外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

投資銀行研究の第一歩! 投資銀行の見取り図

はじめに

数ある金融機関の中でも、上位層の学生に最も人気なのが投資銀行です。特に外資系投資銀行といえば、一等地に構える洗練されたオフィス・新聞の一面を飾るような派手な案件の遂行・休日には六本木で豪遊してなお余りある高給など、多くの学生が憧れる華やかなイメージが先行します。

残念ながら、このようなイメージは基本的に間違いです。総合商社やメガバンクのオフィスの方が余程良い立地にありますし、大きな案件に何年も携われない事もあります。そして、豪遊して余りあるほどのお金を最初から稼げるわけでもありません。

投資銀行は高い人気を誇る割に、その実態についてちゃんと知っている学生は多くありません。この記事を読んでいる人の中にも、学生の間で噂される漠然としたイメージをもって投資銀行をなんとなく「理解」した気になっている人がいるのではないでしょうか。
投資銀行の業務内容について正しく知ることで、、そのような漠然としたイメージは払拭されるはずです。この記事では、投資銀行の業界・企業研究の第一歩となる知識を、基礎から順を追ってご紹介していきます。

投資銀行の全体像を把握する「見取り図」

この記事では、投資銀行に興味を持つ全ての学生のために、企業全体の「見取り図」を提供します。
そもそも金融業界自体の予備知識が全く無い、という人はまず「脱・金融初心者!2つの市場から理解する金融の見取り図」読み、「金融業界」の全体像をつかんでみてください。また既に投資銀行の業界研究を始めているという人は、この記事を通して投資銀行の全体像をより鮮明に把握できると思います。
上記の記事でご紹介した「金融業界の見取り図」の通り、投資銀行は資金調達の仲介を起源にもつ会社ですが、現在では大きく分けて2つの業務が事業の主軸(フロントオフィス)となっています。それは、①投資銀行部門が企業の資金調達を仲介し②マーケット部門が投資家の運用をサポートすることです。
この記事では主に、投資銀行部門とマーケット部門を擁するフロントオフィスについて解説します。そのうえで、これらのフロントオフィス業務を支えるミドルオフィスバックオフィスにも追って簡単に触れていきます。

収益を稼ぐフロントオフィス

フロントオフィスとは、社外と直接取引し、収益を稼ぐ役割を持った部門のことを指します。以下の図をご覧ください。

投資銀行部門とマーケット部門はフロントオフィスにあたります。投資銀行部門は更にカバレッジとプロダクトに、マーケット部門は債券部と株式部に分かれています。

投資銀行部門

営業担当の「カバレッジ」

事業を拡大する為にはまとまったお金が必要となります。そこで企業は債券や株式を発行する事で資金を調達します。投資銀行は企業の事業拡大を支援し、資金調達の機会を増加させることで、投資銀行自体のビジネスチャンスも拡大していきます。このため、投資銀行側は折に触れて各企業を訪問し、資本市場の動向や産業動向についての情報を提供する事で資金調達を促す営業活動を行います。企業への営業活動を行う部署やチームを総称してカバレッジと呼びます。それぞれの業界や企業によって事情が異なるので、カバレッジ内においても担当セクター(業界)毎にチームが分かれている事が主流です。

企業によって分け方は異なりますが、ここではいくつかのセクターを紹介します。

FIG(Financial Institution Group)・・・金融法人を担当するグループ
TMT(Telecom,Media and Technology Group)・・・テクノロジーやメディア、通信系の法人を担当するグループ
GIG(General Institution Group)・・・上記以外の一般事業法人を担当するグループ

比較的個人に依存する職種のため「FIGといえば〇〇証券の〇〇さん、TMTといえば□□証券の□□さん」とクライアントに思ってもらう事がカバレッジバンカーとしての目標ではないでしょうか。有名なカバレッジバンカーが他社に移籍すると、クライアントも同時に他社を頻繁に利用する様になる、という事も多々あるようです。

案件遂行を担う「プロダクト」

プロダクトとは、営業を担う「カバレッジ」が獲得してきた案件の詳細を詰める部署のことです。プロダクトはさらに以下の3つの部署に分かれています。

DCM(Debt Capital Market)・・・資金調達において、社債の発行を行う部署
ECM(Equity Capital Market)・・・資金調達において、株式の発行を行う部署
M&Aアドバイザリー・・・M&A(吸収合併)についてのアドバイザリー業務を行う部署

カバレッジが獲得した案件の中で、資金調達に関する部分をECM、DCMが担当することになります。そして、M&Aに関する部分をM&Aアドバイザリーが担当することになります。
プロダクトバンカーは一般的にカバレッジバンカーに比べ、専門性の高い能力が求められる傾向にあります。。無論全員に当てはまるわけではありませんが、筆者の所感として、研究者気質の方々がプロダクトに、社交性に自信のある方々がカバレッジに多いように思われます。
新入社員としての数年間はカバレッジもプロダクトも双方経験する教育制度のハウスが多いです。しかしながら面接の中ではカバレッジとプロダクトどっちに興味があるの?と聞かれることも多々あるので、両者の特徴についてある程度の情報収集は行っておきましょう。

カバレッジとプロダクトを合わせて投資銀行部門と呼ぶ

「投資銀行部門」は顧客のインダストリーごとに分かれるカバレッジと、M&Aアドバイザリー部・ECM・DCMを擁したプロダクトが合わさって構成されています。会社全体を指す「投資銀行」と混同しやすいので注意しましょう。

マーケット部門

マーケット部門は投資銀行部門に比べ、非常に細分化されたチームを持ちます。セールス・ストラクチャリング・トレーダー・リサーチという職種による分類に加え、担当するアセット(商品)による分類を経てチームが構成されるからです。

