外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【1~2年生向け】海外インターンに最速・最短で参加するための方法

はじめに

1~2年生の中には、長期休暇をどのように活用すれば良いのか迷ったまま過ごしている方もまだまだ多いのではないでしょうか。「海外だ!」と思い立っても短期語学留学では通常数か月前からの準備を必要としますし、AIESECなどが提供している海外インターンなどもそのような場合がほとんどです。こうなることならもっと早く申し込んでおけばよかった・・・と後悔したまま諦めてはいませんか?

そこで今回は、筆者が一般的なルートとは異なるやり方で長期休暇を使った海外インターンを獲得し、出国に至ったまでの方法をご紹介いたします。この方法の一番のメリットは、先に挙げた二つの方法で海外に行くよりも準備期間を圧倒的に短縮することが出来ることです。長期休暇に突入した今からでも、まだまだ間に合うかも知れません!興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

はじめに - 目的と注意しておきたい3点

インターンシップとは、学生のうちから一定期間、実際の企業のもとで働く経験をすることで、「働くとはどういうことか?」を知る就業経験制度のことです。本題となるインターン探しの方法をご紹介する前に、みなさんにはぜひ考えてみてほしいことがあります。それはただ一つ非常にシンプルに、「なぜインターンに行くのか?」ということです。

当然仕事についてイメージを膨らませたい、働くを通じて自己成長したいといった欲求があるかと思いますが、海外インターンは時間、お金、体力と様々なコストがかかります。学生時代という限られた期間に大きなリソースを割いてチャレンジするイベントであるからこそ、その経験を実りの多いものにするためにも、「なぜインターンをするか」「インターンを通じて、どうなっていたいか」はぜひ考えておくと良いでしょう。

1.インターンは就職に有利?

ところで、インターンをやること自体は就職活動において、有利に働くのでしょうか?

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら



このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム
コミュニティの新着質問

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)