という蓋を開けてみたら、想像以上に“できること”が増えたように思えます。
私たちのような“若い世代”の人間って、人よりエラくなりたいとかスゴいと思われたいとかそういうものには興味がない代わりに、自分が好きなことが自由にできて、それが本当に世の中の役に立つということに価値を置く傾向があると思っています。でも、ただ自由にやりたいと言うだけではただのわがままで、それができる力を持っていることが求められると思っています。
スキルを磨いて、“できること”が増えていき、そこから面白いものを選んでいきたいという意識があります。YCPには、グローバルな環境に身を置きながら様々なビジネスを経験しつつ、新しい可能性の中に飛び出していくためのフィールドがあるので、この環境を最大限活用させていただきながら、YCPの社是である"Delight the world"を体現できるような仕事をしたいと思っています。

会社データ

設立日 2011年8月
事業内容 1.経営人材の提供
2.各種コンサルティングサービスの提供
3.国内グループ企業に対する管理業務支援
URL https://ycpsolidiance.com/
住所 東京都港区南青山一丁目1番1号 新青山ビル東館10F
資本金 非公開
代表者 入道信生
従業員数 250名

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)