外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

外資系メーカーのマーケティング最前線・symさん


新サービスの「外資就活相談室」、お陰様で大変な人気となっています。ご利用いただきまして、ありがとうございます。

日々たくさんのご質問をいただいていますが、「回答者の皆さんのもっと詳細な情報が知りたい」と思ったことはありませんか? この「もっと知りたい」の声にお応えするため、回答者の皆さんへの連続インタビューを行っています。

第2回目の今回は、外資系メーカーの最前線でマーケティングをご担当されている回答者・symさん(タップまたはクリックで相談ページへ)の素顔に迫ります。今後質問をする際の参考にしてください。

 

日本支社の立場弱い外資メーカー、マーケの基礎が定着していない日系メーカーを経て

――はじめに、経歴について教えていただけますか?

sym:全てマーケティングの仕事なのですが、今まで3社経験しています。

新卒入社した1社目は、外資系の大手消費材メーカーです。マーケティング職として採用され、約5年在籍しました。グローバルシェアNo.1の商品を担当し、グローバルで通用するマーケティングの基礎を身につけることができました。

具体的に言うと、売上の効果測定やブリーフィングの最適な手法についてです。

マーケティング施策には、売上を上げるための再現性が求められます。「今回はなぜか当たったけど、次は当たらないかもしれない」ではダメです。その理由や原因を、売上の効果測定をして、数字で追う必要があります。

また、ブリーフィングとは、広告代理店やR&Dに、ターゲット消費者や解決すべき課題などのマーケティング戦略を伝え、トーン&マナーを理解してもらい、最適なメディアプランやマーケティングクリエイティブ(具体的なCMや店頭POPなどに落とし込んだもの)、新製品などを考案してもらうことです。これはマーケティングの世界では最も大切な仕事の一つと考えられています。

これらの“当たり前”だと思っていたマーケティングの基礎的な手法が、日本企業には定着していないということに、転職して初めて気付きました。

1社目の外資系メーカーは、日本支社の立場なので、必死に考えたマーケティング施策を、日本市場の現状を理解してくれない本社に覆されることがあり、本社と支社の力関係を痛感しました。今思えば、説得できない力不足も大きいのですが。それで、「本社で働きたい」と思うようになり、2社目は日本の大手家電メーカーに転職したんです。

でも、その会社で、先程言ったようなカルチャーギャップが多々ありました。

例えば、ブリーフィングでは、数字や調査結果を基に戦略を練るわけではなく、「イイ感じに」とか「話題になるように」、「カッコよく」など、抽象的な表現で代理店に伝えるだけで終わり、後日代理店が持ってきた案に対して「これはイケてない」と感想を言っていたり。

マーケティング戦略に基づく、キャンペーンや商品のオブジェクティブが明確にされていない状態で、どんどんマーケティング施策が打たれ、売上の効果測定もされない。

もちろん、マーケティングの手法は様々だと思いますが、このような状態では自分の仕事の成果が分からない。結果的に、上のポジションへのプロモーションは年功序列以外の要素がなくなってしまう。仕事がデキると言われている人でさえ、昇進するのは総じて30代後半から40代で。このまま10年以上、リーダーシップを持てずに仕事するのは辛いと思いました。

そこで、外資系に戻るべく、現在勤務している3社目の会社に転職しました。

今の会社は、外資系なのですが、日本支社の裁量が大きいため、1社目のように本社に覆されるようなことはほとんどありません。マーケティング戦略を練り、R&Dのチームと一緒に商品を開発し、広告代理店とプロモーションを仕掛け、結果を見てプライシングを調整する。マーケティングの一連の流れを担当することができ、とてもやりがいがあります。

メーカーのマーケと広告代理店は「真逆」

――新卒で外資メーカーのマーケティングの仕事を選んだ理由を教えていただけますか?

sym:外資就活相談室では、「メーカーのマーケティングと広告代理店で迷っている」というご相談をたくさんいただきます。私も就職活動を始めた当初は、違いがよく分かっていませんでした。

