外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【3分選考対策】マッキンゼー・アンド・カンパニーのインターン・ジョブ対策まとめ

目次

今回は世界最大の外資系戦略コンサルティングファーム、マッキンゼー・アンド・カンパニーのインターンの内容とその対策についてご紹介します。

マッキンゼーのインターン内容

マッキンゼーのインターンに参加した21卒の方の体験談を基に、インターン・ジョブ選考の内容をご紹介します。(過去の情報のため、今後開催されるインターンの内容とは異なる可能性がございます。)

【夏・秋選考】
▶インターンの内容について
1日目は、アイスブレイクやオリエンテーションを全員で行う。取り組むワークが決まったらチームごとに割り当てられた部屋に移動した。
2、3日目は基本的に割り当てられた部屋でグループワークを行った。
3日目の午後からは各チームごとに施策の発表を行う。
▶インターンで意識したこと/感想
最初は自分の考え方に自信が持てず、なかなか発言しきれなかったが議論が詰まったときに率先して現状・課題の整理を行ったことがブレイクスルーポイントになった。自信がなくても考えていることは全体に共有し、仲間の意見と合わせることでブラッシュアップしていく方がよいと思った。
▶選考について
1次面接では、自分が考えたことを整理してかつ網羅的に伝えられるよう、考える時間に話し方の整理も行った。「ほかには?」と、どんどん聞かれることが多いと聞いていたので、様々な視点から様々な要因を挙げられるように努力した。
2次面接では自分から多くの視点を提供することができず、「ほかには?」という質問をたくさん受けたものの、焦らずにその時に自分の出せるすべてを出すように心がけた。また、焦ったときほど結論から伝えるように意識した。
【春選考】
▶インターンの内容について
本来は3日間のジョブが予定されていたが、コロナウイルスの影響で、オンラインのセッション+最終面接に変更された。
オンラインセッションは「企業説明+最終面接についての説明+質問対応」の約1時間半で構成され、約30人の学生が参加していた。
最終面接はパートナークラスの面接官3名と個別に50〜60分ずつの面接を行なった。前半の20分はエクスペリエンスインタビューといって、自身の大学生活や課外活動に関して深掘りされる。後半の時間はケース面接に、余った時間は逆質問の時間に充てられた。
ケース面接は、レベル、形式ともに、今までと同様のものであった。
▶インターンで意識したこと/感想
ケース面接の出来が合否を左右するのは間違いないと思うが、前提として戦略コンサルは、クライアントビジネスであり、チームで取り組む仕事でもあるため、人当たりの良さや、表現力、気持ちよくディスカッションする素養があることを示すよう努めた。自分の思考を鋭敏にする意味でも、笑顔で、楽しみながら、ハツラツとディスカッションするのが望ましいと感じた。
▶選考について
適性テストやESによる足切りを除くと、やはりケース面接の出来栄えが一番重要視されていると思う。ケース面接は実際のクライアントを想定した出題内容となっているため、フェルミ推定と違って少しトレーニングすれば出来るようになる類のものではなく、ビジネスに関する知識や普段からの考察、ひいては、粘り強く考える胆力や発想力が試される。

マッキンゼーのインターン応募プロセス/選考スケジュール

応募プロセス

選考プロセスは全て日本語で行われます。マッキンゼーの選考において、「採用の際に英語力が問われることはありませんので、留学や海外居住などの経験は必須ではありません。」とHPにかかれており、選考中に英語力を見られることはありません。実際に過去の内定者の中には、全く英語を話すことができない人もいたそうです。

「但し、マッキンゼーでは、英語での高いビジネスコミュニケーション力を身に着けることが、今後ビジネスパーソンとしてキャリアを積んでいく上では欠かせないと考えております」とあることからも、入社後にキャッチアップする必要はあります。また内定後に、個人の英語レベルに応じた英語研修が実施されます。

適性検査の対策としては、マッキンゼーが自社の適性検査練習問題を公開しています。

2018卒以降は適性検査が日本語になりましたが、以前に行われていた英語の試験に戻る可能性もあるので、以下のサンプル問題も確認しておくといいでしょう。

(参考)2017卒以前の適性検査練習問題
Practice Test A
Practice Test B
Practice Test C
Coaching Guide

選考スケジュール

21卒/2019年の各インターンのエントリーや選考、開催のスケジュールは下記の通りでした。
マッキンゼーはどの選考でも一度お見送りを受けると、二年間は自動的にお見送りになると言われています。戦略コンサルのサマージョブに複数参加できるほど実力の高い学生でも、一年前にマッキンゼーの選考を受けていたために、ESで落ちてしまったという事例もあるようです。そのため、受けるタイミングには細心の注意を払うとよいでしょう。

