外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

サイモン・クチャーアンドパートナーズジャパン

サイモン・クチャーアンドパートナーズジャパン

戦略コンサルティング

サイモン・クチャーアンドパートナーズジャパン

企業紹介

サイモン・クチャー&パートナーズについて

サイモン・クチャー&パートナーズは、27カ国に1,900人以上の社員を擁するグローバル・コンサルティングファームです。私たちは、クライアントの売上、利益の成長を目に見える形で支援します。

そのために、コンサルティング領域を戦略、マーケティング、プライシング、セールスの4領域に絞っており、他のいかなるコンサルティングファームよりもクライアントの成長に寄与しているものと自負しています。

サイモン・クチャー&パートナーズ 拠点一覧


評価

サイモン・クチャー&パートナーズは、35年以上にわたり、マネタイゼーションに関する幅広いテーマで経験を積んでおり、あらゆる業界、規模の企業を対象にプロジェクトを実施しています。

また、クライアントの利益率を平均1~5%pt向上させており、プライシングアドバイザーとしても世界的に評価されています。

リーディング・ファームとしての世界的な評価


理念

サイモン・クチャー&パートナーズのミッションは、お客様の売上と利益を、他の誰よりも早く、より良く、そしてより持続的に成長させる支援をします。私たちは、マーケティング、マネタイゼーション、プライシング、セールスの戦略を最適化することによって、これを実現します。


サービス内容

◆戦略立案
- 成長戦略・競合戦略策定
- ビジネスモデル策定、新規事業立案
- 全社戦略、事業ポートフォリオ、M&A戦略など

◆マーケティング
- マーケティング戦略(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)
- 製品ポートフォリオ設計、広告資源配分最適化
- ブランディングおよびバリューコミュニケーションなど

◆価格マネジメント
- 価格戦略策定
- 革新的価格設定および収益モデル構築
- 価格マネジメントに関わる組織とプロセス設計など

◆セールス
- 営業戦略策定
- 販売チャネルミックス
- リベート、インセンティブ&ディスカウントシステム、契約条件の策定など

◆デジタル化
- デジタル戦略
- 顧客中心のデジタル化アプローチ
- デジタル収益化モデルおよびプライシングなど


キャリアパス

◆キャリア
- 複数階層のポジション(コンサルタント、シニアコンサルタント、マネージャー、シニアマネージャー、ディレクター、シニアディレクター)が用意されており、経験を積むことでより高位のポジションに昇格します。
- 他のファームのようにアップ・オア・アウト(一定期間内に昇進できない場合は辞職すること)の原則を採用しておりません。

◆グローバル企業としての働き方
- 入社後は、ドイツ本社にて集合研修があります。世界中のオフィスで採用された他の新入社員とともに講義形式やケーススタディ形式でのトレーニングを行うとともに、チームイベントを開催します。
- 年1回、サイモン・クチャーの全社員が集まるWorld Meetingが開催されます。(2022年はスペイン・マドリードで実施)
- プロジェクトで蓄積された知見は、定期的な報告会や社内共有データベースにより全社員に共有されます。
- 海外のグローバルオフィスで働くことができる、ジョブローテーションの機会があります。
- キャリアパスに応じて、社内研修やセミナーなど各種の実践的なトレーニングを受講し、コンサルティングスキルを磨くことができます。

◆その他
- サイモン・クチャーは、ワーク・ライフ・バランスを重視しています。

社員紹介

サイモン・クチャーアンドパートナーズジャパンの社員紹介

藤原 隆志 / 2020年 新卒入社

ライフサイエンス部門 コンサルタント

カリフォルニア大学サンディエゴ校国際関係 - 国際経営学部を卒業後、2020年11月に新卒入社。ライフサイエンスのバックグラウンドはなかったが、入社後に医薬品、医療機器におけるプライシングを中心としたプロジェクトを通して日々日本のライフサイエンス業界に関する知見を深めている。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

グローバルプロジェクトおよび国内プロジェクトに携わっています。グローバルプロジェクトでは主にヨーロッパ、アメリカの同僚とコミュニケーションをとりながらプロジェクトを進めています。国内プロジェクトでは東京オフィスの同僚と共に国内または海外のクライアント向けにプロジェクトを行っています。
またプロジェクト以外では主に国内のクライアントに向けた提案書の作成に携わることもあります。海外オフィスのチームと協働して提案書を作成する機会もありました。

この会社を選んだ理由は何ですか?

