外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

「カバレッジ&プロダクト:2刀流に加え、任される裁量大」外資系ブティック型投資銀行の魅力と、転職実態に迫る(前編)

現在投資銀行(IBD)にお勤めの方は、新卒で希望の会社に入社したものの、更なるキャリアステップを狙い、若くして「転職」をしたいと考えている人も少なくないのではないでしょうか。しかし、他のIBDに移ることや、日系から外資系にチャレンジするにあたり、転職することに不安を抱く方も多いことでしょう。

今回は、着実なキャリアステップを見据え、見事外資系のブティック型投資銀行に転職を果たしたCさんに、転職体験談を語って頂きました。

Liiga」では、皆様の少し上の先輩である若手社会人に向けたキャリアコラムを展開しております。本日は皆様が就活を終了した後に見える世界を、少し先にお届けします。

〈Profile〉Cさん
国内の大学を卒業後、日系の証券会社に入社し投資銀行部門にてM&Aアドバイザリーに従事。数年後少数精鋭の環境を求め外資系のブティック型投資銀行に転職し現在に至る
【目次】
・転職理由は、少数精鋭のハウスで挑戦したいと考えたから
・外資系ブティックの良さは「オーナーシップ」。バルジブラケットは「重厚なチーム体制」
・「他社から自分がどう評価されるのかを試したかった」
・アソシエイトの面接は「即戦力になるか?」。MDの面接は「自分や会社と合うか?」

転職理由は、少数精鋭のハウスで挑戦したいと考えたから

ーーまずは、現在のご職業について教えてください。

外資系のブティック型投資銀行でM&Aアドバイザリーをしています。数年前に入社しました。前職では日系の証券会社でM&Aアドバイザリーを2年ほどしていました。

ーーM&Aには学生の頃から興味を持っていたのですか?

そうですね。学生の時に参加した投資銀行のインターンシップをきっかけに興味を抱きました。簡単なグループワークでしたが、M&Aに係る投資銀行での仕事内容が純粋に面白そうだと感じるようになり、自分で本を買って勉強したりしました。

そのため、「M&Aの現場に携わりたい」という明確な想いから新卒の時もIBDに向けて就職活動はしていました。

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)