外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

「コンサルは数字の裏の意味を考える仕事」 戦略コンサルタントが明かす「内定獲得」の秘訣

東京都内の有名大学で修士号を取得したあと、世界屈指の戦略コンサルティングファームに入った若手コンサルタントが、外資就活ドットコムのインタビューに答えてくれました。コンサルの仕事の実態や給料、投資銀行にはない魅力とは何か? 超難関の戦コンの内定を獲得するために、どんな就活をしたのか? そして、コンサル志望者が就活で勝つための秘訣とは? トップファームで働く現役コンサルタントが匿名を条件に「本当の話」を率直に語ってくれました。コンサル志望の就活生には、きっと役立つ内容だと思います。ぜひ、ご覧ください。

コンサルを志望したのは「早く成長したかったから」

――大学院からコンサルティングファームに入社したということですが、就活はいつから始めたのでしょうか?

始めたのは早かったですね。大学院に入学してすぐ、4月2日に就活の講座に行きました。4月は、そういった講座や業界の説明会に、ひたすら参加しました。5月、6月になると、サマーインターンの選考を受け始めました。7月、8月には、6社ほどのサマーインターンに参加しました。その結果、9月に志望していたコンサルからオファーをいただくことができました。期間としては、半年ほど就活をしていたことになりますね。

――就活では、どのような業界を志望していましたか?

コンサルに絞っていました。私は学部で1年留年したあと院に進学したため、同じ年齢の同期に比べると、社会に出るのが3年遅れになりました。すでにいろいろな業界で活躍している彼ら彼女らに、1日でも早く追いつきたかったんです。そこで、早く成長できる環境に進みたいと思い、行くなら外資系の投資銀行かコンサルだろうと見極めていました。どちらにもインターンに行ってみた結果、自分はコンサルのほうが向いているかなと思ったんです。

――投資銀行よりもコンサルのほうが自分に合っていると思ったのは、なぜでしょうか?

こんなことを言うと投資銀行の人に怒られてしまうかもしれませんが、インターンをやってみたときに「投資銀行は数字をいじっているだけだな」と思ったんです。一方で、「コンサルは数字の裏にある意味を考える仕事だ」と思いました。たとえば、売上を上げるためにはどうしたらいいだろうと徹底的に考える。「数字の奥まで考えるのは、頭を使っている気がしていいな」と感じました。

――そもそもコンサルタントとは、どういう仕事なのでしょう。

コンサルの本分はクライアントのサポートです。我々自身が何かものを作り上げるわけではありません。いろいろな業界のさまざまな会社を「第三者」としてサポートします。具体的には、会社の業績を上げることを考えたり、新規事業やM&Aの相談に乗ったりするわけです。

私の場合はいまのところ、クライアントに関する分析を任されることが多いですね。クライアントと話しながら、インタビューやアンケートを実施して、それを基に分析をして資料を作っています。

朝の5時まで仕事をすることも――コンサルの労働実情

――コンサルタントの経験を積むなかで、自分が成長したと感じることはありますか?

一番変わったのは、物事を深く考えられるようになったことです。入社したばかりのころは、上司から考えの浅さや切り口の甘さを指摘されていました。でも、経験を積んだことで、少しずつ認めてもらえるようになりましたね。

また、クライアントのことをしっかり考えられるようになりました。場合によっては、具体的な数字を見せながら、ある事業をやめたほうがいいと説得しなければいけない状況もあります。そんなとき、どのように説明すると相手が納得して動いてもらえるか、分かってきたような気がします。

――労働時間ですが、毎日どれくらい働いているのでしょう?