サイモン・クチャーを選んだ主な理由は3つあります。
1点目は、様々なコンサルの中でも特に戦略系のプロジェクトに携わりたかったため。
2点目は、若いうちから裁量権が与えられるような日本では比較的規模が小さい企業で働きたかったため。
3点目は、日本だけではなくグローバルのクライアント、同僚と働きたかったため。
また、面接を担当してくださった方 (現在の先輩や上司)の印象がとても良かったことも理由の一つです。

今後どうしていきたいですか

携わるプロジェクトの幅を広げていきたいと思っています。入社してからは医薬品のプライシングのプロジェクトが中心でしたが、最近では医療機器やプライシング以外のプロジェクトを行う機会が増えてきました。今後さらに幅広いプロジェクトで経験を積んでいきたいと思っています。
また、海外オフィスへのローテーションにも挑戦したいです。現在は海外が起点となり日本が含まれるプロジェクトが多いですが、海外での経験を積んで将来的には日本から海外を巻き込むようなプロジェクトを実施できるようになればと思っています。

入社時点でライフサイエンスの知識や経験は必要ですか?

入社時点での知識や経験は必須ではありません。私自身ライフサイエンスのバックグラウンドは全くない中で、入社してから日本の薬事に関する多くのルールや規制を学び、問題なくプロジェクトを実施できております。もちろんそういった知識・経験がある方はその強みを活かせると思いますが、経験がないからといって不利になるということはありません。ライフサイエンスに興味があり前向きに取り組んでいただける限り、知識や経験がなくても問題ありません。

印象に残っているプロジェクトは?

印象に残っているプロジェクトはグローバルオフィスの同僚と半年間に渡り行ったプロジェクトです。日本からは私、他はドイツとスペインのオフィスの同僚と計5人で約半年間コアチームとして、イギリスと日本をスコープにプロジェクトを行いました。プロジェクトの内容はコンシューマーヘルスケア領域で新しいコマーシャルポリシーを構築するというものでした。他のプロジェクトメンバーがヨーロッパにいるということで時差の面で苦労することもありましたが、プロジェクトの内容も面白いものでしたし、とても良い経験になりました。コロナ禍でなければドイツにプロジェクト期間中滞在するという話もあったので、その点は非常に残念でしたが、今後はまたそのような機会が増えるのではないかと期待しています。

サイモン・クチャーアンドパートナーズジャパンの社員紹介

千島 大樹 / 2020年 新卒入社

APAC部門 シニアコンサルタント

東京大学工学部機械工学科卒業後、同大学大学院新領域創成科究科人間環境学専攻修士課程を修了。その後、新卒でサイモン・クチャーに入社。産業機器の価格最適化、飲食店チェーンのマーケティング支援、SaaSビジネスの製品ポートフォリオ・プライシング最適化、等のプロジェクトに従事。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

サイモン・クチャーでは幅広い業界のクライアントに対し、戦略立案、プライシング最適化、マーケティング最適化、新規事業開発等、多面的なご支援をしています。私自身のプロジェクト経験も同様で、特定の業界やテーマに限定せず、幅広い業界・テーマのプロジェクトに従事してきました。プロジェクトごとに異なる業界・テーマに携わることは挑戦的ですが、同時にやりがいや学びは非常に大きく、日々成長を実感することができています。
どのプロジェクトにおいても、若手のうちより裁量権は大きく、その分責任ある仕事が期待されています。私の経験で言うと、自分でリサーチ・分析・示唆出し・ストーリー構築・資料作成したものを、最終的にクライアントに対しプレゼンテーションするところまで担当したプロジェクトもありました。自分の作成した資料がそのまま企業の経営判断に活用されると考えると常に緊張や不安を伴いますが、その分プレゼンテーションが終わりクライアントから満足した表情や感謝の声をいただくと、コンサルタント冥利に尽きると感じます。

この会社を選んだ理由は何ですか?

