外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

仕事選びは「義務感」でやらないほうがいい〜『なぜ働くのか』の翻訳者・田内万里夫さんに聞く

田内万里夫さん

「なぜ働くのか」。そんなタイトルの本がこの春、出版されました。米国の心理学者バリー・シュワルツが「人が働く根本的な理由」について書いた本です。さまざまな研究者の調査やビジネス現場の事例を紹介しながら、多くの人々は「お金以外の価値」に働く意味を見出していると説明しています。シュワルツのメッセージをどう受け止めたらいいのか、この本を翻訳した田内万里夫さんにインタビューしました。さらに、書籍の「版権エージェント」として働きつつ、画家としても活動する田内さんに、自身が「なぜ働くのか」を聞きました。

9割の人が仕事に「不満」を持っている

――この『なぜ働くのか』という本の中で、著者のシュワルツはどのような主張をしているのでしょうか?

田内:この本はTEDブックス・シリーズの一つなんですが、2014年にTEDで語られたシュワルツのスピーチが元になっています。TEDトークのタイトルは「我々の仕事の考え方は間違っている」というものだったのですが、この本でもシュワルツは「現代人の働き方は理にかなっていないのではないか」と問題提起しています。

アメリカの世論調査会社ギャラップの2013年の報告によれば、142カ国の正規・非正規雇用者23万人のうち、自分の仕事に対して積極的に関わっている人は13%しかいないそうです。世界で働く90%近くの人は、自分の仕事に対して消極的であったり、むしろ嫌っていたりするんですね。

――仕事に不満を持っている人がそんなに多いというのは驚きです。

田内:なぜ、そうなってしまったのか。そもそもの原因は

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら



このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)