外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

意外と知られていない就活生「6つのタイプ別」内定獲得法

はじめに

一口に就活生といってもそれぞれが個性を持っており、大まかにいくつかのタイプに類型化されます。タイプ毎に似た気質や強み・弱みがありますが、自分だけでそれらに気付くのはなかなか難しいものです。「他の人から見た自分たちの印象や問題点」を知っておくことで、弱みを克服し内定に近付くことができます

今回は「どのような学生生活を送ってきたか」という観点から、就活生を6つのタイプに分け、それぞれの強み・弱みと、就活をうまく進めるための簡単なアドバイスをまとめてみました。あくまでも、私が接してきた中でこういう人が多かったという個人的な印象に基づいた内容です。気楽にお楽しみいただければと思います。

体育会タイプ

ご存じ体育会系。典型的には、大学で「○○部」「○○運動会」「○○体育会」といった組織に属している面々ですね。

体育会系学生が持つ三つの優位性

・組織への適応力
彼らは日ごろから厳しい練習や上下関係といった環境に晒されているので、組織に適応するために必要な基礎力が身についています。スポーツで培った体力が仕事で役に立つことはそれほど多くはありませんが、例えば否定されることに対する打たれ強さや、社会人に対する礼儀といった要素は、大いに役立ちます。厳しい環境で育まれた自信は就活の成功につながるでしょう。詳しくは章末の【関連コラム】を参照してください。また、外見も健康的でエネルギッシュな方が多く、面接で重要な第一印象にプラスの影響を与えているでしょう。

・リーダーシップ
伝統のある大規模な組織を引っ張っていくことは簡単でなく、部の運営に携わる層には、結果的にリーダーとして優秀な人材が多くなるものです。これは大半の学生団体やサークル、ゼミにはない強みですね。話は逸れますが、私が見た範囲では文化系でも学園祭の実行委員や大規模な勉強会には、ストイックで厳しい運営を行う組織があります。そうした組織は文化系でありながら、マインドとしては体育会系に近い印象です。

・強力なコネクション
彼らが持つコネクションは非常に強力です。特に日系大企業ではあらゆる会社に体育会のOBがいて、直接大学に出向いて後輩のリクルーティングを行っています。当サイトでは過去の記事で、リクルーター制度についてもご紹介しています。こちらも詳しくは章末の【関連コラム】を参照してください。

しかし以前と比べると体育会系の特別選考枠は縮小傾向にあり、多くの有名体育会学生(某大アメフト部、某大ボート部等)が内定を取れずに苦しんでいるという話を、当該団体に属する学生から聞きました。この変化をもって「筋肉と根性で内定が取れる時代は終わった」と言いたがる学生も多いですが、残りの二つの強みは今後も残り続けるでしょう。

視野の狭さが弱点

彼らの典型的な弱みは、自分が属する組織以外に対して視野が狭いことです。考え方やキャリアの選択、就活のための情報収集などが「部の先輩がどうしていたか」「同輩がどうしているか」に大きく影響を受けます。前述の「最近は有名体育会学生が非常に苦労している」という話も、彼らの視点が内側に向きすぎていたため、環境の変化に対して適切に対応を行えなかった結果ではないでしょうか。

外部の情報を積極的に集めよう

時間を見つけて自ら情報を集め、他のサークルや学生団体に属している学生とも積極的に交流することで上記の弱みは克服できます。そもそも、当サイトをご覧になっている体育会系の方にはこの弱みは当てはまらないかもしれません。お近くのマッチョマン、マッチョウーマンに外資就活ドットコムを紹介してあげてください。

学生団体タイプ

団体での活動を通して社会に貢献したり、起業を目指したりといった活動をしている学生です。当サイトは「外資系企業や日系一流企業への就職を目指す学生」を対象としていますが、そのような道を選ばずに独立や起業を行う人も少なくありません。

外部団体や社会人との交流が強み

彼らの強みは、外部から情報を取り入れたり、社会人に会いに行ったりといった活動を積極的に行うことです。就職活動におけるOB訪問の重要性は当サイトの記事でも何度か扱っている通りで、OB訪問を通じて業界への理解をより深めることができます。また、就活に積極的な人が周りに多くなる傾向にあるので、自然と就活を始める時期が早くなり、経験が蓄積しやすいことも有利に働いているでしょう。