大学時代より、世の中をより良い方向へと導けるよう貢献したいという思いがありました。当初は自分が学んできた知識を活かして社会貢献したいと思い、メーカーで研究開発のキャリアを形成することを考えていましたが、社会/企業により直接的かつ大きなインパクトを与えられるという点で、戦略系コンサルティングファームへの就職を考えるようになりました。
戦略コンサルタントとしてのキャリア形成の動機が、”様々な企業に影響を与えることで、個別の企業に留まらず産業全体を発展させる”というものであったため、数ある戦略系コンサルティングファームの中から企業を選定する際には”様々な業界に携われる”、”トップラインにフォーカスした多様なテーマを取り扱える”という要素を強く意識していました。また、なるべく早くから様々な経験を積み、自身の能力を最大限向上させたいという思いも同時に抱いていたため、”若手のうちから裁量権を持ってプロジェクトに携われる”という点も職場を選ぶ上でのポイントでした。サイモン・クチャーにインターンシップ生として入社した際、上記の三点においてサイモン・クチャーが秀でていることを実感し、かつグローバル・フレンドリーな会社の雰囲気に惹かれたこともあり、入社を決めました。

今後どうしていきたいですか

入社当初と比較して最近は、分析や資料作成等の作業にようやく慣れてきたと感じています。一方で、分析結果やリサーチ結果から示唆を抽出し、クライアントに対し真に価値ある提言にまとめる能力、そして構築したストーリーを適切に伝達する能力については、まだまだ未熟さを感じています。今後は様々なプロジェクトに携わる中で安定して価値を出せるよう経験・能力を高め、いずれはプロジェクトを推進する立場として活躍できるよう研鑽を積みたく考えています。

オフィスの雰囲気、社員同士の距離感について教えてください

新卒としてサイモン・クチャーに入社しているため他ファームとの比較はできませんが、非常に良い雰囲気の職場であると感じています。若手からパートナーに至るまで、プロジェクトの話に限らずプライベート・趣味の話をフレンドリーに話すことができるファームはそう多くはないかと思います。またアットホームな雰囲気で様々なトピックについて話ができる環境であるからこそ、プロジェクトにおいても若手からシニアなメンバーまで活発に議論することが可能で、結果的に自身の成長やプロジェクトの成功につながっていると感じています。

サイモン・クチャーアンドパートナーズジャパンの社員紹介

澤登 温子 / 2019年 中途入社

ライフサイエンス部門 マネージャー

大阪大学医学部保健学科及び大阪大学大学院医学系研究科保健学を卒業し、修士号を取得。臨床検査技師の国家資格を持つ。新卒で医療コンサルティング企業に入社し、病院の経営改善・新築移転等の複数のプロジェクトを手掛ける。転職後は、プライシング&マーケットアクセス(P&MA)を中心としたプロジェクトに従事しており、新卒採用やCSR活動にも関与している。会社のローテンション制度を活用してドイツ・ミュンヘンオフィスに駐在中

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

仕事はプロジェクトベースです。プロジェクトは大きくグローバル(海外)プロジェクトとドメスティック(国内)プロジェクトに分かれます。海外プロジェクトでは、海外オフィスの同僚と日本の顧客を繋いだり、日本市場のエキスパート(専門家)として国内における調査を実施します。国内プロジェクトではプロポーサル(提案書)を作成する前段階から、最終報告を行う最終段階まで、日本オフィスのメンバーと一緒にプロジェクトに取り組みます。入社当初より、海外プロジェクトと国内プロジェクトを複数かけもちしております。最も典型的なプロジェクト例を挙げると、製薬企業を顧客とし、新薬上市に向けてのマーケット調査・分析・薬価の評価・課題解決に向けたご提案等を行っております。

この会社を選んだ理由は何ですか?

転職する際に重要視していた「医療業界」かつ「海外事業にすぐに携わることができる」の2軸に最も当てはまると感じたからです。医療業界に中長期的に関与したかった私にとって、最初からヘルスケア部門への配属が決まっていたことは、最終的に転職する企業を決める際の決定打の一つとなりました。実際、入社してからも、この2軸において初期の認識とのギャップはなく、配属して1週間も経たないうちに海外プロジェクトを割り当てられました。
また、欧米ではサイモン・クチャーは既に知名度の高いコンサルティングファームとして確立されていますが、アジアでの市場規模はまだまだ小さいため、これから日本オフィスが発展していく過程に携わることができることは面白いと感じています。

今後どうしていきたいですか

入社してから3年が経過し、徐々にプロジェクトマネージャーとしてプロジェクト全体の管理をする機会が増えてきました。引き続きプロジェクトを通じて知識やスキルを吸収しながら、チームメンバーのマネジメントも手掛けていきたいです。ヘルスケア業界はこれからさらに政策や制度に変動の波が押し寄せることが考えられますので、その都度最新の知見をもって顧客の課題と向き合っていくことを心掛けます。

語学力はどの程度必要ですか?

