外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

「コンサルは数字の裏の意味を考える仕事」 戦略コンサルタントが明かす「内定獲得」の秘訣

東京都内の有名大学で修士号を取得したあと、世界屈指の戦略コンサルティングファームに入った若手コンサルタントが、外資就活ドットコムのインタビューに答えてくれました。コンサルの仕事の実態や給料、投資銀行にはない魅力とは何か? 超難関の戦コンの内定を獲得するために、どんな就活をしたのか? そして、コンサル志望者が就活で勝つための秘訣とは? トップファームで働く現役コンサルタントが匿名を条件に「本当の話」を率直に語ってくれました。コンサル志望の就活生には、きっと役立つ内容だと思います。ぜひ、ご覧ください。

コンサルを志望したのは「早く成長したかったから」

――大学院からコンサルティングファームに入社したということですが、就活はいつから始めたのでしょうか?

始めたのは早かったですね。大学院に入学してすぐ、4月2日に就活の講座に行きました。4月は、そういった講座や業界の説明会に、ひたすら参加しました。5月、6月になると、サマーインターンの選考を受け始めました。7月、8月には、6社ほどのサマーインターンに参加しました。その結果、9月に志望していたコンサルからオファーをいただくことができました。期間としては、半年ほど就活をしていたことになりますね。

――就活では、どのような業界を志望していましたか?

コンサルに絞っていました。私は学部で1年留年したあと院に進学したため、同じ年齢の同期に比べると、社会に出るのが3年遅れになりました。すでにいろいろな業界で活躍している彼ら彼女らに、1日でも早く追いつきたかったんです。そこで、早く成長できる環境に進みたいと思い、行くなら外資系の投資銀行かコンサルだろうと見極めていました。どちらにもインターンに行ってみた結果、自分はコンサルのほうが向いているかなと思ったんです。

――投資銀行よりもコンサルのほうが自分に合っていると思ったのは、なぜでしょうか?

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら



このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)