外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

外資系銀行から新聞社カメラマンへ 北村玲奈さんが語る「キャリアの考え方」

新聞社でカメラマンとして活躍する北村玲奈さん(30)は、外資系金融機関から報道の世界に転じたというユニークな経歴を持っています。早稲田大学を卒業後、最初に入社したのは、米国を拠点とするシティバンク銀行でした。個人向けの営業部門で4年間働いたあと、ジャーナリズムの大学院を経て、2013年に朝日新聞社に転職したのです。

新卒で外資系企業を選んだのはなぜなのか。そこでどんな経験を積み、いつ転職を決意したのか。銀行と新聞社というと関連性が無さそうですが、北村さんにとっては、外資系銀行での経験が今の報道の仕事に役立っているといいます。それは、どういうことなのでしょうか? 北村さんにお話をうかがいました。(取材・構成:亀松太郎)

多様性のある環境で働きたかった

――2009年にシティバンク銀行の個人金融部門(2015年にSMBC信託銀行へ事業譲渡)に入社したということですが、外資系の金融機関を志望したのはなぜでしょうか?

北村:子どものころ、アメリカに住んでいたので、多様性のある環境で働きたかったんですね。金融機関に行きたいというよりは、外資に行きたいな、と。就活では、欧州系の会社も受けてみましたが、自分は米国系のほうが合いそうな感じがしました。3年の夏ごろから就活を始めて、米国系の銀行や証券会社から内定をもらいました。

――シティバンクのような外資系金融機関では部門ごとの採用が一般的ですね。いくつかの部門の中で、なぜ個人金融部門だったのでしょう?

北村:正直なところ、そんなに深く考えていたわけではないですね(笑)。強いて言えば、個人金融のほうが法人金融よりも身近なイメージがありました。入社後、私は東京の広尾支店に配属されたんですが、お客さんの8割は外国人でした。いろいろな国の人の相談に乗って、頼りにされるのは楽しかったです。学生時代は、アメリカに1年間留学したり、バックパックで海外を旅行したりして、いろいろな国の人と関わるのが好きだったので、やりがいのある職場でした。

――就活をしていたとき、メディアへの就職は考えなかったんですか?

北村:メディアへの興味はありました。でも、真剣に就活したわけではありません。NHKと朝日新聞くらいは受けてみましたが、先に外資系から内定をもらっていたので、モチベーションが低かったです(笑)。また、メディアに行くなら、別の業界で社会人を経験してから行ったほうがいいのではないか、とも思っていました。

転職を考えたきっかけは東日本大震災

――シティバンク銀行では、4年目に営業部門からバックオフィスへ異動したそうですね。

北村:実をいうと、3年目のときに「転職を考えている」と上司に伝えたら、「別の部署はどうか」と異動になったんですね。支店のシステムを開発する部署で、プロジェクトマネージャーをしていました。それでもやはり、転職したいという気持ちが強く、異動後1年で退社しました。

――転職を考えたきっかけはなんでしょう?

北村:もともと報道への興味があったのですが、2011年3月の東日本大震災のとき、現地の様子が報道されているのを見て、支店にいる自分がもどかしかったんですね。自分も何かしたい、何かを伝えたいと思いました。

――報道への関心はいつごろから芽生えたのですか?

北村:子どものころ、父の本棚にあったベトナム戦争の写真集を見て、「写真1枚でこんなに訴える力があるんだ」と感じました。アメリカにいた8歳〜12歳のころは、家にあった一眼レフのカメラでフィルム写真を撮ったりしていましたし、社会人になってからは毎年、世界報道写真展を見に行っていました。

――銀行を辞めて、いったんジャーナリズムの大学院に行ったんですね。

北村:フォトジャーナリズムを学びたいと思って、早稲田大学大学院政治学研究科のジャーナリズムコースへ進学しました。日本語の文章を書くのは苦手意識もあったので、写真や映像で伝える手法を身につけたいと思いました。

――ただ、大学院は半年でやめることになったと・・・

北村:朝日新聞の秋採用に応募したら、受かってしまったんです。仕事と大学院の両立ができれば良かったんですが、難しそうだったので、退学することにしました。

就職は「1つのステップ」と考えたほうがいい

――新聞社に入って4年目ということですが、これまでの仕事で印象に残っていることはありますか?

北村:今年の3月11日に、東日本大震災の被災地の石巻と女川に行って、写真を撮りました。14時46分の黙祷のときに泣いている兄弟がいて、まだ傷が癒えていないんだと感じました。一方で、6年経つと記憶は薄れていくし、復興が進んでいるのも事実です。被災地の両面性を1枚の写真で伝えるのは難しい。そこが課題だと思いました。

――外資系の金融機関と日系の報道機関という2つの会社で働いてみて、業態のほかに何か違いを感じましたか?

北村:シティバンクは、女性の雇用やダイバーシティ(多様性)という点で、かなり先進的だと感じました。ここ2、3年、LGBTという言葉が日本でも浸透してきましたが、シティバンクでは、私が入社した2009年の時点で、上司がゲイというのも普通でしたから。日本の会社も、女性が働きやすいシステムを取り入れつつありますが、ソフトはまだこれからという段階ではないでしょうか。そのあたりは、いまの会社で変えていければいいなと思っています。

――前職での経験がいまの仕事に生きている、ということはありますか?

北村:取材する相手が偉い人でも動じないということでしょうか。シティバンクの広尾支店は、土地柄として各国の大使もお客さんにいましたが、そんな相手でも引いてはいけない場面を経験しました。個人金融の営業でいろいろな人と接した経験も、取材に生きているのではないかと思います。

――これから就活していく学生に、何かアドバイスをお願いします。

北村:就活では、いきなり人生の選択肢を選ぶことを迫られるわけですが、就職は1つのステップだと考えたほうがいいと思います。最初の職場でうまくいく人もいれば、転職する人もいる。そこですべてが決まるわけではありません。それぞれの過程で何かを学びながら、自分にプラスになる方向に行ってほしいですね。人生はすごく長いので。ちなみに私は、新卒で外資に入った時点で、いつか辞めるだろうと思っていました(笑)。

――自分のプラスになるかどうかは、どう見極めればいいんでしょう?

北村:自分が無理なくできて、かつ、興味がある仕事かどうか、でしょうか。そこで何かが経験できるかが重要です。ちょっとでも興味があって、「ここだったら自分は頑張れるかもしれない」という会社を選ぶといいでしょう。

マッキンゼー ゴールドマン

三菱商事 P&G アクセンチュア

グローバルプロフェッショナルをめざすなら外資就活


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問