外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

投資銀行で「なぜ日系なのか?なぜ外資なのか」と聞かれた際の対処法①~日系・外資比較編~

はじめに

こんにちは、外資就活ドットコム 金融チームです。

今回は外資系、日系問わず投資銀行を受ける際に聞かれる「なぜ日系なのか、なぜ外資系なのか」という質問にどのようにして答えるべきかについて解説していきます。

外資系投資銀行業務に興味があり、これからインターン選考や本選考を受ける学生も、日系投資銀行のインターンを考えている学生にも必見の内容となっています。

長くなりますので、2回に分けて解説していきます。
第1弾→なぜ日系なのか?外資なのか?と聞く意図について・日系IBと外資IBの業務面の違いについて
第2弾→第1弾での理解をもとに、具体的にどのように回答すればいいかのノウハウと具体例

今回は第1弾になりますが、順次公開される第2弾も併せて読んでみてください。

外資系と日系の違いは、業務内容に大きく関わる

まずは業務面から外資系と日系の違いを見ていきたいと思います。
就活初期段階の学生だと「外資と日系の違いは給与とクビのリスクくらいで、業務内容に違いはそれほどない」といった、いわゆる制度面(給与体系・人事制度)のみが異なるという認識をしている人が多い印象を受けます。しかし実際には、外資系か日系かで行う業務内容にも差があります。以下で詳しく見ていきましょう。

案件数、取扱額、案件への取り組み方など様々な違いがある

具体的に業務内容で差が出るのは、
①案件数
②取扱額(1案件あたりの平均取扱額)
③案件への取り組み方
の主に3つです。3つの項目それぞれに関して、外資と日系で比較してみましょう。

日系投資銀行:案件数の多さや国内の特に資金調達で強い

まず日本国内での投資銀行業務(M&A、ECM、DCM)の業績を見ると、案件数ではどのリーグテーブルでも日系が上位を占めていることがわかります
(詳細は割愛しますが、以下のリーグテーブル解説記事で実際に目で見て確かめてみてください)。

理由は複数あり、

・日系投資銀行の多くはメガバンクを母体としており、それらのコネクションなどを生かして案件獲得ができる
・(リーグテーブルの計算方法の点で)メガバンクの案件数には証券だけでなく商銀なども含まれている
・外資系より日本のビジネス慣習・商慣習に対する理解が深い
・円での資金調達をするには、日系投資銀行の方が日本の資本市場にアクセスしやすいため有利である(外資系投資銀行に依頼するメリットが少ない)

などが挙げられます。以下の相談室での回答も参考にしてみてください。

ドルやユーロでの資金調達を行う場合は、ニューヨークやロンドンに拠点のある投資銀行のほうが有利なことは間違いありません。円以外の通貨での調達を行う日本企業が増えてきているのも事実ですが、日本企業のほとんどは円による調達をメインにおこなっています。
そのため、日系投資銀行は資金調達に強みがあるのです。実際に2018年度のリーグテーブルを見ても、M&Aでは金額ベースで外資系の方が多くランクインしており(上位10社のうち7社)、トップ3社のうち2社を占めている(1位モルガンスタンレー、3位ゴールドマンサックス)のに対し、ECM・DCM市場ではいずれも上位10社のうち5社が日系で、トップ3社もいずれも日系となっていることが確認できます。

一方で、外資と比べて日系の投資銀行は1案件あたりの平均取扱額が低いという特徴があります。
理由としては、こちらも諸説ありますが、

・日系は外資と違い社員数が多いため、多くの案件を引き受けている
・上記の通り多くの案件を引き受けている結果として1案件あたりの取扱額が低くなる

が主になります。人数の多さに関連するのですが、案件への取り組み方について、
1案件あたりにアサインされる人数も外資系と比較して多いため、1人の担当する仕事の分量や範囲が外資系と比較して小さくなる、という傾向があります。
この点が、「外資系より日系の方がまだ労働時間が短い」という風潮に繋がっているのだと考えられます。

外資系投資銀行:1案件あたりの金額の大きさや少数精鋭であることが特徴。クロスボーダー案件に強み

今度は外資系について見てみましょう。
まず案件数に関しては、日系と比較して少なくなっています。これは外資系の方が人数が少ないため、小型案件を受けている余裕がない、といった事情が主な理由だと考えられます。

上記の理由からもわかるように、外資系の方が大型案件の割合が高く案件数は少ないため、必然的に1案件あたりの取扱額は大きくなっています。

また、案件への取り組み方については、日系とは逆で、

・人数が少ないため1つの案件について1人の社員が担当する仕事の分量や範囲が大きい
・1人の社員が同時に多くの案件を抱えることがある

といった傾向がみられます。このような構造のため労働時間が長くなるのです。

日系は国内の資本市場に強いと書きましたが、外資系はクロスボーダーの資金調達・M&Aに強みがあります。

具体的には日系の部分でも書きましたが、ドルやユーロによる資金調達・クロスボーダーM&Aなどが該当します。

特にM&Aについては、日系の解説の部分にも書いた通り、リーグテーブルを見てみると、国内のM&Aでは外資系も奮闘できると言えるでしょう。また、外資系だからグローバルにしか強みがないかと言われたら、そういうわけでもないのです。本社が海外にあるとはいえ、日本にオフィスを構えてから長い歴史のある投資銀行も少なくありません。そのため、外資系は、日系と比較すると割合が少ないとはいえ、国内企業同士のM&Aや、円での資金調達の案件も当然行なっている、ということは理解しておきましょう。

