外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

【外資就活相談室】テーマ別回答まとめ(GD編)

はじめに

こんにちは、外資就活 相談室チームです。

突然ですが、「外資就活相談室」をご存知ですか?

外資就活相談室とは?

『外資就活相談室』は、業界事情に詳しい社会人や就活事情に精通した内定者に個別に質問ができるサービスです。
戦コン、IBD、電博、GAFAM、などなど日系外資を問わず多くの大手有名企業の勤務者・内定者、更には企業役員や人事部長のキャリアをお持ちの方まで、様々な経歴をお持ちの回答者が登録されています。

前回、「ES」をテーマに5つの質問回答をご紹介致しました。
そして今回は、書類通過の次に迎える「GD」をテーマに4つの質問回答をご紹介致します。
皆様の就職活動の一助になるQAを厳選いたしましたので、少しでもお力になれば幸いです。

GDでの立ち回りについて

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ

すぬさんの回答

ご質問ありがとうございます!☺︎

私もGDが苦手だったので、お気持ちわかります。GDでアドバイス受けた事を少しお話しさせて頂きます。長文ですが、お役に立てればと思います。

選考ですので、GDは何かしら発言するに越したことはありません。
ただし、沢山話せばいいか?と言われればそうでもないようです。

自分の発言によって議論がadvanceしたか、が重要です。議論の軌道修正したり、新しい視点を与えたり、といった事を行うと、面接官のイメージが良くなります。
これを行うには、自分の発言価値を上げる必要があります。せっかく良い意見を言ったのに、周りの就活生に流されてしまったり、否定されてしまったりしては意味がありません。
発言価値を上げるためにはGDが始まった最初に議論の筋道を提示するとか、具体例を沢山出す等の事が必要です。
アイスブレイクの時間に周りと仲良くなれと言われるのもこれ故です。この時に積極的に回して、仲良くなっておけば自分の発言に皆が耳を傾けてくれるようになります。

まずGD始まったら、自分なりの答えとそれに向かう議論プロセスをなんとなく筋道立てて決めておくといいでしょう。
また議論中には、違和感を感じた時に何故なのかを論理的に説明できるようにします。
これには、ケースやフェルミ問題を解いて論理的思考を鍛えて慣れるのが一番です。頼れる人のGDの考え方を勉強するのもいいと思います。

また、GDの役割について、私の感覚で触れておきます。自分の適正に合わせてディスカッションすれば、きっとうまくいきます。
(以下、私の個人的な見解です。悪しからず。)

進行役:ハイリスクハイリターンな役割。自分がミスリーディングした時は確実にアウト。ただ、思考力に自信がある人はかなりアピールできるので、向いている。

書記:一番難しい役割。周りの意見をまとめつつ、自分でも考えなければいけない。書くことに集中してしまうと、議論についていけなくなる。マルチタスクや要約が得意な人が有利。

タイムキーパー:ローリスクローリターンな役割。タイムキーピングだけではアピールにならず、積極的に発言してアピール、時間内に遠回しにまとめる影の誘導力が必要。

何もないorファシリテーター:実は一番美味しい役割。あまり目立たないが、影の貢献者。議論の軌道修正、発言してない人の発言促進、アイデア沢山出すなど、一回の発言でアピールする事ができる。ただ、何も発言できずアピールする機会を逃す危険性あり。

私はあまり役割に徹しませんでした。ただ、違うと確信したところを指摘したり、次のトピックに写った方がいい時に提案したりする様にしていました。

最後に、裏技的な話をしますと、GD中に一番面接官に見られる位置に座ると良いです。
面接官に背中を向けると中々判断されにくいので、自分の顔が見える、発言している事がわかる位置を判断して、座れるとgoodです。

今は多分、オンラインですかね。参考程度に。

長くなりましたが、頑張ってくださいね!
応援しています。

ケース対策とGDのコツについて

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ

ココさんの回答

ご質問ありがとうございます!

