外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

「それじゃあ全く伝わらない」理系院生がバンカーに詰められた話から学ぶ、志望動機の作り方

はじめに

こんにちは!外資就活ドットコム編集部のみかんです。

近年、理系院生の中で”文系就職”する方が増えてきています。
面接官は彼らに対し、しばしば「理系院生なのに、なぜ自身のバックグラウンドを活かした理系職種ではなく、文系職種を目指しているのだろう?」と興味を持ちます。
理系院生の皆さんは、そんな問いに十分に答えられるくらい、自分の理系院生としての強みを理解していますか?正しく面接でアピールできていますか?

私は理系院生ですが、受けた企業・職種はいわゆる”文系就職”と呼ばれるものばかりでした。恥ずかしながら、私は面接で理系院生としての強みを活かせないまま、夏のインターン選考まで何となく就活をしていました。
しかし、とある投資銀行の冬のインターンの面接で、そもそも自分の強みの伝え方が大きく間違っていたことを認識させられました。

そもそも、就活において理系院生というステータスはそれ自体が大きなアピールポイントであるかのように誤解されがちですが、アピール方法を間違えればどんな「強み」であろうと面接官には伝わりません。

理系院生に限らず「どうすれば自分の強みを面接でアピールできるか」についてお悩みの方にも、是非とも私の失敗談を参考にしていただければ幸いです。

当時の就活の軸は
①高収入②転勤がないこと③優秀な人がいる環境があること
という3点を重視しており、それらに合致するコンサル・投資銀行を受けていました。

誤解していた”理系院生の強み”

私が理系院生としての本当の強みを理解する前に、面接官にアピールしていた「理系院生の強み」は以下の通りです。
・数字に強い
・仮説思考が得意
・研究で鍛えられた体力的・精神的なタフさ

今、自分で書いていて笑ってしまいます。なぜなら、これらの「強み」は必ずしも「理系院生でなければ身につかない」ものでもないからです。仮設思考の力なら多くの文系学部生も強みとしてアピールしてきますし、タフさのアピールなら体育会系学生の十八番でしょう。どんな就活生にもどれかしら当てはまりうる浅い自己PRを堂々と語っていたかと思うと、今となっては恥ずかしく思います。

とはいえ、夏のインターンの選考だと志望動機を深くまで聞かれるケースは少なく、”ノリ”で面接を受けて何とかなることも多々ありました。
そのため、「これではだめだ」と気付くことができなかったのです。

ズレたアピールでは詰められる

先述のとおり、私はとある証券会社・投資銀行部門の冬のインターンの面接を受けた際に社員からフィードバックを受け、正しい「理系院生としての強み」をアピールする必要性に気がつきました。
この章では、その時の様子を紹介します。

私には、投資銀行部門に行きたい特別な理由などありませんでした。
「優秀な人の中で働きたいから」「かっこいいから」「稼ぎたいから」 …
その程度でした。もしかしたら皆さんの中にも私のように、特に面接官の心に刺さりそうな志望動機など用意していない方がいるかもしれません。そういった方は特に、以下に紹介する私が「撃沈」した面接でのやりとりをご覧ください…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは今から半年以上前のことだった。
就活を始めた夏前は「投資銀行部門を目指しているけど、いける自信はない」と思っていた。しかし、かっこいいし稼げるという理由だけで投資銀行部門を目指し、ここまでやってきてしまった。

憧れていたからこそ、「インターンに行きたい!」と意気込んでいたが、現実を突きつけられる面接が待ち受けていたのであった・・・

面接官:「なんでこの部門がいいの?」

:「M&Aで企業の成長を支援したいと考えています。・・(省略)・・。」
ただ単に”それっぽい”単語を言っただけでした。
心の声:(インターン選考で志望動機を聞かれるのか…。部門のことを何も考えてなかったから薄っぺらくて、絶対詰められる…)

面接官:「なんでM&Aじゃないとダメなの?資金調達でもいいじゃん。」

心の声:(おっしゃる通りだ。M&Aという単語を出しただけで、本当にM&Aをしたいなどあまり思っていなかったから、面接官に刺さらないのも当たり前だ…)
:「インパクトのある仕事をしたくて、M&Aの方が・・・(省略)」
心の声:(いやいや資金調達でもインパクトはあるって…終わった…)