打たれ弱さが弱点

彼らにありがちな弱みは、実力に比して自我が過度に大きくなり、否定されるとすぐに凹んでしまう打たれ弱さです。複数の学生団体に属している友人は「学生団体はスポーツ競技のように客観的な実力を評価する仕組みがないから、声が大きくて自分に自信があるだけの人が中途半端な知識と能力で上に立つことを許されたりする。そういう人は批判されると冷静に受け止められずにすぐ凹んで、周りに慰められて決意を新たにしては同じ失敗を繰り返す」と言っていました。

他人から見た自分を意識しよう

こうした弱みを改善するのは容易ではありません。しかし「親身になってくれる一方で、無礼や能力のなさを厳しく指摘してくれる人」と出会って変わった人も一定数います。他人から見た自分を意識し、「俺は俺なんだからこれでいい。世界でひとつだけの俺」と開き直るのではなく、「違う風に見られたいと思ったら、どう振る舞えばいいだろうか?自然とやってる人を見て真似してみよう」というような学習姿勢を取ることができれば、中長期的には見違えるように変わるでしょう。

勉強家タイプ

大学の講義をしっかりと聞いたり、独自に本を読んだり、学習系サークルや勉強会で活動をしたりといったことを好む人たちです。文系の大学院に進む人もいて、あまり就活を積極的に行うタイプではありません。

学問の知識や熱意は就活でも役立つ

就活では頭を使ってじっくり考えたり自分の意見を述べるフェーズも多く、またトライアンドエラーで経験値を溜めていく側面もありますので、彼らの知識量や学習に対する熱意は就職活動でプラスに働きます。また、普段から自分のやりたいことや進路についてかなりしっかり考えているので、志望動機や将来についての考えも理路整然としている人が多いです。

悩みは目を引くような経験がないこと

逆に弱みとしてはいざ就活をしようとなった時に、「就活でアピールできる活動も経験もないんだけどどうしよう」という悩みを持ちがちなことが挙げられます。「何か凄い経験をしていなければ内定はもらえないのでは?」と思っている人も多いようです。

自分の考えや行動を振り返ろう

大それたことでなくても、自分の考え方や行動の仕方について伝えることのできるエピソードはきっとあると思います。自分がいつ何を考えて何を選択したか、大学生活を振り返って整理と掘り起こしをしてみるのが良いでしょう。勉強家タイプには面接官の方と研究テーマで盛り上がり、難関企業への内定を手にする人が少なくありません。勉強に励んだことを弱みでなく強みと捉えて就活をしてください。

国際派タイプ

帰国子女、留学生などがこのタイプに該当します。私が見た限り、外資系企業の就活で一番強いのはこのタイプでした。

真の強みは説得力

英語力もさることながら、理路整然としていてはっきりと自己主張を行う姿勢が強さのもとになっているでしょう。日本で生まれ育った人たちが就活で初めて学ぶ、「結論を最初に述べる」「主張する内容の理由は最大3つにまとめる」といった基礎知識を、彼らは海外の教育で自然とインプットされています。そのため、就活を始めた段階でスタートラインから数歩先のところにいると言っても過言ではないかもしれません。

文化への適合と志望業界の狭さが課題

逆に弱みとなってしまうのは、伝統的な日本のカルチャーが残る企業との相性が悪くなりがちなことと、帰国子女=語学ができるというイメージに惑わされて志望業界が限定されてしまうことです。

日本の伝統的な価値観が今なお残る企業は多くあります。そうした価値観に対して「御社のシステムは合理的ではないので、より生産性を上げるために改革すべきです」と主張しても企業には受け入れてもらいづらいでしょうし、国際派タイプの人たちにとってもストレスの多い職場となってしまう可能性があります。また、「私は帰国子女だから英語が使える職場でなければ働きたくない」という理由で自分の志望業界を狭めてしまうこともあります。

価値観と特性の分析が重要

企業の価値観に自分が適合するためにも、自分の価値観をしっかりと分析したうえで、それに合うような企業を見定めましょう。また「帰国子女」という枠にとらわれることなく、自分の特性を見極めて就職活動を行えば、素晴らしい企業と予想外の出会いがあるかもしれません。