ファームによって違うと思いますし、同じファームでもプロジェクトによって波がありますね。ずっと忙しいケースもありますし、余裕があるケースもあります。また、一緒に働く人によっても変わってきますよ。マネージャーが「自分がたくさん働いているから部下も働くべきだ」という考え方の人だと、土日にすごい仕事量が降ってきたりしますよね。基本的に土日は働かないんですが。

クライアントの事情で休みが飛ぶこともあります。たとえば、直近のプロジェクトのために分析資料を作っていたとき、納期の直前になって、クライアントから提供してもらった数値に不備があることが発覚したんですよ。それで、急遽、クライアントの会社まで出向いて、正しいデータの確認をしました。そういうときは土日も動かないといけないですよね。

――具体的には、何時に起きて寝る生活でしょうか?

ケースバイケースですね。以前に関わったウェブサービスのプロジェクトだと、寝るのが遅かったですよ。だいたい朝9時から深夜1時半まで仕事をしていました。急に分析を丸投げされたときなんかは、朝の5時まで働いていたということもあります。

その次に関わったプロジェクトの場合は、仕事の時間は朝9時から夜9時くらいまででした。ただ、最初のころはミーティングがなかったので、昼12時から夕方6時くらいまででした。夜はクライアント先から帰宅すると、ゆっくり風呂に入ってテレビを見て2時間くらいボーッとしてから、残ったタスクを片付けるという生活です。

コンサルの「給与」は投資銀行よりも低い?

――コンサルの仕事は「終わりがない」というイメージもあります。どこで「終わり」とするのでしょう?

たしかに、深掘りしていくとキリがないですね。ただ、学問の世界では深くまで追究しなければいけませんが、我々がいるのはビジネスの世界なので、「100%突き詰めるのは無理だ」と割り切って、「7、8割は当たっているだろう」という答えをクライアントに提示します。

コンサルで重要なのは、経営者に意思決定をしてもらうことです。つまり、正しい数字を出すこと自体が目的ではない。あくまでも数字は意思決定してもらうための手段でしかないので、経営者の目線にしっかりと立ち、どう説明すべきかをよく考えるんです。

――コンサルは投資銀行と比べると、給与が低いというイメージがあります。実際はどうなのでしょう?

実際にもらっている給与は、外資就活ドットコムの記事に出ているような数値で間違いないと思います。一般的に、投資銀行のほうが給与はいいですよね。コンサルはそこまでではありません。

さらに言えば、外資系企業の多くは福利厚生がないということは知っておいたほうがいいでしょう。「可処分所得」という言葉がありますよね。手取りでどれくらい貰えるかということです。たとえば、大手商社の場合、寮の費用が食事付きで月5000円ということもあります。一方、私の場合、いまの家賃は13万円くらいなので、その差は大きいですよね。

お金を稼ぎたいなら、投資銀行に行ったほうがいいかもしれません。私は「昇進したら給与が上がるぞ」と思って、自分を奮い立たせていますが(笑)

――コンサルは辞める人が多いと聞きますが、なぜでしょうか?

たしかに、コンサルから事業会社に転職したり、起業したりする人は多いですね。おそらく、クライアントを動かすのは大変だから、自分で手を動かして結果に繋げたいと思うんでしょうね。

コンサルはモラトリアムと言われることがありますね。いろんな業界の内情が分かるからです。それが分かってくると、自分で何かやりたいと思うときが来るのかもしれません。

GDで押さえるべき4つのポイント

――就活で大切なことは、なんでしょうか?

まず、ちゃんと「準備」をすることが大事です。自己分析と業界研究にしっかりと時間を割いたほうがいいでしょう。本やネットをチェックし、サークルの先輩など身の回りの人から情報を得るといいですね。

学生の中には「コンサルは地頭が大事だから準備なんかしても意味がないだろう」と考える人もいるようです。しかし、地頭の良し悪しは短期間に変えられないとしても、さまざまな対策をすることで、内定の確率を上げることはできるのではないかと思います。もちろん何も対策せずに内定を取る猛者もいますが、そのような例だけを見て判断するのは早計です。

――具体的に、どんな準備をすればいいですか?