あきれたのか、面接官がFBをし始めた。

面接官:「あなたの場合、研究内容からして製造業との関わりが深いでしょ?普段関わっているなら、その知見をデューデリジェンスに役立てることができますとか、製造業を担当して企業を変えていくことに携わりたいとかを言わないと。さっきのあなたの話じゃ全くバックグラウンドの良さは伝わってこないよ。」

面接官:「夏までならその程度の志望動機でもいいけどね。冬は結構厳しい目で見てるよ。東京の学生はサークルに先輩が行って、面倒見て対策とかしてもらってるんでしょ?だからとてもレベルが高いんだよね。その中で志望動機や自己分析が甘いと、対策してないなっていうのがすぐわかる。」

日頃ゼミでボッコボコにされることもあるから、詰められることに対して耐性があると思っていた。問題は詰められた後だ。ゼミで怒られても研究室にいられるが、面接はそこで見限られてしまう。

面接官から言われた言葉は納得するものばかりだった。
面接を舐めていた自分に腹が立つとともに、もしそのような志望動機を作ることができていたら…と悔しくなった。

そうは言っても時間を巻き戻すことはできない。
ただ選考を受けに来た学生に詰めるだけではなくフィードバックをしてくれた面接官に感謝しつつ、オフィスを出た。

そのあと、もちろんお祈りされた。

本当にアピールするべき理系院生の強み

「数字に強い」「研究で培ったタフさ」「仮説志向が得意」などの強みは、面接官にとって相手が理系院生なら「当たり前」のことであり、これから社員として一緒に働く仲間に「期待している」ことではありません。
あなたが面接官にアピールすべきことは「理系院生として学んだこと・経験したことは、どのように役に立ち、どのように仕事に繋げていきたいのか?」です。

冬インターン面接での撃沈を経て、私は改めて自分の「理系院生としての強み」について考え直しました。
元々私は院でとある企業との共同研究に携わっており、そこの社員から、海外展開や組織編成における製造業ならではの問題点を学ぶ機会が多くありました。そこで、それらの知識を実務上でも生かしていけることを強くアピールできる、海外展開の支援や組織の再編をする職種を志望することにしました。アピールする「強み」のブラッシュアップにより、就活を始めた当初の「高収入」「優秀な人がいる」などといった漠然とした志望理由よりも、ずっと強い職業選びの軸を手に入れられたのです。

企業の状況や抱えている問題を社員から直接聞き、その企業をどう良くしていくのかを自分なりに考える機会に恵まれているのは、理系院生ならではの強みの一つと言えるでしょう。

コンサルでも投資銀行でも、自分のバックグラウンドを業務内容に結び付け、”理系院生だからこそ知っている知識を仕事に活かして、自分のやりたいことを実現したい”と話すと、面接官の反応が良かったです。

なお、様々な業界・会社に関わるコンサルティング業界では、新入社員研修が終わった後にプロジェクトにアサインされます。配属プロジェクトは個人の希望を聞いてもらえると思いますが、社員数が多いファームほど、入社前に関わりがあった分野にアサインされる可能性が高い傾向にあるようです。実際、「生物系出身だから、ライフサイエンスの案件にアサインされた」という理系院生の先輩がいます。

コンサルティング業界は、業務上クライアントの社員と接する機会が多いです。
そのため、ファーム側としてもその分野に志があるコンサルタントをアサインするほうが良いと考えるでしょう。さらにコンサルタント自身も、クライアントと話が通じやすくなることで業務をスムーズに進められ、実現したいことが叶えられる可能性もあります。

さいごに

私の恥ずかしい失敗と、そこから学んだことをお話ししました。
理系院生のありきたりな「数字に強い」、「仮説思考が得意」などという強みは当たり前であり、そのようなことを面接官に話しても全く響きません。
理系院生としての最大の強みは、基礎能力が高いと認められている上で、「これまでやってきた研究」があるからこそ、そこから志が生まれる、ということです。

文系の学生でも、計算が得意だったり、様々な知見を持っている方は多いでしょう。
しかし「共同研究をしていて企業内部のことをよく知っている」、「いつも実験で使っている部品や薬品について詳しく知っていている」のは理系院生だけではないでしょうか?
研究をしっかり行っているからこそ、そこから成し遂げたい夢が生まれるのではないでしょうか?

自分が一番知っていること、それは人それぞれだと思います。
このコラムを読み終わったあと、自分のバックグラウンドを生かして、何を成し遂げたいのかを考えてみて下さい。
その答えから、面接官に響くあなた独自の志望動機が作れるようになるでしょう。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)