投資家に営業を行う「セールス」

セールスの仕事は、クライアントのビジネスを成長させるカギとして、充分な情報に基づく分刻みのサービスを提供する事です。巨額の投資資本を有する年金基金、保険会社、中央銀行などの機関投資家の法人顧客が主なクライアントです。彼らのニーズに自社の商品やサービスを組み合わせて提供する事が求められます。

その為、思考力を発揮し、責任ある行動をとり、社内のあらゆる部署の仲間と連携することが必要になります。真の意味で人間好きな人、対人関係に鋭い感覚を持ちながら分析や数字の才能もある人が求められます。

独自の商品を生み出す「ストラクチャリング」

ストラクチャリングはトレーディングとセールスの中間に位置すると言えるチームです。。ストラクチャリングの目標は、革新的な投資アイデアとソリューションを生み出すことにより、競合他社を引き離すような独自の商品を開発する事です。

トレーディングと密に連携してアイデアを開拓し、商品が市場内で効率的にヘッジされるよう徹底します。また、セールスチームには商品内容を提供し、クライアントとのミーティングではテクニカルな専門知識を提供します。商品を開発、マーケティングしていく中で、他部門の各チームとも密に関わっていく必要があります。

売買を実際に執行する「トレーダー」

トレーダーは、さまざまな市場にわたる豊富な種類の商品を取引します。非常に高い集中力を維持しつつ、実際に動きながら考え続けられる能力が必要です。
取引される商品は、為替、クレジットから、金利、エクイティ(株式)にまで広くわたります。どの分野で仕事をするとしても、市場動向に常に並行して充分な情報に基づく意思決定をすることにより、クライアントの信頼とそのポートフォリオの強さを築いていきます。ペースが速く、多くのスキルを要求される仕事ですが、加えてセールス、その他のマーケッツ部門の仲間とのチームワークも必要です。

またトレーダーの中でも自社の自己資金を使って金融商品を売買する人たちを特に「プロップトレーダー」と呼びます。

市場には、成長しているのに株式を買ってもらえていない会社や、成長していないのに安定しているというだけで株式が買われている会社があまた存在します。投資銀行はこの市場のゆがみに目をつけ、プロップトレーディング(自己資金売買業務)を始めました。これは今まで仲介業務を行っていた投資銀行が自らリスクを負い、取引することを意味します。

多くの投資銀行は、プロップトレーディングで多くの収益を稼いでいた時期があったものの、リーマンショックで甚大な損失を被りました。それ以降投資銀行の自己勘定によるトレーディングは大幅に規制されるようになりました。

機関投資家の投資判断のサポートをする「リサーチ」

リサーチは、事業の巨大化・多角化が進んだ会社について成長性や安全性を分析したレポートを発行します。

会社は巨大化や事業の多角化が進むにつれ、その成長性や安全性を判断することが難しくなっていきます。

会社の成長性や安全性を判断できなければ投資の意思決定がしづらくなるため、資金調達にも影響が生じます。資金調達が行われにくくなると投資銀行の収益が下落しますし、会社が事業を続けていくことが難しくなって経済全体も後退してしまいます。

リサーチ部門の業務は、中立的な立場で会社の状態を評価することで投資の意思決定を行いやすくすることが目的です。投資が行いやすくなると資金調達がスムーズに行われるようになりますし、資金調達が活発に行われれば投資銀行自体も手数料を獲得しやすくなります。

フロントオフィスをサポートするミドルオフィスとバックオフィス

フロントオフィスは、クライアントと直接関わり収益を上げる部門です。これに対し、ミドル・バックオフィスは社内外の調整や社内インフラの整備を行います。
それでは、ミドルオフィスやバックオフィスの部署に関して、いくつか紹介していきます。

オペレーション部門

オペレーションの主な業務は、担当プロダクトによっても異なりますが、トレーダーやセールスが受発注したディール決済や、セールスが顧客に提示するタームシートの作成・チェックが中心になります。フロント業務を支える縁の下の力持ち的な存在ですし、オペレーションなくして決済の一つも通りません。こうしたことからオペレーションには、主に高度な協調性、ミスをせず同じことを飽きずに続けられる緻密な性格、高度な処理能力、といったような高いスキルセットが求められます。

リスク管理部門

リスク管理部門は、債券のトレーダーなどが一時的に保有している社債や国債に対するリスクを推定してバックアップをする部門です。たとえわずかな時間であっても、債券を保有すれば価格変動のリスクを負うことになりますから、適切なリスク管理が必要になります。リスク管理部門の主な仕事はその名の通り、リスクの加減に応じてトレーダーに債券の購入量を指示することです。直接的に収益を上げるわけではありませんが、トレーダーを密接な場所でサポートする仕事です。

コンプライアンス・リーガル部門

コンプライアンス部門などの法律関係の部門は、社内の情報を適切に管理するほか、金融庁や日銀との間で情報をやりとりする部門です。直接的に収益を上げることはありませんがいち企業としての投資銀行に欠かせない存在であり、仕事には社外の関係者との積極的なコミュニケーションが必要になります。

まとめ

投資銀行は金融市場において様々な役割を果たしています。今回の記事で解説したことは投資銀行のバンカーを目指すにあたって知るべきことのほんの一部分に過ぎません。実際、間違った派手なイメージに漠然と憧れて投資銀行を目指し始めた学生の中には、就活の途中でその組織の複雑さや求められるスキルの多様さに気づき挫折してしまう人もいます。
そこで業界研究を始めるにあたっては、まずはそれぞれの役割を対応する部門と結び付けて、その業務内容をざっくりとつかむことをおすすめします。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)