外資・日系トップ企業を目指す学生のための就職活動サイト「外資就活ドットコム」

【お知らせ】 現在Internet Explorerにおいて、一部機能が正常に表示されない不具合が発生しております。
ご利用中の皆様にはご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。現在復旧に向けて対応中でございます。
※他ブラウザ、アプリにおいては正常に表示されております。

シンプレクス・ホールディングス

シンプレクス・ホールディングス

戦略コンサルティング・ITコンサルティング・システムデベロップメント・クラウド/インフラ/セキュリティーエンジニア

本選考・ジョブ 2023卒対象

【本選考開始】早期内定獲得可能・文理不問/ITコンサルタント職(シンプレクス)

すでに募集が終了している情報のため、応募はできませんのでご注意ください。
シンプレクス・ホールディングスの公開中の募集情報を見る

■企業概要

【外資系金融機関出身者が設立したITコンサルティングファーム】
過去、"世界の3強"としてゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーと並び「ウォール街の帝王」と呼ばれた外資系投資銀行、ソロモン・ブラザーズのデリバティブ部門で戦略的ITチームの統括をしていたメンバーが、スピンアウトする形で設立したコンサルティングファームです。

メガバンクを始めとした日本を代表する金融機関に対し、高品質かつ高付加価値のITソリューションを提供し、高い評価を受けています。

現在はビジネスフィールドを大きく拡げることに成功し、今まさに飛躍的な成長軌道を描こうとしています。
「テクノロジー×ビジネス」というハイブリッドな能力を武器に、高い付加価値を提供できるビジネスパーソンとしてクライアントの課題解決~イノベーションの実現に貢献する志の高い仲間を求めています。

■本選考概要

<完全ポテンシャル採用>
弊社の選考は文理・専攻不問で行っています。
現時点のスキルではなく、「今後の活躍が期待できるか」を大切にしています。

<テクノロジーやコンサルティングの適性判断ができる>
選考フローの中でプログラミングやグループディスカッションを実施します。
合否を付けないため、フラットに業界・仕事内容への適性をご判断いただけます。

<選考時点での志望度は不問>
面接の際に志望度によって合否が決まることはありません。
価値観や適性がマッチしている方には積極的に内定を出します。

■内定獲得後について

内定獲得後も就職活動を継続していただくことが可能です。

他企業との検討・比較は納得のいくまで行っていただき、
ご自身のタイミングで入社の意思をお聞かせください。

2021年度入社実績 上位10校

1.慶應義塾大学
2.東京大学
3.東京工業大学
4.早稲田大学
5.神戸大学
6.東京理科大学
7.京都大学
8.一橋大学
9.大阪大学
10.電気通信大学

シンプレクス・ホールディングスの特集記事

2021年9月30日更新

シンプレクス・ホールディングス


弊サイトは情報の正確性に万全を期しておりますが、対象企業による募集情報の急な変更などにより、締切日等について最新の情報を掲載できない場合がございます。

大変お手数ですがご志望の企業につきましては、各社の求人情報ページにて最新の情報をご参照いただくようお願い致します。こちらの免責事項もご確認ください。


公開中のシンプレクス・ホールディングスの募集情報

募集情報

{{r.GsRecruitingItemType.name}} {{r.GsRecruitingItem.target_year | targetYearLabel}} {{label.short_name}}

{{r.GsRecruitingItem.name}}

{{r.GsRecruitingItem.description}}

{{s.entry_end_date}} ({{s.entry_end_day_of_week}}) {{s.entry_end_time}} {{s.apply_method_label}}

{{s.name}}

日程: {{s.event_date}}

場所: {{' ' + s.place}}


このページを閲覧した人が見ているページ

外資就活ドットコムに会員登録すると、様々な就職支援サービスをご利用いただけます。現在、会員の約7割が東大・京大・慶応・早稲田・東工大・一橋大などの上位校の学生です

新規会員登録
このページを閲覧した人が見ている募集

会員登録してすべてのコンテンツを見る

無料会員登録