外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

キミの英語はビジネスで使えるか? コスパ抜群の“実力派留学”のススメ

sponsored by MeRISE

外資就活ドットコムのユーザーであれば、これから始まるビジネス人生において英語が重視されることは百も承知だろう。また、TOEIC800〜900点といったハイスコアを保持し、英語力に自信を持っている人も多いかもしれない。

ただ、日常的に英語に触れる機会が少ない私たち日本人にとって、いざビジネスの場で英語を使うとなるとハードルは高い。
学生時代の感覚で英語ミーティングに参加したら、目上の取引相手にフランクな言葉遣いをしてしまい上司に怒られた、というのは留学経験者によくある失敗。また、入社時のペーパーテストで点数が高く駐在員候補に入ったが、実はスピーキングが全くできないため、毎晩こっそり駅前の「ビジネス英会話教室」に通っている、というビジネスマンも少なくないらしい。

そんな話を受けてか、最近は外資系投資銀行の内定者や有名企業を目指す学生を中心に、学生のうちに「リアルなビジネス英語」を身につけるため、短期留学をする学生が増えているという。

なかでも、学生や社会人の短期留学先として人気を集めているのが、フィリピン・セブ島。日本から近い上に、欧米に比べて物価も安くコスパがいいことが人気の秘密だ。

この記事では、社会人向けにセブ島での社会人留学を専門に扱ってきた「MeRISE(ミライズ)留学」に注目。これまで学生を受け入れてこなかった同社が、外資就活ドットコムユーザーだけに、入学金が半額になる留学プランを用意してくれた。

外資就活ドットコム読者限定割引を受けるには、【無料お見積もりページ】の「備考」の欄に「外資就活ドットコムから申し込み」と記入して送信しよう。

【さっそく留学プランをチェック】

MeRISE留学が提供する「社会人準備コース」の特長

①国内外で活躍する、優秀な社会人との交流/人脈作り

MeRISE留学は、セブ島で唯一の社会人専門校。また、授業内容もビジネスシーンで即活用できる実践的なカリキュラムになっているため、日本国内外でビジネスを牽引する、優秀な社会人が集まっている。留学生同士の交流も盛んに行われているので、この留学を通して、学生のうちからこういった社会人のコミュニティに一足早く参加できることは、今後の社会人人生でも役立つに違いない。

MeRISE留学で留学をしている方々の大半がビジネスマンであり、様々な業界で活躍してきた方々であるので、その業界特有のお話や英語を学んだ後の将来のビジョンを聞くことができてとても参考になった。
私が留学中に仲良くさせて頂いていた方々は、お二人とも50代で、外資系金融期間に勤めていた方と、長野県に本社を置くメーカー勤務の方。本来学生では知り合えないような方々と仲良くなり、共に夕食を食べに行ったり飲みに行ったりしながら話を聞くことができるのは、MeRISE留学ならではの経験だと思う。
(大学4年(政治経済学部)・23歳・男性 2018年3月留学)

【このプランをより詳しく】

②ビジネス英語力 世界No.1のフィリピンでレッスン

フィリピン留学と聞いてどうしても気になるのが、「フィリピン人講師の英語力」。噂に聞く“フィリピン訛り”なども心配だ。
しかし、MeRISE留学の講師陣は合格率2%以下の超難関面接+トレーニングを乗り越えた精鋭メンバー。さらに主要講師陣はTESOL*トレーニングを受講済みで、高いレベルの英語力を備えている。
また、フィリピンはGlobal English社が発表したBEI(Business English Index)で、ビジネス英語能力が最も高い国と評価されており、街中でも生の英語に触れられるのがポイントだ。

*TESOL…Teaching English to Speakers of Other Languagesの略で、英語が母国語ではない人々向けの英語教授法に関する資格。

私は、イギリスやオーストラリアでの留学経験があります。MeRISE留学では、マンツーマンでオーダーメイドのレッスンが受けられるので、より細かく発音や文法を直してくださいます。私が苦手としていた発音も出来るようになるまで根気強く教えてくださいました。
イギリスやオーストラリアでの留学も良い経験でしたが、より英語力を伸ばすことが出来るのはフィリピン留学だと感じました。短期間で集中して確実に英語力をのばしたい私にはぴったりでした。また、ビジネス英語の授業は、実践的な内容だったので、就職後すぐにも役に立ちそうです!
(大学4年・22歳・女性 2018年4月留学)

【気になる留学費用は?】

③ASEANの中でも成長著しいフィリピンでアジア・世界を知る

経済成長率も年7%近い高水準で推移する、ASEANのなかでも注目の国・フィリピン。新しいオフィスビルが立ち並び、たった10年前とは街の様相がまったく変わっているという。日系企業の貿易相手としても巨大なマーケットであるし、外資系企業での採用となった場合、アジアパシフィック地域の一員として欧米よりもアジア諸国の同僚を相手に働く可能性が高い。学生のうちからアジアの空気を肌で感じておくことが、スタートダッシュで周りに差をつける助けになるかもしれない。

フィリピンには“人と人の繋がり”を大事にする文化があるので、日常的に現地の方と英語を使ってコミュニケーションする機会が多いと感じました。そのため、スクールで学んだ実用的な英語をアウトプットする場として、フィリピンは最適だと思います。
日本人はシャイな方が多いので話せるか不安になる人もいるかとは思いますが、フィリピン人は明るく気さくで親日の方が多いので、英語力に自信がなくても自然と会話ができる環境が整っていると思います。
(SE職内定・大学院2年・23歳・男性 2018年9月留学)

【留学プランを詳しく見る】

④帰国後も継続学習できる環境

実は、語学習得で最も大切なのは「継続学習」。残念ながら、言葉というのは一度身につけても日常的に使っていなければすぐに忘れていってしまうし、すぐに口から英語が出てこなくなってしまう。MeRISE留学では、日本の通学型スクール(MeRISE英会話)やオンライン英会話(MeRISEオンライン)といった学習システムが整っており、セブ島留学中に見つかった苦手なポイントを帰国後に重点克服する、という活用も可能だ。

日本帰国後にも、MeRISE留学の姉妹校である日本の「MeRISE英会話」と「MeRISEオンライン」で継続学習ができる点に満足しています。どちらを使って日本で継続学習をする場合も、MeRISE留学で学んだ内容を引き継いで学ぶことができるので、かなり効率的に継続学習ができると感じました。
また、「MeRISE英会話」では過去にMeRISE留学で経験を積んだ先生、MeRISEオンラインでは実際にMeRISE留学で教えている先生が担当してくれることもあり、親近感を感じることができることに加え、レッスンのクオリティーも他の英会話スクールやオンライン英会話よりもかなり高いと思います。
(大学4年(政治経済学部)・23歳・男性 2018年3月留学)

【1日のスケジュールや滞在施設についてはこちら】

MeRISE留学 「社会人準備コース」 外資就活ドットコム読者限定で入学金が半額に!


※ドミトリーは4人部屋となります。
※上記の留学基本料金に含まれるもの・含まれないものなど詳細はこちらをご確認ください。

【30秒で完結!今すぐ無料で見積もり】

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)