ただ、広告代理店に就職した先輩から仕事の話を聞いて、「これが、自分のやりたい仕事なのだろうか?」と思ったんです。毎日接待で夜中まで会食をし、宴会芸を披露する・・・というような、そんなのは“都市伝説”で本当は存在しないと聞いていた仕事を、その先輩は実際にしていたので(笑)。

今考えれば、メーカーのマーケティングと、広告代理店は、同じ仕事を担当するにしても、立場が真逆です。業務を発注する側と、受注する側。マーケティング戦略を考えて、プロジェクトを進めるのは、メーカーのマーケティングの仕事です。

また、広告代理店は、あくまで広告のスペシャリスト。でも、マーケティング業務は、セールスのサポートやサプライチェーンの管理、法務との調整など、多岐に渡ります。

就職活動の頃は、そこまで明確に違いを分かっていませんでしたが、自分がやりたい仕事は、メーカーのマーケティングの方だと途中で気付き、良かったと思っています。

あと、実は母が、当時は本当に珍しかった東大出身の帰国子女で、外資系のメーカー・広告代理店で働いていました。母から外資系のメーカーの話を聞いて慣れ親しんでいた、ということもあると思います。

非帰国子女&留学経験なしで上司が外国人に・・・

――symさんも帰国子女ですか?

sym:母は帰国子女なのですが、私自身は留学経験もありません。外資系のメーカーは、英語が得意な人が多いので、私のように留学経験すらないのは珍しいと思います。

そのため、1社目で日本初上陸の商品の担当に変わり、上司が外国人になった時は、とても苦労しました。

最初の数年は、日本人の上司で、日本でずっと扱っている商品を、日本の市場で売るためのマーケティング戦略を練っていたので、仕事で英語はあまり使わなかったんです。

しかし、日本初上陸の商品では、資料は全て英語。上司は外国人なので、普段のコミュニケーションも英語、社内レポートも英語。毎日勉強して、何とかごまかしていましたが、日本人の上司のもとに戻りたいと思っていました(笑)。

でも、その商品に関しては、今でも日本語より英語の単語の方が先に出てくるくらい、英語漬けの生活になったおかげで、英語に対する苦手意識はなくなりました。

英語のスキルは努力すれば身につくので、帰国子女や留学経験がなくても、諦めないでほしいですね。

――ツイッターではあまりプライベートの話はなさらない印象ですが、普段はどのあたりにいらっしゃることが多いですか?

sym:家の近くということもあり、よく恵比寿や代官山、六本木で飲んでいます。焼肉やカジュアルフレンチ、リーズナブルなバーが好きで、代官山の焼肉かねこや、西麻布のエピスカネコ恵比寿のKaito Balに行くことが多いですね。

結婚もしましたが、子供はまだいないので、特に生活は変わりません。週末は、趣味のテニス観戦、漫画の読み漁りをしていることが多いです。テニスや漫画の話でも、ぜひお気軽に相談室にご質問ください(笑)。

有名外資マーケに内定するのはごく少数、まずは内定してから会社選びを

――就職活動中の大学生に、メッセージをお願いします。

sym「A社とB社、どちらがいいと思いますか?」という質問を、よくいただきます。

質問者のバックグラウンドも書いてあって、具体的な会社名も書いてあれば、自分の見解はお答えしているのですが、本当は、人気のある企業から複数内定をもらう人なんて、ごく一部なんですよね(笑)。

就職活動を始めた当初は分からないかもしれないのですが、いくら今は景気が良く採用が活況であるとはいえ、外資系のマーケティング職が有名なP&Gやロレアルのような会社から、複数内定を貰う人なんて、採用人数の少なさから年に数人しかいません。まずは、内定をもらってから、どの会社を選ぶか考えた方がいいかと思います。

マーケティングの仕事は、とてもやりがいのある、面白い仕事です。興味がある方は、ぜひマーケティングの世界に挑戦してみてください!(下記スクリーンショットをタップまたはクリックで相談ページへ)

【「外資就活相談室」回答者の横顔 バックナンバー】

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)