外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

デロイト トーマツ コンサルティング

デロイト トーマツ コンサルティング

コンサルティング

デロイト トーマツ コンサルティング

企業紹介

はじめまして、デロイト トーマツ コンサルティングです

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)はデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。3,100名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。

また、DTCはクライアントの持続的で確実な成長を支援するコンサルティングサービスはもちろん、社会課題の解決と新産業創造でクライアントと社会全体を支援してます。


100年先に続くバリューを、日本から。

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は、「100年先に続くバリューを、日本から。」というスローガンを掲げています。これは、海外で事業展開を行う日本のクライアントそれぞれへのサービス提供はもとより、産業全体の持つ知見や技術を、戦略的に世界へ発信していくサポートを行っていくという意思を表しています。企業、産業、そして社会を変えていく。DTCはコンサルティングの新しい可能性を創っていきます。

社員紹介

Y.I / 2012年4月

マネジャー

早稲田大学法学部を卒業後、新卒でDTCに入社。入社後はライフサイエンス、小売、製造、金融業界の内外資企業において様々なテーマ、領域のプロジェクトを経験。現在はTechnology Strategy Unit/ Analytics & Information Managementチームに所属し、AIやアナリティクス技術を用いたデータの利活用戦略やデジタル戦略の策定、および組織・オペレーション変革に関するプロジェクトに従事。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

主に製薬企業のクライアントにおけるデータ利活用戦略やデジタル化推進戦略の策定、および策定した戦略に基づく実行支援のプロジェクトに従事しています。直近では、全社IT/デジタル戦略の策定から、各部署における中長期の実行計画の策定を支援したプロジェクトが印象的で、これまでの経験や学び、習得したスキルを総動員させたような感覚に心地よい疲労感を感じました。プロジェクト活動以外にも、採用や執筆、サービス開発、トレーニング、海外メンバーファームとの連携など多くの社内活動を担当し、充実した毎日を過ごしています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

一つ目は、コンサルティング業務に従事することで、頑張った分だけ将来の自分にリターンを残せると感じたため。二つ目は、総合コンサルティングファームに身を置くことで戦略策定から実行支援までの幅広い領域、業界において経験ができると感じたため。そして三つ目は、グローバルファームに身を置くことで国内外での活動、経験が積めると感じたためです。

私は幼少期を海外で過ごし、様々な経験をしました。自分の経験や感覚をどうにか社会に還元できないかと考えていました。そんな中、若くして企業や社会の変革に携わり、多くの経験を積むことになるコンサルタントという職業を知り、また、海外での経験を活かしたいという私の自己実現欲をも満たしてくれる会社として、DTCがマッチしました。周りを見ると、同じような理由でDTCに入社した方は多いように感じており、同じ志をもった仲間と働ける環境にとても満足しています。また、入社後に感じた魅力ではあるものの、DTC自体が非常に速いスピードで変化を続ける組織であり、常に企業や社会の変革をリードする存在でありたいという姿勢に私自身もやりがいを感じます。

今後どうしていきたいですか

私はDTCに入社して強く感じたことがあります。それは、何かを成し遂げるには仲間が必要ということです。一人では難しくとも、同じ志をもった仲間がいれば達成確度はあがります。それが組織・チームの力だと感じており、私はこれまで多くの同僚、クライアントの皆様に支えられてきました。デロイトの持つグローバルネットワークは社会に大きなインパクトを与えうる強いチーム力とも言えます。裏を返せば私もその一員としてグローバルに影響を与えうる存在であり、今後はより一層その点を意識しながら、海外のメンバーファームとの連携を密にとり、日本のビジネスがよりグローバルに発展し、日本社会がより良く成長していくにあたっての一助を担えるようなコンサルタントになりたいと考えています。そのためには引き続き多くの経験を積み、見識を深め、特にテクノロジーを中心とした世界のトレンドに対してアンテナを張っていられるような境遇に常に身を置いておけるようにしたいと考えています。

Y.K / 2016年4月

シニアコンサルタント

慶應義塾大学 経済学部卒。
学生時代にはウェブマーケティングのインターンに1年半従事し、ウェブサイトやSNS等を活用したマーケティングについて学ぶ。
しかし、”テクノロジー”や”デジタル”ツールに関する知識はほとんどない状態で2016年デロイト トーマツ コンサルティングへ入社。
入社以来3年間テクノロジー系案件に携わり、テクノロジー/デジタルに関する知見を蓄える。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