人事・給与制度でも日系と外資で違いがある

ここまで主に日系と外資系の業務面での違いをみてきました。今度は人事・給与などの制度面での違いをみてみましょう。上で解説した案件への取り組み方が、キャリアパスや給与制度にも関連しているので、その点も意識して読み進めてみてください。

日系投資銀行:外資系と比較し給与は低いものの、長期でのキャリアプランがたてやすい

まず皆さんも気になっているであろう、給与に関して解説していきます。現在では日系投資銀行も「特定専門社員」などといって外資系に近い給与体系を採用しているところが増えていますが、依然として外資系の方が給与は高いです。

これは案件への取り組み方とも関連しており、日系の方が小型案件が多く1案件あたりに割く人員も多いため、1人あたりの給与が少なくなっています。

これだけだとデメリットが多いと感じるかもしれませんが、日系は外資系と比較して研修制度が充実しており、クビのリスクが低いというメリットがあります。理由は様々ありますが、多くの日系投資銀行の母体は日本のメガバンクや大手証券会社であり、あくまで日本の会社であるため、外資系と比較して新卒を大事にする文化が根付いているというのが大きいでしょう。

また、案件数も多く、実際の案件に携われる可能性が高いという点も強みです。外資系だと業績のよくない企業に入った場合、提案活動(ピッチ)ばかりが業務の中心になり、実際の案件を経験できないリスクがあります。
その点、小規模案件も多いものの、多数の案件を抱える日系の方が経験を積みやすく、長期的なスキルアップを目指しやすいと言えるでしょう。

外資系投資銀行:少数精鋭で一気通貫で案件に携われるため、スピーディーな成長が可能

繰り返し述べているため割愛しますが、やはり外資の方が人数も少なく大型案件の割合も高いため、日系より給与は高いです。その分クビになるリスクも高く、プレッシャーがかかるということも容易に想像がつくでしょう。

人数が少ないこととも関連して、

・短期間でスキルを身につけ即戦力になる必要がある
・1つの案件の中で自分の担当する部分が多く、同じ案件に最初から最後まで一貫して取り組める
・同時に多くの案件をこなすことも珍しくない

といった点で、日系と比較してスピーディーな成長が可能です。一方で、日系の部分で解説した通り、業績の振るわない(≒案件数の少ない)投資銀行に入った場合は実際の案件経験を積めず、転職を考えた際にリスクがあるといったことは覚えておいてください。

以上のように、外資系の方が日系よりよいというわけではなく、自分が何を重視するか(給与を重視するのか、長く働けることを重視するのか、など)によって最適な選択肢というのは変わるのです。

どちらを選ぶかの結論として、自分の力に相当の自信があり、厳しい競争環境の中でも生き残れると思う人は外資系投資銀行を選ぶべきです。クビなどのリスクはありますが、厳しい業界で生き残れた時に得られるリターンは大きいです。

一方、長期的にコツコツと案件をこなし、専門性を身に付けていきたい人は日系投資銀行の就職を勧めます。優秀であれば外資系投資銀行への転職も不可能ではないので、最初の地盤固めという意味でもいいかもしれません。

まとめ

本記事では日系と外資系の投資銀行について、業務面・制度面という切り口で違いを見てきました。日系・外資系どちらにも良し悪しがあり、どちらを選ぶかでキャリアパスが変わってきます。そのため、自分がどちらのキャリアパスに向いているのか、冷静に見極めることを推奨します。

次回は本記事で深めた日系と外資系の違いへの理解を応用し、実際の採用面接でどのような受け答えをすべきなのかについて記述していきます。サマーインターンや本選考の対策にも直結するので、見逃さないようにしてください。

また、外資系投資銀行の業界・企業研究へは以下のコラムも参考にしてみてください。

外資IBD志望者必見コラム

【21卒保存版】大学2年1月から始める外資系投資銀行内定までのロードマップ
【21卒】外銀マーケッツ部門志望者がすべきこと~セールス編~
【面接で合理的に説明できる?】21卒向け、投資銀行の仕事内容解説
【21卒保存版】選抜コミュニティの実態・選考対策まとめ <前編:主要選抜コミュニティの特徴・活動実態を解説>
【21卒保存版】選抜コミュニティの実態・選考対策まとめ <後編:主要選抜コミュニティの選考フロー・対策方法を解説>
【21卒保存版】大学2年春休み後半で周りと差をつける外銀就活
【21卒保存版】外銀志望必見。20卒内定者が選定した目的別おすすめ書籍13選
【外銀トレーダーを0から学ぶ】トレーディング部門の働き方と求められる素質
[業界研究] 投資銀行編
【21卒保存版】投資銀行部門の業務内容・求める人材・選考方法について徹底解説
【21卒保存版】外資系IBDのWebテスト・テストセンター・筆記試験対策 総まとめ
【21卒保存版】外資系投資銀行10社の特徴・選考フロー・主な最近のM&A案件まとめ
面接まで見越した「熱意」が肝。外資系投資銀行に響く「ESの志望動機」の書き方
【21卒保存版】IBD面接の攻略法〜過去に出題された質問完全公開〜
投資銀行志望者必読!リーグテーブルから分かる投資銀行各社の強みと弱み、面接への繋げ方とは?

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)