外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

「就活は死ぬまでできる。最初の会社は大学5年生と思えばいい」 ハフィントンポスト日本版・竹下隆一郎編集長インタビュー(前編)

竹下隆一郎編集長

いま、さまざまな業界で活躍しているビジネスパーソンも、学生時代は志望する会社に入るために「就活」をした人がほとんどでしょう。そのとき、どんなことを考えていたのでしょうか。2016年5月に外資系ネットメディア「ハフィントンポスト」の日本版編集長に就任した竹下隆一郎さん(36)は、伝統的メディアの朝日新聞の出身です。大学生のときは、どんな戦略をもって、どんな就職活動をしていたのか、竹下さんに語ってもらいました。(取材・構成/亀松太郎、撮影/岸田浩和)

・インタビュー後編 「外資は一期一会。その緊張感がたまらない」

就活生は「ゴールデンチケット」を持っている

――竹下さんは2002年に慶應義塾大学を卒業して朝日新聞に入社していますが、就活という点では、どんなことをしたのでしょうか。

就職活動は大学3年の10月ごろから始めましたが、前半戦と後半戦に分けていました。前半戦では、就活生である自分は「ゴールデンチケット」を持っていると考えていました。

――「ゴールデンチケット」というのは、どういう意味ですか?

別の言葉でいうと「顔パス」。どこにでも入れるという意味です。就活という形だと、多くの人が会ってくれて、会社の中にも入ることができます。だから、

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら



このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)