外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

就活生は「ネガティブ・フィードバック」を受ける機会を作れ~就活プロ対談(下)

音成・曽和対談
外資就活ドットコムを運営するハウテレビジョン社長の音成洋介(写真左)と、新卒採用に精通している人材コンサルタントの曽和利光氏(右)の対談。前編では「早期化する就活」の実態がテーマとなりましたが、後編では、就活生の意識や心理に焦点をあて、学生が自己変革していくためのコツが語られました。二人の学生時代の「就活体験」も振り返り、いまの就活生に通じる教訓を考えてみました。

※前編⇒「意識の壁」がある学生は大失敗しないと気づけない~就活プロ対談(上)

他の就活生からの「ピアプレッシャー」が重要

音成:個々の学生によって「就活」を自分自身の問題として意識し始める時期はさまざまです。社会で働くことを大学1年のときから自覚している学生もいれば、3年の後半になってようやく目覚める学生もいる。曽和さんご自身の学生時代の体験をお聞きしたいのですが、就活に目覚めたのはいつですか?

曽和:実をいうと、僕自身は「ぼーっとしている学生」だったんです(笑)。実際に受けたのは、リクルートだけ。しかもリクルーター経由なんですよね。大学3年の秋ごろ、リクルートに行った先輩から「ちょっと飲みにいこうぜ」と誘われたのがきっかけです。最終面接だけスーツを着て、入社することになりました。就活に目覚めたのかといえば、目覚めていなかったと思います。

当時のリクルートはいまと違って、悪い意味で有名でした。「リクルート事件」のイメージが残っていて、親にも反対されたりしましたが、ぼんやりしていたので、どんな会社かわからないまま入ってしまいました。結果としては、良かったんですが(笑)

音成:僕の場合は、1浪して大学に入ったあと、ダンスサークルに夢中になって2回留年。ほかの人より卒業が遅れました。その「3年の遅れ」を考えたときに、ほかの学生と同じことをやっていたらダメだなと危機意識を持ち、3年の夏から就活を始めたんです。だけど、外資コンサルのサマーインターンにエントリーしても全然通らなかった。

そんなときコンサル塾を見つけて、現役のコンサルタントから学ばせてもらったり、一緒に参加している学生から刺激を受けたりしたんですよね。それが目覚めのきっかけです。いわゆる「ピアプレッシャー」。大学では出会ったことがないようなすごいセンスを持った学生が何人もいた。「彼らと同じ土俵に上がらないと内定は取れないんだな」と思って、頑張りました。

曽和:就活に関しては、多くの学生に「メンタルブロック」があると思います。精神的な壁のために行動に移せないんですね。いまは就活サイトに登録するのが当たり前になっていますが、会社へアプローチする方法はそれだけではない。会社の代表電話にかけてもいいし、インフォあてにメールを送ってもいい。採用担当者からすると、多くの人がやらないような方法でアクセスしてきた人は、印象に残りやすいんですよね。

人材採用は企業の存続をかけた「バトル」

音成:僕は「人の能力は成長する」と思っています。ただ、その手前に「先入観」という壁があります。「自分は大手しか受けない」とか。そういう先入観からスタートしながら、就活をしていく中でいろいろなキャリアがあることを学び、「こういう世界観があるんだ」「自分はこういうことができそうだ」と発見していく。大事なのは、常に自己変革していくことです。

自分で自分に負荷を与えながら、自分の枠組みを変えていく。世界をこれまでとは違った角度から捉えて直していく。それが実行できる人はどこにいっても活躍するのではないかと思います。

それは、過去の自分を否定して、新しい自分を迎え入れるという意味で、既存の関係性を破壊することにつながります。これからの時代、そういうことがうまくできる人は「変化に強い」という意味で、多くの企業に必要とされるはずです。
音成・曽和対談
曽和:現状を制約条件と思ってしまう人とそうでない人では、大きな差が出ますね。

