外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

コンサルと事業会社の違いってなんだ? 元アクセンチュアの岩谷エリックさんに聞く


コンサルと事業会社、どちらに行くのが良いのか――。就活生の中には、そんな疑問を抱えている人も少なくないでしょう。外資系コンサルティングファーム「アクセンチュア」出身の岩谷エリックさん(33)は、介護・医療の人材紹介事業を手がける「エス・エム・エス」での経験をもとに、「コンサルと事業会社はいろいろな面で大きく違う」と語ります。いったいどんな違いがあるのか、じっくり話を聞きました。(取材・構成:亀松太郎、撮影:橋本美花)

「コンサルはカッコいい」と憧れて入社したが・・・

――大学を卒業してアクセンチュアに入ったのは、2006年ですね。

岩谷:ITコンサルタントとして入社して、4年半勤務しました。最初の2年はシステム開発のプロジェクトで、要件定義や設計開発、導入後の運用といったところを担当していました。泥臭い仕事ですね。コンサルの仕事には上流と下流があるんですが、まず下流から入ったわけです。

「コンサルってカッコいい」というイメージを持っていたので、「なんで、開発?」という感じでしたね(笑)。しかも同期は東大や早慶の理系が多いなかで、僕は同志社の文系でした。学生時代は遊びまくっていたので、すごいギャップを感じました。

――そんな状況では、仕事も大変だったのでは・・・

岩谷:その通りです。最初の3カ月はみっちり研修をやるんですが、全然ついていけなくて、評価は最低のDでした。「この会社で働いていくのは無理だ」。そう思って、研修期間中に転職支援のリクルートエージェントに登録したほどです(笑)

――入社してすぐにぶつかった「壁」を、どうやって乗り越えたんでしょうか?

...

会員登録して全ての内容を見る

続きは外資就活ドットコム会員の方のみご覧いただけます。
外資就活ドットコムはグローバルに活躍したい学生向けの就職活動支援サイトです。会員登録をすると、「先輩の選考体験記」や「トップ企業の募集情報リスト」など、就活に役立つ情報をご覧いただけます。

パスワードを忘れた場合はこちら


このページを閲覧した人が見ているページ

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ているコラム

会員登録してすべてのコンテンツを見る

1分で会員登録(無料)