外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

今週よく見られた外資就活相談室Q&A(1/1-)


こんにちは、外資就活 相談室チームです。
「外資就活相談室」とは、社会人や内定者に就活の疑問をぶつけられる、オンラインQAサービスです。
戦コン、外銀、商社、GAFA等トップ企業の回答者が、皆さんから寄せられるキャリアに関する様々な相談に答えて下さっています。

こちらのコラムでは、多種多様なQAの中でも、今週注目を集めたQAランキング1位~5位をご紹介いたします。
是非チェックしてみてください。(回答者の回答ページより抜粋)

5位 ぞぞさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ
<回答者Profile>投資銀行
投資銀行部門の内定者です。理系院生です。就活やキャリア全般のことに関してお答えできればと思います。
ぞぞさんの回答
ご質問ありがとうございます。

質問者様のおっしゃるような方法で概ね問題ないかと思います。

僕自身の経験も踏まえて付け加えさせていただくと、結局のところ面接や面談で伝えるべき内容は「自分は御社で働きたい」と「自分は御社に貢献できる」の2つに収束するので、すべての振り返りにおいてそこが念頭にあるといいと思います。感じたことだけで終わってしまうと少し弱いように感じますね。当たり前だろ、ということでしたら、参考にならず申し訳ないです。

一例を挙げると、
「社員様との対話を通して、◯◯な印象を抱いた」で終わりではなく、「○○な点に自分は強く惹かれる なぜなら過去の経験から~~」といった風に繋げていくと、本選考でも競合他社ではなく御社である理由が話しやすくなるのではないでしょうか。

振り返りの観点に関しては、
・ワークの感想(面白いと思った点、貢献できた点、課題だと感じた点)
・社員様との交流を通した感想
といった形でしていたように記憶しています。

これから本選考がはじまり多忙だと思いますが頑張ってください!

4位 Winterさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ
<回答者Profile>日系運用会社
バイサイド(資産運用会社)のクオンツアナリストです。株式クオンツリサーチ、ファンドマネージャー、マルチアセット等の経験があります。
Winterさんの回答
ご質問ありがとうございます。
外資系運用会社がどのくらい転職前の会社を重視しており、実際にランキングや足切りラインがあるのかなどは私には分からないのですが、そういった前提で個人的に「この運用会社は運用・リサーチ能力が高い人の割合が高そうだ」と思う順番となると、

野村アセットマネジメント
日興アセットマネジメント
アセットマネジメントOne
東京海上アセットマネジメント
大和投信投資顧問

だと思います。ぜひ、色々な方の意見を参考にしてベストな選択をなさってください。

3位 キティー Kittyさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ
<回答者Profile>外資系金融
元ネコ文二。金融。公認会計士。
キティー Kittyさんの回答
個人的には得策だとは思いません。
公認会計士は幅広く学習をして応用範囲が広いとはいえやはり会計監査のための資格です。
大学生が暇で他にすることが無いというなら薦めてもいいかもしれませんが、仕事をされている方がファイナンスの研鑽のために勉強をされるというのはあまりにも回り道かと思います。
また監査法人出身の会計士の生きた知識も試験合格だけではなく、監査法人での実務経験からの要因が大きいのではないかと思います。

2位 yuuuさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ
<回答者Profile>大手広告会社/メディア系部署
非体育会系、留学経験無し、コネ無し、目立った経験無しでも13社内定頂くことができました。就活は単なるゲームです。受験勉強と同じく正しい情報をもとに対策すれば必ず内定は出るので、気軽に相談してください。
yuuuさんの回答
僕の場合は、大学時代の就活詳しい友人に30万円支払って面接対策等全部お願いしておりました。
今思って人生で最も有意義な金の使い方だったと思っています(彼がいなければ今の会社にはまず入社できてません)。
自分一人で就活対策するのは限度があるので、就活塾でも何でもいいので信頼できる周囲の方にアドバイスを貰うのが就活のコツだと思っています。

1位 SOEさんへの質問

※画像をタップorクリックで回答詳細ページへ
<回答者Profile>邦銀 外資系投資銀行など。
元IBDバンカー。カバレッジとMAプロダクツを経験。
SOEさんの回答
ご丁寧にありがとうございます。会社法なら先日METIの改訂版MBO指針の策定にも関わっておられた田中先生の第二版が鉄板かと思います。
https://amzn.to/2FoyOpH

なおIBDで会社法に関連するのはM&Aやエクイティやデット関連の時会社で決議などどういう手続きするかなどですが、会社法だけじゃなくて金商法や独禁法などの知識もあった方が良いです。
自分の業務に関する点を効率的におさえるため、この二冊

M&A法大全(上)
https://amzn.to/37J0eTD
M&A法大全(下)
https://amzn.to/2QLMLn4

を読めば良いと思います。全て読む時間が無くても辞書的にも使えます。私は転職の際に時間があったので、これを買って読みながらノートにまとめて覚えたり疑問点を書き出したりしてました。当時は薄緑の表紙で1冊でしたね。
独禁法、公開買付などの金商法まわり、株式譲渡や事業譲渡の法的性格や会社分割などの会社法上イベントとそのスケジュールなど、かなり助かりました。
あとは会社法からは離れますがこちらも定番です。M&Aの契約実務
https://amzn.to/2STEtfu

中小企業買収の法務
https://amzn.to/2ZQThgm
これはツイッターでも有名な柴田先生の本なので宣伝しておきます。

いかがでしたでしょうか。皆さんにとって新たな発見があれば幸いです。

何か追加で疑問が浮かんできた方は、是非「外資就活相談室」で質問してみてください。
就活本では見つからない答えに、きっと出会えるはずです。

それでは、また来週。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)