外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

「生き抜いていける自信があればベンチャーもアリだと思う」|マネーフォワード代表取締役社長CEO辻 庸介氏 インタビュー(後編)

はじめに

前編はマネーフォワードCEO辻 庸介様から、ご自身の就活から起業の経緯までをお聞きしました。後編は経営者としての経験・気づき、また様々な規模の企業でビジネスを経験してこられた辻氏に、将来起業を考える学生にとってどのようなキャリア選択があるのかお聞きしたいと思います。

マネーフォワード代表取締役社長CEO 辻 庸介氏
1976年大阪府生まれ。2001年京都大学農学部を卒業後、ソニー株式会社に入社。本社経理部にて、AIBO(アイボ)などの部門経理を担当。その後、2004年にマネックス証券に出向(その後転籍)。2009年ペンシルバニア大学ウォートン校に留学。卒業時には、アメリカ人以外で唯一のCohort Marshall(クラス代表)に選ばれる。帰国後COO補佐、マーケティング部長を経て、マネーフォワード参画のため退社、代表取締役社長CEOに就任。
募集情報:https://recruit.moneyforward.com/

(前編はこちら)
死ぬわけではなし、起業しないと後悔すると思った|マネーフォワード代表取締役社長CEO辻 庸介氏 インタビュー(前編)

尊敬し合えるメンバーと一緒に新しいサービスを作り上げていきたい

—創業して1年半。資金調達、また資産管理アプリのダウンロード事業も好調ですね。起業してから現在に至るまでで困難だったことは?

 外からは順調に見えるかもしれませんが、そんな簡単にはいっていません(笑)。本当に困難なことばかりで、ビジネスの基本をなす「人」「物」「金」すべてが大変です。その中でもやはり、「人」を集めることが最も重要かつ大変ですね。というのも、「物」とはサービスのことですが、思いを同じくした優秀なメンバーである「人」がいないと良いサービスは作れないですから。

また、「金」にしても同じです。資金調達のためには投資家に実行可能性を担保しないといけないので、会社を起こしてからの実績や、チームの能力が問われます。そのためにチーム員が日々コツコツした努力を積み重ね、会社の総合力を形作らなければならない。だから「金」においても結局は「人」が重要なんです。

—そんな根幹をなす「人材集め」ですが、創業メンバーはどのように集められたんでしょうか?

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら



このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)