外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

学校に通うつもりで「外資」に行くな~グローバルウェイ各務正人社長インタビュー

企業の口コミ情報サイト・キャリコネなどを運営するITベンチャー「グローバルウェイ」は創業から12年目の今年4月、東証マザーズに上場を果たしました。創業者で社長の各務正人さん(43)は3つの外資系企業で働いたあと、31歳で起業しました。ユニークなのは、それぞれの会社でエンジニア、トレーダー、営業と異なる職種を経験していることです。それは、起業を見据えた戦略的な行動でした。「若い人はディレクション(方向性)を持て」。そう語る各務さんに、外資時代の体験を聞きました。(取材・構成:亀松太郎)

3つの外資系企業を渡り歩いた

――各務さんは米国のワシントン大学を卒業して、UBS証券に入ったということですが、職種はエンジニアだったんですね?

大学時代からITで起業したいと思っていました。ITの会社をやるなら、エンジニアの現場を知らなければいけないだろうと考えていたので、大学を卒業して日本に帰ってくると、まずエンジニアでUBSに入りました。

――その次はドイツ銀行に移ったんですよね?

エンジニアとして株の分析をするアプリを開発しましたが、ユーザー側の経験も必要だと感じました。証券業界ではトレーダーが花形ということもあり、トレーダーを経験したいと思ったんです。でも、社内での異動は難しかったので、ドイツ銀行に転職することにしたんですよ。

――ドイツ銀行でトレーダーとしての経験を積み、また、転職したんですね?

今度は、米国系のソフトウェア会社に営業として入りました。ウェブメソッド(現ソフトウェアAG)という会社です。UBSとドイツ銀行は大手ですが、ウェブメソッドはNASDAQに上場したばかりのベンチャー企業でした。日本法人ができたばかりで、社員が10人もいないぐらいでした。

――3つの会社で働いている間も「起業」が頭にあったんですか?

そうですね。起業のために必要なもの、つまり、「キャリア」と「経験」と「お金」を貯めるためにどうしたらいいかと考えたときに、外資の証券会社と営業という選択になりました。

――創業資金を貯めるという目的もあったわけですね。ちなみに、給料はどれくらいだったのでしょう?

ドイツ銀行のトレーダーをしていたときは、

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら



このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)