■夏選考
【5月~6月】夏選考募集開始、筆記試験及び面接
【8月】インターンの実施、内定
■秋選考
【9月~10月】秋選考募集開始、筆記試験及び面接
【11月下旬~12月】インターンの実施、内定
■春選考
【1月~2月】春選考募集開始、筆記試験及び面接
【3月】インターンの実施、内定

マッキンゼーのインターン採用直結度

採用直結型採用参考程度職業体験型

マッキンゼーのインターンは本選考のフローに含まれます。インターンで高いパフォーマンスを発揮したと認められた人のみが内定を獲得することができます。インターン参加者から何名が内定に繋がるのかは定まっておらず、ほぼ全員が内定を与えられる回もあれば、半数以下の学生しか内定を得られなかったという回もあるそうです。また、マッキンゼーはある分野で突出した人材を求める傾向があり、「同じような特徴の人材は1人で十分」とされています。そのため、インターン時には「自分ならではの価値は何か、どのようにしてチームに貢献するか」を考えて臨むとよいでしょう。

マッキンゼーのインターン選考難易度

選考を受ける学生のレベルとしては、東京大学の理系院生が大部分を占め、残りを慶應義塾大学や京都大学が埋めるイメージです。最難関ファームの筆頭ということもあり、参加者の大半は理系の院生であることが多いようです。しかし、文系の学部生も皆無ではありません。「文系だから」「学部生だから」と諦めるのではなく、以下の選考対策を参考にし、是非チャレンジしてみてください。

内定の難易度もかなり高い

マッキンゼーでは、約20-30名を新卒として採用します。募集人数が比較的少ない上、そもそもインターンに参加しなければ内定を獲得できません。参加者のレベルの高さを踏まえても、内定獲得は容易ではないといえるでしょう。

2022年卒向け マッキンゼーのインターン募集要項、選考対策

インターンの募集要項やESの設問、選考に関する詳細をご紹介します。

募集要項(外資就活調べ)

▶内容
数人でグループをつくり、与えられたビジネスケースについて、調査・議論・解決策の提案(発表)を行います。
※2019年度の春選考は新型コロナウイルスの影響のため、オンラインでのセッション+最終面接に変更されました。
▶募集人数
それぞれ30名程
▶実施期間
8月(夏採用)、11-12月(秋採用)、3月(春採用)
▶実施場所
マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社
▶応募資格
・四年制大学の卒業資格 (見込み含む)
・日本語での業務遂行能力があること (日本語が母語でない方は、日本語能力試験N1またはハイレベルなビジネス日本語力を有していること)
▶選考の流れ
適性検査・書類審査

面接(複数回)

インターン参加決定
▶応募方法
応募希望の方は、まずマッキンゼー新卒採用サイトへの登録が必要です。

マッキンゼーの面接を受けるにあたっての心構え

マッキンゼーは、自社の採用ページにて面接ガイダンスを公開しています。
ここではその要点をご紹介します。

▶マッキンゼーの面接

1. 面接がうまく進むよう、リラックスしてください。面接官があなたをガイドします。
2. あなたのひととなりと考え方を自分らしくうまく伝えてください。
3. 面接官と心を通わせれば、良い対話の場となるでしょう。
4. 完璧を目指す必要はありません。どんな候補者でも面接中に苦しむことはあります。
5. マッキンゼーを深く知るために、なんでも質問してみてください。

▶マッキンゼーのケース面接

1. McKinsey.comウェブサイトのケース面接対策をみて練習してください。
2. 他の候補者と会話形式で練習をし、フィードバックをし合ってください。
3. 課題はそれぞれ異なるので、既存のフレームワークにとらわれず、柔軟に対応してください。
4. 重要なのは答えにたどり着くプロセスです。あなたの思考の構造や過程を説明してください。
5. 面接官の説明をよく聞き、メモを取り、質問内容の確認をしてください。
6. 事実を元に、課題の中の当事者へ与える影響を考えてください。
7. 基本的な数字を使った分析は行えるようにしてください。必要な場合には、計算の練習をしておいてください。
8. 答える前に、時間を使って自分の考えをまとめるようにしてください。
9. 間違いがあっても、落ち着いて回答を続けてください。全てが完璧である必要はありません。