面白活動タイプ

個人で一風変わった活動をしてる人たちです。変わったアルバイトをしていたり、美術などのクリエイティブ系活動にがっつりはまっていたり、突然ふらっと長期旅行に出たりするなど、自由奔放に活動しているタイプです。

明確な自分の軸がある

強みは自分がやりたいことの軸がはっきりしているので、就活でも周りに流されないことです。自我がはっきりしていて自己分析を必要としないことが多いため、さっさと自分が求める企業像を定めてエントリーします。

こういったタイプの人たちは、一次面接で落ちるか内定を取るかの「0か1の就活」になりやすいです。企業側から見ても合う・合わないがはっきりした志願者なので、すぐに結論を出すことができるのでしょう。落ちる可能性の高い企業の面接に行き続ける必要が無いため、効率的な就活になっていると言えるかもしれません。

情報戦が弱く協調性を示す経験が少ない

弱みはその自由奔放さゆえに個人プレーが多く情報戦に負けることと、企業が求める「協調性」を示すエピソードが少ないことです。就活仲間を作らずに就活をする場合、情報を自分ひとりで全て集めなくてはならないため、他の就活生よりも労力がかかります。

また、面接では「仲間と協力して同じ目標を達成したエピソード」を質問してくることが多々あります。面白活動タイプの中でも特に芸術性に秀でた活動をしてきた人は、この類の経験が少ないことも留意しなければなりません。

仲間作りと経験作りを

自分の活動する範囲の外でも友人を作ったり、アルバイトをするなどの協働経験を積むといいでしょう。こうしたことがきっかけで協調性を示すエピソードが生まれることもありますし、友人と効率よく就活を進めることもできるでしょう。また、インターンや説明会などを通して新たな友人を作るのもおススメです。

サークル仲良しタイプ

サークルにコミットして友達と楽しく遊んで、大学の単位を取って……といった「普通の大学生」です。

協調性の高さが武器

彼らに共通する強みは数年間に及ぶ活動で培われた協調性の高さにあります。特に大きなサークルに属した場合は、中で派閥が生じたり恋愛沙汰でもめたりとさまざまなドラマを体験できることでしょう。小さなサークルを大きくしたという実績や、イベントを成功させたという経験は自信に繋がるはずです。

視野の狭さとエピソードの凡庸さが弱点

弱みは体育会系と同様、外部のルールに対して無頓着になってしまうことや、就活でいざ学生時代の経験を伝えようとするとエピソードがありきたりになってしまうことです。

前者については、例えばフリーペーパーを作るサークルから多くの広告業界内定者が出ていた場合、特に志望する理由はないのに広告業界へエントリーしてしまうといった傾向が見受けられます。また後者については、体育会タイプや学生団体タイプの学生と比べると、学生時代のエピソードが見劣りしてしまうのは仕方のないことかもしれません。

「自分ならでは」を大切に

周囲の人間に影響されないことは不可能ですが、その中でも自分で考え抜くことが重要になります。なぜその企業を自分が志望するのか、本当にその企業が自分が働きたい場所なのかをじっくり考えてからエントリーする必要があるでしょう。

エピソードがありきたりになってしまうことに対しては、「自分ならでは」のポイントを付け加えることで改善できるでしょう。例えば少し独創的な解決策や、結果は普通でも変わった思考を経て出た結論など、同じエピソードでも自分の色を出すことは可能です。過去の経験から「ここが自分のオリジナリティだ」と思える点を見つけ出してアピールしましょう。

さいごに

さまざまな就活生のタイプについて触れてきましたが、どのタイプが優れていて、どのタイプが特別劣っているといったことはありません。しかし、自分の強みや弱みを把握できていなかったために苦労する人たちをたくさん見てきました。

自分がどのタイプに属しているのかを理解し、弱みを補い強みを存分に発揮することで、志望する業界への内定を掴んでください。

マッキンゼー ゴールドマン 三菱商事
P&G アクセンチュア
内定攻略 会員限定公開

トップ企業内定者が利用する外資就活ドットコム

もっと記事を読む

マッキンゼー BCG ベイン・アンド・カンパニー アクセンチュア 等の内定攻略記事会員限定に公開しています

このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)