音成:「就活はバトルなんだ」ということを意識しないといけないと思います。ある意味で、企業対企業の「戦争」のメンバーになるわけですから。そのバトルの中で、どんな手法が自分のカードとして使えるのかを必死に考えないといけないんです。

曽和:英語のことわざに「All is fair in love and war」というのがあります。「愛と戦争においては何をやってもいい」というわけですが、僕はこれに「and recruiting」を加えたい。リクルーティング(人材採用)も企業の存続をかけたバトルです。いい人材が採用できるかどうかで、その会社が生き残れるか沈むかが決まるわけですから。その点は、学生も知っておく必要がありますね。

就活生が「学習性無気力」に陥らないために

音成:学生が本格的に就活に取り組むようになると、自分の思い通りに進まなくて壁に突き当たることがあります。そんなとき、精神的に自分を保つためのアドバイスはありますか?

曽和:就活生の中には、何回か落ちると無気力になってしまう人もいます。「学習性無気力」と言われるものですが、 特に高学歴の人はそういう経験が少ないので、嫌になってしまう人も結構いますね。でも、いまみたいな採用難の時代には、学生をちやほやしてくる会社は死ぬほどあるんです。そういう会社の人にエネルギーをもらっていけばいいんじゃないかと思います。焼肉を食べさせてくれる会社がいっぱいありますよ(笑)

音成:自分の描いたイメージに縛られて、辛い思いをしている場合もありますね。

曽和:たとえば、クリエイティビティのかけらもないのに「クリエイティブな会社に行きたい」と言っている人も見かけますよね。要は、自己認知力が低いんですね。『異文化理解力』(エリン・メイヤー著)という本では、日本人は直接的なフィードバックを好まない民族だと書かれています。いろいろな人からフィードバックを受ける経験が少ないために、自分のことが理解できていない。それがすべての元凶ではないかと思います。

音成:そういう問題を克服するには、どうしていくのがいいと思いますか?

曽和:「ネガティブなフィードバック」をしてくれる人を見つける努力が必要でしょうね。OBOG訪問やインターンなどで、ネガティブ・フィードバックをどれだけ受けられるか。それによって、自己認知の程度が変わってくると思うんですよね。
音成・曽和対談
音成:いろいろなインターンに行って、フィードバックをバンバン受けまくるのはいいと思います。それを通じて、自分に何が向いているのかを固めていくのがお勧めです。

曽和:日系企業を志望している学生も、外資系のサマーインターンを受けるといいでしょう。外資に合うのか日系に合うのかは、実際に受けてみないと分からないところもあります。誰かにフィードバックしてもらって、自己認知を高める機会を無理にでも作っていかないといけません。

音成:インターンに申し込んで落とされたとしても、それ自体がフィードバックなので受ける価値があります。3年夏のサマーインターンは、食わず嫌いしないで受けたほうがいいと思いますね。

※前編⇒「意識の壁」がある学生は大失敗しないと気づけない~就活プロ対談(上)

【曽和利光氏プロフィール】
京都大学教育学部卒。リクルート人事部ゼネラルマネージャー、ライフネット生命総務部長などを経て、2011年に主に新卒採用を対象にしたコンサルタント事業の人材研究所を設立。著書に『就活「後ろ倒し」の衝撃』(東洋経済新報社)、『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)など。『早期内定のトリセツ』(日本経済新聞社)に就活コラムが掲載されている。

【音成洋介プロフィール】
東京大学農学部卒。バークレイズ証券を経て、プライベート・エクイティファンドであるアドバンテッジパートナーズ入社。非公開企業・公開企業へのバイアウト投資や経営支援業務などに従事。2010年に独立し、ハウテレビジョンを創業。同年秋、外資就活ドットコムを開始し、トップ企業を目指す就活生の定番サイトに成長させた。


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


目次

外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
Pick Up ! PR
コミュニティの新着質問