外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

安易な転職で年収頭打ち?!転職コンサルタントが語る、3つのNG転職理由

はじめに

新卒就職後3年以内に転職をする割合は約40%といわれており、ファーストキャリアといえども昨今はあまり長くありません。ただ、その転職といった決断は、本当に幸せなキャリアチェンジにつながっているのでしょうか?第2新卒からディレクターレベルまで、人材紹介会社でさまざまな転職支援をしているAさんに転職の実情を聞いてみました。これから会社選びという方も、ぜひご一読くださいませ


安易な転職で年収が頭打ち?!

年功序列・終身雇用のイメージ強かった日本企業社会ですが、数々の転職メディア・ニュース、人材紹介会社によって煽られているからか、転職はキャリアアップの手段というイメージが浸透しつつあります。「転職したら年収が◯倍になる!」みたいなメッセージを発信して、会員登録に誘導するメディアも数多くあります。

こういった情報が蔓延した結果、特に向上心の強い人ほど現状の仕事に不満や不足感を感じると、すぐに転職を考える傾向が強くなってきたような気がしています。私がキャリアコンサルタントとして転職支援させていただくなかで感じたことは、転職に成功する人と失敗する人を分けるポイントとして、キャリア形成における環境の捉え方に根本的な違いがあるということでした。

「今いる職場で、どんな難しさに直面し、何を考え、どう行動したか」
「結果として、どのような成果を残すことができたか」

逃げることなく、厳しい状況下でしっかり根を張り、具体的な例を用いて実績を語れる人。それがキャリアで長期的に成功を収める人材です。

転職が良くないと言っているわけではありません。しかし、本質を見失った転職は単なるリスクです。年収アップやタイトルといった目先の利益を優先したり、キャリアに焦りを感じるあまり、一貫性のないジョブホッピングを繰り返すことによって、給与レベルが将来的に上がり止まったり、競争力のあるスキルがまるで身につかないと言った、行き詰りを感じている人は少なくありません。

こういったキャリアを形成してしまっては、リーマンショックのような時流の劇的変化に耐えうる能力は到底無く、むしろ将来のリスクを増長するだけになってしまいます。

キャリアゴールを明確にして、自身の経験及びコアスキルを棚卸した上で、不足を補う事が出来るのは本当に転職なのか、それとも現職ステイなのか。競争力あるキャリアを身につけるために、本質的に現状を捉えることが、将来成功しゆくための大きな鍵となるのです。

この記事では、HR/Hiring Managerの目線から見た「三大NG転職理由」を紹介することを通じて、企業がどんな人材を求めているのかを明らかにしていきます。転職で成功するための一つの考え方として参考にしていただけると幸いです。

NG転職理由(1)「会社の業績が思わしくないから転職したい」

この転職理由は非常に多いですし、気持ちはとてもよく分かります。しかし、採用する側の立場で考えてみてください。トップ企業が求める人材は、業績が思わしくないから逃げ出す人材ではなく、業績を回復させる能力がある人材です。

高齢社会、人口問題等の大きな問題を抱える日本。その状況に加え、新興国の勢いがいよいよ増す中で、グローバルにおける日本マーケットの重要度は縮小傾向にあります。今後一層、国内企業は厳しい状況と対峙し、生き残りをかけて戦っていかなくてはなりません。そうした状況下で真に求められるのは、市況の変化を読み取り、変わるべきところ、変わらず守り続けるべきところを見極め、イノベーションを起こしていけるリーダーです。

これを実績として語れる自分になるために、今いる環境(現職)で自分として何ができるのか。その一つ一つを考え、行動を起こしていくこと。それが本質的なキャリア構築することであり、転職を成功させる為に重要なのです。

NG転職理由(2)「上司や同僚との人間関係がよろしくないから転職したい」

このケースも非常に多く見受けられます。しかし上司の転職や社内異動、チームの組織編成等で社内の人間関係が変わる事は多々あり、会社内の人間関係に安定や保証などありません。Hiring Managerに良い印象を持ったから内定承諾したにもかかわらず、入社後数か月でその人物が転職してしまうことだってあり得ます(実際に私はそのケースでした)。

外資系であればレイオフ・転職、日系であれば異動と常に周りの人間関係は移り変わっていきます。こういった関係は金融マーケット同様に予測不可能であり、これが世の常です。

トップ企業が求めているのは、状況の変化に右往左往する人材ではなく、適応能力及び柔軟性を持ってより良い環境を自ら創造できる人材です。与えられたカードがなんであろうとも、その全ての能力や効果を最大限に引き出すためのリーダーシップが発揮できること、そしてそこでしっかりと成果を残せる人物、それこそが現職でも転職市場でも常に高く評価される人材なのです。

NG転職理由(3)「上司が自分のことを正当に評価してくれない 」「提案を受け入れてくれない」

最も多い理由ではないでしょうか。オーナー系企業だから、上司がワンマンだから、上司が日本市場を理解しないエクスパット(海外の本社等から派遣された社員)だからなどなど、さまざま理由をつけ、自身の評価が上がらない事や、提案が通らないことに大いにフラストレーションを感じる方は多々見受けられます。

「最大限の努力をしたにもかかわらず、どうにもならなかった」という場合もありますので、すべての状況には当てはまりませんが、私が求職者と面談する中で相談者に必ず促している事は、『上司の視点で考えてみてみる事』です。

上司の立場で、提案が受け入れてもらえなかった理由を考え、

・本当にその求職者の提案が会社に取って優先度が高い事なのか
・提案が先送りにされた理由は他にもあるのではいのか
・その提案は非常に有益な内容だけれども、提案力の問題で上手く伝わらなかったのではないか

というように多角的に考えることで、本当にその理由で転職することがベストなのかどうかを判断できます。

過去の事例を一つ共有させてください。

国内外でその経営に注目が集まる、日本最大のカジュアルファッションのアパレルメーカーのF社。その注目度とは裏腹に、当該企業では離職率が非常に高く、3ヶ月から1年以内で転職する人材の多くが『オーナーのワンマン経営、故に自身の意見が通らない』を理由としていました。

私はその信憑性を知ろうと思い、Linkedinを通じて当該企業に転職以降、成功を収めていた人材(2年毎に昇格を達成していた30代エグゼクティブ)に、アポを取り、話を聞きました。そこで、本当に提案が通らない企業文化かどうかを訪ねたところ、彼からの解答は単純明快でした。

『意見が通らないのは提案力の問題です。社長は本当に良い物は取り入れるし、常に進化し続けようとする柔軟性がある人だ。本当にイノベイティブな提案にも関わらず受け入れてもらえなかったのであれば、それが受け入れてもらえるまで、試行錯誤し、粘り強く提案し続ければいいだけです。』

この方の発言は非常に本質的でした。環境を言い訳にすることなく、正しいことは貫き、結果が出るまで完遂する。キャリアで成功を納める為のノウハウはここにある、そう感じました。

おわりに

上記3点について述べさせていただきましたが、さまざま個別事情があると思うので、一概にこれらの理由で転職するのは良くないとは言い切れません。大切なのは、転職が今このタイミングで本当に必要なのかを正しく判断することです。

「本質を見極める目を養うこと」

これこそが、今いる職場で実績を残すにも、キャリアで成功を収めるにも、必ず必要だと言えることではないでしょうか。

マッキンゼー ゴールドマン

三菱商事 P&G アクセンチュア

グローバルプロフェッショナルをめざすなら外資就活


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

ログインする 新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問