ここで私が「準備」と言っていることには、2つの段階があります。まず、自分がどの業界に興味があるかを明確にすることです。そのためには、自分がどのような考え方をする人間なのか、何を大事な価値観としているのかという点について、深く考えなければなりません。いわゆる「自己分析」ですね。

「なんとなくかっこいい」とか、「お金が稼げていいな」で終わるのではなく、なぜそのように思うのか、もう一段掘り下げて考えてみるべきです。モヤモヤしていることを自分なりに言語化することにより、説得力が生まれます。

準備の第2段階は、自分の志望業界の「選考対策」です。私はGD(グループ・ディスカッション)やケース面接の対策をひたすらやっていました。ケース面接の本は合計7冊を2周やりましたね。「ここまでやったんだから負けないぞ」と自信がつくまで、徹底的にやり込みました。

私は、準備していないことで失敗するのが嫌な性格なんですね。コンサルに対してはケース面接対策でしたが、IT業界を受けたときは、面接でのエピソードに使うために自分でWEBサービスを作ってみました。一口に準備と言っても、できることは様々だと思います。

――GDの対策にも力を入れたということですが、どんな点に注意すべきでしょうか。

GDの基本として押さえるべきポイントは4つある、と私は考えています。

1つは、時間配分を考えること。深掘りしてもキリがないので、時間から逆算して、どのような説明が可能かを考えます。2つ目は、言葉の定義をすること。ひとつひとつの用語のイメージをはっきりしておいたほうが、議論の方向性がブレません。

3つ目は、因数分解をすること。与えられた課題を達成するために何をすべきか、細かく分解して整理します。4つ目は、根拠をきっちりと示すことです。たとえば、売上の向上策を考える場合、それぞれの打ち手の根拠を具体的に説明することが非常に重要です。

面接では、絶対に相手から目をそらさなかった

――「準備」のほかに、就活で重視すべきことはなんでしょうか?

1つは、選り好みをせず、いろいろな会社を見てみることでしょうね。実際に足を運んでみて、自分の目で確認することが大切だと考えていました。現在、私はコンサルタントとして、いろいろな会社を見る機会がありますが、学生のときに全然知らなかった会社でも、意外と良いところだなと思うことはよくありますね。

2つ目は、説明会やセミナーの際に、必ず質問をすることです。ある外資系投資銀行の採用担当者がセミナーで言っていたことが印象的でした。

「我々も君たちと同じように、嘘はつかないが、話を盛ることはあります。それを見抜くのは、君たちの責任です。判断するのは君たちのやることなので、化けの皮をはがすために質問してください」

セミナーでは、質問を10個考えるなど自分にノルマを課してみて、相手にぶつけてみるといいですよ。トレーニングにもなるし、相手側にも印象が残るんです。しっかり考えているんだなと思ってもらえます。

あと、アドバイスとして言えるのは、落ちても過度に気にすることはないということです。人によっては何十社も落ちるなんて普通なので、落ち込まずに前向きにやることが大事ですね。面接でも、自信に満ち溢れている人は印象がいいですから。

――最後に、内定を獲得するための秘訣をアドバイスいただけませんか?

内定に直結するわけではないですが、あとから振り返ると、意外に大事だったなと思うことが2つあります。

1つは、相手の目を見て話すことを心がけていました。言葉は悪いですけど、ほぼガン見状態です。特に面接のときは、絶対に目をそらさないようにしていました。ちゃんと考えていて自信がある学生なんだなと伝わります。

2つ目は、数日間のインターンなどの機会であだ名で呼び合うこと。なぜかというと、周りとよそよそしい状態では、あまり良いアウトプットは出せないからです。仲良くなるために、まずあだ名を決めて呼び合うのをルールにしていました。すぐに打ち解けることができて、良い関係が築けるんですね。

しょうもないことと思われるかもしれませんが、ビジネスは「人対人」ですので、細かいコミュニケーションスキルは馬鹿になりません。たかが30分そこそこで合否が決まる面接だと、なおさらです。


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問