日本語: 国内プロジェクトの内容をきちんと理解し、顧客や重要なステークホルダー(関係者)と有意義な議論を行うためには、日本語が流暢なネイティブレベルであることが大切です。
英語: 海外オフィスの同僚や海外の顧客とのコミュニケーションは必須であり、たとえ日本の顧客であっても、部門代表の方が海外から招聘されているケースが少なくないため、英語は毎日使用します。リーディング・ライティングだけでなく、リスニングとスピーキングの能力も必要です。特にライティングの能力は顧客への最終報告書の質とそのまま直結しますので、私も日々プロジェクトを通じてトレーニングを重ねている最中です。

日系企業との文化の違いを教えてください

前職(日系企業)との違いを3点挙げたいと思います。1点目は、働き方の効率性および柔軟性です。前職で日々時間がとられていた事務的な作業(例:決裁や日報等)も特になく、プロジェクトに集中して取り組むことができています。コロナ禍における働き方にも柔軟に対応し、テレワーク体制も早期に確立しました。自分の仕事をきちんと求められているレベルに仕上げることができていれば、いつ・どこから働いていても特に指摘を受けることはないです。2点目は、時間の使い方です。自分の時間・家族との時間を大切にし、仕事とプライベートの切り替えが明確な社員が多いです。3点目は、社員同士の関係性です。役職によって明確な上下関係があるというよりは、チームメンバーとして協力し合いながら仕事を進めることが多いです。入社年次・年齢の垣根を超えて、お互いサポートし合いながらプロジェクトを進めることができる良い環境だと思います。

また、こちらは一般的なコンサルティング企業に共通する内容かもしれませんが、プロジェクトに合わせて休みをとることができるので、世間一般の大型連休とずらして1~2週間の長期休暇を取得することも可能です。

就活生に一言

外資系コンサルティングファームを志望している就活生には、漠然と「キャリアに箔がつく」「早く成長できる」「給料が高い」といった良いイメージが先行して志望されている方も多いと思いますが、自分自身が大切にしたい軸はできるだけ具体化させておき、面接を通じて見極めることをお勧めします。例えば、「グローバル」を掲げる企業は非常に多いですが、「本社が海外にある」=「グローバル」を謳っているだけで、実際は若手になかなか海外プロジェクトのチャンスが回ってこないというようなケースも多々あるからです。弊社のライフサイエンス部門は、「ヘルスケア業界(特に製薬・医療機器)に中長期的に貢献したい」「グローバルな働き方を身につけたい」という志をもった学生にはぴったりの環境だと思います。一緒に東京オフィスを盛り上げてくださる新しいメンバーを、心からお待ちしております。

サイモン・クチャーアンドパートナーズジャパンの社員紹介

泉本 みらの / 2018年 中途入社

APAC部門 シニアマネージャー

ロンドン大学ロイヤルホロウェイ・カレッジ政治学部政治学科卒業。卒業後は大手マネージメントコンサルティングファームに入社し、小売・医薬・消費財業界などにおいて上流から下流まで様々なプロジェクトを経験。グローバルなビジネスに携わりたいという思いから2018年にサイモンクチャーに中途入社し、その後は主に産業機械に対するプライシング最適化を通じてクライアントの利益改善を支援してきた。現在はプライシング以外のトピックやグローバルプロジェクトのマネージに注力している。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

私はシニアマネージャーとして、プライシングや成長戦略、マーケティング戦略等のプロジェクトを担当しております。これまで携わってきた主要な業界は消費財や産業機械ですが、最近は今まで触れる機会が少なかった小売やソフトウェア、生命保険、化学業界等に対するコンサルティングサービスの提供機会が増え、幅が広がっています。現在進行しているプロジェクトでは、海外オフィスのメンバーと連携しながらコモディティ製品の価格予測モデルを構築しています。一口にプライシングといってもいろんなテーマがあり、チャレンジは尽きません。

この会社を選んだ理由は何ですか?