世界中で活躍する大手日本企業にてシステム導入の支援を行っています。「支援」と一口にいっても様々な形がありますが、私は主に全体の計画策定や進捗管理、課題管理等のプロジェクト「管理・運営」支援を行っています。クライアント企業にとってのゴールは何で、プロジェクトはそれを実現するために適切に進められているか?進められていない場合はどこに課題があり、それはどのように解決すべきか?等の問いに日々頭を悩ませています。類似した課題でも、プロジェクトのフェーズや取り巻く環境、関与方法によって全く異なる答えを導き出す必要があります。タイミングを見極め、適切な対応策を検討するのは非常に困難ですが、同時に非常にやりがいを感じる仕事でもあります。

この会社を選んだ理由は何ですか?

取り扱っているプロジェクト領域の幅、つまり習得し得る知識の幅が非常に広いと感じたためです。
実際デロイトでは、事業戦略の策定から、業務プロセスの検討、システムの設計等 いわゆる”上流”から”下流”まで企業の様々なニーズに対応したプロジェクトが存在します。それらのプロジェクトに従事することで世の企業を垂直方向に理解し、自身が専門としたい領域を発見することが出来ます。
また、グループ企業の監査法人や税理士法人、世界各国のメンバーファームとのコラボ案件を通じて自身の専門領域を深めることもできます。同じ領域の知識でも、色の違うファームや異なる環境(国)下では扱われ方が全く違います。その違いを実プロジェクト経験を通じて習得出来る点が魅力的に感じられました。
このようにクライアント企業に様々な角度からアプローチし、読み解き、最適解を導きだせるだけの幅広い知識と経験を身に着けられるのは、デロイトならではと考え、この会社を選びました。

今後どうしていきたいですか

テクノロジー/デジタルを起点とした企業の変革を実現できるようになりたいと考えています。
日々進化するテクノロジーが社会全体へ影響を及ぼしている現代では、最先端テクノロジー/デジタルへの適応は企業にとって不可欠であり、多くの企業がその考えに倣い様々な取組みを行っております。
しかし、ほとんどの企業においてその変革は未だ限定的であり、テクノロジーが広範囲に影響を及ぼす現代では不十分のように思われます。実際、「IT戦略を検討する」や「必要なシステムを導入する」等 需要をコマ切れにしたようなプロジェクトが多く見受けられます。そうではなく、私はクライアント企業の10年後のありたい姿、実現方法の策定から実際に実現させるところまで一気通貫した支援を行いたいと考えています。
そのためにも、テクノロジー/デジタルの知見を蓄えるだけでなく、企業の戦略策定方法、組織の在り方、社内及び社外の関係者のマインドセットの変え方等について貪欲に学び、経験することで自身のスキルへと変換させていきたいと思います。

デロイト トーマツ コンサルティングの特集記事

会社データ

設立日 1993年4月
事業内容 経営コンサルティングサービス

高い専門性を追求しつつ、豊富な経験を持つインダストリーとオファリングふたつのサービス軸のプロフェッショナルがチームを組むアプローチにより、複雑に絡み合う経営や、社会課題をダイナミックに解決します。そして、持続可能な成長とともに、デジタル社会の進展によってますます求められているのは、業界・業種の垣根さえ取り払う、企業の飛躍的な成長です。DTCはその実現のために、仮説検証型に加え、実験実証型のサービスに取り組む体制を整えています。

 ●オファリングサービス
  (1)Strategy, M&A
  (2)Customer & Marketing
  (3)Human Capital
  (4)Enterprise Technology & Performance
     
 ●インダストリーサービス
  (1)コンシューマー
  (2)資源・エネルギー・生産財
  (3)金融
  (4)ライフサイエンス&ヘルスケア
  (5)政府・公共サービス
  (6)テクノロジー・メディア・通信
URL http://www.dtcrecruit.tohmatsu.co.jp/
住所 東京都千代田区丸の内三丁目2番3号 丸の内二重橋ビルディング
資本金 5億円
代表者 代表執行役社長 佐瀬 真人
従業員数 3.100名(2019年11月1日現在)

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


デロイト トーマツ コンサルティングの研究

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)