外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

パリで活躍する戦略コンサルが語った、グローバルで活躍するバリュー人材への条件【現役社会人からのメッセージ】

はじめに

説明会において必ずされる質問の1つに「海外で働く機会について」が挙げられます。それだけ海外勤務に関心を寄せている学生の方が多いのでしょう。

しかし、「海外で働き成果を出す」具体的なイメージを抱けている人はそれほど多くないかもしれません。今回は実際に海外オフィスに駐在されている方から、日本と海外オフィスとの違いについてご寄稿いただきました。

パリの新卒は強者揃い!でも「価値の出し方」は変わらない?

欧州系戦略コンサルで働くKojiと申します。
2年間、東京オフィスで働いた後、現在駐在しているパリのオフィスに移り、初めて関わったフランスでのプロジェクトが終了したところです。「海外・非日本語環境でのコンサルティングがどのようなものか」、「成果を出すためにはどうすればいいのか」について、お伝えしたいと思います。

まずは、日本オフィスと海外オフィスの両方を経験した私の所感ですが、どちらもあまり変わらない、というのが正直なところです。
使用言語は英語に変わりますが、市場の理解を深めるためにデスクリサーチやインタビューを行い、クライアントにとっての意味を考えながら粗削りのストーリーを作り、エクセルを叩き、パートナーからの指摘を受けて、またエクセルを叩いて、という一連の流れは日本でも海外でも変わりません。
基本的に、コンサルはポジションで役割が決まっていることが多いですが、特に外資の戦略コンサルではグローバルな共通事項です。国や支社などの違いよりも、案件内容によるギャップ(例えば、組織改編であれば、国ごとの特色が色濃く出る)の方が大きい気がします。

日本以上に求められる「即戦力」

もちろん日本でも、外資は即戦力を重視されますが、パリでは日本以上にその風潮が強く、研修もそこそこにday1からチームに貢献することを強く求められます。
フランスの投資銀行・コンサルでは、採用の段階で

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)