主に三点あります、一点目は、自分の興味のある戦略・マーケティング分野に集中できる点です。前職の大手外資系コンサルティングファームでは、IT・業務改善・コストカットといったプロジェクトの比率が高く、またアサインメント(プロジェクト配属)の希望も通りにくい環境にありました。今の職場では日々強い好奇心を持ってプロジェクトに携わることができています。二点目は、名実ともにグローバルなファームであるということです。レポートラインが海外、という名ばかりのグローバル・プロジェクトではなく、様々なレイヤー(コンサルタントからパートナーまで)に異なる国のオフィスのメンバーがアサインされ、活発な議論を行いながらプロジェクトに取り組んでいます。三点目は、サイモン・クチャーで働く仲間の前向きさとあたたかさです。面接時から「この人と働きたい」と思えるような上司に出会うことができ、この職場なら安心してコンサルタントとしての能力を磨くことに集中できるだろうと感じました。またグローバルのリーダーたちからも、サイモン・クチャーの社員全員が同じ価値観を共有し、企業文化を保持・進化させるためのたゆまぬ努力と人間らしさが感じられるところもサイモン・クチャーの素敵なところだと思います。そうして築いた企業文化が、長い目ではクライアント企業の成長に寄与していくのだと感じています。もう一点、入社してから感じる弊社の魅力はクライアントの皆さまが積極的でオープンであることが多いことです。これは本当に幸せなことで、弊社のコンサルティング・トピックが前向きなものだからではないかと考えています。

今後どうしていきたいですか

サイモン・クチャーは長年プライシングに特化したコンサルティングファームとしてマーケットをけん引してきましたが、これからはもっと広い意味での「成長戦略のスペシャリスト」への発展を目指しています。そのため私自身もプロジェクト・マネージャーとしてその一端を担えるように成長していきたいと考えています。また職場づくりという観点では「ここで長く働きたい」と思ってもらえるような安心感と、常に成長を実感できるようなチャレンジを創出できればと思っています。あとは、人種や受けた教育等様々な観点でより多様な職場になっていくと、さらにクライアントへの提言内容は豊かになっていくのではと考えています。

女性の活躍・働きやすさについてはいかがですか

サイモン・クチャーは戦略系コンサルティングファームの中では比較的フレキシブルな働き方ができる環境だと思います。特にコロナ禍になってからは、対面でのディスカッションを大事にしつつも効率的にリモートワークに取り組める環境が整いました。同僚のなかには、性別を問わず出勤時間をずらしたり、リモートワークの日を設けたりすることで上手に子育てと仕事を両立している社員が何人もいます。一人ひとりの事情に合わせた働き方ができることも、サイモン・クチャーの魅力だと思います。

どのような方に入社してほしいですか

コンサルタントにとって、常に疑問を持って物事に取り組む姿勢はとても重要だと個人的には考えています。与えられた仕事を完ぺきにこなすことも当然重要ですが、ただタスクをこなすのではなく、常にゴールを念頭に置いて全体感を俯瞰し、上長から提示されたアプローチがベストなのか、分析の前提は正しいのか、分析結果から何が言えそうなのか等、一生懸命考える方に入社してほしいと思います。また自分の責任範囲を積極的に広げていこうという貪欲さがある方はコンサルタントとしての成長も早いですし、こちらも自然と応援したくなります。

サイモン・クチャーアンドパートナーズジャパンの社員紹介

蔵田 真也 / 2017年 中途入社

APAC部門 ディレクター

東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻にて博士号(工学)を取得。総合系コンサルティングファーム、外資系医療機器メーカーを経て、サイモン・クチャーに中途入社。現在は国内外の産業機器メーカー、化学メーカー、家電メーカー、医療機器メーカー等に対して小売価格の最適化、取引制度の再構築、プロモーション戦略、マーケティング・販売戦略、価格戦略、市場参入戦略等に関するコンサルティングを行っている。

このインタビューを読む

現在している仕事を具体的に教えてください

様々な業界のクライアントに対して、売上・利益の拡大にフォーカスしたコンサルティングを提供しています。中でも、産業機械、電子機器、化学、建設などのBtoB業界のクライアントを中心としたプライシング・プロジェクトに多く携わっています。ただ、プライシングといっても、プライシング×事業戦略、プライシング×マーケティングといったように、テーマの掛け算でコンサルティングをすることがほとんどです。

この会社を選んだ理由は何ですか?

