外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【クイズ】とある人事の苦悩(制限時間3分)

みなさん、こんにちは!
外資就活ドットコム クイズ編集部です。

今回は、みなさんも就活で接する「人事」の仕事にまつわる問題です。

問題

ある会社が採用したい優秀な人材は、志望者全体のわずか5%である。
人事が優秀だと判断した志望者全員に内定がでるが、
それぞれ同じ確率で優秀な志望者をそうでないと、
優秀でない志望者を優秀と判断してしまう。

内定者のうち、本当は優秀でない志望者の割合が
10%を超えると人事がクビになってしまうとき、
クビにならないためにはどれほど正確に志望者を見抜く必要があるか?
(制限時間3分)

人事は毎年何千人という志望者を相手にしているため、相当目が肥えているはず。
…とは言え、やはり人間です。完璧に志望者を見抜けるというわけではありません。
いくら優秀な志望者でも口下手なら採用しないかもしれませんし、
そこまで優秀じゃなくても数多もの面接を経験してきている
対策ばっちりな就活生を採用することもあるでしょう。

しかし、人事も仕事として採用をしている以上、ある程度のノルマが課されており、
内定者のうち「本当は優秀でない志望者」の割合が一定の割合を超えると、
クビになってしまいます。
この状況で人事が採用を続けていくには
どれほど正確に志望者を見抜かないといけないのか、という問題です。

解答

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩のES・体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)