▶リーダーシップ経験を伝える

1. 周りの人を巻き込み、リーダーシップを発揮したエピソードを複数用意してください。
2. 具体的かつ、面接官の印象に残るようなエピソードを選んでください。
3. 周りの人がどのように感じ、反応したかを思い出して話してください。
※面接官はあなたを理解するために、リーダーシップ経験について聞いてきます。どのようなところで意欲をもって、周りの人を巻き込み、リーダーシップを発揮してきたと思いますか?あなたのひととなりや物事に対する対応の仕方について知るというのがこの面接の目的です。

選考対策(外資就活ドットコムの選考体験記を基に作成)

2021卒の内定者の情報を基に、マッキンゼーの選考対策情報をご紹介します。
マッキンゼーのインターン及び選考では、主に下記の3つのポイントが重要です。

・9割が落ちる筆記試験:最低限の論理力があるか
・2回のケース面接:考え抜く力と議論を楽しむ姿勢があるか
・インターン:短期間での成長性を見せられるか

9割が落ちる筆記試験:最低限の論理力があるか

試験内容:企業オリジナル
時間:30分~1時間程度
設問:25問程
合格通知:翌週にメールで通知

選考で9割が落ちると言われているのがこの筆記試験です。
内容はマッキンゼー独自の問題ですが、問題サンプルを採用HPで公開しており、事前対策が可能となっています。
問題文は全て日本語、内容はGMATや判断推理に近い推論問題が中心のようです。
具体的な対策方法としては
(1)例題を解いてみる
(2)苦手要素をGMAT、判断推理などで補強する
といったオーソドックスなものをお勧めします。まずは例題を解いてみることから始めましょう。

通過者感想例:
・9割以上は正解しているはず。時間がタイトなため、丁寧に見直すことはできない。正確な情報処理力が求められる。
・テストページにサンプル問題が付属しているため、テスト時のUIや出題形式は事前に把握できる。(WEB上で似た内容の適性テストは見当たらない。)
・ボストンコンサルティンググループや日系企業がよく導入している「適性テスト」のように、答えが曖昧で判断に迷ってしまう問題やひっかけ問題は皆無なので非常に解きやすい。一方で、実際の企業や社会背景に即した文章が出題されるので、難しいと感じる人はいるかもしれない。
・難易度は、マッキンゼーのHPにアップロードされている「適性検査 例題」を短文に圧縮し、少し易しくした程度。これを解いておけば、WEBテストは簡単に感じるため、おすすめ。

エントリーシート(ES):基本的なポイントを押さえれば落ちることはない

ESのテーマ例:
・職歴および活動履歴を教えてください。
・上記の職歴や活動の中で、特にリーダーシップを発揮した経験と、その際のあなたの役割をご記入ください。(100字以内)
・マッキンゼーのコンサルタントを志望する理由について記入してください。(200文字以内)
・長期キャリア目標(10年程度先の将来でやりたい事)について記入してください。(200文字以内)
・これまでの経験の中で、達成した事・ユニークなエピソード・リーダーシップを発揮した経験(アルバイト・クラブ活動等)があれば記入してください。(200文字以内)
*例:組織での貢献、学術分野での成果、特定分野での実績、異文化での経験

マッキンゼーをはじめ、戦略コンサルの足切りは筆記試験の結果で行われることが大半のようです。そのため、ESの内容はそこまで重視されていないといえるでしょう。ESの執筆に時間をかけるよりも、難関とされる筆記試験やケース面接対策に注力することをお勧めします。

ESに関しては、以下のような基本的な点を押さえれば十分です。
・結論ファーストを心がける
・論理に破綻がない内容にする
・面接の際に聞かれても答えられる内容を書く

通過者感想例:
・設問の意図に的確に答えることを意識した。また、回答から浮かび上がる人物像に一貫性を持たせた。
・その後の選考で、ESの内容を基に話題が振られても答えられるように、口頭で内容を伝えやすいこと、頭の中で整理されていることを書いた。(実際に、その後の面接でレジュメとして活用されていたので、身に余ることは書かないほうがいい。)
・面接官の記憶に残りやすいほうがいいかなと思い、他の学生がしていないような経験、面接官が「もっと話を聞きたい!」と感じてくれそうな経験を選んで書いた。ぜひユニークなエピソードを書くことをオススメする。