ケース面接対策について。

私は8月の末頃からケース面接対策を始めました。使用した教材はベタですが、
①『現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート』、
②『東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート』、
③『過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題』です。

①②でケース面接のいわゆるノウハウをとにかく早く掴んでおくことが重要だと思います。
この2冊で基礎を押さえた上で、自分で様々な日常の出来事に関連させフェルミ推定/ケース問題を設定、実際に解くことで頭の使い方を鍛えました。
③はマストではないと思います。が、よく聞かれる少しクセのある問題が多く載っているので、余力があれば読んでおいて損はないと思います。(私は某社の選考後に③を読んで、ここに載っている問題がそのまま聞かれた!と後悔したことがあります。)

GD対策について。

選抜コミュニティやイベントなどに参加して練習することはありませんでしたが、インターンを含め選考を数多く経験する中でコツを会得することができたと思います。
選考を通じて、GDでは話の主導権を握ることが重要だと考えています(私の場合ですが)。
そのために心がけていたことが2点あります。
まず1点目としてGDの会場に早く行くことです。
他のメンバーより会場に早く到着していることで、GD開始前に他のメンバー全員と軽くでも話す機会を作ることができ、GDが始まってから場を回しやすくなります。
2点目として、発言するときにできる限り「〇〇さんの〜という意見を踏まえると、…」のように他者の意見をきちんと尊重する姿勢を見せることです。

自分の意見を言うことに必死になっている学生が多い場で、このように協調性を発揮できていることは評価に直結すると思います。

GDの流れについて

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ

ex_consultant_bot_kuririnさんの回答

ご質問ありがとうございます。大変と思いますが頑張っただけ結果の出る世界と思いますので是非頑張ってくださいね!

GDやケースの対策という意味では@TAKAMATSUSATOS1 さんや@aserus_consultさんなどに聞くのが一番効率が良いと思いますが、

基本的にGD、ケースというのは実際のコンサルティングプロジェクトを模してシミュレーションすることにより、コンサルタントのジュニアスタッフとしてバリューが出せそうか、求められる構造化や論理思考などのケイパビリティを持ち合わせているかをチェックされていると考えてください。それを前提として挑むと全然勝率が変わってくると思います。

具体的には、コンサルプロジェクトの進め方はざっくりいうと、

・クライアントが求めているゴールを正しく理解する(もしくは正しく設定してあげる)

・ゴールに到るまでの課題(もしくは課題の初期仮説)は何かを定義する

・その要因や因果構造はどのようなものがあるかを分析する

・それに対するソリューションや施策はどのようなものが最適なのかを提言する

そんな流れで進んで行くわけですが、そのような流れの中で実際にどのような議論がなされるのか、自分だったらどう考えるか、を具体的な題材をベースにイメージや練習しておくと良いと思います。

詳細を説明している本はたくさんあると思いますので、これ以上は割愛しますが、根本の目的を見失わず取り組んでいただくことこれがまずは1stステップ且つ一番大事なことなのかなぁと思います。

頑張ってください、応援しております。

GDでの発言について

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ

限界社畜Δ理系ちゃんさんの回答

質問者さんが想定しているのはGDで合っていますか…?もしGDなら、業界によって言い方が変わると思いますが、私がやってきたことをお伝えします。

明らかにおかしい場合に早めに軌道修正するのは全然いいと思います。
ただ、終盤でそれをやると期限内に議論が終わらなくなるため、そもそも…以下が正論だとしてもクラッシャー認定されてしまう恐れがありますね…。
私は序盤まで気づかなかった時は諦めていました。
その場合は置かれた状況で最善を尽くす方法を考えた方がいいと思います。

言い方ですが、「そもそも〜」と言ってしまうとおそらく質問者さんも気にしてしまうと思うので、「もしかしたら〜という考え方もあるんじゃない?」とか「今気づいたけど、これってこういう意味じゃない?」などと言ってみる(提案してみる感じ)のはいかがでしょうか?
頭でっかち感は無くなると思います!

自信は…持って大丈夫だと思いますよ!
私も自信が持てないタイプなのですが、言わないで後悔したことがあるので…

おわりに

いかがだったでしょうか。

「GDが苦手」という方は多いと思いますが、コツを掴みポイントを抑えれば通過率はグッと上がります。
今回の記事を参考にしつつ、友人や先輩と共に練習を重ねてGDを突破しましょう。

皆さんも、就活を進める中で疑問に思った事や悩みが生じたら、是非外資就活相談室で質問してみて下さい。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)