外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

シンクタンクとは? 業務内容や激務度、年収を徹底調査!

こんにちは、外資就活 コンサルチームです。

今回はシンクタンクとはそもそも何なのか、業務の内容や激務度、採用基準について紹介します。

シンクタンクってよく名前は聞くけれど、何をしているかよくわからない、コンサルとの違いは何なのかと思っている方もいらっしゃると思います。目指し始めたばかりの人にもわかりやすいように解説していきます。

シンクタンクとは?

シンクタンクとは、「さまざまな分野の専門家を集めて、調査研究・分析・提言・システム開発などを行う組織」です。需要に応じて対応領域も金融・エネルギー・インフラ・国際なども幅広く、クライアントも政府や自治体から一般企業まで様々です。シンクタンクはの種類は大きく、内閣府の経済社会総合研究所や外務省の日本国際問題研究所といった「政府系シンクタンク」と、野村総合研究所や日本総合研究所といった「民間シンクタンク」の2つに分けることができます。

シンクタンクとコンサルの違いは?

コンサルティングファームは「クライアントが抱える問題を解決する」ことをミッションとしています。それに対して、シンクタンクは「調査・研究・分析などを行う」ことを主な業務としています。しかし現在では大きな違いもなく、野村総合研究所などの大手シンクタンクでは企業経営全般へのコンサルティングサービスの提供が事業の大きな軸となっています。

シンクタンクの業務で特徴的なのがデータ収集および分析といった研究業務です。「自主研究」と「受託研究」に分かれますが、ウエイトが大きいのは後者です。「自主研究」は「○○総合研究所の調査によりますと~」とニュースに流れるようなものでは独自に集めた研究になります。この調査のターゲットは興味を持って問い合わせてくる企業です。自主研究の目的は、自社の専門性をアピールし、その後の受注を狙うことです。

「受託研究」はクライアントから委託を受けたテーマの研究を行い、その結果を報告するという業務です。業務の流れは依頼されたテーマについてリサーチを行いこのデータ収集と分析を繰り返しながら、クライアントに「最終報告」します。

主なシンクタンク

野村総合研究所

金融機関向けシステム開発やコンサルティングに強みを持っています。また経済レポートも多く、日本経済の動向を知ることもできます。シンクタンク以外にもシステム開発や運用サービスなどのIT領域が担っています。特に強いのが証券、保険、銀行などの金融ITソリューション部門で売上の6割を支えています。野村證券とセブン&アイホールディングスのIT領域も担っています。

三菱総合研究所

売上に占める官公庁の比率は七割程度と、政府系の案件が多いです。中央省庁から地方自治体まで、あらゆる規模の公共セクターに対して、政策・施策の立案、実行支援を行っています。近年では外国政府へのコンサルティンも徐々に拡大しています。また国防の案件も多いです。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング

三菱UFJフィナンシャルグループの一員です。システム開発部門やコンピューター事業を持たない純粋なシンクタンクで、金融系シンクタンクとしては日本最大レベルです。MUFGグループとの連携や、かつての東京銀行系列が得意としたアジア地域でのコンサルティング、経営サポートも、MURCの大きな強みになっています。

日本総合研究所

三井住友フィナンシャルグループ傘下。三井住友フィナンシャルグループ向けのサービスをメインに行ってることが特徴です。日本総合研究所はシステムインテグレーション・コンサルティング・シンクタンクの3つの機能を有する総合情報サービス企業と位置づけられています。

みずほ総合研究所

みずほフィナンシャルグループの戦略子会社です。経済・金融・政治情勢などのリサーチのほか、外部企業からの受託調査やコンサルティング業務も行っています。

シンクタンクはやはり激務なのか

シンクタンクは激務なイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

Vorkersで5大シンクタンクの残業時間を調べてみると以下のようになります。

野村総合研究所:53.8時間*
三菱総合研究所:57.8時間*
三菱UFJリサーチ&コンサルティング:65.0時間*
日本総合研究所:46.2時間*
みずほ情報総研:38.7時間*

(*はVorkersより。2018年1月31日時点)

以上から、大体50時間くらいの残業時間とわかります。一方でコンサルの残業時間は100時間超えるところもあり、コンサルよりは激務ではないといえるでしょう。

しかし、実際に働いている社員の方に話を聞いてみると、長時間労働ではあり、終電帰りもあるようです。若手時代は資料制作などに慣れていないため、時間がかかり、中堅社員になってからは複数のプロジェクトでリーダー的な役割を担う案件も任されます。コンサルほどではありませんが、業務量が多く、人によっては激務になるともいえます。

一方、大企業が多いためワークライフバランスの制度は会社側も整えられていることが多く、裁量労働制やフレックスタイム制、長期連続休暇など休みを調整することは可能なことが多いようです*。パソコンがあればできる仕事も多いため、会社ではなく家で仕事をすることもできます*。しかしクライアントの都合で急な仕事が出来たりもするため、プライベートよりは仕事を優先させなくてはいけない働き方になるでしょう。
(*はVorkersに寄せられた社員クチコミを基に編集部作成)

なぜ激務なのか

ではなぜシンクタンクは激務なのかを見ていきたいと思います。

知識量が必要

シンクタンクは企業にとって必要な事、足りていない部分、伸ばしていかなければならない部分を理解し、提案する必要があります。そのため常に知識を蓄える必要があります。さらにやりとりをするのは相手企業の経営陣です。知識が豊富なため、同じぐらいの知識量を身につけないと、話が出来ません。そのため知識のインプットのための時間が多く必要です。

プロジェクトベースの業務スタイル

企業には、限られた期間のうちにこれだけ経営課題を改善をしていきたいという考えがあります。その限られた時間にシンクタンクでは短期集中で取り組んでいく必要があります。そのため短い期間でプロジェクトを行うため、激務になりやすいです。

シンクタンクの年収

では年収はどれくらいなのでしょうか。有価証券報告書の平均給与やVorkersを調べてみると以下のようになります。

・野村総合研究所:平均年収1151万円 平均年齢39歳
・三菱総合研究所:平均年収975万円 平均年齢43歳
・三菱UFJリサーチ&コンサルティング:年収800~1000万円*(35〜40歳)
・日本総合研究所:年収約1000万円*(30歳程度)
・みずほ情報総研:年収約700万円*(30歳程度)

(*はVorkersに寄せられた社員クチコミを基に編集部作成)

会社にもよりますが、平均的にシンクタンクの年収は30~40代で1000万円の大台に乗るようです。

<シンクタンクの年収についての参考記事>
野村総合研究所・NRI(コンサルタント職)の年収・初任給・給与制度

シンクタンクの採用方法は?

シンクタンクは新卒採用以外に中途での採用も多いです。

中途採用の場合、大学名と前職での経験職種が重要になります。前職では、事業会社の経営企画部門、マーケティング部門、M&A部門の出身者の採用が多いようです。コンサルティング未経験者の場合、有名大学出身者を中心に20~30代前半の方を採用しています。また大学院出身者を好む会社もあります。

おわりに

いかがだったでしょうか。

シンクタンクの採用は新卒で募集しているところもしていないところもありますので、しっかりと調べましょう。自己分析などを通し、シンクタンク業界が本当に自分が向いているかを見極めていきましょう。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者は必ず利用する外資就活ドットコム

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)