2回のケース面接:論理的思考力と議論を楽しむ姿勢

面接官や学生の人数:1:1(1次はマネージャー、2次はアソシエイト)
時間:30分程
面接の流れ・質問内容:
・簡単な自己紹介+志望動機について10分弱のディスカッション
・その後、20分間のケース面接
・最後に逆質問の時間
結果通知方法:
1~3週間後にメールで連絡

ケース面接問題例

(1次面接)
・欧州にあるスポーツ用品店の売上を改善するためにはどうしたらよいか?
①売上改善のために調べるべき項目の洗い出し
②渡された図表から簡単な計算問題
③売上改善の施策提案
(2次面接)
・アメリカのレンタカー会社を成長させるためにはどうしたらよいか?
①売上と利益向上のために調べるべき項目を列挙
②図表を渡され、簡単な計算問題と表を分析して気づいたことを列挙
③クライアントの社長から提案された施策について、どう評価するか?自分からどのような施策を提案するか?を考える

ケース面接の例題は以下のコラムで多数紹介しております。是非ご活用ください。
【保存版】戦略コンサルファーム11社の「ケース面接過去問・出題傾向」~ケース面接対策シリーズ・上級編~

対策方法:論理的思考力と議論を楽しむ姿勢が必要

マッキンゼーの面接では主に「論理的思考力」と「議論を楽しむ姿勢」が評価されています。
他の戦略コンサルよりも難易度が高い問題が課されますが、一定以上の論理的思考力に加えて、難しい問いでも怖気付かずに積極的に答えを探す「議論を楽しむ姿勢」を示す必要があります。
基本的なケース問題を解くことから始め、考え方の基礎を身に付けておくことも大切です。
(1)論理的思考力が評価されるポイント
・MECEに要素分解が出来るか
・演繹、帰納的な論理を組み立てられるか
など

(2)議論を楽しむ姿勢が評価されるポイント
・面接内で思考を止めていないか
・自分の意見を述べるばかりでなく、面接官の質問との対話を意識できているか
・話し方やあいづちの打ち方、会話の間の取り方などが適切か
など

通過者感想例:
・初めての面接で激しく緊張していた上、面接官の方が少し圧迫気味だったので、上がってしまい、平常時のように精緻な思考はできなかった。が、ディスカッションベースで進行するので、答えが詰まった時には助け舟を出してくれたり、面接官側から議論を誘導するような意見が出されたりした。例のごとく、随所で「他には?」と聞かれ、その度に脳が捻れる思いで要素を絞り出した。
・ケース面接では、口頭で企業の情報が与えられるので、聞き漏らさないように注意した。ケースの内容自体は典型的な売上改善シナリオだったので、普段から頭に入れてあるフレームに沿って答えることができた。

インターン

【夏・秋選考~2021卒~】
期間:3日間 
人数:30名程
内容:
(1)アイスブレイク&オリエンテーション
(2)グループワーク
・1日目
タイムスケジュールの策定、現状理解と課題の具体化、絞り込み
・2日目以降
仮説を立てた上で検証
(3)施策の発表
結果通知方法:2~3日以内に電話で通知
【春選考~2021卒~】
※春選考は新型コロナウイルスの影響で、オンラインセッション+最終面接に変更
期間:1日のみ 
人数:30名程
内容:
(1)オンラインセッション
「企業説明+最終面接の流れ+質問対応」の約1時間半。
(2)最終面接
パートナークラスの面接官3名と個別に50〜60分ずつ面接。
「自身の大学生活や課外活動に関する深掘り+ケース面接+逆質問」の流れ。
結果通知方法:3日後、本社にて対面で通知(前日に電話にてアポイント有り。)

対策方法:短時間での成長性を見せる(夏・秋選考の場合)

社員によるとマッキンゼーのジョブではそれまで見られてきた「論理的思考力」や「議論を楽しむ姿勢」に加えて、「短期間で成長する人材か」という点が評価されるようです。
そのため、付きっきりの社員のコメントなどにしっかりと耳を傾け、いかにそれを用いてアウトプットの質を高められるかということが大きな評価要素となります。
煮詰まった際には社員に疑問をぶつける、コメントを活用するなどして成長出来る人材であることを示しましょう。

内定者の情報

内定者数:年間で20~30名程度
内定者学歴:東大が過半数、他に慶應、一橋、京大など
内定者の特徴:活発的で好奇心旺盛なタイプが多い。穏やかなエリートが多いボストンコンサルティンググループやベイン・アンド・カンパニーなどとは異なる雰囲気を持つ。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの研究

このカテゴリーに関する他の記事

もっと見る 元に戻す
このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)