外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

心のどこかに「プランB」を持っておけ〜戦コン出身の起業家・佐貫僚さんインタビュー(上)

佐貫僚さん

アクセンチュアの戦略コンサルタントを経て起業し、現在はIT関連会社を経営する佐貫僚(さぬき・つかさ)さん。多忙な経営者として働きながら、大学で社会学の講義を担当したり、日本数独協会の理事を務めたりするなど、幅広い分野で活躍しています。なぜこのようなキャリアを歩んできたのか。ビジネスと研究の分野を横断し活躍する佐貫さんに話を聞きました。

※後編⇒複数の軸を持って「ニッチ人材」目指せ〜戦コン出身の起業家・佐貫僚さんインタビュー(下)

社会の「傍観者」になりたくなかった

――東大の大学院で社会学を修了したあとアクセンチュアに入ったということですが、学生時代はどんな生活だったんでしょうか?

佐貫:キャプテンを務めたテニスサークルの活動に熱中していましたね。また、社会学者を目指していたので、大学院に進みました。院試が難しく、学部から院に進学するのは学部生60人中3人くらいだったので、勉強もしていました。後々はドクターまで進んで、研究者になろうと思っていたんです。

――なぜ研究の道には進まず、就職したのでしょうか。

佐貫:世の中を読み解く社会学の切れ味は好きだったのですが、研究をする中で「このままだと、自分は社会の傍観者になってしまうんじゃないか」と疑問に思うことがあったんです。外の世界に出て、世の中に働きかける側に回りたいと思うようになりました。

佐貫僚さん

――なぜ戦略コンサルだったのでしょう?

佐貫:サークルの先輩の中に、研究者肌で戦略コンサルタントになった人がいたんです。彼は独自の視点で世の中を読み解いていて、先輩を自分のロールモデルにできないかと考えたのです。いま振り返ると、戦略コンサルは、私にとっての「プランB」でした。保険という大それた意味ではないですよ。研究者という「プランA」をとらなかった場合の「プランB」という意味ですね。

大学院にいって研究者になろうと思う学生も少なくないと思いますが、心のどこかに「プランB」を持っておくのは大事なことです。保険を持てという意味ではなく、「こんな生き方もあるんだぞ」と視野を広く持つ目的でも「プランB」を考える習慣を持つことはオススメです。

東大院卒だけど苦労した「就活」

――開成出身、東大院卒という経歴なら、就活は楽勝だったのでは?

佐貫:それが全く反対でした。一浪で、文系修士ですからね。外資は通るのですが、国内企業は随分書類で切られました。文系の研究者志望に対して、世間の目は冷たいんですね。内定をいただきながらお断りさせてもらった国内企業も、人事課長が「部長に頭下げてやっと内定出したのに!」と大変お怒りで、ただひたすら謝るしかありませんでしたね・・・

――アクセンチュアの戦略コンサルとしての仕事はどうでしたか?

佐貫:戦略コンサルの4年間で学んだことはたくさんあります。合理的なものの考え方、論点抽出の方法、仮設を立てて検証する力などですね。ビジネスの基本的な考え方が身につき、仕事の流れを体で覚えることができました。

新規事業を自分たちの手で立ち上げる仕事がしたくて、ネットベンチャーに転職し、通販サイトの立ち上げに携わりました。そして、スマホも普及してきたころ、ゼロから自分でプロダクトを作りたくなって、起業しました。

もともと大学院で「プランB」を選択したときに「25歳で就職し、30歳まで修行しよう」と思っていました。必ずしもプランAどおりになるとは限らない人生だからこそ、この先どんな仕事を選ぶにしても、5年ほどサラリーマンをやって、その間にどんな分野でも戦っていける基礎を作りたい、と。そういう意味で、コンサルという選択は非常に良かったなと思っています。

――アクセンチュアは外資系企業ですが、社風はどんな感じでしたか?

佐貫:外コンというと、何かあるとすぐに「それは自己責任だよ」と言いますよね(笑)。グローバル資本主義というか、とにかく合理的に経済利益を追求していく。日本社会では「自己責任」の一言だけで片づけられない場合がたくさんありますけど、外コンや外銀はあれこれ考えずに、スパッと合理的に割り切ってしまう傾向があります。だからこそ強く自律した個人が育ちますが、これ一辺倒だと画一的なものの見方になりかねないなと思います。

みんなが同じ「成功」を目指す必要はない

――たしかに外資系は、合理性が最優先される印象はありますね。

佐貫:画一的というと、スタートアップ業界の例が分かりやすいかもしれません。起業するとき、大型の資本調達をするやり方もあれば、自己資本でこつこつ会社を育てたり、兼業から始める道もある。パターンは無数にあるはずなのに、いざ起業をするとなると「大型資金調達、目指せエグジット、スタートアップ万歳!」という風になりがちです。

「実はいろんなやり方があるのではないか?」と疑問があったので、独立後、成功したベンチャー創業者や中小企業のベテラン30年経営者・投資ファンドなど、いろんな方と仕事して学びましたが、経営の正解は1つではないと実感しました。

「起業は『社会変革するもの』であるべきだ」とか「多額の資金を集めて大きな成功を目指さなければならない」という風潮がありますが、こういうステレオタイプって社会学的にみると、リスクのある考え方なんです。

――画一的なものの見方は危険だと。

佐貫:実は、外コンや外銀を目指す就活もそうです。厳しい選考を潜り抜けて志望企業に入社して、社内で競争しながら階段を上っていく。それだけが成功なのだと思い込む罠にはまっていく。

でも、自分の適性に合った場所で、自分の能力を生かして活躍できればいい。いろいろなパターンがあってもいいんだと気づかせてくれるのが、社会学なんですよ。みんなと同じであること、つまり「常識」を疑う学問ですからね。興味がある人は『脱常識の社会学』(ランドル・コリンズ著)という入門書がおすすめなので、読んでみてください。

誰もがゴールドマンサックスのMD(マネージングディレクター)になれるわけではないし、みんながみんな、そこを目指す必要もないということは、案外忘れがちなんですよね。自分の持ち場でがんばろうよ、と。

佐貫僚さん

――戦略コンサルタントとしての経験は、どんなところで役に立っていますか?

佐貫:逆算でものを考えるところでしょうか。あとは、仕事に過剰な期待をしないところ。仕事って楽しいだけじゃない。会社がうまくいったり、逆に傾いてリストラしたりと、いろいろあるかもしれませんが、アップダウンせず自分の体温を変えずに淡々とやる。社会人でも必要なスキルだと思いますが、起業家こそ特に必要かもしれないと感じています。表には出ていないだけで、一見華やかに活躍している経営者でも精神的にはトコトン追い詰められていますから。

――これから社会に出る学生たちに伝えたいことはありますか?

佐貫:外資コンサルがいいのは、「自分はこうやって生きていく」と自分でライフデザインして突き進んでいく人が多いところです。そういう人がメンターになって、背中で語ってくれるのがいい。いろんな生き方のモデルを吸収するという意味でも、新卒で入社するのにはいい場所だと思いますよ。

※後編⇒複数の軸を持って「ニッチ人材」目指せ〜戦コン出身の起業家・佐貫僚さんインタビュー(下)

マッキンゼー ゴールドマン

三菱商事 P&G アクセンチュア

グローバルプロフェッショナルをめざすなら外資就活


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問