前職では医療機器メーカーに在籍していたのですが、そこでプロダクト・マネジメントの仕事に従事する中で、マーケティングの経験をより多く積みたいという思いが強くなりました。そのような中で、かつて身を置いていたコンサルティング業界への転職を検討したのですが、戦略・マーケティング・プライシング・セールスにテーマを絞っているサイモン・クチャーに強く惹かれました。また、グローバル全体で二桁成長を続けているコンサルティングファームであり、東京オフィスが拡大フェーズにあることも、サイモン・クチャーを選んだ理由です。

今後どうしていきたいですか

サイモン・クチャーの十八番であるプライシングについての知見を深めると同時に、より多くのクライアントに当社のコンサルティングサービスを知ってもらい、提供していくためにはどうすれば良いのかを探求していきたいと考えています。また将来的には、私自身が以前、生物学者として研究していたということもあり、個人的には日本企業の研究開発力の増強、ひいては産業の進化に貢献できるような活動を、コンサルティングという仕事を通して進めていけたらいいなと思っています。

どのような文化・価値観の会社ですか

これは東京オフィスだけでなくグローバルで共通する風土なのですが、シニアメンバーと若手メンバーの距離感が近く、徹底的に議論し合おうという文化が強いと感じています。また、クライアントの成長のために一丸となって進んでいこうという目標をメンバー全員で共有しています。このような文化・社風のお陰で、当社は二桁成長を続けているのだと思います。この社風は今後も大切にしていきたいですね。

どのような方に入社してほしいですか

サイモン・クチャーでは、多様なバックグラウンドを持った社員が働いていますが、皆に共通しているのは、議論が大好きな性格だということです。クライアントの成長のために徹底的に深い議論ができること、そしてそれを楽しめるということは、非常に重要な要素ではないでしょうか。また、コンサルティングの仕事では、時として自分ではコントロールできないような事態になることも多々あります。そのような時でも粘り強く、最後まで諦めずに最高の付加価値を出そうという姿勢を維持できるかといったタフさも、この仕事で活躍していくためには一定程度必要だと感じています。加えて、自分の周囲で活躍されていた方々を見てきて感じるのは、自分の仕事が生み出す価値を、熱量を持って相手に伝える能力の重要性です。クライアントにアクションを促す力があってこそ、コンサルタントとして大成できるのだとの思いで、日々頑張っています。

サイモン・クチャーアンドパートナーズジャパンのオフィス風景

2019年7月末に移転したため、非常に綺麗なオフィスです。

サイモン・クチャーアンドパートナーズジャパンのオフィス風景

個人のスペースがパーテーションで区切られており、仕事に集中して取り組むことができる環境です。

サイモン・クチャーアンドパートナーズジャパンのオフィス風景

景色の良いリフレッシュスペースです。気分転換のため、ここで仕事をする社員もいます。天気が良い時は、富士山が見えることもあります。

会社データ

設立日 1985年 ドイツ・ボンにてサイモン博士 、クチャー博士、そしてセバスチャン博士により創設
2001年 東京オフィス設立
事業内容 戦略立案、マーケティング、プライシング、セールス、デジタル化、トランスフォーメーションに関するコンサルティングサービス
URL https://www.simon-kucher.com/ja
住所 東京オフィス
〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート28階
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 栃本 克之
従業員数 1,900名超 (グローバル全体)
海外拠点 27か国・42オフィス

◆欧州
- アムステルダム、コペンハーゲン、バルセロナ、マドリード、ボン、ケルン、ミュンヘン、ベルリン、ハンブルグ、フランクフルト、ブリュッセル、ジュネーブ、チューリッヒ、イスタンブール、ロンドン、ルクセンブルグ、ストックホルム、ウィーン、ワルシャワ、ミラン、パリ、オスロー、ヘルシンキ
◆アメリカ大陸
- アトランタ、ボストン、シリコンバレー、シカゴ、サンフランシスコ、ニューヨーク、ヒューストン、トロント、サンティアゴ・デ・チレ、サンパウロ、メキシコ
◆アジア・中東
- シドニー、ドバイ、シンガポール、上海、北京、香港、東京
◆アフリカ
- カイロ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}}
{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}
{{s.name}}
日程:{{s.event_date || '  '}}
場所:{{s.place || '  '}}

募集詳細を見る


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている企業

会員登録してすべてのコンテンツを見る

無料会員登録